スマート林業に関するニュースまとめ一覧

新たなビジネスチャンスが林業の世界に生まれています。林業の現場を大きく変えるスマート化。森林情報を可視化するドローンの登場で、林業は一気に効率的なビジネスに変わりそうです。そして林業再生の切り札と目されているのが「バイオマス発電」です。ITを使った森林国・日本の林業の復活。参照すべき最先端の方法や成功例を特集します!

~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場 画像
IT業務効率

~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

 全国各地で林業の担い手不足が深刻化している。1960年に約44万人だった林業従事者は、いまや約5万人にまで減少。戦後に植林された多くの木々が収穫期を迎えている現在、林業の世界では次世代を担う人材育成が急務となっている。

~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける 画像
IT業務効率

~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

 森林の持続的な保全に欠かせない間伐。しかし、間伐材は一般的な丸太と比べて建築主要材として使われることが少なく、海外から安価な材木の輸入が増えてきたことで需要は次第に低迷。

~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」 画像
IT業務効率

~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」

 木材とその製品の流通は、産地となる森林での伐採からスタートし、商品化して消費者の手に渡るまでにさまざまな過程を経る。この過程を中抜きし、産地で商品化してオンラインショップにより消費者へ直接販売する事業を立ち上げた企業がある。

~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ 画像
IT業務効率

~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

 戦後の高度経済成長期に植林された木々が、約半世紀を経て伐採時期を迎えた日本の林業。しかし、木材産業の低迷により採算が合わないことから伐採事業は遅々とし、森林保護・整備の面から求められる間伐も思うように進んでいないのが現状だ。

~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える! 画像
IT業務効率

~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

 いま、林業分野でICT(情報通信技術)の活用が急務となっている。いわゆる「スマート林業」と呼ばれる最先端の林業施策だが、実際のところ、まだ全国の自治体で存分に有効活用されているとは言いがたい。

~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ 画像
IT業務効率

~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

 効率的な伐採計画によるコスト削減などで、林業関係者から大きな期待を寄せられている「スマート林業」。その期待の背景として、1960年には約44万人だった林業従事者が2010年に約5万人にまで減少している担い手不足。さらには日本の“歴史的な事情”が挙げられる。

    Page 1 of 1
    page top