レストラン・外食産業に関するニュースまとめ一覧

食品ロス646万トン。「もったいない」をどう共有するか? 画像
制度・ビジネスチャンス

食品ロス646万トン。「もったいない」をどう共有するか?

 食品ロス対策か、食品衛生を巡るトラブル回避か──。飲食店で食べ残した料理を客が持ち帰る運動が、少しずつ広がってきた。ただ、食中毒の恐れから「リスクが大きい」と敬遠する店も多い。農水省の17日の発表で

「国産ジビエ認証」、品質に“お墨付き”/消費伸び悩み活性化へ 画像
制度・ビジネスチャンス

「国産ジビエ認証」、品質に“お墨付き”/消費伸び悩み活性化へ

 農水省は、一定の品質基準を満たした野生鳥獣の肉(ジビエ)に“お墨付き”を与える「国産ジビエ認証」の制度案をまとめた。鹿やイノシシを解体処理する際の衛生管理やモモなど各部位への切り分け方などに基準を設

海外富裕層の受け入れ体制とベジ対応が急務/インバウンドマーケットEXPO 画像
インバウンド・地域活性

海外富裕層の受け入れ体制とベジ対応が急務/インバウンドマーケットEXPO

『インバウンドマーケットEXPO2018』より気になるセミナーのピックアップ。海外観光客の多様な食文化(ベジタリアンやハラルフードなど)への理解とその対応は、これからのインバウンド対応として大きな課題だ

食に「健康」を求める人、減少/「安さ」「手軽さ」は増加 画像
制度・ビジネスチャンス

食に「健康」を求める人、減少/「安さ」「手軽さ」は増加

 食に「健康」を求める人の割合が1年半ぶりに減少に転じ、安さや手軽さを重視する傾向が強まっている。日本政策金融公庫が食の志向に関する調査結果をまとめた。同公庫は「消費者の節約志向や共働き、単身世帯の増

「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/静岡編4~浮月楼~ 画像
おもてなし規格認証

「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/静岡編4~浮月楼~PR

シリーズ「『おもてなし規格認証』で会社が変わる!地域が変わる!」。その「変わる」現場をリポートします。静岡編の第4回は"観光力"を高めようという機運がおこりつつある静岡県中部エリア。「静岡の迎賓館」と称される料亭/結婚式場「浮月楼」の取り組みを紹介します

観光名所として人気を集めるダム、ご当地「ダムカレー」全国で140種類! 画像
インバウンド・地域活性

観光名所として人気を集めるダム、ご当地「ダムカレー」全国で140種類!

 全国各地のダムが観光名所として人気を集める中、ご飯で“堤防”をつくってダムを模したご当地「ダムカレー」が人気だ。その数、全国でざっと140種類。JAが観光客を誘致しようと特産牛を使ったカレーを考案、

苦手な人にこそ食べてほしい/ジンギスカン街道のろうかく荘(長野市) 画像
インバウンド・地域活性

苦手な人にこそ食べてほしい/ジンギスカン街道のろうかく荘(長野市)

名古屋市から長野に伸びる国道19号。長野県松本市から50km、長野市から25kmほどの場所に位置する信州新町には、古くから独特の漬け方で羊肉を食す文化があるのだという。

信州を丸ごと揚げちゃった?/「信州からあげセンター」 画像
インバウンド・地域活性

信州を丸ごと揚げちゃった?/「信州からあげセンター」

塩尻で国道19号を北上し、松本の市街地に入っていくあたりで「信州からあげセンター」という大きな三角形の看板はドライバーの目をひく。松本を訪れて、昼食が遅くなってしまい何を食べようかと迷っていたときに、突如現れた。

万葉の味のランチはいかが? 奈良で女子大生ら再現/古代の食材で地域PR 画像
インバウンド・地域活性

万葉の味のランチはいかが? 奈良で女子大生ら再現/古代の食材で地域PR

 古代の人も食べたくなるランチはいかが──。奈良県の「記紀・万葉プロジェクト」と、奈良女子大学(奈良市)の学生らの組織「奈良の食プロジェクト」が取り組む「古代食グルメプロジェクト『古都恋都(ことこと)

