健康経営・生産性向上に関するニュースまとめ一覧

従来よりも的確な現場把握と指示が送れる遠隔作業支援の新技術 画像
IT業務効率

従来よりも的確な現場把握と指示が送れる遠隔作業支援の新技術

 富士通研究所は17日、作業者に対して的確な遠隔支援を行える3次元パノラマ画像とAR技術を組み合わせた新技術を開発した。

中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか? 画像
人材

中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

 労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が、2015年12月1日から施行された。これにより、50名以上の従業員を有する事業者に対し、年1回のストレスチェックと面接指導の実施が義務化された(50名未満の事業者の場合は、当面の間は努力義務となる)。

健康経営の取り組みは昼寝から!? 効果的なストレス解消を 画像
人材

健康経営の取り組みは昼寝から!? 効果的なストレス解消を

 全研本社は21日、同社が運営する働き方と天職を考えるウェブマガジン「瓦版」のユーザーを対象に、仕事でのストレスに関する調査の結果を発表した。

「タニタ効果」で7kgの減量成功者も、東京・板橋区の健康づくり 画像
人材

「タニタ効果」で7kgの減量成功者も、東京・板橋区の健康づくり

 東京都板橋区はタニタ(東京都板橋区、谷田千里社長、03・3968・2111)などと連携し、「いたばし健康づくりプロジェクト」を本格的に始めた。ある程度運動習慣のある人向けの「スポーツコース」を設け、体育館、商店街などの区内全域に計測地点を設けたことが…

12月1日から義務化のストレスチェック、その対応は? 画像
IT業務効率

12月1日から義務化のストレスチェック、その対応は?

 企業のストレスチェック義務化が12月1日からスタートする。従業員数が50名以上の事業所は、厚生労働省のストレスチェック制度実施マニュアルにのっとり、年1回、全従業員に対してストレスチェックを実施しなければならない。

企業や自治体が遺伝子検査を健康推進に活用する時代……MY CODE 画像
ライフ

企業や自治体が遺伝子検査を健康推進に活用する時代……MY CODE

 最先端の遺伝子検査サービスを研究する東京大学医科学研究所と提携し、2014年4月に設立された株式会社DeNAライフサイエンス(本社・東京都渋谷区)。

レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援 画像
マネジメント

レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

従業員の現状の健康状態を可視化し、生活習慣病への将来的なリスクや、そこで負わなければならない医療費負担などを予測し、回避するための対策を立てる。このような健康経営支援サービスを展開しているのが日本医療データセンターだ。

建設現場・消防士・工場・農家、あらゆるフィールドに適用可能……腰部サポートウェア 画像
IT業務効率

建設現場・消防士・工場・農家、あらゆるフィールドに適用可能……腰部サポートウェア

消防車や消化器などを手がけるモリタホールディングスは「ジャパン建材フェア」にユニークはサポーターを出品した。「ラクニエ」と名付けられた腰部サポートウェアがそれで、現在さまざまな現場で活躍中だという。

Workcise(Work+Exercise)で健康経営を実践するイトーキ 画像
イベント

Workcise(Work+Exercise)で健康経営を実践するイトーキ

 神奈川県が行った「CHO構想コンソーシアム平成27年度第1回会議」では、健康経営に取り組む企業代表として、イトーキの高原良氏が「働く場から変えてみる。~健康経営に貢献するオフィス環境づくりの取り組み~」をテーマに講演を行った。

    Page 1 of 1
    page top