経営計画に関するニュースまとめ一覧

【実践ソリューションフェア:1】コンサル不要の新経営解析ツール 画像
イベント

【実践ソリューションフェア:1】コンサル不要の新経営解析ツール

“ITで育つ元気なオフィス。”をコンセプトとする「実践ソリューションフェア」で注目を集めていたのが、カメラ映像から非購買者の情報を分析するツール。さらに、蓄積されたデータを集計・抽出・分類するBIツールの前にも、多くの来場者が足を止めていた。

NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと 画像
人材

NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

 日曜夜8時から一年間にわたって放送されてきた大河ドラマ『真田丸』(NHK)が、12月18日、ついに最終回を向かえる。

中小企業/フリーランスのためのフィンテック、FINOLABでセミナー 画像
イベント

中小企業/フリーランスのためのフィンテック、FINOLABでセミナー

 HANJO HANJOでは中小企業の経営を活性化するものとして、これまでフィンテック(フィナンシャル・テクノロジー)に注目してきました。

【HJ HJ EYE:4】中小企業の未来を変えるフィンテック 画像
IT業務効率

【HJ HJ EYE:4】中小企業の未来を変えるフィンテック

 HANJO HANJO編集部が中小企業のビジネスに関わるキーパーソンに、中小企業の現在を問う「HJ HJ EYE」。

HANJO HANJO、新サービス「Staple Pulse」を開始 画像
IT業務効率

HANJO HANJO、新サービス「Staple Pulse」を開始

 企業の経営を支える業務アプリ、特に経理の分野においてフィナンシャル・テクノロジー(フィンテック)が急速に浸透しています。これからは中小企業においても、業務を効率化するために欠かせない存在となりそうです。

漫画『GIANT KILLING』に中小企業の組織マネジメントを見る 画像
人材

漫画『GIANT KILLING』に中小企業の組織マネジメントを見る

 最近、漫画雑誌「モーニング」(講談社)が発売される木曜日が待ち遠しい。

日本のバブル学ぶ中国人経営者、セミナーに見る未来 画像
イベント

日本のバブル学ぶ中国人経営者、セミナーに見る未来

 公益財団法人 日本生産性本部は 4日から5 日にかけて、中国の中小企業経営者の日本視察プログラムを実施した。その一環として講義「バブル経済崩壊後の失われた 20年、日本企業はどう生き延びたのか?」が実施された。

建設関連各社の中期経営計画、好環境で目標引き上げ 画像
制度・ビジネスチャンス

建設関連各社の中期経営計画、好環境で目標引き上げ

 新年度のスタートに合わせ、多くの建設関連企業が新たな中期経営計画を始動させた。2020年東京五輪を控えた建設投資の増加で好調な受注環境が続く中、売上高や利益の目標を前計画より引き上げる企業もある。一方、五輪後に予想され […]

日本工営、国内コンサル・新事業を強化、近畿と福島に人員シフト、海外M&Aも加速 画像
マネジメント

日本工営、国内コンサル・新事業を強化、近畿と福島に人員シフト、海外M&Aも加速

 日本工営は、国内コンサルタント事業と新事業の受注拡大に向けて体制を強化する。国内コンサル事業では、近畿地区の受注の底上げを狙い、技術と営業の人員拡充を検討。東日本大震災の復興事業が本格化する福島県にも経営資源を投入する […]

なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止 画像
マネジメント

なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

 東芝は22日に急きょ、メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue<ウェアビュー> TG-1」の発売中止を発表した。

東西日本で連携する事業創造プログラム、ビジネスプランを公募開始 画像
マネジメント

東西日本で連携する事業創造プログラム、ビジネスプランを公募開始

 株式会社ゼロワンブースター(東京都港区)、および株式会社ドーガン(福岡県福岡市)は13日、事業立ち上げプログラム「Startup Dojo 2016」を発表。同日に応募受付がスタートした。

八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億 画像
マネジメント

八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

 八千代エンジニヤリングは「第13次長期経営計画」(対象期間は15~20年の5カ年)で、2020年(第58期)の売上高目標を220億円とした。計画期間内に社員数を約1割程度増やすとともに、社員の働き方も見直す。具体的には […]

シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉 画像
マネジメント

シャープ、半導体設備売却へ! 地域活性化機構と交渉

 シャープは地域経済に影響のある企業の再生を支援する官民ファンド、地域経済活性化支援機構(REVIC)と、福山第4工場(広島県福山市)の半導体生産ラインの一部を売却する交渉を始めた。2015年度内にも赤字の液晶駆動用ICなどを社外に切り離し、経営体質改…

賃上げ・設備投資増、経団連会長の「言質」とった安倍首相 画像
マネジメント

賃上げ・設備投資増、経団連会長の「言質」とった安倍首相

 政府は26日、産業界との意見交換会「未来投資に向けた官民対話」を開き、賃上げと設備投資の今後の方針を聞き取った。経団連は2016年春闘で、収益が拡大した企業に15年を上回る賃上げ(年収)を呼びかけると表明。設備投資も、政府が早期の法人減税や規制改革な…

顧客視点から経営革新を推進、日本経営品質賞にスーパーホテル 画像
マネジメント

顧客視点から経営革新を推進、日本経営品質賞にスーパーホテル

 顧客視点から経営を見直し、経営革新を進めるモデルとしてふさわしい組織を表彰する「日本経営品質賞」が18日に発表。ビジネスホテルチェーンの株式会社スーパーホテルが受賞した。

東芝、トヨタ採用増で車載向けで半導体加賀工場に投資 画像
マネジメント

東芝、トヨタ採用増で車載向けで半導体加賀工場に投資

 東芝は、半導体部門の構造改革後の重点事業の一つに車載向け半導体を位置付ける。特にパワー半導体は受注が伸びており、生産ラインのある加賀工場(石川県能美市)に2015年度に10億円超を投資する計画。不適切会計問題を受け東芝は、画像センサー事業の売却など半…

国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート 画像
制度・ビジネスチャンス

国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

 日刊建設工業新聞社は、ゼネコンや建築設計事務所、建設コンサルタントなど建設関連100社の経営者を対象に、建設市場の動向や環境変化への対応で注力する取り組み、成長が期待できる事業分野・領域などについてアンケートした。

設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産 画像
マネジメント

設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産

 日本電産は2016年3月期の設備投資額を期初計画の720億円から900億円へ増額した。急速に販売が拡大しているハプティック(触覚)機器向け小型振動モーターと、先進運転支援システム(ADAS)関連部品の増産に振り向ける。永守重信会長兼社長は「当社は永続…

【レジャー&サービス産業展】経営の多角化で意外にも便利屋事業が狙い目!? 画像
インバウンド・地域活性

【レジャー&サービス産業展】経営の多角化で意外にも便利屋事業が狙い目!?

 関連ビジネスでの出展が大半を占める中、レジャー・観光とは無縁に思える展示ブースがある。便利屋フランチャイズ「ベンリー」を展開するベンリーコーポレーションだ。

五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く 画像
インバウンド・地域活性

五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

 2020年東京五輪終了後も建設業界が成長を続けていくには、ビジネスモデルの転換や海外市場の開拓が不可欠になりそうだ。シンクタンク各社の建設関係担当者へのインタビューから市場動向と業界の将来像を読み解く。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top