HANJOのヒントに関するニュースまとめ一覧(5ページ目)

中小企業・小規模事業者の市場ポジションが高まる中、独自の技術や製品・サービスを効果的に売り込むためのブランディング、マーケティング手法に関する記事を集め、事業拡大を応援します。

関連特集
営業・マーケティング マーケット・政策 販売・販促 地元から日本を盛り上げるキーパーソン
牛乳はどこで買う? いま増えているのは 画像
制度・ビジネスチャンス

牛乳はどこで買う? いま増えているのは

 牛乳類をコンビニエンスストアで購入する人の割合が徐々に増えていることが、Jミルクが実施した牛乳・乳製品食生活動向調査で分かった。一度に購入する量も、500ミリリットル以下の小容量という消費者が増えて

横須賀市、民泊で海外からの教育旅行を受け入れ 画像
インバウンド・地域活性

横須賀市、民泊で海外からの教育旅行を受け入れ

民泊体験神奈川県横須賀市では、国際交流を目的とした海外からの教育旅行を受け入れる民泊事業を行っている。 2015年、初めての海外からの受け入れ事業とし…

“派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る! 画像
インバウンド・地域活性

“派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

 インバウンドの増加に伴い、その集客につながるような取り組みが観光向けの施設で増えている。中には、いわゆる外国人が考える“ザ・日本”を前面に打ち出した、写真映えのする派手な演出も少なくない。

~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に 画像
IT業務効率

~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に

 AI(人工知能)を業務効率化に役立てようという動きを、ここ最近よく耳にするようになった。ビジネスの現状分析をはじめ、生産計画や市場予測など、経営の意思決定にかかわる領域でAIの活用が進んでいるようだ。

日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」 画像
制度・ビジネスチャンス

日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」

「今年1年おそらく平穏ではなく、タフでチャレンジングな年になると考える。それを上回るタフで強い事業展開を行い、変化をビジネスチャンスとしてとらえて、その結果日本市場に活気をもららす。そのように会員各社と取り組んでいきたい」

ポスト五輪、建設市場もインバウンド需要で。極端な落ち込みなしの予測 画像
制度・ビジネスチャンス

ポスト五輪、建設市場もインバウンド需要で。極端な落ち込みなしの予測

 ◇将来へ布石打つ動き加速  2020年東京五輪後も首都圏では大規模な開発がしばらく続くとみられる。リニア中央新幹線計画も、27年に予定されている東京~名古屋間開業以降も、大阪へ向けた延伸工事が続く。地方中核都市では駅前 […]

17年の建設業界、キーワードに生産性向上と働き方改革 画像
制度・ビジネスチャンス

17年の建設業界、キーワードに生産性向上と働き方改革

 2017年の仕事始めを迎えた4日、建設業界各社ではトップが社員に年頭のあいさつを行った。業界全体に吹く追い風に乗り、各社とも好調な業績が続く中で新年がスタート。そうした中、多くのトップが「生産性向上」と「働き方改革」を […]

日本写真印刷、マレーシアに合弁会社を設立 画像
海外進出

日本写真印刷、マレーシアに合弁会社を設立

現地子会社が合弁会社を設立日本写真印刷株式会社(日本写真印刷)は、10日、同社の連結子会社、Nissha Industrial and Trading Malaysia Sdn. Bhd.(Nissha Indus…

どうなる建設市場?ポスト五輪占う~20年以降も堅調の予想 画像
制度・ビジネスチャンス

どうなる建設市場?ポスト五輪占う~20年以降も堅調の予想

 ◇強固な経営基盤構築へ動く  2020年東京五輪開催まで残り3年半を切った。国内の建設市場は活況を呈し、好調な受注環境を背景に業績を伸ばす企業が目立つ。継続して行われるインフラ整備に加え、急増するインバウンド(訪日外国 […]

