ITで攻めの農業に関するニュースまとめ一覧

9年の農地法改正により企業が農業に参入。農業にITを導入して効率化、高収入化という「スマート農業」が広範に認知され、IoTや野菜工場といったインフラの整備も進みました。特集「ITで攻めの農業」では、農業関係の皆さんのガイドとなるようここ数年の成功例をとりあげ、現況を整理、アップデートします。

リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力 画像
インバウンド・地域活性

リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

 リンゴの発泡酒「シードル」市場が盛り上がっている。飲みやすさが女性に受け、リンゴ産地では加工リンゴの新たな販路として農家がワイナリーに委託醸造して販売したり、JA子会社が醸造会社に出資したりと、生産

愛媛産かんきつ「媛小春」に保湿成分、基礎化粧品で商品化も 画像
インバウンド・地域活性

愛媛産かんきつ「媛小春」に保湿成分、基礎化粧品で商品化も

 愛媛県産のかんきつ「媛小春」に、肌のうるおいを高める可能性があることを愛媛県産業技術研究所食品産業技術センターなどが確認した。共同研究した製薬メーカーの東洋新薬は、化粧水などで商品化を検討している。

「もういっこ」「やよいひめ」イチゴ品種限定商品続々登場! 画像
インバウンド・地域活性

「もういっこ」「やよいひめ」イチゴ品種限定商品続々登場!

 品種を限定して打ち出すイチゴのデザートや飲料がこの春、相次いで登場している。主力の「とちおとめ」「あまおう」に加え、「もういっこ」や「やよいひめ」など、各社は原材料にこだわってメニューを開発。新たな

~ITで攻めの農業:3~圃場のクラウド管理で一等米を増産! 画像
IT業務効率

~ITで攻めの農業:3~圃場のクラウド管理で一等米を増産!

 農業はIT化が遅れているといわれているが、その分だけ身近なところにICTを導入するだけでも効果は高い。新潟県の米農家「そうえん農場」では、タブレットを使って日々の作業、肥料や農薬の量、気温・湿度などをクラウドに記録。

~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電 画像
IT業務効率

~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

 耕作地に支柱を立てて太陽光発電システムを設置し、農業と発電事業を同時に行う「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」。

~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培 画像
IT業務効率

~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

 就農人口の減少と担い手の高齢化が、農業における大きな問題となっている。農業従事者の負担を減らし、新規就農を促進するためには、生産性や収益の向上が不可欠。そのために注目されているのがITの導入だ。

    Page 1 of 1
    page top