AIに関するニュースまとめ一覧(2ページ目)

ここ数年、AI(人工知能)の進化が目覚ましく、様々な企業で導入・活用が進められています。今やAIは、大企業や先端分野だけのものではなく、中小企業が導入して成果を上げる時代へと進化しています。AIは自ら学習を重ねて高度に成長していくことで人間の能力を超え、技術革新スピードを爆発的に加速させます。これにより、人間の仕事の相当数をAIが奪うと言われるなど、ビジネスの根本を変える可能性を秘めています。

日事連/設計事務所の働き方改革へ検討着手/AI、BIM普及見据え将来像 画像
人材

日事連/設計事務所の働き方改革へ検討着手/AI、BIM普及見据え将来像

 日本建築士事務所協会連合会(日事連、大内達史会長)は、総務、財務両委員会の傘下に設置した「業務環境改善ワーキンググループ(WG)」で年内に働き方改革の検討に入る。WGでは、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデ […]

グーグル親会社のアルファベット、リフトに出資/自動運転と配車サービス連携の可能性も 画像
IT業務効率

グーグル親会社のアルファベット、リフトに出資/自動運転と配車サービス連携の可能性も

米国に本拠を置く配車サービス大手のリフト(Lyft)は10月19日、グーグル親会社のアルファベットの投資部門、キャピタルGから10億ドル(約1130億円)の資金を調達した、と発表した。

なりすましを防ぐ! NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」 画像
IT業務効率

なりすましを防ぐ! NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」

NECでは、高い精度を誇る顔認証AIエンジン「NeoFace」を採用した商品やサービスに注力している。17日には、クラウドに対応した「NeoFace Cloud」の提供を開始した。本稿では、プレス向けに行われた説明会の模様をお伝えする。

シャープ「ロボホン」にWi-Fi専用モデル/ビジネスプレミアムプランも提供 画像
IT業務効率

シャープ「ロボホン」にWi-Fi専用モデル/ビジネスプレミアムプランも提供

シャープは2016年4月から販売を開始したモバイル型ロボット電話「ロボホン」にモバイル通信機能を省いたWi-Fi専用モデル「SR-02M-W」を10月6日から発売する。

AIで学生評価、負担軽減・公平性担保を/近畿大学×TDCソフト 画像
IT業務効率

AIで学生評価、負担軽減・公平性担保を/近畿大学×TDCソフト

 近畿大学経営学部とTDCソフトウェアエンジニアリング(TDCソフト)は、AI(人工知能)を活用したアクティブラーニングにおける学生評価支援のための共同研究を開始すると発表した。教員の業務負担軽減実現のため、2019年の実用化を目指す。

人工知能が旅行プランを提案? 今が旬の観光地をレコメンド/NTTレゾナント 画像
IT業務効率

人工知能が旅行プランを提案? 今が旬の観光地をレコメンド/NTTレゾナント

 「教えて!goo」を運営するNTTレゾナントが対話型インターフェースの開発に力を注いでいる。人工知能(AI)が旅行プランを提案する「goo旅行AIサービス」を20日にリリース、今後は対話で家電を制御するサービスも展開したい考えだ。

シャープの食材宅配サービス「ヘルシオデリ」/AIoTで有名シェフの料理も自動調理 画像
IT業務効率

シャープの食材宅配サービス「ヘルシオデリ」/AIoTで有名シェフの料理も自動調理

 シャープが家電業界、外食業界、食品業界を結ぶ新しい食サービスのエコシステムの構築を目指している。新サービス「ヘルシオデリ」は、家に居ながらにして有名シェフの料理が楽しめるのが特徴。

RPA(Robotic Process Automation)をご存知でしょうか? 画像
IT業務効率

RPA(Robotic Process Automation)をご存知でしょうか?

日本では人工知能・AI(Artificial Intelligence)がもてはやされていますが、実際にビジネスで活用されているのはごく僅かです。今回紹介する「RPA」は、ホワイトカラーを中心に事務作業等のルーチン業務を自動化する仕組み等を指します。

  1. 1
  2. 2
Page 2 of 2
page top