AIに関するニュースまとめ一覧

ここ数年、AI(人工知能)の進化が目覚ましく、様々な企業で導入・活用が進められています。今やAIは、大企業や先端分野だけのものではなく、中小企業が導入して成果を上げる時代へと進化しています。AIは自ら学習を重ねて高度に成長していくことで人間の能力を超え、技術革新スピードを爆発的に加速させます。これにより、人間の仕事の相当数をAIが奪うと言われるなど、ビジネスの根本を変える可能性を秘めています。

「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長 画像
IT業務効率

「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

三菱電機は2月14日、研究開発成果披露会を開催した。コンパクトなAI技術『Maisart』を中心とした研究成果をアピールした。

ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ 画像
IT業務効率

ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ

グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブ無線協同組合、日の丸交通および、ソニー、ソニーペイメントサービスは2月20日、ソニーが持つ人工知能(AI)技術を活用した配車サービス事業についての意向確認書を締結した。

国のかたちを考える2018/野村総合研究所顧問 増田寛也氏 画像
インバウンド・地域活性

国のかたちを考える2018/野村総合研究所顧問 増田寛也氏

 ◇人口減少で仕組み点検・再構築  わが国が直面する一番大きな問題は人口減少であり、その影響が社会全体に広がりつつある。人口増を前提に整備されてきた制度が多く、これまでのやり方や既成概念を抜本的に見直していく必要がある。 […]

ヤフー、顧客企業とビッグデータやAIを活用する新規事業/日産自動車などと実証実験 画像
IT業務効率

ヤフー、顧客企業とビッグデータやAIを活用する新規事業/日産自動車などと実証実験

ヤフーは、顧客企業の持つデータとヤフーのビッグデータ・人工知能(AI)技術を融合して顧客企業の活動を支援する新規事業創出に向けた実証実験を、本格的に開始した。

戸田建設、技研(つくば市)にAI搭載ロボット導入/施設紹介に活用 画像
IT業務効率

戸田建設、技研(つくば市)にAI搭載ロボット導入/施設紹介に活用

 戸田建設は、筑波技術研究所(茨城県つくば市)に人工知能(AI)を搭載したコミュニケーションロボット「unibo(ユニボ)」を導入した。ユニボに同社の作業着とヘルメットを着用させ、受付や施設紹介に活用。研究所員の業務効率 […]

テクノロジーの活用が接客を拡張する~PARCOの事例より~/第2回ロボデックス 画像
イベント

テクノロジーの活用が接客を拡張する~PARCOの事例より~/第2回ロボデックス

『第2回ロボデックス ロボット開発・活用展』からサービス業に役に立つ情報をまとめておおくりするシリーズ、第3回はセミナー「ショッピングセンターPARCOのロボット活用事例~テクノロジーで接客を拡張する~」より、小売業におけるテクノロジー活用の最先端を紹介する

建築現場にAIやロボット導入が加速/「予兆保全」ビジネスに商機! 画像
IT業務効率

建築現場にAIやロボット導入が加速/「予兆保全」ビジネスに商機!

 建設現場でICT(情報通信技術)やロボットを活用する動きが広がる中、機械やシステムが不具合を起こす前に検知し、最悪の事態を回避する「予兆保全」などの新ビジネスが脚光を浴び始めている。現場作業を補完するロボットスーツや高 […]

人と働くサービスロボット「Pepper」が変える現場/第2回ロボデックス 画像
イベント

人と働くサービスロボット「Pepper」が変える現場/第2回ロボデックス

『第2回ロボデックス ロボット開発・活用展』からサービス業に役に立つ情報をまとめておおくりするシリーズ、第2回はセミナー「ロボタイゼーションによるビジネス再定義」より、サービスロボット「Pepper」がいかにサービス業の現場で活躍しているかを伝える

建機各社のICT建機開発が加速/i-Con開始から3年目、制御システムの塾度向上 画像
IT業務効率

建機各社のICT建機開発が加速/i-Con開始から3年目、制御システムの塾度向上

 国内で建設現場の省人化や災害対応効率化への需要が高まる中、建設機械各社がICT(情報通信技術)の開発・実装を加速している。国土交通省が推進する生産性向上策「i-Construction」も開始から3年目となり、ICT対 […]