トランスコスモス、ジャカルタにオペレーション拠点を設立 画像
海外進出

トランスコスモス、ジャカルタにオペレーション拠点を設立

「ジャカルタ第3センター」トランスコスモスは、ジャカルタにオペレーション拠点となる「ジャカルタ第3センター」を設立し、業務を開始したと発表した。同国内3…

大手コンサルが国内市場開拓に本腰、技術開発費増額や部門新設など 画像
制度・ビジネスチャンス

大手コンサルが国内市場開拓に本腰、技術開発費増額や部門新設など

 大手建設コンサルタント各社が、国内市場開拓に一段と力を入れている。注力分野は地域創生、インフラマネジメント・発注者支援、エネルギー、まちづくりなど多様。事業部門の新設や既存部門の改組など本腰を入れる企業も少なくない。各 […]

「国家戦略特区」その後~ドローン、民泊、外国人就労~合格点はどれ? 画像
制度・ビジネスチャンス

「国家戦略特区」その後~ドローン、民泊、外国人就労~合格点はどれ?

 政府が規制改革の突破口と位置付けた「国家戦略特区」の成果が徐々に見え始めた。外国人材の活用や訪日外国人観光客の誘致、近未来技術の開発、医療など幅広い分野で、自治体による計画の具体化が進み、企業の参画も始まった。特区は当初の6区域から現在の10区域に拡…

自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか? 画像
海外進出

自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

2016年を振り返ると、英国のEU離脱(Brexit)賛成の国民投票、米国でのトランプ氏の大統領選挙勝利など国際社会での変動に驚かされることが多かった。こうした国際社会の変動に日本企業はうまく対応できているであろうか。

石井啓一国交相に聞く、2017年行政運営。建設業界「生産性革命」前進へ 画像
制度・ビジネスチャンス

石井啓一国交相に聞く、2017年行政運営。建設業界「生産性革命」前進へ

 ◇社保加入集大成の年/震災復興さらに加速  石井啓一国土交通相が建設専門紙各社共同の新春インタビューに応じ、2017年の行政運営への抱負を語った。頻発する自然災害への対応などで建設業界が役割を継続して果たせるよう「建設 […]

専門誌の新年号は何を伝えたのか? 『業界展望』に聞く 画像
制度・ビジネスチャンス

専門誌の新年号は何を伝えたのか? 『業界展望』に聞く

 ◇東京五輪後見据えた準備本格化  国内の堅調な建設需要を背景に、業績が安定して推移するゼネコン各社。2016年4~9月期は資材・労務価格が期初の見込みほどは上がらず、工事採算が一段と改善。前年に続き過去最高益を更新した […]

成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド 画像
制度・ビジネスチャンス

成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

 少子化によってマーケットが縮小する中では、寡占状態の事業に新規参入しても成果は見込めない。今ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発だろう。

「コメの文化」と我が国のバス事業 画像
インバウンド・地域活性

「コメの文化」と我が国のバス事業

唐突だが、日本は「コメ」(稲)文化だ。稲は、例えば麦と比べると、一粒の種籾からの収量が多い。そのため、狭い土地で多くの人口を養える。土地生産性が大きいのだ

ホテルオークラ、ベトナム・ホーチミン市で2020年開業 画像
海外進出

ホテルオークラ、ベトナム・ホーチミン市で2020年開業

【ベトナム】ホテルオークラ(東京都港区)はホーチミン市中心部で2020年に開業する予定のホテルを受託運営する。

ちよだ鮨、ベトナムに日本料理店。持ち帰りではなく、レストラン業態で 画像
海外進出

ちよだ鮨、ベトナムに日本料理店。持ち帰りではなく、レストラン業態で

【ベトナム】ちよだ鮨(東京都中央区)は9日、日本料理店をベトナムのホーチミン市中心部に出店した。店舗名は「ちよだ鮨パスター通り店」。寿司、刺身が中心で、店舗面積約460平方メートル、123席。年商2億円を目指す。

国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

 国土交通省は20日、公共建築工事積算基準を改定し、一般管理費等率を19年ぶりに見直した。工種ごとに設定する下請企業の経費率と併せた今回の改正により、総工事費が9億円程度とされるRC造4階建て延べ3000平方メートル程度 […]

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 30
  13. 40
  14. 50
  15. 最後
Page 5 of 55
page top