ものづくり最前線に関するニュースまとめ一覧(20ページ目)

HANJO HANJO ものづくり最前線特集

日本の産業・経済を支える中小企業・スマートSMEの「ものづくり」。伝統工芸から工業製品まで、さまざまな話題、新製品、新技術、製造技術、職人技、企業情報などを集めました。全国のヒット商品の取材も行います。

関連特集
製造業 金属素材・鉱石 機械・部品・素材 家電・電子機器 カメラ・光学機器
国交省が公共建築工事の標準仕様書を改定。4月1日から適用、資機材の環境配慮に重点 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省が公共建築工事の標準仕様書を改定。4月1日から適用、資機材の環境配慮に重点

 国土交通省は、公共建築工事で使用する材料や工法などの標準的な仕様を取りまとめた「公共建築工事標準仕様書」など9編の標準仕様書・標準図を改定した。3年ごとに見直しを行っており、今回の「平成28年版」では塗装工事の無鉛化や […]

セメント各社が16年度の新規値上げ見送りへ、過去未達分の交渉に注力 画像
制度・ビジネスチャンス

セメント各社が16年度の新規値上げ見送りへ、過去未達分の交渉に注力

 セメントメーカー各社が、16年度は新たな値上げ方針を打ち出さないことが分かった。売上高・利益の確保に価格改定は不可欠だが、国内のセメント需要が伸び悩む中、思い切った値上げには踏み切れないのが現状。16年度の販売価格につ […]

環境省の土壌貯蔵施設等工事、福島県・双葉町など3件入札公告。調査・設計・工事一括 画像
インバウンド・地域活性

環境省の土壌貯蔵施設等工事、福島県・双葉町など3件入札公告。調査・設計・工事一括

 環境省は30日、福島第1原発事故に伴う周辺地域の放射性物質除染作業で出た汚染土などを最終処分まで一時保管する「中間貯蔵施設」(福島県双葉、大熊両町)の整備で、初弾となる本体工事の一般競争入札3件を公告した。調査・設計業 […]

国交省がICT土工をA・B等級向けに標準化、C等級工事も2万立米以上で加点評価 画像
IT業務効率

国交省がICT土工をA・B等級向けに標準化、C等級工事も2万立米以上で加点評価

 国土交通省は30日、直轄工事のうち一般土木A、Bランク業者が主に受注する予定価格3億円以上の案件でICT(情報通信技術)を活用した施工を標準化する方針を明らかにした。4月1日以降に契約手続きに入る工事が対象。3億円未満 […]

国交省が災害11件でインフラロボの活用推薦、水中分野は7件試行へ 画像
IT業務効率

国交省が災害11件でインフラロボの活用推薦、水中分野は7件試行へ

 国土交通省は30日、次世代社会インフラ用ロボットの現場での検証・評価結果を発表した。維持管理3分野(橋梁、トンネル、水中)と災害対応2分野(調査、応急復旧)で民間企業などから応募のあった70技術を直轄現場など12か所で […]

三井住友建設が直径69mのアルミドーム設置。国内最大、製油所浮き屋根式タンクに 画像
IT業務効率

三井住友建設が直径69mのアルミドーム設置。国内最大、製油所浮き屋根式タンクに

 三井住友建設は、JXエネルギー大分製油所(大分市)の浮き屋根式タンク(内径69メートル、高さ17・69メートル)に、国内最大となる直径69メートルのアルミニウム合金製ドームを設置した=写真。石油製品備蓄タンクの雨水浸入 […]

【大震災5年-これまでとこれから・19】三井不動産・野末泰樹氏 画像
IT業務効率

【大震災5年-これまでとこれから・19】三井不動産・野末泰樹氏

 ◇既存も新築同等の防災性能確保、BCPの重要性高まる  東日本大震災を経て、防災対策の重要性をあらためて確認した。テナント側も同様にBCP(事業継続計画)をより重視するようになった。働く場がないと日本の生産活動はストッ […]

産業競争力強化法で事業再編計画、建設系企業を初認定。日本コンベヤ持ち株会社化へ 画像
制度・ビジネスチャンス

産業競争力強化法で事業再編計画、建設系企業を初認定。日本コンベヤ持ち株会社化へ

 14年1月に施行された産業競争力強化法で建設系企業に対する初の支援が行われることになった。国土交通、経済産業両省は、大型コンベヤーメーカーの日本コンベヤ(東証1部)の事業再編計画(16~18年度)を28日付で認定した。 […]

国交省がICT土工を浚渫工にも拡大。i-Con委報告書案、平準化など3施策重点 画像
IT業務効率

国交省がICT土工を浚渫工にも拡大。i-Con委報告書案、平準化など3施策重点

 国土交通省は、16年度から本格化する生産性向上施策「i-Construction」のトップランナー施策の一つと位置付けた「ICT土工」を、浚渫工など土工以外の工種にも展開する方針だ。28日開いた有識者委員会に提示した報 […]

化学物質の情報伝達ルールは統一に向かうか。NEC「ケムシェルパ」に移行 画像
制度・ビジネスチャンス

化学物質の情報伝達ルールは統一に向かうか。NEC「ケムシェルパ」に移行

 NECは2017年度、取引先との化学物質情報のやりとりを経済産業省主導で開発した新方式「ケムシェルパ」に移行する。16年度上期(4−9月)に新方式に対応する社内ITシステムの開発に着手し、17年度初めに稼働させる。国内外のサプライヤーにも新方式への移…

