道路に関するニュースまとめ一覧

熊本地震/被災した57号北側復旧ルートの二重峠トンネル、着工へ 画像
インバウンド・地域活性

熊本地震/被災した57号北側復旧ルートの二重峠トンネル、着工へ

 九州地方整備局が熊本地震で被災した国道57号の災害復旧事業として現道の北側に整備を進めている国道57号北側復旧ルート(熊本県阿蘇市赤水~大津町引水、延長約13キロ)のメインの構造物となる長大トンネル「二重峠トンネル」( […]

気仙沼市の大島架橋で中央径間の海上作業完了、住民の悲願前進へ 画像
制度・ビジネスチャンス

気仙沼市の大島架橋で中央径間の海上作業完了、住民の悲願前進へ

 宮城県気仙沼市の大島と本土をつなぐ大島架橋事業で、橋梁のメイン構造物となる中央径間を設置する海上作業が29日午前、無事に完了した。地元住民の悲願だった架橋事業が完成に向け大きく前進した。  同日、施工を担当するJFEエ […]

兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ 画像
インバウンド・地域活性

兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

 兵庫県は、1925(大正14)年の完成から90年以上が経過し、川の流れの阻害要因になっている国道2号加古川橋(加古川市)の架け替え事業に18年度着手する。昨年12月に地元住民らでつくる加古川市国道2号等整備促進協議会が […]

横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ 画像
インバウンド・地域活性

横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

 首都高速道路会社と横浜市が建設を進めている「横浜北線(横羽線~第3京浜)」が3月18日午後4時に開通する。横羽線と大黒線の生麦ジャンクション(JCT)から第3京浜と接続する横浜港北JCTまでの延長約8・2キロ。同日に現 […]

羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環 画像
制度・ビジネスチャンス

羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

 川崎市と東京都は24日、多摩川を挟んで向かい合う川崎市の殿町地区と東京都大田区の羽田空港旧国際線跡地地区とを結ぶ連絡橋の新規整備に関する都市計画上の事業認可を、神奈川県と国土交通省からそれぞれ取得した。連絡橋は延長84 […]

東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m! 画像
インバウンド・地域活性

東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

 関東地方整備局東京港湾事務所は16年12月28日、東京港臨港道路南北線の本体となる国内最長の沈埋函の初出渠を報道陣に公開した。三菱重工業横浜製作所(横浜市中区)の製作ドックで完成した長さ134メートルの沈埋函(鋼殻)を […]

山岳トンネル補助の新工法登場、水使わず鉄矢木を機械打設! 画像
IT業務効率

山岳トンネル補助の新工法登場、水使わず鉄矢木を機械打設!

 戸田建設と古河ロックドリルは、山岳トンネル工法(NATM)の軟弱地山での補助工法として「フォアプレート工法(鉄矢木の機械式無水打撃工法)」を開発した。既存のドリルジャンボのガイドセル部(削孔機構部)に改良を加えることで […]

四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル 画像
制度・ビジネスチャンス

四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

 西日本高速道路四国支社が整備を進めている四国横断自動車道徳島東IC(インターチェンジ)~徳島JCT(ジャンクション)に建設される吉野川大橋の工事が本格的に始まった。施工を担当する鹿島・三井住友建設・東洋建設JVが3日、 […]

道路の健全性診断サービス。道路管理者の業務負担を大幅に軽減 画像
IT業務効率

道路の健全性診断サービス。道路管理者の業務負担を大幅に軽減

 川崎地質と富士通の子会社の富士通交通・道路データサービス(東京都港区、島田孝司社長)が、道路の健全性を診断する事業を共同で行うために提携関係を結んだ。川崎地質の地中レーダー探査装置を用いた地下の空洞調査技術と、富士通交 […]

日本のスマホ技術、タイで道路の舗装劣化状況把握の実証実験 画像
IT業務効率

日本のスマホ技術、タイで道路の舗装劣化状況把握の実証実験

【タイ】デジタル地図、カーナビソフトのインクリメントP(東京都文京区)と商用車データ分析、道路データ分析を手がける富士通交通・道路データサービス(東京都港区)は28日、タイで道路の舗装劣化状況把握技術の実証実験を行うと発表した。

博多道路陥没で土研が原因究明へ。一体何が起こったのか? 画像
制度・ビジネスチャンス

博多道路陥没で土研が原因究明へ。一体何が起こったのか?

