道路に関するニュースまとめ一覧

築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に 画像
制度・ビジネスチャンス

築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

 東京都は19日、豊洲移転に伴う築地中央卸売市場(中央区)跡地の再開発について、街づくりの視点の骨子案を明らかにした。跡地周辺にあるインフラの整備・検討状況などを踏まえ、一度の開発ではなく段階的な開発によって、価値の最大 […]

無電柱化推進計画、20年度までに1400キロ分実現へ 画像
制度・ビジネスチャンス

無電柱化推進計画、20年度までに1400キロ分実現へ

 国土交通省は6日、道路上にある電線類の地中化の普及に向けた「無電柱化推進計画」を策定した。計画対象期間は18~20年度の3カ年。計画期間中に都市部を通る災害時の緊急輸送道路を中心に、総延長約1400キロ分の無電柱化を実 […]

高速道路リニューアルプロジェクト、18年度発注は260億円規模 画像
制度・ビジネスチャンス

高速道路リニューアルプロジェクト、18年度発注は260億円規模

 ◇全事業の1割超に着手  東日本高速道路会社は高速道路リニューアルプロジェクト(大規模更新・修繕事業)として、18年度に事業規模で約260億円分(公告ベース)の工事を新規発注する。事業開始から18年度末までの期間で、公 […]

SNS映えするSAメシのイチバンはどこだ! NEXCO東日本 新メニューコンテスト決勝 画像
インバウンド・地域活性

SNS映えするSAメシのイチバンはどこだ! NEXCO東日本 新メニューコンテスト決勝

NEXCO東日本エリアでことしイチバンのSAメシはどこだ! 2017年度『NEXCO東日本 新メニューコンテスト』決勝大会が3月20日、東京栄養食糧専門学校で行われ、予選を勝ち抜いた10品が激突。

道路舗装大手、19年春の新卒採用数増加/インターンシップ拡充へ 画像
人材

道路舗装大手、19年春の新卒採用数増加/インターンシップ拡充へ

 道路舗装大手各社が19年4月入社の新卒採用数を増加させる。日刊建設工業新聞社が道路舗装8社を対象に行ったアンケートによると、新卒採用数は8社合計で465人(前年431人)を計画。採用数を減らす鹿島道路と世紀東急工業を除 […]

首都高速会社、10号晴海線晴海~豊洲間が開通/都心、臨海部のアクセス強化 画像
インバウンド・地域活性

首都高速会社、10号晴海線晴海~豊洲間が開通/都心、臨海部のアクセス強化

 首都高速道路会社が東京都内で整備を進めてきた「高速10号晴海線(晴海~豊洲)」が10日、供用を開始した。晴海線の全長約2・7キロのうち、湾岸線に接続する東雲ジャンクション(JCT)~豊洲の開通済み区間(延長約1・5キロ […]

苦手な人にこそ食べてほしい/ジンギスカン街道のろうかく荘(長野市) 画像
インバウンド・地域活性

苦手な人にこそ食べてほしい/ジンギスカン街道のろうかく荘(長野市)

名古屋市から長野に伸びる国道19号。長野県松本市から50km、長野市から25kmほどの場所に位置する信州新町には、古くから独特の漬け方で羊肉を食す文化があるのだという。

国交省、「スマートインターチェンジ」整備に無利子融資/民活を後押し 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省、「スマートインターチェンジ」整備に無利子融資/民活を後押し

 国土交通省は、高速道路と沿道の民間事業用施設を直結するスマートインターチェンジ(IC)の整備で民間事業者の取り組みを後押しする。18年度に事業費の最大半額を無利子で融資する制度を創設。スマートICの整備に必要な土地を取 […]

首都高都心環状線の上部空間活用へ/三吉橋~新尾張橋間で調査、検討 画像
インバウンド・地域活性

首都高都心環状線の上部空間活用へ/三吉橋~新尾張橋間で調査、検討

 東京・中央区は18年度、首都高速道路都心環状線のうち築地川区間の上部活用に向けた調査に乗りだす。対象は三吉橋~新尾張橋間の延長1キロ。首都高速道路会社が同区間を耐震化する一環で、上部を人工地盤で覆う「頭覆化」を検討して […]

空いていたらラッキー、ようやくありつけた「もつ煮太郎」 国道16号 画像
インバウンド・地域活性

空いていたらラッキー、ようやくありつけた「もつ煮太郎」 国道16号

旨い! という話をよく聞くので行ってみたいと思いつつ、通りがかったときはいつも行列でいっぱいか、お店が昼休み。縁がないとあきらめることはできなかったのが、国道16号の「もつ煮太郎」だ。

