防災という新ビジネスに関するニュースまとめ一覧

自然災害リスクが常につきまとう日本。防災は日本人の最大の関心事のひとつといえます。特集「防災という新ビジネス」では、防災関連に商機を見出している中小企業の活躍をフィーチャーします。定番商品を防災という視点でとらえなおし、“もうひとつの”商品として市場に送り出した成功例をとりあげます。自社製品の特徴を時流にさらし見えていなかったものが見つかる時、新たなビジネスチャンスは巡ってきます!

【防災という新ビジネス:4】デザインで日常使いも可能にする 画像
制度・ビジネスチャンス

【防災という新ビジネス:4】デザインで日常使いも可能にする

 地震や台風の被害が多いことから、日本人は防災への意識が高いとされている。その中でニーズを掴んできたのが防災グッズだ。複数のグッズを収納したセットについては、備えている家庭やオフィスも多いだろう。

【防災という新ビジネス:3】高品質多品種でニーズをつかむ! 画像
制度・ビジネスチャンス

【防災という新ビジネス:3】高品質多品種でニーズをつかむ!

 地球の表面を覆う4つのプレートの切れ目に位置することから、“地震大国”と呼ばれる日本。16年4月には震度7の揺れを2度記録し、甚大な被害を生じた熊本地震が発生。

【防災という新ビジネス:2】非常食はパッケージでアピール! 画像
制度・ビジネスチャンス

【防災という新ビジネス:2】非常食はパッケージでアピール!

 地震や台風などの被災が相次ぐ中で、防災への関心が高まっている。備え・防災アドバイザーとして講演やコンサルを手掛ける高荷智也氏によると、防災グッズについてはデザイン志向など、さまざまなニーズが生まれているようだ。

【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス! 画像
制度・ビジネスチャンス

【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

 熊本地震と相次ぐ台風の上陸で、防災への意識が高まりつつある。9月1日は防災の日ということもあって、毎年さまざまな防災グッズの情報が話題となるが、そのバリエーションも以前に比べて増えた。

    Page 1 of 1
    page top