 福岡市の市営地下鉄七隈線の延伸工事区間で発生した道路陥没をめぐり、石井啓一国土交通相は16日の衆院国土交通委員会で、同省が所管する土木研究所で原因究明に当たる方針を表明した。高島宗一郎福岡市長が第三者による原因究明を国 […]

油と荷重に強いアスファルト舗装商品化、作業時間は半たわみ性の半分 画像
IT業務効率

油と荷重に強いアスファルト舗装商品化、作業時間は半たわみ性の半分

 鹿島道路は4日、高耐久性の新しいアスファルト舗装を商品化したと発表した。アスファルト合材に特殊な添加剤を配合することで、開粒度アスファルト混合物の空隙(くうげき)に特殊セメントミルクを浸透させる半たわみ性舗装に近い耐油 […]

NIPPOと積水化成品工業が道路冠水対策事業で連携 画像
制度・ビジネスチャンス

NIPPOと積水化成品工業が道路冠水対策事業で連携

 NIPPOは2日、積水化成品工業が開発した「セキスイ アクアロード」の事業展開に協力すると発表した。車道直下に構築する雨水貯留浸透槽で、軽量で施工性が高く、さまざまな規模のものを簡易に設置できることが特徴。道路冠水対策 […]

浜松河川国道、三遠南信道路の佐久間第1トンネルが貫通 画像
インバウンド・地域活性

浜松河川国道、三遠南信道路の佐久間第1トンネルが貫通

 ◇施工は西松建設と大林組  中部地方整備局浜松河川国道事務所が建設を進めている三遠南信自動車道佐久間第1トンネル(仮称)が貫通し、西松建設と大林組の主催による貫通式典が21日、トンネル内の愛知、静岡県境付近で行われた。 […]

気仙沼湾横断橋の上部工で初弾発注、補正予算に工事費を計上 画像
インバウンド・地域活性

気仙沼湾横断橋の上部工で初弾発注、補正予算に工事費を計上

 東北地方整備局は17年1月以降、気仙沼湾横断橋の上部工に着手する。11日に成立した政府の第2次補正予算に工事費が計上され、同局の発注見通し(13日時点)に「国道45号松崎地区上部工工事」が盛り込まれた。第4四半期にWT […]

愛知県有料道路の民営化事業がスタート、「愛知県モデル」を国内外に発信 画像
制度・ビジネスチャンス

愛知県有料道路の民営化事業がスタート、「愛知県モデル」を国内外に発信

 有料道路では全国初のコンセッション(公共施設等運営権)事業となる愛知県有料道路運営等事業が1日、スタートした。愛知県道路公社が管理していた県内の有料道路8路線の運営を、前田建設などが設立した特定目的会社「愛知道路コンセ […]

四日市港湾、霞4号幹線の橋桁を「浜出し」 画像
インバウンド・地域活性

四日市港湾、霞4号幹線の橋桁を「浜出し」

 中部地方整備局四日市港湾事務所が四日市港(三重県)で整備を進めている臨港道路「霞4号幹線」の一部となる橋桁を陸上から海上に積み出す「浜出し」作業が28日、愛知県半田市の瀧上工業第二工場内で行われた。約1時間かけて重さ5 […]

阪神高速のトンネル工事で矩形シールド機による掘削開始、地上部への影響を最小限に 画像
IT業務効率

阪神高速のトンネル工事で矩形シールド機による掘削開始、地上部への影響を最小限に

 鹿島は28日、堺市で施工中の阪神高速道路大和川線「常磐工区開削トンネル工事」で、本線の開削トンネルに接続する出口ランプ部を非開削で構築するため、矩形シールドマシン「アポロカッター」による掘削を始めたと発表した。最大掘削 […]

立体道路制度緩和へ、商業施設一体の交通ターミナル整備が条件 画像
制度・ビジネスチャンス

立体道路制度緩和へ、商業施設一体の交通ターミナル整備が条件

 国土交通省は、道路と構造上一体になった建築物を建てられる「立体道路制度」の適用範囲を拡充する。地方からのニーズが高く、広い土地を確保しにくい市街地の鉄道駅周辺で商業ビルと一体になった交通ターミナル施設の整備に制度の適用 […]

五輪に向けて環境舗装に脚光、市場拡大のチャンス! 画像
IT業務効率

五輪に向けて環境舗装に脚光、市場拡大のチャンス!

 国交省もPR強化/市場拡大のチャンス  真夏に開かれる2020年東京五輪を控え、都内の道路で路面温度の上昇を抑える遮熱性・保水性などの環境舗装が注目を集めている。都は五輪会場周辺で環境舗装が広がるよう区などへの働き掛け […]

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 7
page top