海外進出(アウトバウンド)に関するニュースまとめ一覧

関連特集
アウトバウンド 輸出・輸入 ハラール食・ハラール認証 地方創生 地方発ヒット商品の裏側 酒造・酒蔵
“新時代”の日本酒を世界へ! 洋食との相性を追求、人気高まる 画像
海外進出

“新時代”の日本酒を世界へ! 洋食との相性を追求、人気高まる

 若者が“新時代”の日本酒を製造して、世界に販路を広げている。山形県では洋食に合うフルーティーな日本酒をワインだるで醸造し、1年足らずで4カ国・地域へ輸出した。山口県では、新酒が好まれる日本酒で数年寝

ウラタなど日本のデベロッパー、プノンペンに大規模複合ビル 画像
海外進出

ウラタなど日本のデベロッパー、プノンペンに大規模複合ビル

【カンボジア】ウラタ(千葉県浦安市)など日本のデベロッパーが出資する大規模複合ビルがプノンペンに建設される。

バンコクのショッピングセンターに忍者博物館が登場! 画像
海外進出

バンコクのショッピングセンターに忍者博物館が登場!

【タイ】バンコク北郊ノンタブリ県のショッピングセンター(SC)「セントラルプラザ・ウエストゲート」に忍者博物館「ニンジャメイズ」(床面積3600平方メートル)がお目見えする。

トヨタ 小林副社長「為替等除くと営業減益なのでバツ」/通期純利益は過去最高に上方修正 画像
制度・ビジネスチャンス

トヨタ 小林副社長「為替等除くと営業減益なのでバツ」/通期純利益は過去最高に上方修正

トヨタ自動車は2月6日、2018年3月期の第3四半期累計(4~12月期)連結決算と通期予想を発表した。通期純利益は米国の法人税率引き下げなどにより、従来比で4500億円上乗せして2期ぶりの最高となる2兆4000億円(前期比31%増)に上方修正した。

東日本高速、有料道路運営事業でインドへ本格参入 画像
海外進出

東日本高速、有料道路運営事業でインドへ本格参入

東日本高速(本社=千代田区)が、インドの有料道路事業の運営事業に本格参入する。国内の高速道路で培ったノウハウを海外で生かす同社初の試みだ。

三井住友建設、カンボジアで国道改修工事2件受注/JVで総額145億円 画像
海外進出

三井住友建設、カンボジアで国道改修工事2件受注/JVで総額145億円

 三井住友建設は26日、カンボジア公共事業運輸省が発注した「国道5号線改修事業(プレッククダム~スレアマアム区間)」2件を受注し、契約したと発表した。いずれも道路舗装工事などを手掛けるワールド開発工業(長野市、西澤彊社長 […]

川崎重工がNY市地下鉄車両を大量受注/鉄道車両では同社最大規模になる可能性も 画像
海外進出

川崎重工がNY市地下鉄車両を大量受注/鉄道車両では同社最大規模になる可能性も

川崎重工業(川崎重工)は1月25日、同社の米国現地法人「Kawasaki Rail Car,Inc」を通じて、ニューヨーク州交通局(MTA)傘下のNew York City Transit(NYCT)に向けた新型車両「R211」の受注を内定したことを明らかにした。

ユニクロ、バンコク郊外にタイ初のロードサイド店 画像
海外進出

ユニクロ、バンコク郊外にタイ初のロードサイド店

【タイ】ユニクロは3月23日、タイ初のロードサイド店舗をバンコク郊外のパタナカン通りに出店する。店舗面積1440平方メートル。

西松建設、ラオスでレンタル工場の運営開始/日系中小企業専用経済特区の工業団地で 画像
海外進出

西松建設、ラオスでレンタル工場の運営開始/日系中小企業専用経済特区の工業団地で

 西松建設は9日、ラオス南部で開発を進めている工業団地「パクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区」(チャンパサック県パクセー市、開発総面積195ヘクタール)でレンタル工場の運営を開始すると発表した。S造平屋約3000平 […]

DIC、マレーシアにコンパウンド製品の技術センター開設 画像
海外進出

DIC、マレーシアにコンパウンド製品の技術センター開設

【マレーシア】DIC(東京都中央区)は12日、東南アジアや南アジアの市場に適したコンパウンド製品の開発改良などを手がける「ソリッドコンパウンド技術センター・アジアパシフィック」をマレーシアに開設し、本格稼働したと発表した。

