VRと中小企業に関するニュースまとめ一覧

VRのマーケット規模はここ数年のうちに、何倍にも拡大するといわれています。業界の先駆けになれるかどうか? 「VR元年」の2016年、いまこそがビジネスチャンスです!

VRによるショッピングの未来、VRコマース 画像
IT業務効率

VRによるショッピングの未来、VRコマース

流通大手のebayがVRコマースに参入したことで、他社もVRに対する施策をいっせいに打ち出してきました。北米、中国ではEコマース大手がさまざまなVRコマースを立ち上げてきていますが、日本国内ではどうでしょうか?

VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」 画像
IT業務効率

VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

ラスベガスで「CES2017」というイベントが開催されました。出展社数3,500以上、17万人以上が訪れる世界最大の家電見本市です。近年ではベンチャーやスタートアップも出展し注目を集めています。VRを取り巻く環境がどのように変化したのかをご紹介します。

大林組がVR活用の施工管理者向け教育システムを導入。手軽に体験型研修、全国で展開 画像
IT業務効率

大林組がVR活用の施工管理者向け教育システムを導入。手軽に体験型研修、全国で展開

 大林組は、仮想現実(VR)技術を使った施工管理者向けの教育システムを導入した。建設現場さながらの環境をVR上に実現し、場所を選ばずいつでも手軽に体験型研修が可能になる。受講者はヘッドマウントディスプレーを装着し、VR上 […]

~自社システムを外販する:1~VRギャラリーを不動産業に転用! 画像
IT業務効率

~自社システムを外販する:1~VRギャラリーを不動産業に転用!

 自社で構築したシステムやノウハウを、他社に販売するというビジネスモデルがある。かつては大手企業がIT部門の機能を子会社として独立させ、利用していた情報システムを販売するものが多かった。

VRによる未来のコミュニケーションとは? 画像
IT業務効率

VRによる未来のコミュニケーションとは?

VR空間の中だからこそ伝えられる3Dモデルの質感や雰囲気、そしてそれを目の前にしながらのクライアントや仕事仲間とのコミュニケーションといった利用は広がっていくと考えられます。

ゲームだけじゃない。 様々なジャンルに広がるVR 画像
IT業務効率

ゲームだけじゃない。 様々なジャンルに広がるVR

ほんの数年前まではVRを体験するための機器は非常に高価でしたが、今では個人でも購入可能な価格になりました。2025年のAR/VR全体の市場予測は、1100億ドル(11兆円)、ソフトウェアは450億ドル(4兆5000億円)と発表されました。

バーチャルリアリティ(VR)ってなんだ? 画像
IT業務効率

バーチャルリアリティ(VR)ってなんだ?

「ソニーのプレステVR」「2016年はVR元年」「いま買うべきVR機器は?」「携帯キャリアのVR参入」などなど……。

【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは 画像
IT業務効率

【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは

「話題が先行しているエンターテイメントも、20年における予測ではVRに占めるシェアは30%に過ぎません。つまり残りの70%はゲーム以外での利用になるわけです」

【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT 画像
IT業務効率

【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

 ゲーム用のVRヘッドセット「PlayStation VR」が16年10月に発売されるなど、いよいよVRが我々の生活シーンに浸透しようとしている。

【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力 画像
IT業務効率

【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

 16年はいわゆる「VR(バーチャル・リアリティ)元年」と言われている。15年からさまざまなVRデバイスが登場しているが、今年10月には“大本命”の呼び声が高い「PlayStation VR」が発売を予定。

【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上! 画像
IT業務効率

【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

 仮想現実を意味するバーチャルリアリティ(VR)の登場により、3Dの仮想現実での疑似体験が可能となりつつある。これをビジネスに活用しようという動きも始まっている。

【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは? 画像
IT業務効率

【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

 USJなどVRを演出に取り入れるテーマパークが次々と現れ、16年10月にはPlayStation専用のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が発売を予定。VRが徐々に我々の身近なものになりつつある。

【VR展:2】エンタメ以外でも大きな可能性! 画像
イベント

【VR展:2】エンタメ以外でも大きな可能性!

 バーチャルリアリティの導入が進んでいる業界の一つに、建築・不動産業がある。VRを用いたソリューションの開発を進める「全景」では、100社以上にバーチャル展示場作成システム「Zenkei Curator」を提供。

【VR展:1】バーチャルリアリティでモノ作りは何が変わる? 画像
イベント

【VR展:1】バーチャルリアリティでモノ作りは何が変わる?

 マイクロソフトがヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者向けキットを発売。ソニーも「PlayStation VR」の発売を予定するなど、バーチャルリアリティ(VR)なコンテンツを視聴するための環境が整いつつある。

    Page 1 of 1
    page top