Sakeの海外戦略に関するニュースまとめ一覧

今、日本酒の世界が動いています。国境を超える食品の代表としていま、世界で評判になっている「SAKE」ビジネスの最前線を、国内外の識者たちへのインタビューなどを交え、深く掘り下げていきます。

リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力 画像
インバウンド・地域活性

リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

 リンゴの発泡酒「シードル」市場が盛り上がっている。飲みやすさが女性に受け、リンゴ産地では加工リンゴの新たな販路として農家がワイナリーに委託醸造して販売したり、JA子会社が醸造会社に出資したりと、生産

昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高! 画像
海外進出

昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

 輸出額100億円を超える国産農畜産物のうち、牛肉と緑茶が2016年に過去最高を更新したことが、財務省の貿易統計で分かった。和牛の認知度向上や世界的な和食ブームが追い風となり、消費を伸ばした。一方、リ

ワイン造りと人材育成の意外な共通点 画像
人材

ワイン造りと人材育成の意外な共通点

 ワインの醸造と人材育成がなぜ結びつくのか? 実は驚くほどに「ワイン」と「部下」は似ているのです。部下とワインの最大の類似点は、育てた人の手を離れた後も「熟成(成長)」し続けるということです。

~Sakeの海外戦略:7~ワインのインフラを通じて世界へ 画像
海外進出

~Sakeの海外戦略:7~ワインのインフラを通じて世界へ

 日本酒の海外進出の現状を例えるならば、“SAKE”はいま、日本国内における紹興酒やマッコリのようなものではないだろうか。

~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る! 画像
海外進出

~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

 アメリカのオレゴン州に日本酒の製造会社がある。設立したのは日本の老舗酒造メーカー桃川株式会社。ここではアメリカ人がアメリカ人のために、自ら日本酒を醸す。

~Sakeの海外戦略:5~アメリカ人日本酒伝道師の教えとは? 画像
海外進出

~Sakeの海外戦略:5~アメリカ人日本酒伝道師の教えとは?

 欧米市場における日本酒の人気が拡大している。昨年の酒類の輸出金額は前年比で約1.3倍となる約390億円で、4年連続で過去最高額を更新。中でも清酒は約140億円の輸出額を計上し、6年連続の過去最高額となった。

~Sakeの海外戦略:4~世界100カ国で「梵」が成功した理由 画像
海外進出

~Sakeの海外戦略:4~世界100カ国で「梵」が成功した理由

 ロンドンで毎年開催される世界的ワインコンペ「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」において、07年から日本酒部門が設置されるなど、海外の酒類市場において日本酒の存在感が高まっている。

~Sakeの海外戦略:3~中国戦略の鍵はネットとエピソード! 画像
海外進出

~Sakeの海外戦略:3~中国戦略の鍵はネットとエピソード!

 国内の輸出産業として日本酒が盛り上がりを見せている。外食チェーンによる海外進出の増加、海外メディアでの日本酒の紹介を背景に、海外市場に販路を広げている日本酒業界。

~Sakeの海外戦略:2~酒蔵ツアーに見る海外ニーズ 画像
インバウンド・地域活性

~Sakeの海外戦略:2~酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

 海外に進出する日本酒を、国内から、しかも訪日客の視点から見たら、どう見えるのか。訪日客向け日本酒の酒蔵ツアー会社「アンカーマン」を起業した和田直人社長はこう語る。

~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは? 画像
海外進出

~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

 原材料の生産から加工までを国内で実施していることから、重点品目として国の輸出拡大方針の対象に。海外における日本食レストランの増加もあって、ここ数年で急速に輸出量を増やしているのが日本酒だ。

    Page 1 of 1
    page top