ものづくり最前線に関するニュースまとめ一覧(50ページ目)

HANJO HANJO ものづくり最前線特集

日本の産業・経済を支える中小企業・スマートSMEの「ものづくり」。伝統工芸から工業製品まで、さまざまな話題、新製品、新技術、製造技術、職人技、企業情報などを集めました。全国のヒット商品の取材も行います。

関連特集
製造業 金属素材・鉱石 機械・部品・素材 家電・電子機器 カメラ・光学機器
「建設技術展2015近畿」開幕 10月29日まで 画像
インバウンド・地域活性

「建設技術展2015近畿」開幕 10月29日まで

 日刊建設工業新聞社と近畿建設協会が主催する「建設技術展2015近畿」(特別共催・土木学会関西支部)が28日、大阪市中央区のマイドームおおさかで始まった。29日までの2日間、153の企業・団体が9分野に分かれ、500に上 […]

大林組がコンクリ工法開発、許容打ち重ね間隔が3時間に 画像
インバウンド・地域活性

大林組がコンクリ工法開発、許容打ち重ね間隔が3時間に

 大林組は28日、特殊な混和剤を製造後のコンクリートに混ぜ、流動性を高めることでコンクリートの打ち重ねで発生する不連続面(コールドジョイント)や充てん不良を防止する新たな工法を開発したと発表した。下層のコンクリートを打ち […]

五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成 画像
マネジメント

五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

 五洋建設と大新土木(東京都中央区、新田清剛社長)が共同で建造を進めていた多機能型バックホウ浚渫船「BHC-2401」が完成した。

【東京モーターショー15】日産の自動運転カーが未来すぎる 画像
イベント

【東京モーターショー15】日産の自動運転カーが未来すぎる

日産『IDS コンセプト』は、2020年代の自動運転技術と航続距離などの課題を克服するEVの姿を提示するコンセプトモデル。「交通事故の約9割の原因である人的ミスを補い、より安全で効率的に楽しいドライビングを実現する」のを目標に作られた。

電波はきているが電源がない……無電化地域向け小型蓄電システム 画像
IT業務効率

電波はきているが電源がない……無電化地域向け小型蓄電システム

オートモーティブ&インダストリアルシステムズは27日、LED照明付小型蓄電システム「エネループ ソーラーストレージ」を、11月よりアジア、アフリカなどの無電化地域に向けて出荷開始することを発表した。

【回転窓】IoTが導く未来は 画像
IT業務効率

【回転窓】IoTが導く未来は

 映画や漫画に描かれた未来の世界はどれだけ実現しているか。先週、1985年に公開された「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」(BTTFII)に登場した「2015年10月21日」が到来。多くのメディアが、あれは実現した、これ […]

インテリアもロボットも…ものづくり体験参加者募集 11月15日開催 画像
インバウンド・地域活性

インテリアもロボットも…ものづくり体験参加者募集 11月15日開催

 さまざまな技能に触れられる「おおさかものづくりコレクション2015」が11月15日、大阪市で開催する。ふすまや畳など身近なものをつくる体験や、熟練技能士による匠の技を見ることができる。体験教室は事前申込みを受付中。

三菱と日産、次期型軽開発を共同開発継続 画像
インバウンド・地域活性

三菱と日産、次期型軽開発を共同開発継続

三菱自動車の相川哲郎社長は10月27日に都内にある本社で開いた決算会見で、日産自動車と共同開発した軽自動車の次期型も、引き続き両社で進めることで合意したことについて「両社の強み同士を結び付けるスキームにするということで決まった」と述べた。

サソリ型クレーン? 1.7トン吊り自走式新製品……古河ユニック 画像
インバウンド・地域活性

サソリ型クレーン? 1.7トン吊り自走式新製品……古河ユニック

 古河ユニックは自走式クレーン「ミニ・クローラークレーン」の1・73トン吊(つ)りクラスの新製品「UR―U174C」を発売した。既存の995キログラム―2・93トンの3モデルになかった吊り上げ能力の製品を投入する。クローラーに片側2個のローラーを搭載し…

MRJ、17年春の納入開始後は? 三菱重工副社長が語る 画像
マネジメント

MRJ、17年春の納入開始後は? 三菱重工副社長が語る

 国産小型ジェット旅客機「MRJ」の初飛行が迫ってきた。開発元の三菱航空機(愛知県豊山町)は23日、5回目となる初飛行延期を発表したが、約50年ぶりの国産旅客機が初飛行すれば日本は米欧やカナダ、ブラジルなどに続く旅客機製造国に一歩近づく。三菱重工業でM…

