IT業務効率に関するニュースまとめ一覧

サービス業のIT利用最前線!9  20万円以下で賃貸住宅のIoT化/ロボットホーム 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!9 20万円以下で賃貸住宅のIoT化/ロボットホーム

インベスターズクラウドは子会社のロボットホームを2016年4月に設立。IoTに注力したサービス開発を進めてきた。そして今回、賃貸住宅を手軽にIoT化し、居住者に提供可能にする「賃貸住宅キット」の販売およびOEM提供を開始した。

サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会

“日本初の公園内保育所”として開園した「茶々そしがやこうえん保育園」。「クリエイティブ教育」をテーマに、最新のデジタルデバイスやインターネットテクノロジーを積極的に導入し、子ども達の知性や感性・積極性を刺激する教育を行っている。

サービス業のIT利用最前線!7  “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!7 “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

東京都内を中心に「居酒屋くろきん」など飲食チェーンを運営する株式会社ゲイトに焦点を当てる。同社はIT/IoT活用に積極的で、全社員にiPhoneを支給しているほか、業務システム、情報共有・社内マニュアル、店舗のセキュリティなど他方面でデジタル化に注力している。

サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

連載「サービス業のIT利用最前線」今回は水道インフラの管理を行う「箱根水道パートナーズ」に焦点をあてる。業務のひとつに地域にはりめぐらされている水道管の管理がある。業務のシステム化にあたって「InCircle」というチャットツールを利用する方向になった。

「食」のプレゼンテーションは物産展からITの世界へ 画像
IT業務効率

「食」のプレゼンテーションは物産展からITの世界へ

「食で地域活性」と言えば、 百貨店や展示場を利用したイベントの形で開催されることが多かった。しかしそれでは継続的に地方の特産物の消費を実現するまではなかなか発展しない。そこでさらなる動きとして、バーチャルの世界やITを使った動きが出て来た。

銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金 画像
人材

銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

横浜信用金庫はインターネット人材サービスのビズリーチと業務連携して、無料の採用ホームページを作るシステムを紹介するなどして、中小企業の人材確保を支援することになった。「地域にとっていま金融機関はどんな存在であるべきか?」を包含する意味のあるプランだ

サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

NECは今年4月に、SMB市場(中堅・中小企業)向けに「顔認証ソリューション事業」を強化することを発表した。同社の顔認証ソリューションはその精度に定評があるが、小売・飲食店での「顔認証を使ったワンランク上の接客」への応用が期待されている

教育ICTに、未来の授業のヒントを見つける 画像
IT業務効率

教育ICTに、未来の授業のヒントを見つける

 NEEの会場ではさまざまなデモも行われているが、最新の技術を取り入れながら、技術ありきではなく、実際の利用をイメージしやすい内容が多く紹介されている。

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4 画像
IT業務効率

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

観光庁が2016年度に実施した「宿泊業の生産性向上推進事業」。その内容について詳細に紹介する連載の最終回は、IT機器の導入や作業効率などに焦点をあてた改善の取り組みを中心に、日本生産性本部の二人のコンサルタントに今後の展望について語ってもらう。

サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

今回とりあげるのは、予約・顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」。ユーザが、情報検索、比較、決定、予約のアクションまで、スマホで行えるのに、お店側がアナログのままで分断されていた状況が、サービス開発の出発点だ。

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3 画像
IT業務効率

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

観光庁が2016年度に実施した「宿泊業の生産性向上推進事業」。宿泊業経営者自身が改善による成功体験を作ることを目標に、改善点の決定から改善アプローチを実施。ワークショップではそのフォローアップを行う。このワークショップより生まれた改善事例と意識変化を見ていく

サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

今回はボクシーズが展開している「Putmenu」(プットメニュー)に焦点を当てる。「Putmenu」は、利用者のスマートフォンにオーダー用のメニューを配信し、そこから料理の注文を可能とするサービス。飲食店や宿泊施設のルームサービスなどに対応している。

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2 画像
IT業務効率

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

『サービス業の生産性革命』の具体化に向けて様々な取り組みが行われている。観光庁による「宿泊業の生産性向上推進事業」ではワークショップを全国で開催、モデル旅館ホテルへのコンサルティングで、生産性向上の成功事例を約100件創出した

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1 画像
IT業務効率

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

日本経済の喫緊の課題であるサービス産業の「生産性向上」はいかにして実現するのか?「宿泊業の生産性向上推進事業」の中心的役割を担った、日本生産性本部 主席経営コンサルタントである、鈴木康雄氏と熊木登氏に、宿泊業に題をとり話を聞く。

~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場 画像
IT業務効率

~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

色々な高級ブランドバッグを試してみたい。そんな女心を上手くすくいあげたサービスが注目されている。アプリを活用した専用アプリを用いて行うCtoCのシェアリングサービス「ラクサス エックス」。その方法論を解き明かす。

サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

今回は、最先端IoTデバイスを駆使したスマートホステル「&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH」に焦点を当てる。「宿泊体験そのもの」が、観光目的にもなるような先進的なサービス空間を提供しているのが特徴だ

サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

連載「サービス業のIT利用最前線!」、第1回は株式会社龍名館で取り入れられた宿泊台帳のデジタル化にフォーカス。「龍名館」は、1899年創業の老舗旅館。幸田文や伊東深水など、画家・作家・芸術家など文化人が愛用したことで名を知られている。

VRによるショッピングの未来、VRコマース 画像
IT業務効率

VRによるショッピングの未来、VRコマース

流通大手のebayがVRコマースに参入したことで、他社もVRに対する施策をいっせいに打ち出してきました。北米、中国ではEコマース大手がさまざまなVRコマースを立ち上げてきていますが、日本国内ではどうでしょうか?

【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール 画像
IT業務効率

【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

「第1回 中堅・中小製造業向けIoTツール募集イベント」では、応募のあった106件のツールを審査員が評価しました。そこで、各審査員が挙げたイチオシツールは、中小製造業の業務改善や付加価値の創造に有用なものとなりそうです。

【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは? 画像
IT業務効率

【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

製造業の人手不足や生産性向上といった課題を解決する上で、IoTの導入が注目されている。そこで利用されているツールは、果たして中小企業にとっても使えるような状況にあるのか? ツールコンテストで審査員を務めた教授や経営者に、その現状について話を伺った。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 最後
Page 1 of 26
page top