中小企業 社歌コンテストに関するニュースまとめ一覧

HANJO HANJOでは社内のコミュニケーションを盛り上げるものとして、社歌に注目してきました。2017年1月31日まで募集の「中小企業 社歌コンテスト」では、会社の想いが詰まった社歌が主役の動画を募集しています。応募企業では早くも社歌の制作を通じて、従業員の間に一体感が生まれていいます。

【社歌コン 応募社の横顔:28】従業員の絆、幸せを運ぶ-福岡の農機開発 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:28】従業員の絆、幸せを運ぶ-福岡の農機開発

運搬用機械を手掛ける筑水キャニコムでは、1989年に社歌「みんなの幸せ」を発表しました。それから約29年にわたって、この歌は月に一度の朝礼などに、従業員の間で歌われてきました。そこに生まれた結束が、同社のオープンイノベーションを後押ししています。

【社歌コン 応募社の横顔:27】ラッパー社員、社訓を歌う-東京のIT企業 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:27】ラッパー社員、社訓を歌う-東京のIT企業

デジタルコンテンツを運営・制作する株式会社ポッケには、ラッパーとして音楽活動をする一人の社員がいました。ある日、社長が彼に言います、「そろそろポッケの歌を作ってよ」と。こうして行動指針をラップで歌いあげる、ユニークな社歌が完成しました。

【社歌コン 応募社の横顔:26】若者たちに挑戦する勇気を-兵庫の製造業 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:26】若者たちに挑戦する勇気を-兵庫の製造業

かつて、ブラウン管の検査機製造を手掛けていた日本テクノロジーソリューション株式会社では、先代から会社を継いだ岡田耕治さんのリーダーシップのもと、自社ブランドや新規事業の立ち上げに成功しました。その挑戦する姿勢は、同社の社歌の中にも表れています。

【社歌コン 応募社の横顔:25】ラップで社員教育-福島のリサイクル業者 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:25】ラップで社員教育-福島のリサイクル業者

福島県浪江町で総合自動車リサイクル事業を手掛けていた株式会社ナプロアースは、東京電力福島第一原子力発電所の事故で移転を余儀なくされました。このとき作られたのがイメージソング「フクシマから逃げない理由」。それは社員たちへの応援歌だったといいます。

【社歌コン 応募社の横顔:24】理念経営を歌でカタチに-神奈川の美容院 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:24】理念経営を歌でカタチに-神奈川の美容院

理念経営を大切に30年間、神奈川県内で美容院を展開してきたのがジャストビューティ株式会社です。その理念をより広く社内に浸透させるために、代表取締役の松尾純一さんが作ったのが社歌でした。それは従業員と想いを共有するためのツールとなっているようです。

【社歌コン 応募社の横顔:23】踊りでつながる人の輪-埼玉の子育て支援 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:23】踊りでつながる人の輪-埼玉の子育て支援

小規模保育施設や放課後児童クラブなどの運営を行う株式会社コマームには、スタッフが子供たちと一緒に歌って踊れるオリジナルソングがあります。この「ここまる音頭」の存在は、父兄や地域と交流する上でのきっかけ作りに役立っているようです。

【社歌コン 応募社の横顔:22】動画制作が生む新事業-徳島の不動産会社 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:22】動画制作が生む新事業-徳島の不動産会社

徳島県の不動産会社ハウスマイルには、「社長と営業スタッフの労をねぎらう何かをしたい」という社員の想いから生まれた歌と動画があります。この経験はVRを軸とした地域密着の情報発信という、同社の新たなビジネスを切り開くきっかけとなりました。

【社歌コン 応募社の横顔:21】ラテンが繋ぐ社員の輪-北海道の建設会社 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:21】ラテンが繋ぐ社員の輪-北海道の建設会社

ドローンやVRといったICTの導入で、建設事業者の現場がいわゆる3Kというイメージから変わりつつあります。この現状を社歌動画で若い人たちに訴えようとしたのが、北海道札幌市で建設事業を手掛ける一二三北路株式会社です。

【社歌コン 応募社の横顔:20】動画足がかりに再評価-富山の産業機械製造 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:20】動画足がかりに再評価-富山の産業機械製造

産業機械メーカーの株式会社スギノマシンでは、創業80周年に向けて社歌動画を作成しました。これによって昔からある社歌が再注目され、そこに流れる会社の精神を振り返るきっかけとなっているようです。

【社歌コン 応募社の横顔:19】展示会場の集客力に!-東京のブース施工 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:19】展示会場の集客力に!-東京のブース施工