全建会長「工事量の安定・継続確保を」、ブロック会議前半を総括 画像
マネジメント

全建会長「工事量の安定・継続確保を」、ブロック会議前半を総括

 全国建設業協会(全建、近藤晴貞会長)が国土交通省と全国9地区で開く15年度の地域懇談会・ブロック会議が折り返し点を迎えた。近藤会長は静岡市で23日に開かれた東海地区の会議後に記者会見し、前半の会合を総括。「各協会とも課 […]

TPPをにらみ動く、物流の山九がメキシコに現法設立 画像
インバウンド・地域活性

TPPをにらみ動く、物流の山九がメキシコに現法設立

 物流、プラント・エンジニアリング、メンテナンス・オペレーションなどを事業展開する山九は、メキシコ合衆国に現地法人の山九メキシコを設立。11月1日から営業を開始すると発表した。

マツダ、タイでSKYACTIVエンジンの量産開始 画像
海外進出

マツダ、タイでSKYACTIVエンジンの量産開始

マツダは10月26日、タイのパワートレイン生産拠点「Mazda Powertrain Manufacturing (Thailand) Co., Ltd.」(MPMT)で、エンジンの量産開始を祝う式典を実施した。

大林組、トンネル覆工裏込め注入工法の研究会設立、遮水壁応用へ 画像
インバウンド・地域活性

大林組、トンネル覆工裏込め注入工法の研究会設立、遮水壁応用へ

 大林組は、モルタルに特殊増粘材スラリーを混合した注入材を用いる裏込め注入工法「スペースパック工法」の適用拡大に乗りだす。トンネルの覆工背面や道路下の空洞用に開発した技術で、覆工のひび割れや目地からの漏えいが少ないのが特 […]

マンション傾斜問題で国交省が調査徹底、3040件の元請に通知 画像
インバウンド・地域活性

マンション傾斜問題で国交省が調査徹底、3040件の元請に通知

 国土交通省は、横浜市内のマンションが基礎杭の施工不良によって傾いた問題で、旭化成建材が過去に杭工事を行った3040件の建物の元請建設業者に対し、主体的な調査を行うよう求める文書を旭化成建材を通じて送付した。石井啓一国交 […]

4~9月の合材製造量は6.8%減で上期最低、工場稼働率は31.7% 画像
インバウンド・地域活性

4~9月の合材製造量は6.8%減で上期最低、工場稼働率は31.7%

 日本アスファルト合材協会(日合協、磯昭男会長)がまとめた会員会社の15年度上期(4~9月)のアスファルト合材製造量は、前年同期比6・8%減の1722万トンと、上期としては1985年度の統計開始以降で最低となった。製造量 […]

未来につなぐ生産設備……独ボッシュの構想 画像
インバウンド・地域活性

未来につなぐ生産設備……独ボッシュの構想

 ドイツ西部のザールラント州ホンブルクという小都市で、インダストリー4・0(I4・0)の先駆的なシステムが動いている。自動車部品世界最大手独ボッシュのグループ会社、ボッシュ・レックスロスが運営する、農機・建機向け油圧機器工場の、油圧バルブ組み立てライン…

イヌ用の人工血液を開発! ペットの輸血向け 中央大 画像
インバウンド・地域活性

イヌ用の人工血液を開発! ペットの輸血向け 中央大

 中央大学理工学部の小松晃之教授らは、イヌ用の人工血液を開発した。酸素を運ぶ役割を担うたんぱく質「ヘモグロビン」をイヌ由来のたんぱく質で包んだ直径8ナノメートル(ナノは10億分の1)の複合体を作製し、血液中に含まれる赤血球の代替物として機能することを明…

麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任 画像
マネジメント

麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任

 麻生セメントは、麻生巖取締役(麻生社長兼グループ経営委員会委員長)が16年1月1日付で社長に就任する人事を発表した。麻生泰社長は代表権のある会長に就く。  麻生 巖氏(あそう・いわお)97年慶大経済学部卒、日本長期信用 […]

NHKの新静岡放送会館建設の入札公告、16年1月21日入札 画像
インバウンド・地域活性

NHKの新静岡放送会館建設の入札公告、16年1月21日入札

 日本放送協会は26日、NHK新静岡放送会館建設工事の一般競争入札を公告する。参加資格は、単体または2~3者JV。入札説明書は11月5日まで、経理局調契約部(東京都渋谷区)と静岡放送局企画編成(静岡市葵区)で交付する。参 […]

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 30
  5. 40
  6. 45
  7. 46
  8. 47
  9. 48
  10. 49
  11. 50
  12. 51
  13. 52
  14. 53
  15. 54
  16. 55
  17. 60
  18. 70
  19. 最後
Page 50 of 71
page top