大手建設コンサル、海外市場開拓へ攻勢/相次ぎ拠点整備、現地M&Aにも本腰 画像
海外進出

大手建設コンサル、海外市場開拓へ攻勢/相次ぎ拠点整備、現地M&Aにも本腰

 大手建設コンサルタント各社が、海外建設市場で攻勢を強めている。国内建設市場の縮小を念頭に置き、国内のインフラ需要に依存しない収益基盤の構築を目指している。各社は東南アジアを中心に中核拠点の整備や現地法人の新設、新事務所 […]

なぜ日本車がモンゴルに多く輸出されるのか? 画像
海外進出

なぜ日本車がモンゴルに多く輸出されるのか?

2016年に訪問したモンゴル。当時は、都市計画プロジェクトによる郊外オートモールの設置、また拡大するハイブリット自動車(HV)の輸入、など自動車市場が大きく変化している時期であったがその後モンゴルの自動車市場にどんな変化が起こったのだろうか?

眼鏡販売のオンデーズ、インドネシア進出/5年で100店舗目標 画像
海外進出

眼鏡販売のオンデーズ、インドネシア進出/5年で100店舗目標

【インドネシア】眼鏡の製造販売を手がけるオンデーズ(東京都港区)はインドネシアに進出する。3月をめどに、現地企業によるフランチャイズ店をジャワ島東部のスラバヤに2店、続いてジャカルタに出店する計画。今後5年で同国で100店舗出店を目指す。

~2018年展望/自動車業界編~ EVで未曾有の日本6社連合へ 画像
制度・ビジネスチャンス

~2018年展望/自動車業界編~ EVで未曾有の日本6社連合へ

電動化やシェアリングといったクルマの新たなテクノロジーや使われ方など「100年に1度という大変革」(トヨタ自動車の豊田章男社長)の動きは加速し、個々の企業ベースでは、数年先の経営の健全性を左右するような舵取りを迫られる年となろう。

東日本高速会社、三菱商事ら/インド有料道路運営に本格参入/6路線延長400キロ 画像
海外進出

東日本高速会社、三菱商事ら/インド有料道路運営に本格参入/6路線延長400キロ

 東日本高速道路会社がインドの有料道路=写真=運営事業に本格参入する。三菱商事、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)とコンソーシアムを組成。有料道路7路線を保有・運営する現地企業の株式20%を取得し、事業参画するこ […]

スズキ社長「2018年はあらゆる可能性に挑戦していく1年に」 画像
制度・ビジネスチャンス

スズキ社長「2018年はあらゆる可能性に挑戦していく1年に」

スズキは12月25日、新しい小型SUV『クロスビー』を発表した。その席上、鈴木俊宏社長は「2018年はあらゆる可能性に挑戦していく1年にしていきたい」と話し、併せて登録車の国内販売目標を年間10万台から12万台へ引き上げたことを明らかにした。

マレーシア、中古車検査で業界の活性化となるか?/オークネット 画像
海外進出

マレーシア、中古車検査で業界の活性化となるか?/オークネット

マレーシアで中古車検査ビジネスをスタートした株式会社オークネット。現在の取り組みについてオークネット(マレーシア)の担当者に話を聞いた。

「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(後編) 画像
人材

「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(後編)

国内唯一の総合野球用品メーカー「株式会社ハイゴールド」についての2回連載の後半。ハイゴールドと野球の関わり、そして経営のあり方を専務取締役の風呂本隆史氏に聞く後編では、自身が専務理事を務めている、野球文化を活性化させる団体「球活.jp」についても話を聞いた

グローバル流通が不可欠、これからの自動車リサイクル/会宝産業、近藤会長 画像
海外進出

グローバル流通が不可欠、これからの自動車リサイクル/会宝産業、近藤会長

1969年の創業以来自動車リサイクル業を営む会宝産業。従来の解体業から脱し、グローバルな静脈産業と称するビジネスモデルを創(つく)り出した近藤会長に、具体的な取り組みと今後の展望について話を聞いた。

「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(前編) 画像
人材

「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(前編)

野球とその文化に対して、熱い愛情をもって取り組んでいる会社がある。国内唯一の総合野球用品メーカーの「株式会社ハイゴールド」だ。「商品売るより自分を売ろう」の理念のもと、半世紀のあいだ、野球用品の開発に取り組んできた

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 14
page top