東北の農林水産業は復活する!に関するニュースまとめ一覧

震災から5年。被災地の農業、林業、水産業、畜産業の現在、復興への取り組みの現状はどうなっているのか。とくに再建へ向けた働きの中で、規模の拡大、効率化、担い手確保等の新たな成長に関する情報を掘り下げます。

関連特集
復興 農林水産 酪農 東北地方
「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中 画像
インバウンド・地域活性

「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

 岩手県陸前高田市は高田地区被災市街地復興土地区画整理事業区域内に建設する「(仮称)一本松記念館・陸前高田市立博物館」の基本計画をまとめた。  施設規模は平屋2700平方メートル。館内には東日本大震災の被害状況や、津波に […]

【東北の農林水産業】地元の木材にこだわる県森連の復興建築 画像
インバウンド・地域活性

【東北の農林水産業】地元の木材にこだわる県森連の復興建築

 11年3月11日、東日本大震災が発生。沿岸部を津波にさらわれた宮城県で、森林組合連合会(以下「県森連」)が最初に取り組んだのは仮設住宅の設営だった。

【東北の農林水産業】大規模化で農地を守る、うねめ農場の挑戦 画像
インバウンド・地域活性

【東北の農林水産業】大規模化で農地を守る、うねめ農場の挑戦

 福島県郡山市に広さ120平米の敷地を備え、米と大豆の大規模農法に挑戦し続けている農場がある。06年に法人化した有限会社うねめ農場。社長の伊東敏浩氏で9代目と、この地で代々農業を続けてきた。

【東北の農林水産業】全てが流された魚市場。奇跡の復興 画像
インバウンド・地域活性

【東北の農林水産業】全てが流された魚市場。奇跡の復興

 2011年3月11日、東日本大震災による津波は、東北の漁港に甚大な被害をもたらした。宮城県牡鹿郡にある女川魚市場もその一つ。建物は外観こそ残ったが、中身はすべて流されガレキの山に。水揚げの岸壁は陥没し、船を着けられなくなった。

【東北の農林水産業は復活する!】 福島の林業に働き手を呼び戻す、絆の積み木と放射線防護ジャケット 画像
インバウンド・地域活性

【東北の農林水産業は復活する!】 福島の林業に働き手を呼び戻す、絆の積み木と放射線防護ジャケット

 福島の林業には他の地には無い特徴がある。それは、森林の管理と伐採・販売を行う事業者が異なること。そのうち、森林の管理を行っているのが「福島県森林組合連合会」。山の持ち主から依頼されて、森林調査や間伐などを行うのが彼らの仕事だ。

【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今 画像
インバウンド・地域活性

【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

 東北の復興が新たなビジネスの芽を生んでいる。震災によって失われた工場設備、立地条件、マーケット。それらを、最新式で効率の良いものへと再建する中で、かつて無かった品質とコストを持つ商品が生まれつつある。

    Page 1 of 1
    page top