ニュース深掘り!に関するニュースまとめ一覧

HANJO HANJOの新しいコーナー「ニュース深堀り!」。中小企業に関わる最新のニュース、スモールビジネスに役立つ旬な情報を、深く掘り下げ伝えていきます。各回では、そのジャンルのスペシャリストがコメンテーターとして登場、具体的な事例をわかりやすく解説してくれます。

■ニュース深堀り!■町工場がよみがえるベンチャーとの連携! 画像
制度・ビジネスチャンス

■ニュース深堀り!■町工場がよみがえるベンチャーとの連携!

 “ものづくりニッポン”を支えてきた貴重な存在でありながら、衰退が危惧される町工場。彼らが今、新たなパートナーにベンチャー企業を迎え、プロトタイピングや製品の生産を担当することに新たな活路を見出そうとしている。

■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス 画像
制度・ビジネスチャンス

■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

 総務省統計局の発表によると、13年の空き家数は820万戸。この数字は5年前の調査から63%も増えた。一方で国内での住宅供給量は減っていないため、新築、中古を含めて今後も空き家は増え続けると予想される。

■ニュース深掘り!■中小企業でもできる法のグレーゾーン解決 画像
制度・ビジネスチャンス

■ニュース深掘り!■中小企業でもできる法のグレーゾーン解決

 テクノロジーの進化が、フィンテックやエイチアールテックなどの革新を生んでいる。しかし、そこでサービスを始めるにあたり、時に問題になるのが法規制だ。

■ニュース深掘り!■「留学生×中小企業」でビジネスは変わる! 画像
人材

■ニュース深掘り!■「留学生×中小企業」でビジネスは変わる!

 商品やサービスに海外からの視点を取り入れるなど、日本の大学に通う留学生がビジネスに関わるケースが増えている。京都府では府内の約50大学が加盟する公益財団法人大学コンソーシアム京都が、15年に地元経済界と「留学生スタディ京都ネットワーク」を立ち上げた。

■ニュース深堀り!■お土産やサニタリーに広がるハラル対応 画像
インバウンド・地域活性

■ニュース深堀り!■お土産やサニタリーに広がるハラル対応

 ムスリムによるインバウンドの増加に伴い、注目を集めているのがハラル認証だ。企業にとって認証取得はハードルが高いイメージがあるが、16年9月には広島「やまだ屋」のもみじ饅頭によるハラル認証が話題に。

■ニュース深堀り!■高付加価値を実現、IoTの養蜂革命! 画像
IT業務効率

■ニュース深堀り!■高付加価値を実現、IoTの養蜂革命!

 IoT(Internet on Things)。PCやスマートフォンといったデバイスのみならず、様々な製品をインターネットを繋げ、あらゆる場面で”便利さ”を増していく動きが加速している。

■ニュース深堀り!■町工場主役のインダストリアルツーリズム 画像
インバウンド・地域活性

■ニュース深堀り!■町工場主役のインダストリアルツーリズム

 地方再生のひとつの方法論として「インダストリアルツーリズム」が注目を集めている。これは“産業観光”ともいわれるもので、たとえば小規模事業者も含まれる工場地帯などが、地域ぐるみで複数の工場を開放して見学会などを催す取り組みだ。

■ニュース深堀り!■コンパクトシティー、地元企業に商機は? 画像
制度・ビジネスチャンス

■ニュース深堀り!■コンパクトシティー、地元企業に商機は?

