発電所に関するニュースまとめ一覧

日本工営がシンガポールで水力発電事業 画像
海外進出

日本工営がシンガポールで水力発電事業

 日本工営は、シンガポールの水力発電事業投資会社アイロンモントハイドロに今月中に出資する。同社への出資を通じて東南アジア各国で中小水力発電事業の開発と運営に参画する。出資額は11億円。8日にアイロンモントハイドロと合意し […]

鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設 画像
制度・ビジネスチャンス

鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設

 電源開発と新日鉄住金が共同出資する発電事業会社の鹿島パワーが茨城県鹿嶋市で計画していた「鹿島火力発電所2号機」が、このほど着工した。  世界最高水準の高効率発電技術である超々臨界圧(USC)発電を導入。環境負荷低減の関 […]

福島復興風力、仮事業者を公募。再生可能エネで県内需要を 画像
制度・ビジネスチャンス

福島復興風力、仮事業者を公募。再生可能エネで県内需要を

 福島県は10月28日、阿武隈・沿岸部の二つの地域で風力発電事業を行う事業者(仮事業者)の公募を開始した。案件は「沿岸部風力発電仮事業者選定公募」「阿武隈地域風力発電仮事業者選定公募」の2件。内陸の阿武隈地方と県沿岸部で […]

福島県でガス火力発電事業。エネ系3社参画で17年夏着工へ 画像
インバウンド・地域活性

福島県でガス火力発電事業。エネ系3社参画で17年夏着工へ

 石油資源開発と三井物産が共同で設立した福島ガス発電(FGP、石井正一社長)は11日、福島県新地町の相馬港で計画している天然ガス火力発電事業の実施を決めた。同日のFGPの株主総会で事業化のほか、大阪ガス、三菱ガス化学、北 […]

岩手・大船渡港でバイオマス混焼石炭火力発電所建設へ 画像
インバウンド・地域活性

岩手・大船渡港でバイオマス混焼石炭火力発電所建設へ

 前田建設は、岩手県大船渡市の大船渡港で「(仮称)大船渡港バイオマス混焼石炭火力発電所建設事業」に着手する。岩手県が本年度から新たに分譲を始める大船渡港永浜・山口地区工業用地に、出力11万2000キロワットの発電施設を新 […]

横浜市、仮想発電所構築で小中学校に蓄電池群を整備 画像
IT業務効率

横浜市、仮想発電所構築で小中学校に蓄電池群を整備

 ◇需要調整や防災用電力で活用  地域に点在する再生可能エネルギー発電設備や蓄電池、電力の需要調整(デマンドレスポンス)に関する制御システムなどを統合し、電力を供給する「仮想発電所(バーチャルパワープラント=VPP)」を […]

改正港湾法が施行、洋上風力発電に追い風! 画像
制度・ビジネスチャンス

改正港湾法が施行、洋上風力発電に追い風!

 改正港湾法が1日に施行された。最大の柱は、地方自治体が管理する港湾区域で洋上風力発電事業の普及を図る「占用公募制度」の創設。公募によってより優れた技術と意欲を持つ事業者に許可を与えるとともに、占用許可期間の延長も可能に […]

洋上風力発電の産学官技術研究会が発足 画像
IT業務効率

洋上風力発電の産学官技術研究会が発足

 ◇港湾区域普及へ技術支援  産学官でつくる「洋上風力発電導入円滑化技術研究会」が23日に設立された。事務局の港湾空港総合技術センターをはじめ、日本建設業連合会(日建連)や日本埋立浚渫協会(埋浚協)など建設関係を含む10 […]

山形県・酒田港に木質バイオバス発電所、10万世帯分をまかなう 画像
IT業務効率

山形県・酒田港に木質バイオバス発電所、10万世帯分をまかなう

 住友商事関連会社のサミット酒田パワー(山形県酒田市、高瀬正道社長)が山形県酒田市の酒田臨海工業団地に計画する東北最大級の木質バイオマス発電所の建設工事が、6月1日に着工する見通しとなった。同日午前に現地で着工式を行い、 […]

~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ 画像
IT業務効率

~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

 戦後の高度経済成長期に植林された木々が、約半世紀を経て伐採時期を迎えた日本の林業。しかし、木材産業の低迷により採算が合わないことから伐採事業は遅々とし、森林保護・整備の面から求められる間伐も思うように進んでいないのが現状だ。