コミュニケーションロボットでサービス業の課題を解決!/第2回ロボデックス 画像
イベント

コミュニケーションロボットでサービス業の課題を解決!/第2回ロボデックス

東京ビッグサイトで開催された『第2回ロボデックス ロボット開発・活用展』。3回に分けておおくりする連載では、展示ブースやセミナーの中からサービス業向けのトピックをピックアップ。第1回は展示ブースのなかから、注目すべきコミュニケーションロボットを取り上げる

AとEで一変するクルマ、UX/UIはどう変わるのか?/日産自動車 グローバルデザイン本部 脇坂善則氏 画像
制度・ビジネスチャンス

AとEで一変するクルマ、UX/UIはどう変わるのか?/日産自動車 グローバルデザイン本部 脇坂善則氏

日産自動車でCASE車両のUX/UIの研究に携わる脇坂善則氏(グローバルデザイン本部 UX/UIデザイン部 シニアUXデザイナー)は「CASEは、自動車の利用方法やインターフェイスを一変させる可能性がある」という。

2018年はどうなる? 国交省 毛利信二事務次官に聞く/働き方改革と生産性向上 画像
制度・ビジネスチャンス

2018年はどうなる? 国交省 毛利信二事務次官に聞く/働き方改革と生産性向上

 ◇「人」に焦点当て改革実行  国土交通省が、働き方の改善と生産性の向上を柱にさまざまな施策を打ち出している。建設業の働き方改革や担い手確保・育成といった建設産業の人づくり革命を強力に推進。建設現場の生産性向上策「i-C […]

~2018年展望/自動車業界編~ EVで未曾有の日本6社連合へ 画像
制度・ビジネスチャンス

~2018年展望/自動車業界編~ EVで未曾有の日本6社連合へ

電動化やシェアリングといったクルマの新たなテクノロジーや使われ方など「100年に1度という大変革」(トヨタ自動車の豊田章男社長)の動きは加速し、個々の企業ベースでは、数年先の経営の健全性を左右するような舵取りを迫られる年となろう。

Googleが考える“現場力を支える”AIの未来/Japan IT Week 画像
イベント

Googleが考える“現場力を支える”AIの未来/Japan IT Week

AI・業務自動化、モバイル活用など全10部門のIT専門展からなる『Japan IT Week 秋』。展示ブースから注目の新製品・サービスをセレクトするその4はGoogleが考える『現場力を支えるAI』。モバイルファーストからAIファーストへのシフトとは?

“空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは? 画像
IT業務効率

“空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは?

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて聞いた、第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。

サービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る/Japan IT Week 画像
イベント

サービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る/Japan IT Week

AI・業務自動化、モバイル活用など全10部門のIT専門展からなる『Japan IT Week 秋』。今回は展示ブースから注目の新製品・サービスをセレクトするその1。話題のAIやロボットで生産性効率を向上させるための秘訣を探る

日建設計とソフトバンク、次世代スマートビル開発で提携/IoTやAIを活用 画像
IT業務効率

日建設計とソフトバンク、次世代スマートビル開発で提携/IoTやAIを活用

 日建設計とソフトバンクは、IoT(モノのインターネット)と人工知能(AI)、ロボットを活用した次世代スマートビルディングの共同開発に乗りだす。建築と最先端の技術を融合させ、新たなビルソリューションを構築。建物内の人の動 […]

ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか? 画像
IT業務効率

ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか?

docomoが開発中のAI×IoTを活用したAI運行バスが、11月9日~11日に東京のお台場エリアで行われた「docomo R&D Open House 2017 in TOKYO」の参加者に対し実験的に無償提供された。

飛島建設、沖電気工業/現場監視システム開発に着手/映像認識活用、18年度実用化へ 画像
IT業務効率

飛島建設、沖電気工業/現場監視システム開発に着手/映像認識活用、18年度実用化へ

 飛島建設と沖電気工業は1日、映像認識技術を活用した「現場監視サポートシステム」の共同開発に着手したと発表した。現場に設置した複数のカメラ画像とレーザー距離センサーにより人物、物体、動体を認識する画像センシング技術を使い […]

東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは? 画像
インバウンド・地域活性

東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

「アメ横」に代表される商店街が加盟する上野観光連盟。年間自主予算は約5,000万円の小所帯。低コストで商店街やホテル・旅館に推奨できる翻訳サービスを探していた中、文化観光業界特化型AI翻訳を活用した、観光事業者向け翻訳サービス「ジャパリンガル」の導入を決めた

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top