 少子化や東京一極集中などの動きにともない、地方からの人口流出が止まらない。都市部でも商店街がシャッター通り化するなど、その空洞化が大きな問題になっている。

■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方 画像
IT業務効率

■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

 企業PRにLINEやTwitter、FacebookなどのSNSが積極的に利用され始めている。16年8月16日にICT総研が発表した「2016年度 SNS利用動向に関する調査」でも、SNS利用者数は17年には7000万人を超える見通し。

■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発 画像
インバウンド・地域活性

■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発

 東京・中野の駅前が大きく姿を変えようとしている。01年に移転した警察大学校の跡地には、13年から14年にかけて明治、帝京平成、早稲田の3大学のキャンパスや施設が次々と建ち、キリンホールディングスの本社も移転してきた。

■ニュース深掘り!■東京再開発に見る中小のビジネス機運 画像
インバウンド・地域活性

■ニュース深掘り!■東京再開発に見る中小のビジネス機運

 ブラジル・リオから五輪旗が持ち帰られ、20年の五輪開催がぐっとリアリティを帯びてきた東京。オリンピックに向けて現在、あちこちで大型の駅前開発が進んでいる。ここ最近では16年8月に浜松駅前で世界貿易センタービルを含む一帯の大規模開発の都市計画手続きが完了。

■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は? 画像
インバウンド・地域活性

■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

 地域の観光事業を振興する中で、事業者や地域住民の調整役となるDMO。彼らの運用や設立に役立てるために、観光庁は観光協会などを対象にアンケート調査「国内外の観光地域づくり体制に関する調査業務の報告書」を実施。

■ニュース深堀り!■中国人向け電子マネーの囲い込み力! 画像
インバウンド・地域活性

■ニュース深堀り!■中国人向け電子マネーの囲い込み力!

 スマホ連動の電子マネー決済に対応したところ、訪日中国人観光客が殺到した――ITベンチャーのユニヴァ・ペイキャストが16月6月に発表したのは、東京・御徒町の老舗ディスカウントストア「多慶屋」での出来事。

■ニュース深堀り!■中国資本でよみがえる大阪の中小製造業 画像
インバウンド・地域活性

■ニュース深堀り!■中国資本でよみがえる大阪の中小製造業

 大阪外国企業誘致センター(O-BIC)で、アジアの企業誘致案件が増えている。中でも、15年にあった全46件の誘致案件のうち、31件を占める中国(香港を含む)が存在感を増しているようだ。

■ニュース深掘り!■ 機能性表示食品制度にビジネスチャンス 画像
制度・ビジネスチャンス

■ニュース深掘り!■ 機能性表示食品制度にビジネスチャンス

 “中性脂肪を減らす”をうたう「DHA1000」や、「肝臓の健康にセラクルミン」が世界初となる“肝機能検査値の低下”を訴求するなど――。ここ1カ月だけでも健康面での効能をうたう新商品が相次ぐなど、健康食品市場が活発だ。

■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド 画像
インバウンド・地域活性

■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

 これまでは午前0時までの営業だったクラブ。それが、15年6月に参院本会議で可決・成立した改正風俗営業法によって、24時間の営業が実現した。「店内の照明が10ルクス以上である」などの条件はあるが、今後はナイトスポットに新たな商機が生まれそうだ。

■ニュース深掘り!■事業継承に補助金、独立開業の新常識 画像
制度・ビジネスチャンス

■ニュース深掘り!■事業継承に補助金、独立開業の新常識

 人や物をネット上で結び付けるマッチングが最近、B to Bの領域でさまざまなビジネスを生み出している。その恩恵は既存の事業に限ったことではない。7月にリリースされた新サービス「店タクどっとコム」では、事業継承を望む飲食店と独立開業希望者をマッチング。

■ニュース深掘り!■訪日客、次のゴールデンルートを探せ! 画像
インバウンド・地域活性

■ニュース深掘り!■訪日客、次のゴールデンルートを探せ!

 訪日客が団体客から個人客へと移行する中で、訪問先も東京から富士山をへて大阪・京都に向かうゴールデンルートから、全国津々浦々へと変化している。“以前よりも外国人観光客を見かけるようになった”と感じる地方在住者も増えているのではないか。

■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス 画像
インバウンド・地域活性

■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

 インバウンドの中心が団体客から個人客へと移行する中で、新たなビジネスを模索する動きが出ている。このうち、注目される一つが、富裕層を対象にした観光・サービス業だ。

    Page 1 of 1
    page top