東日本高速、有料道路運営事業でインドへ本格参入 画像
海外進出

東日本高速、有料道路運営事業でインドへ本格参入

東日本高速(本社=千代田区)が、インドの有料道路事業の運営事業に本格参入する。国内の高速道路で培ったノウハウを海外で生かす同社初の試みだ。

大成ロテック、北海道科学大学/救急車両振動と路面状況の関係性究明へ共同研究着手 画像
制度・ビジネスチャンス

大成ロテック、北海道科学大学/救急車両振動と路面状況の関係性究明へ共同研究着手

 大成ロテックは、患者に負荷を与えない救急車による緊急搬送について、舗装路面の観点から研究に乗り出す。車両の振動が患者に与える影響を最小限に抑えるため、北海道科学大学の亀山修一教授と路面性状に関する共同研究を本年度に開始 […]

三井住友建設、カンボジアで国道改修工事2件受注/JVで総額145億円 画像
海外進出

三井住友建設、カンボジアで国道改修工事2件受注/JVで総額145億円

 三井住友建設は26日、カンボジア公共事業運輸省が発注した「国道5号線改修事業(プレッククダム~スレアマアム区間)」2件を受注し、契約したと発表した。いずれも道路舗装工事などを手掛けるワールド開発工業(長野市、西澤彊社長 […]

ダムカードに続き、トンネルカード発行! トンネルグルメも登場/横須賀 画像
インバウンド・地域活性

ダムカードに続き、トンネルカード発行! トンネルグルメも登場/横須賀

プロ野球カードなど、トレーディングカードは誰もが一度は収集したことがあるのではないか。種類も様々で、最近では水を貯めるダムを対象にした「ダムカード」(国土交通省ほか発行)が話題になったが、今度はおそらく日本初と思われる「トンネルカード」が登場する。

横須賀市、日本初のトンネルカード発行へ/「船越隧道」など紹介する観光振興策 画像
インバウンド・地域活性

横須賀市、日本初のトンネルカード発行へ/「船越隧道」など紹介する観光振興策

 神奈川県横須賀市は観光振興策の一環で、市内のトンネルを紹介する「トンネルカード」を発行する。カードにはトンネルの写真とともに、所在地や特徴、歴史などを記載。22日から市内の飲食店10店舗で配布を開始する。自治体がトンネ […]

沼津南一色線整備方針、高尾山古墳保護へトンネルと橋梁構造で 画像
インバウンド・地域活性

沼津南一色線整備方針、高尾山古墳保護へトンネルと橋梁構造で

 静岡県沼津市は、古墳保存と都市計画道路整備の両立を目指していた沼津南一色線の整備方針を示した。東日本で最古級と判明した高尾山古墳を保存するため、古墳通過部について東側2車線は橋梁構造、西側2車線はトンネル構造とすること […]

民間が整備費用を負担する、施設直結スマートインターチェンジを初認定/三重県多気町 画像
制度・ビジネスチャンス

民間が整備費用を負担する、施設直結スマートインターチェンジを初認定/三重県多気町

国土交通省は、民間企業の発意と負担により整備する民間施設直結スマートインターチェンジを初めて認定した。

宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める 画像
インバウンド・地域活性

宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める

 宮古盛岡横断道路(岩手県宮古市~盛岡市)を構成し、道路トンネルとしては岩手県内で最長となる国道106号区界道路「(仮称)新区界トンネル」(延長4998メートル)が貫通したのに合わせ、東北地方整備局岩手河川国道事務所は2 […]

女性の現場勤務に配慮、トイレや休憩スペースなど装備した車を開発…NEXCO中日本グループ 画像
制度・ビジネスチャンス

女性の現場勤務に配慮、トイレや休憩スペースなど装備した車を開発…NEXCO中日本グループ

NEXCO中日本のグループ会社の中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋は、女性技術者が負担なく現場勤務できる環境を整備するため、多機能車両(サクラ)を開発した。

~年頭所感~地図の利用価値創造を/ゼンリン高山社長 画像
制度・ビジネスチャンス

~年頭所感~地図の利用価値創造を/ゼンリン高山社長

ゼンリンの高山善司代表取締役社長(※)は2018年年頭所感で、中長期経営計画「ZENRIN GROWTH PLAN 2020」のテーマである『日本の地図をすべてゼンリン基盤へ』の実現に向け、ゼンリングループ一丸となって取り組む、と述べた。 ※ははしご高。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 9
page top