高齢化社会のICTに関するニュースまとめ一覧

「ICTと医療・介護」。近頃よく耳にする組み合わせです。そこに大きなビジネスチャンスがあることは間違いないようです。では中小企業が考えるべき戦略ポイントはどこにあるのでしょうか? すでに導入して成功した実例やこれからの展望を交えてお届けします!

【ICTが変える高齢化社会:6】介護になぜICTが好まれるのか? 画像
IT業務効率

【ICTが変える高齢化社会:6】介護になぜICTが好まれるのか?

 全国の40代以上の男女のうち、約80%が介護ロボットを肯定的にとらえている――。これは、オリックス・リビングが毎年行っているアンケート調査のうち、2015年の結果によるものだ。

【ICTが変える高齢化社会:5】介護者を支援する「パワードスーツ」 画像
IT業務効率

【ICTが変える高齢化社会:5】介護者を支援する「パワードスーツ」

 少子高齢化に伴う労働人口の減少に対して、ロボットの活用が研究されている。この問題にいちばん近い業界が、医療・介護関連ビジネスだ。老人ホームや在宅介護といった分野において、ITによる効率化、ロボットによる作業支援が急務とされている。

【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを 画像
IT業務効率

【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

 厚生労働省は15年8月、「情報通信機器を用いた診療」に関する通達を各都道府県知事に通知。遠隔医療の幅が広がったとして、医療機器メーカーや通信機器メーカーなど業界がにわかに活気づいた。

【ICTが変える高齢化社会:3】働き手に選ばれる職場をICTで! 画像
IT業務効率

【ICTが変える高齢化社会:3】働き手に選ばれる職場をICTで!

 介護現場の人手不足、労働環境をITで解決しようという動きが加速している。代表的な例としては 要介助者の“見守りシステム”が挙げられるが、応用範囲はそこに留まらない。特に、介助者の負荷軽減という視点では、さまざまなソリューションが生まれている。

【ICTが変える高齢化社会:2】かしこい“見守りシステム” 画像
IT業務効率

【ICTが変える高齢化社会:2】かしこい“見守りシステム”

 古くはナースコールではじまった、医者と患者をつなぐネットワーク。それがICTの力を借りて、近年では様々な形に進化している。中でも、特に発展が目覚ましい分野の一つが高齢者介護だ。

【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場 画像
IT業務効率

【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

 待ったなしの高齢化社会。それに伴う労働人口の減少は、日本の将来に暗い影を落としている。少子高齢化の影響範囲は多岐にわたるが、今後長期的に続くと思われるもののひとつに、医療・介護の問題がある。

    Page 1 of 1
    page top