レストラン・外食産業に関するニュースまとめ一覧

高級フレンチレストランが「動くレストラン」のメニューを監修/肥薩おれんじ鉄道2018年春のダイヤ改正 画像
インバウンド・地域活性

高級フレンチレストランが「動くレストラン」のメニューを監修/肥薩おれんじ鉄道2018年春のダイヤ改正

八代(やつしろ)駅(熊本県八代市)と川内(せんだい)駅(鹿児島県薩摩川内市)を結ぶ肥薩おれんじ鉄道は12月26日、ダイヤ改正を2018年3月17日に実施すると発表した。同日に実施されるJR九州のダイヤ改正に合わせたもの。

NEXCO中日本エリアSA、ことしイチバンの「感動した」「ガチでウマい」「コスパいい」メニューは? 画像
インバウンド・地域活性

NEXCO中日本エリアSA、ことしイチバンの「感動した」「ガチでウマい」「コスパいい」メニューは?

NEXCO中日本エリアの、ことしイチバンの「感動した」「ガチでウマい」「コスパいい」というメニューを決めるメニューコンテストの第10回大会本選会が都内で行われ、最優秀賞が決定した。

今年の一皿は「鶏むね肉料理」、準大賞は? 画像
制度・ビジネスチャンス

今年の一皿は「鶏むね肉料理」、準大賞は?

 ぐるなび総研(東京都千代田区)は、2017年に最も話題となった食のトレンド「今年の一皿」に、「鶏むね肉料理」を選んだ。高タンパク質・低脂肪の食材で、健康意識の高まりから外食や家庭での利用が進んだこと

旬の味覚で勝負!産地銘柄厳選、期間限定で付加価値も/メーカー、外食が注力 画像
インバウンド・地域活性

旬の味覚で勝負!産地銘柄厳選、期間限定で付加価値も/メーカー、外食が注力

 食品メーカーや外食が、旬の素材を用いた商品に力を入れている。産地銘柄を厳選し、旬の味覚を楽しみたい消費者のニーズに応える。販売期間を限定することで付加価値が増し、希少な食材を供給しやすい利点もある。

「タイ料理好き!」8割超、好きなタイ料理は?/日本の外食調査 画像
制度・ビジネスチャンス

「タイ料理好き!」8割超、好きなタイ料理は?/日本の外食調査

【日本】飲食店情報サイトのレッティがユーザーを対象に10月26―30日に実施したインターネット調査(回答者1684人)で、タイ料理が「すごく好き」は41%、「まあ好き」は42%に上った。

商品続々!「ご当地」の味を再現、地域色売りに支持集める/外食や食品メーカー 画像
インバウンド・地域活性

商品続々!「ご当地」の味を再現、地域色売りに支持集める/外食や食品メーカー

 外食企業や食品メーカーが、「ご当地」を打ち出した商品を売り込んでいる。地域に根付いた料理の味を再現し、地元はもちろん全国に届け支持を集める。素材に地場農産品を用いることが多く、産地にとってもチャンス

ご飯の新しい食べ方、 新米を使ったパフェの味は? 画像
制度・ビジネスチャンス

ご飯の新しい食べ方、 新米を使ったパフェの味は?

 米の“甘くない”パフェはいかが――。 JA全農は24日、スイーツ食べ放題で人気のチェーン店「スイーツパラダイス」の運営会社と連携し、新米を使ったパフェの提供を始めた。スイーツではなく、若い女性を主な

国境離島グルメフェア、地域活性化と消費拡大へ 画像
インバウンド・地域活性

国境離島グルメフェア、地域活性化と消費拡大へ

 離島産食材をメニューに用い、島の活性化につなげるキャンペーンが都内の飲食店で始まった。「国境離島グルメフェア」と銘打ち、東京都内の24飲食店が参加。全国11の離島地域の食材セットを用いた特別メニュー

新感覚の「フルーツ天ぷら」はいかが? 天丼てんやで期間限定発売 画像
インバウンド・地域活性

新感覚の「フルーツ天ぷら」はいかが? 天丼てんやで期間限定発売

 新感覚の「フルーツ天ぷら」はいかが――。福岡県のJA筑前あさくら産イチジク「とよみつひめ」の天ぷらが11日から、外食チェーン大手「天丼てんや」に期間限定で登場する。売り上げの一部は九州北部豪雨の被災

ジョナサンから洋梨や林檎を使った期間限定スイーツが登場! 画像
制度・ビジネスチャンス

ジョナサンから洋梨や林檎を使った期間限定スイーツが登場!

