事業承継に関するニュースまとめ一覧

中小企業における事業承継の問題が深刻化しています。中小企業経営者の2人に1人が自分の代で廃業を予定しているといいます。親族内や社内での承継を望まずに、そのまま廃業してしまうケースが少なくありません。このような状況の中、最近ではM&A(企業の合併や買収)によって買収される中小企業が増えてきています。そして買収される中小企業側が買い手を探すというのが特徴です。後継者問題が深刻な日本ならではの動き方といえるでしょう。事業承継という壁にぶち当たった時にどうすべきか?について、その傾向と対策を考えます。

5月の企業倒産件数、1年11か月ぶりに800件を超える 画像
制度・ビジネスチャンス

5月の企業倒産件数、1年11か月ぶりに800件を超える

東京商工リサーチが6月8日に発表した2017年5月の全国企業倒産状況によると、倒産件数(負債額1000万円以上)は802件、負債総額は1069億1700万円だった。

事業承継の2017年問題:2 経営改善に取り組むのが先決 画像
人材

事業承継の2017年問題:2 経営改善に取り組むのが先決

いま60歳以上の経営者の50%が廃業を予定しているという。あと10年で日本の企業の1/4が廃業することになるのだ。中小企業の継続性を考える時、本当に必要な対応策は何なのか? 板橋区立企業活性化センター長の中嶋修さんに話を聞く。

事業承継の2017年問題:1  M&A成功のポイントはどこにある? 画像
人材

事業承継の2017年問題:1  M&A成功のポイントはどこにある?

2017年は団塊の世代が70歳を迎え、事業承継問題の象徴的な年になる。多くの経営者は65歳くらいには経営からリタイヤしたいと思っているが、実際には平均で67歳、小規模事業者で70歳という統計がある。

事業承継と親族後継者の「学び」 画像
人材

事業承継と親族後継者の「学び」

今日の中小企業の最大の問題でもある、円滑な事業承継による存続と発展。問題は、「うまく受け継ぐ」ことだけにあるのではない。広い意味での「学び」をどう位置づけ、実行するかにより、事業承継と世代交代の「成否」も相当に左右されると痛感する。

中小企業の事業承継に、日本的M&Aという新たな選択肢 画像
制度・ビジネスチャンス

中小企業の事業承継に、日本的M&Aという新たな選択肢

2016年に日本政策金融公庫総合研究所が行った調査によると、中小企業経営者の2人に1人が自分の代で廃業を予定しているようだ。このような状況の中、最近ではM&Aによって買収されることを望む中小企業が増えている。

    Page 1 of 1
    page top