【時事エッセイ】シンギュラリティの世界 画像
IT業務効率

【時事エッセイ】シンギュラリティの世界

 AI(人工知能)の話題が紙面をにぎわせている。囲碁で世界トップクラスの棋士を負かし、AIが創作した小説が文学賞の予選を通過した▼将棋やチェスなどではAIが人間のチャンピオンに勝ったことはあった。ただ、囲碁はルールの複雑 […]

佐賀発のプチプチ塩味がする野菜「バラフ」 画像
インバウンド・地域活性

佐賀発のプチプチ塩味がする野菜「バラフ」

 農研堂(佐賀県神埼市、永原辰哉社長、0952・20・1431)は、植物「アイスプラント」の生産や生産技術の研究を手がけている。野菜としての栽培に成功した佐賀大学の技術を事業化するため、2007年に設立した。 佐賀大のこうした植物に関する研究は長きにわ…

大阪ガスの新「エネファーム」、来月から余剰電力を買い取り 画像
IT業務効率

大阪ガスの新「エネファーム」、来月から余剰電力を買い取り

 大阪ガスは4月から発売する家庭用燃料電池「エネファームタイプS」の新製品を対象に、余剰電力の買い取りを始める。これにより定格一定運転が可能となり、コージェネレーション(熱電併給)が前提だったエネファームの定義が大きく変わる。多様な世帯にメリットを提供…

幕張メッセででドローン展示会、NECら3社がインフラ点検向け出展 画像
IT業務効率

幕張メッセででドローン展示会、NECら3社がインフラ点検向け出展

 ドローン(小型無人機)に関する展示会「ジャパン・ドローン2016」(主催・日本USA産業振興協議会)が24日、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕し、NEC、富士通、リコーの3社が、橋梁やトンネルなどインフラ構造物の点検に特 […]

「東工大の黒い壁」が進化、契約電力が減ったのは太陽光を主力電源にした成果 画像
IT業務効率

「東工大の黒い壁」が進化、契約電力が減ったのは太陽光を主力電源にした成果

 東京工業大学の大岡山キャンパス(東京都目黒区)は今冬、電力需要の上限値を2011年の契約電力と比べて約2400キロワット低減した。敷地内にビルを3棟増設しており、普通なら電力需要が増えて上限値も上昇するはず。太陽光発電を主力電源として構築したマイクロ…

日建連が生産性向上へ作業・書類の簡素化要望、JIS認定生コン試験軽減を 画像
IT業務効率

日建連が生産性向上へ作業・書類の簡素化要望、JIS認定生コン試験軽減を

 日本建設業連合会(日建連)は、公共工事の生産性を高める取り組みとして、工事を進めるに当たって不要だったり軽減できたりする作業や書類を列挙し、国土交通省に改善を求めた。立ち会い、検査、打ち合わせの頻度の軽減、ICT(情報 […]

リンゴ「シナノゴールド」、伊で大規模商業栽培。長野県と契約締結 画像
海外進出

リンゴ「シナノゴールド」、伊で大規模商業栽培。長野県と契約締結

 イタリア北部の南チロル地方で、長野県育成のリンゴ「シナノゴールド」の大規模な商業栽培が始まる。県と現地の生産者団体は24日、長野市の県庁でライセンス契約を締結した。同品種への評価が高く、現在の4ヘク

北海道産ダッタンソバの葉×鹿児島茶「べにふうき」、高機能性「北鹿茶」が誕生 画像
インバウンド・地域活性

北海道産ダッタンソバの葉×鹿児島茶「べにふうき」、高機能性「北鹿茶」が誕生

 3月26日の北海道新幹線の開通に合わせ、農研機構と民間企業が、北海道産ダッタンソバ「満天きらり」と、鹿児島県産「べにふうき」の緑茶をブレンドした高機能性茶「北鹿(きたしか)茶」を開発した。毛細血管を

フジタと早川ゴム、シールド機の止水性能を3倍に向上。ゴムとブラシ一体化 画像
IT業務効率

フジタと早川ゴム、シールド機の止水性能を3倍に向上。ゴムとブラシ一体化

 フジタは18日、早川ゴム(広島県福山市、早川雅則社長)と共同で、シールド機の内部に地下水などが浸入するのを防ぐため、シールド機の後端部に装備するゴム製ブラシを開発したと発表した。ワイヤブラシに液状ゴムを充てんする構造で […]

洗剤いらずの安全な洗浄技術「ウルトラファインバブル」の可能性 画像
IT業務効率

洗剤いらずの安全な洗浄技術「ウルトラファインバブル」の可能性

 洗剤未使用の洗浄技術としてウルトラファインバブルが注目されている。基本的な組成として空気と水からなるウルトラファインバブル水は安全で環境にやさしい新材料として期待できる。しかし、ウルトラファインバブルに関する科学的な理解が不十分であるため、実用化技術…

  1. 先頭
  2. 10
  3. 15
  4. 16
  5. 17
  6. 18
  7. 19
  8. 20
  9. 21
  10. 22
  11. 23
  12. 24
  13. 25
  14. 30
  15. 40
  16. 50
  17. 最後
Page 20 of 69
page top