ジョナサンは、明日19日から季節の洋梨やりんごを使ったスイーツを期間限定で発売する。

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編) 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編)

人口増加、経済成長を前提とした発想では、もはや立ち行かない外食産業。今求められているのは「ホスピタリティー産業」への変革だ。どうすればその目的に到達することができるのか? 前編に引き続きホットペッパーグルメ外食総研エヴァンジェリスト、竹田クニ氏に聞く

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編) 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

31兆円とも言われる市場規模の外食産業。この巨大産業が生産性について積極的に取り組まなければ、日本全体の生産性向上にはつながらない。ではどうすればその目的に到達することができるのか? ホットペッパーグルメ外食総研エヴァンジェリスト、竹田クニ氏に聞く。

外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

国内の消費低迷とともに伸び悩んでいる外食産業に求められている生産性向上。それを達成するためには何をすればよいのか? その答えのひとつである「テクノロジー活用」について、ホットペッパーグルメ外食総研主催の「外食総研セミナー」が開催された。

そうめん、贈答品から日常食へ/パクチーやツナ缶など食べ方提案 画像
制度・ビジネスチャンス

そうめん、贈答品から日常食へ/パクチーやツナ缶など食べ方提案

 7月7日は「そうめんの日」。夏の食卓を彩るそうめんの需要は近年、中元など高額な贈答品から、手頃な価格の日常食へと変化している。製造や小売り、外食は底堅い日常食としての需要に商機を見いだし、コリアンダ

今年の猛暑を商機に! かき氷麺や激辛鍋、冷やし甘酒で集客/外食、百貨店 画像
制度・ビジネスチャンス

今年の猛暑を商機に! かき氷麺や激辛鍋、冷やし甘酒で集客/外食、百貨店

 今夏に予想される例年以上の猛暑を商機と捉え、外食店などが販促を強化している。凍らせたスープをかき氷のように盛り付けた麺料理や、辛さを前年の10倍以上にした激辛鍋などを投入。猛暑日に合わせ、「冷やし甘

冷やし中華商戦、はや本番! 新商品前倒し投入やもちもち麺も 画像
インバウンド・地域活性

冷やし中華商戦、はや本番! 新商品前倒し投入やもちもち麺も

 暑い季節の風物詩「冷やし中華」商戦が、早くも活発化している。今年は、全国的に春の気温が高めに推移。小売りやメーカーは、夏場の最需要期に向けて新商品を前倒しで売り出し、支持獲得に躍起だ。主役となる麺に

フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開  画像
海外進出

フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

【ベトナム】外食チェーンのフジオフードシステム(大阪市北区)は27日、ベトナムのメサ・アジア・パシフィック・トレーディング・サービス社と、同国でのマスターフランチャイズ(FC)契約を結んだと発表した。

~HCJ2017:2~ロス管理の日次報告システムで原価管理を徹底! 画像
イベント

~HCJ2017:2~ロス管理の日次報告システムで原価管理を徹底!

外食産業のICT化は地方に本拠をもつ中小チェーンでも進んでいる。その事例がホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会「HCJ2017」で紹介された。業界平均が57%とされる“Food(食品原価)+Labor(人件費)”の比率を42%に収めた仕組みとは?

双日、ミャンマーで外食事業に参入。3月にフードコートをオープン 画像
海外進出

双日、ミャンマーで外食事業に参入。3月にフードコートをオープン

初の外食事業参入世界的に事業を展開する総合商社の双日株式会社(以下「双日」)は1月31日、ミャンマーの小売最大手シティ・マート・グループ(City Mart Grou…

クアラルンプールの「ジャパンストア」、2月レストランフロアをオープン 画像
海外進出

クアラルンプールの「ジャパンストア」、2月レストランフロアをオープン

【マレーシア】三越伊勢丹ホールディングスと海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)の合弁会社が昨年10月にクアラルンプールで開業した商業施設「イセタン・ザ・ジャパン・ストア・クアラルンプール」のレストランフロア(4階)が2月17日にオープンする。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 1 of 4
page top