風力発電「コスト8-9円」は実現可能…技術革新で大幅減 画像
マネジメント

風力発電「コスト8-9円」は実現可能…技術革新で大幅減

 日本風力発電協会は29日、風力発電の普及に向けた「ウィンドビジョン」をまとめ、2030年までに1キロワット時の電力を作る発電コストが8−9円まで低減できる試算を発表した。技術革新で現状よりも10円近く抑え、系統電力を下回る安価な電力を供給できるという。…

五洋建設、洋上風力発電向け起重機船の建造検討 画像
インバウンド・地域活性

五洋建設、洋上風力発電向け起重機船の建造検討

 五洋建設は、需要拡大が見込まれる国内の洋上風力発電施設の建設に使う新しい起重機船の建造を検討する。プラットフォームと昇降用脚を持ち、プラットフォームを海面上に上昇させてクレーンや杭打ちなどの作業ができる自己昇降式作業台 […]

国内最大の太陽光発電所「ユーラス六カ所村ソーラーパーク」が完成 画像
インバウンド・地域活性

国内最大の太陽光発電所「ユーラス六カ所村ソーラーパーク」が完成

 ユーラスエナジーホールディングスが青森県六ケ所村に建設を進めてきた国内最大の太陽光発電所(メガソーラー)となる「ユーラス六カ所村ソーラーパーク」が完成し、10日に現地で竣工式が行われた。

日本工営福島事業所が生産強化 画像
マネジメント

日本工営福島事業所が生産強化

 再生可能エネルギーの導入拡大による需要増を背景に、日本工営の電力エンジニアリング事業の受注が伸びている。好調な受注を支えるのは水力発電設備と太陽光発電モニタリングシステムの二つ。

鹿島、洋上風力発電施設の基礎施工法を確立 画像
マネジメント

鹿島、洋上風力発電施設の基礎施工法を確立

 鹿島は29日、独自開発した海上作業構台「Kプラットフォームコンボ」を使い、洋上風力発電設備に用いる基礎を施工する方法を確立したと発表した。

JFEエンジニアリング、再生可能エネルギー発電の拡大めざす 画像
制度・ビジネスチャンス

JFEエンジニアリング、再生可能エネルギー発電の拡大めざす

 JFEエンジニアリングは、再生可能エネルギーを利用した発電プラントのEPC(設計・調達・建設)業務を核とした発電事業で、17年度の売上高を650億円(14年度500億円)とする目標を設定した。

ミャンマー、太陽光エネルギーで非電化地帯解消へ 画像
海外進出

ミャンマー、太陽光エネルギーで非電化地帯解消へ

来年度中に電化率5割目指すミャンマー電力相今年2月、ミャンマーのキン・マウン・ソー電力相は、2015年度(15年4月~16年3月)中に、同国の電化率を全世帯の50…

東燃ゼネラル石油が静岡市・清水石槽所にLNG発電所、18年4月着工計画 画像
マネジメント

東燃ゼネラル石油が静岡市・清水石槽所にLNG発電所、18年4月着工計画

 東燃ゼネラル石油(東京都港区)は、静岡市清水区の同社清水石槽所内に計画している清水天然ガス発電所(仮称)の環境影響評価方法書をまとめ公表した。発電効率の高い最新鋭ガスタービン複合発電機(3基、計約170万キロワット)を […]

東京電力、福島県内2か所で石炭火力発電プロジェクト本格始動 画像
インバウンド・地域活性

東京電力、福島県内2か所で石炭火力発電プロジェクト本格始動

 東京電力が福島県内2カ所への整備を検討している世界最新鋭の石炭火力発電所プロジェクトが本格始動する。19日に三菱重工業、三菱商事、三菱電機、常磐共同火力の4社と事業推進に関する基本合意書を交わした。今後は5社でコンソー […]

鹿島、洋上風力発電施設建設向けに小型・可変式作業構台開発……従来作業台からコスト半減 画像
インバウンド・地域活性

鹿島、洋上風力発電施設建設向けに小型・可変式作業構台開発……従来作業台からコスト半減

 鹿島は19日、需要拡大が見込まれる洋上風力発電施設の建設に使う作業構台を開発したと発表した。仮設のコンパクトな構造で、作業内容によりクレーンなど搭載する設備を交換できるのが特徴。フロータ(浮力体)に載せて海上に浮かべ、 […]

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top