露天の湯船で迎えるご来光!! 冬のほったらかし温泉/日の出1時間前から営業 画像
インバウンド・地域活性

露天の湯船で迎えるご来光!! 冬のほったらかし温泉/日の出1時間前から営業

好きな温泉は? と尋ねると「ほったらかし温泉」という人もいる、山梨県内の人気スポット。冬の朝がまた格別だ。

ジビエ利用、鹿が最多、食肉販売の8割/イノシシの利用拡大が課題 画像
インバウンド・地域活性

ジビエ利用、鹿が最多、食肉販売の8割/イノシシの利用拡大が課題

 農水省は、鹿やイノシシなど野生鳥獣の肉(ジビエ)について、利用量の調査結果を初めて公表した。2016年度の利用量は1283トン。獣種は鹿が最も多く、北海道での利用が最多だった。政府は調査結果を基に課

空いていたらラッキー、ようやくありつけた「もつ煮太郎」 国道16号 画像
インバウンド・地域活性

空いていたらラッキー、ようやくありつけた「もつ煮太郎」 国道16号

旨い! という話をよく聞くので行ってみたいと思いつつ、通りがかったときはいつも行列でいっぱいか、お店が昼休み。縁がないとあきらめることはできなかったのが、国道16号の「もつ煮太郎」だ。

平昌冬季五輪、地元出身選手応援のオリジナルうどんメニューが登場! 画像
インバウンド・地域活性

平昌冬季五輪、地元出身選手応援のオリジナルうどんメニューが登場!

 韓国・平昌冬季五輪に出場する地元出身選手を応援しようと、北海道下川町のうどん店、みなみ家が五輪マークをイメージした限定メニューを9日から売り出す。 地元産小麦を使った「椎茸天うどん」「豚キムチうどん

筑後の食にこだわった観光列車、西鉄が運行へ/オープンキッチンも装備 画像
インバウンド・地域活性

筑後の食にこだわった観光列車、西鉄が運行へ/オープンキッチンも装備

福岡県の西日本鉄道(西鉄)は1月25日、2019年春に運行を開始する予定としている、同社初の本格的な観光列車の概要を発表した。

高くてまずい! バンコクのドンムアン空港、当たりのレストランは? 画像
海外進出

高くてまずい! バンコクのドンムアン空港、当たりのレストランは?

レストランが高くてまずいと評判のバンコク・ドンムアン空港で食事となり、暗い気分で店を物色した。

高級フレンチレストランが「動くレストラン」のメニューを監修/肥薩おれんじ鉄道2018年春のダイヤ改正 画像
インバウンド・地域活性

高級フレンチレストランが「動くレストラン」のメニューを監修/肥薩おれんじ鉄道2018年春のダイヤ改正

八代(やつしろ)駅(熊本県八代市)と川内(せんだい)駅(鹿児島県薩摩川内市)を結ぶ肥薩おれんじ鉄道は12月26日、ダイヤ改正を2018年3月17日に実施すると発表した。同日に実施されるJR九州のダイヤ改正に合わせたもの。

NEXCO中日本エリアSA、ことしイチバンの「感動した」「ガチでウマい」「コスパいい」メニューは? 画像
インバウンド・地域活性

NEXCO中日本エリアSA、ことしイチバンの「感動した」「ガチでウマい」「コスパいい」メニューは?

NEXCO中日本エリアの、ことしイチバンの「感動した」「ガチでウマい」「コスパいい」というメニューを決めるメニューコンテストの第10回大会本選会が都内で行われ、最優秀賞が決定した。

今年の一皿は「鶏むね肉料理」、準大賞は? 画像
制度・ビジネスチャンス

今年の一皿は「鶏むね肉料理」、準大賞は?

 ぐるなび総研(東京都千代田区)は、2017年に最も話題となった食のトレンド「今年の一皿」に、「鶏むね肉料理」を選んだ。高タンパク質・低脂肪の食材で、健康意識の高まりから外食や家庭での利用が進んだこと

旬の味覚で勝負!産地銘柄厳選、期間限定で付加価値も/メーカー、外食が注力 画像
インバウンド・地域活性

旬の味覚で勝負!産地銘柄厳選、期間限定で付加価値も/メーカー、外食が注力

 食品メーカーや外食が、旬の素材を用いた商品に力を入れている。産地銘柄を厳選し、旬の味覚を楽しみたい消費者のニーズに応える。販売期間を限定することで付加価値が増し、希少な食材を供給しやすい利点もある。

「タイ料理好き!」8割超、好きなタイ料理は?/日本の外食調査 画像
制度・ビジネスチャンス

「タイ料理好き!」8割超、好きなタイ料理は?/日本の外食調査

【日本】飲食店情報サイトのレッティがユーザーを対象に10月26―30日に実施したインターネット調査(回答者1684人)で、タイ料理が「すごく好き」は41%、「まあ好き」は42%に上った。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 1 of 5
page top