担い手に関するニュースまとめ一覧

明日の経営への橋渡し。後継者問題、人材育成、女性の活躍、人材確保、外国人労働者、UIJターン。労務人事を取り巻くさまざまな状況について、最新記事で掘り下げます。

関連特集
人材確保 総務・人材・労務 資格・検定・免許・ライセンス
振興基金が「建設キャリアアップシステム」のチラシ作成、HPにも掲載 画像
人材

振興基金が「建設キャリアアップシステム」のチラシ作成、HPにも掲載

 今秋に運用が始まる「建設キャリアアップシステム」の運営主体の建設業振興基金(内田俊一理事長)は、システムの概要を紹介するチラシを作成した。15日からホームページにPDF版をアップするほか、建設関係団体を通じて企業に配布 […]

国交省の青木由行建流審/人材確保に安定的な売り手市場必要 画像
人材

国交省の青木由行建流審/人材確保に安定的な売り手市場必要

 国土交通省の青木由行建設流通政策審議官は、社会環境の変化を踏まえ建設産業が10年後の危機を乗り切るため、「買い手(発注者)の理解を得た安定的な売り手(受注者)市場が必要」との考えを示した。継続的な売り手市場の間に「担い […]

国交省/技術検定受験要件、職業訓練を実務経験に認定/2年で短大卒扱い 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省/技術検定受験要件、職業訓練を実務経験に認定/2年で短大卒扱い

 国土交通省は施工管理に関する国家資格を取得する技術検定制度で、実作業の技能を習得できる職業訓練の受講を受験要件の実務経験として認めることを決めた。訓練期間を実務経験年数に含めるなど要件を緩和することで、若年層の早期受験 […]

国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

 国土交通省は建設業法で定める主任技術者の要件となる登録基幹技能者の対象資格案を示した。登録基幹技能者講習の受講要件が主任技術者の要件を満たし、建設業許可の種類に応じて国交相が認める資格を、主任技術者として認定する。2月 […]

深谷組野球部、元巨人軍・高橋洸選手を獲得/現場とスポーツ両方の戦力に 画像
人材

深谷組野球部、元巨人軍・高橋洸選手を獲得/現場とスポーツ両方の戦力に

 深谷組(さいたま市見沼区、深谷和宏社長)の硬式野球部に、元読売巨人軍の高橋洸選手(24)が1日付で入部した。同部は創部3年目で、元プロ野球選手の入部は初めて。「走攻守そろっており、大きな戦力になる」と期待する。平日は一 […]

沖縄の離島、“おばあ”運営の「山里ゆんたく市場」が生まれ変わる 画像
インバウンド・地域活性

沖縄の離島、“おばあ”運営の「山里ゆんたく市場」が生まれ変わる

 沖縄県の離島、久米島町で60代の“おばあ”が運営する直売所「山里ゆんたく市場」が生まれ変わろうとしている。後押しするのは20代の若者。利用者を従来の地元住民だけでなく、観光客にまで広げようと、地元産

建設11団体が賀詞交換会/日建連・山内隆司会長「働き方改革実現に一丸」 画像
制度・ビジネスチャンス

建設11団体が賀詞交換会/日建連・山内隆司会長「働き方改革実現に一丸」

 日本建設業連合会(日建連、山内隆司会長)、全国建設業協会(全建、近藤晴貞会長)など建設業関係11団体主催の新春賀詞交歓会が5日、東京都港区の東京プリンスホテルで開かれた。団体、会員企業の幹部や、石井啓一国土交通相ら来賓 […]

18年始動 建設業界各社トップあいさつ/東京五輪関連や都市開発で追い風 画像
制度・ビジネスチャンス

18年始動 建設業界各社トップあいさつ/東京五輪関連や都市開発で追い風

 2018年仕事始めの4日、建設業界各社でもトップが社員に年頭のあいさつを行った。防災・減災対策やインフラ更新、2020年東京五輪関連工事や都市開発で追い風が吹く中での新年のスタート。多くのトップが担い手確保に向けた働き […]

~新聞ウォッチ~東証、大発会で26年ぶり終値2万3000円台/トヨタ、ホンダ、スズキなど軒並み高値更新 画像
制度・ビジネスチャンス

~新聞ウォッチ~東証、大発会で26年ぶり終値2万3000円台/トヨタ、ホンダ、スズキなど軒並み高値更新

大発会の東京株式市場では、日経平均株価が2万3506円33銭で取引を終え、バブル経済が崩壊した1992年1月7日以来、約26年ぶりの高値を記録した

「大企業じゃなくても夢がある。そんな会社を応援したい」社歌フェス企画者の狙い 画像
イベント

「大企業じゃなくても夢がある。そんな会社を応援したい」社歌フェス企画者の狙い

3月17日(土)、東京・恵比寿で「ベンチャーソングフェス」というイベントが開催される。スタートアップ企業や中小企業の経営者、社員、株主などに社歌の可能性を感じて楽しんでもらう、というもの。広がる社歌ブームの一つといえるイベント、主催者にその狙いを聞いた

