中古車に関するニュースまとめ一覧

インドネシアでの中古車オークションビジネスの現状とは? 画像
海外進出

インドネシアでの中古車オークションビジネスの現状とは?

インドネシアにおける自動車オークションビジネスの変化について、株式会社ジャパンバイクオークション(JBA)インドネシアの代表、塩山氏に話を聞いた。

転換期へ向かうバイク天国ベトナム、インターネットが市場を変える? 画像
海外進出

転換期へ向かうバイク天国ベトナム、インターネットが市場を変える?

道路を走っている8割以上がバイクのベトナム。アセアンで最大のバイク普及国だ。ホンダベトナム(HVN)も2017年度(17年4月から18年3月)はバイク10モデルを新たに投入する計画だけでなく、新たな大型バイク市場にも参入を予定している。

“プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由 画像
海外進出

“プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由

タイをはじめとした周辺国に比べまだ規模が小さいベトナムであるが、アセアン市場全体の伸びを大きく上回る2ケタ成長となっている。ベトナム新車市場の拡大の後には中古車・アフターマーケットの活性化が期待できる。

高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は? 画像
海外進出

高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

日本の自動車産業で高成長を続ける数少ない市場である中古車輸出。中古車輸出が業界に与える影響とともに2017年の展望について考える。

越境ECサイトで成功、海外に必要とされる中古車輸出とは? 画像
海外進出

越境ECサイトで成功、海外に必要とされる中古車輸出とは?

Eコマース(越境ECサイト)による中古自動車輸出を行うことで、従来の中古車ビジネスモデルから脱し、新たなビジネスモデルをつくり出した日系中古車企業、ビィ・フォアードの代表山川氏に、自社の輸出ビジネスの強みと展望について話を聞いた。

中国で芽生えはじめた中古車ビジネスの今 画像
制度・ビジネスチャンス

中国で芽生えはじめた中古車ビジネスの今

巨大な中国自動車マーケットで、売り手責任を明確にしたモデル、ネットを活用した低コストモデルなど新たな中古車ビジネスが生まれはじめている。

門戸を開いたキューバ。ビジネスを始めるのに大切なこと 画像
海外進出

門戸を開いたキューバ。ビジネスを始めるのに大切なこと

 経済制裁を科してきた米国との関係改善で世界に門戸を開きつつあるキューバ。外国人観光客の増加や外資系企業の進出ラッシュなど明るい動きが出てきた。日本企業も商社を中心に拠点整備が進んでいる。一方で、従来からの社会主義体制は堅持される見通しだ。社会主義体制…

モンゴルで育つ「日本流」自動車中古部品ビジネス 画像
海外進出

モンゴルで育つ「日本流」自動車中古部品ビジネス

鳥取県で中古部品業を営む(有)西川商会。モンゴルにある日系の中古部品販売店「NISHI-DATTO」の親会社である。西川商会のスタッフで、モンゴルの販売店責任者である田中雅則氏にモンゴルにおける中古部品ビジネスの現状と課題について話を聞いた。

キングスオート社長が語る香港中古車ビジネス 画像
海外進出

キングスオート社長が語る香港中古車ビジネス

キングスオートは、香港向け中古車事業の拡大を目指していくため2015年7月に香港に駐在事務所を開設。代表取締役社長の倉田秀一郎氏に香港での中古車ビジネスの魅力と課題について話を聞いた。

郵便局で中古車売買! どうなる中古車業界 画像
インバウンド・地域活性

郵便局で中古車売買! どうなる中古車業界

 ガリバーインターナショナルは9日、日本郵便の子会社である郵便局物販サービスとの間で、中古車売買における業務提携を行ったと発表した。

水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明 画像
制度・ビジネスチャンス

水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明

ダメージカー買取のタウは、9月10日から発生した台風17・18号により被災した車両の買取に積極対応すると発表した。

事故車・水没車でビジネス……修理しなくても海外や部品・部材として販売 画像
制度・ビジネスチャンス

事故車・水没車でビジネス……修理しなくても海外や部品・部材として販売

ダメージカーという聞きなれない言葉がある。つまりはダメージを受けたクルマ。簡単に言えば事故車なのだが、単にそれだけではなく、最近よくあるのゲリラ豪雨で水没したり、災害で損傷を受けたクルマなどもダメージカーなのだ。

ミャンマーで新車販売解禁、中古車市場への影響は? 画像
海外進出

ミャンマーで新車販売解禁、中古車市場への影響は?

2015年5月に商業省が外資企業に輸入新車販売を認める通達を発表した。これまで日系自動車企業は、ミャンマー現地企業と提携を行い委託販売としてショールームでの新車販売を行ってきた。これからは合弁会社を設立することによって、外国企業自ら輸入新車販売が可能となった。

    Page 1 of 1
    page top