展示ブースのデザインや施工を手掛ける株式会社スリービーでは、ブースで流すBGMを提案しています。そこから生まれた事業が社歌の制作受注です。そんな同社の社歌はテクノ調とラップで業務内容を歌うという、当時としては極めて珍しいものになりました。

【社歌コン 応募社の横顔:18】農業の未来を歌で問う-千葉の農業法人 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:18】農業の未来を歌で問う-千葉の農業法人

「小松菜にメタルを聴かせたら、もしかすると鉄分が増えるのでは?」という思い付き。そこに日本の農業を憂う想いを込めたのが、農業生産法人ベジフルファームの社歌です。この取り組みはやがて会社に人を集め、PR戦略の中心としての役割を担っていきます。

【社歌コン 応募社の横顔:17】EC企業のメタル人材募集-東京のコンサル 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:17】EC企業のメタル人材募集-東京のコンサル

ECコンサルティングなどを手掛ける株式会社ネットショップ総研では、“メタラーであること”を条件としたインターン募集で大きな成果をあげました。この成功体験を元に、次に同社が取り組んだのがメタル調の社歌の制作です。

【社歌コン 応募社の横顔:16】一社員の願いが歌に-岡山のスポーツクラブ 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:16】一社員の願いが歌に-岡山のスポーツクラブ

応募企業の中には趣味でギターの弾き語りをしていた職員が、自主的にすべて一人で社歌を作ったケースもありました。岡山スポーツ会館ではこれをきっかけに、会員やスタッフの間で音楽を通じた交流が生まれているようです。

【社歌コン 応募社の横顔:15】歌で始める地域創生-千葉のイベント会社 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:15】歌で始める地域創生-千葉のイベント会社

地元の千葉県富里市を“東京に近い田舎”と話す石川登隆さんは、イベント会社「StoneRiverDream」を通じて、この地に外から人を呼び込もうとしてきました。その想いが込められた社歌は、同社だけでなく、富里市をPRするものとなっています。

【社歌コン 応募社の横顔:14】社員に感謝の心を伝える歌-群馬の研削加工 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:14】社員に感謝の心を伝える歌-群馬の研削加工

研磨加工を手掛ける株式会社アミイダでは、先代から阿久戸洋希さんが事業を引き継いで約3年間が経ちます。その間にずっとついてきてくれた従業員に向けて、洋希さんが贈った歌のテーマは“感謝”でした。

【社歌コン 応募社の横顔:13】地域に復興のエールを-宮城のタクシー会社 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:13】地域に復興のエールを-宮城のタクシー会社

東日本大震災の被災地・気仙沼では、2011年8月に開催された「港・けせんぬま復活祭」にシンガーソングライターの中西圭三さんがゲスト出演しました。その後も気仙沼と中西さんの交流は続き、この町への応援歌という形で社歌が生まれています。

【社歌コン 応募社の横顔:12】動画を通じたファンとの交流-東京のバス会社 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:12】動画を通じたファンとの交流-東京のバス会社

音楽家のつんく♂さんが社歌を作った会社があります。観光バス事業を手掛ける東京バスグループではSNSを通じてエンドユーザーとの交流を活発に行っており、制作した社歌動画もその一環として活用しているようです。

【社歌コン 応募社の横顔:11】地域交流に社歌ダンスを!-新潟のJA 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:11】地域交流に社歌ダンスを!-新潟のJA

社歌にダンスを組み合わせることで、地域の人々とのコミュニケーションが生まれたのが、新潟県三条市で事業を展開する「JAにいがた南蒲」です。この取り組みを通じて組織内にも交流が生まれ、部署の垣根を超えた協力体制が生まれつつあります。

【社歌コン 応募社の横顔:10】聞いた社長が驚いた社歌-東京の保険会社 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:10】聞いた社長が驚いた社歌-東京の保険会社

障害者保険を手掛けるぜんち共済株式会社の創業10周年のイベントに向けて、知己のシンガーソングライターがプレゼントした歌があります。それは今、社歌として新たな役割を果たそうとしているようです。

【社歌コン 審査員の声:2】タマ伸也がイメージする“社歌”とは? 画像
人材

【社歌コン 審査員の声:2】タマ伸也がイメージする“社歌”とは?

コミックバンド「ポカスカジャン」のメンバーであるタマ伸也さん。「中小企業 社歌コンテスト」の審査員として、”社歌だから社歌風に、とゆーよーな形にとらわれない”作品の募集を楽しみにしているそうです。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top