日建連山内隆司会長ら会見/週休2日定着とキャリアアップシステム普及を 画像
人材

日建連山内隆司会長ら会見/週休2日定着とキャリアアップシステム普及を

 日本建設業連合会(日建連)の山内隆司会長ら首脳は22日の理事会後に記者会見し、週休2日の早期定着と建設キャリアアップシステムの普及促進に意欲を見せた。山内会長は「建設業の革命と言える。大変な力仕事で、すべての建設業が経 […]

石井啓一国交相に聞く、2018年行政運営の抱負/生産性革命「深化の年」 画像
制度・ビジネスチャンス

石井啓一国交相に聞く、2018年行政運営の抱負/生産性革命「深化の年」

 ◇未来切り開く社会資本整備/実効性ある働き方改革推進  石井啓一国土交通相は日刊建設工業新聞など建設専門紙の新春共同インタビューに応じ、2018年の行政運営への抱負を語った。インフラ整備や防災・減災などで建設業が今後も […]

2018年はどうなる? 国交省 毛利信二事務次官に聞く/働き方改革と生産性向上 画像
制度・ビジネスチャンス

2018年はどうなる? 国交省 毛利信二事務次官に聞く/働き方改革と生産性向上

 ◇「人」に焦点当て改革実行  国土交通省が、働き方の改善と生産性の向上を柱にさまざまな施策を打ち出している。建設業の働き方改革や担い手確保・育成といった建設産業の人づくり革命を強力に推進。建設現場の生産性向上策「i-C […]

HJHJアーカイブス2017:03「今年も社歌で日本を元気に!」 画像
人材

HJHJアーカイブス2017:03「今年も社歌で日本を元気に!」

「HJHJアーカイブス」では、年末年始にもう一度振り返りたい2017年の記事をピックアップしてお届けします。第3回は様々なメディアで取り上げられ一種の社会現象となった「社歌」、その出発点である「第1回中小企業社歌コンテスト」の受賞式(3月)を取り上げます

HJHJアーカイブス2017:01「今一度じっくり観たい“経営の物語”としての『直虎』」 画像
人材

HJHJアーカイブス2017:01「今一度じっくり観たい“経営の物語”としての『直虎』」

「HJHJアーカイブス」では、年末年始にもう一度振り返りたい2017年の記事をピックアップしてお届けします。第1回目は年間を通してHANJO HANJOで最も読まれたNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』評論記事からです

スズキ社長「2018年はあらゆる可能性に挑戦していく1年に」 画像
制度・ビジネスチャンス

スズキ社長「2018年はあらゆる可能性に挑戦していく1年に」

スズキは12月25日、新しい小型SUV『クロスビー』を発表した。その席上、鈴木俊宏社長は「2018年はあらゆる可能性に挑戦していく1年にしていきたい」と話し、併せて登録車の国内販売目標を年間10万台から12万台へ引き上げたことを明らかにした。

日建連、キャリアアップシステムのロードマップ決定/19年に登録50万人目標 画像
人材

日建連、キャリアアップシステムのロードマップ決定/19年に登録50万人目標

 ◇23年度から現場入場制限  日本建設業連合会(日建連、山内隆司会長)は22日、「建設キャリアアップシステム」の推進方策と目標をまとめた「ロードマップ」を決定した。登録開始から5年後の2023年3月までに会員企業の全現 […]

野村不動産、物流開発事業の拡大加速/18~20年度に首都圏で1100億円投資 画像
制度・ビジネスチャンス

野村不動産、物流開発事業の拡大加速/18~20年度に首都圏で1100億円投資

 野村不動産が、物流開発事業を加速させている。18~20年度に約1100億円を投じ、首都圏で高機能型物流施設「Landport」シリーズを9物件竣工させる方針。これにより、同社の物流施設の開発・運用棟数は累計33棟、総延 […]

「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(後編) 画像
人材

「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(後編)

国内唯一の総合野球用品メーカー「株式会社ハイゴールド」についての2回連載の後半。ハイゴールドと野球の関わり、そして経営のあり方を専務取締役の風呂本隆史氏に聞く後編では、自身が専務理事を務めている、野球文化を活性化させる団体「球活.jp」についても話を聞いた

多忙な年末にこそ考えたい。「従業員のエンゲージメント」と社歌の可能性 画像
人材

多忙な年末にこそ考えたい。「従業員のエンゲージメント」と社歌の可能性

なにかと業務に追われがちな年末。経営者にとっては、多忙な従業員がやる気を落としていないか気になるところ。そこで、今注目されている「従業員のエンゲージメント」やそれを向上させる方法を、ブームとなっている社歌の観点から考えたい

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 最後
Page 1 of 43
page top