プロ人材と地方企業に関するニュースまとめ一覧

一口に人材不足といっても、企業規模や地域によって様々な状況や事情があります。地方の中堅・中小企業においていま問題となっているのは、事業のキーパーソンとなりうる経験豊富な人材が枯渇していることです。その状況を改善するために、内閣府では15年10月に各道府県に「プロフェッショナル人材戦略拠点」を設置し、「プロフェッショナル人材事業」を開始しました。成果を出しつつある、その最前線に迫ります。

地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長 画像
インバウンド・地域活性

地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

「地方の行政官と話をしたい! 」第1回は、北海道天塩町の副町長、齊藤啓輔さんです。前職は総理官邸で国際広報、その前はロシアとの北方領土交渉を担っていた外交官です。16年に志願して天塩町副町長に着任したという、ちょっと変わった経歴の持ち主です

【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず 画像
人材

【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

 看護師や介護士といった福祉関係の業界は、比較的労働の流動性が高いとされる。働きやすい環境、より待遇のいい事業所を求めて転職を繰り返すスタッフもいる。そこで、問題になるのが管理職の不足だ。

【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒 画像
人材

【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

 新事業への参入、マーケットの変革への対応など、企業が新たなチャレンジを行うときには、その分野のプロフェッショナルが求められる。例えば、地域おこし事業において、地方創生リーダーを都市部から招聘するのはよくある話だ。

【プロ人材と地方企業:1】キーパーソン採用で攻めに転じる! 画像
人材

【プロ人材と地方企業:1】キーパーソン採用で攻めに転じる!

 人材の都市部集中が語られて久しいなか、日本各地の中堅・中小企業において、事業のキーパーソンとなりうる経験豊富な人材が求められている。

    Page 1 of 1
    page top