ものづくり最前線に関するニュースまとめ一覧(20ページ目)

HANJO HANJO ものづくり最前線特集

日本の産業・経済を支える中小企業・スマートSMEの「ものづくり」。伝統工芸から工業製品まで、さまざまな話題、新製品、新技術、製造技術、職人技、企業情報などを集めました。全国のヒット商品の取材も行います。

関連特集
製造業 金属素材・鉱石 機械・部品・素材 家電・電子機器 カメラ・光学機器
ゴミ焼却の発電電力が動かすEVゴミ収集車! 画像
IT業務効率

ゴミ焼却の発電電力が動かすEVゴミ収集車!

 JFEエンジニアリング(東京都千代田区、狩野久宣社長、03・6212・0800)と川崎市は、電気自動車(EV)型ゴミ収集車の電源をゴミ焼却プラントで発電した電力でまかなう循環型ゴミ収集の実証実験を始めた。走行中の二酸化炭素(CO2)排出がないEVの特…

技術力で企業を選定する「交渉方式」の初採用へ 画像
制度・ビジネスチャンス

技術力で企業を選定する「交渉方式」の初採用へ

 国土交通省は、技術力で企業を選定し、価格や工法を交渉して契約する「技術提案・交渉方式」を直轄工事の発注に初めて導入する。近畿地方整備局が発注する「国道2号線淀川大橋床版取替他工事」が対象。5月にもWTO政府調達協定が適 […]

羽田空港周辺インフラ整備の工程表、新設道路も 画像
制度・ビジネスチャンス

羽田空港周辺インフラ整備の工程表、新設道路も

 国や自治体の関係者らで組織する内閣府の「羽田空港周辺・京浜臨海部連携強化推進委員会」(座長・和泉洋人首相補佐官)は、多摩川を隔てて隣り合う羽田空港(東京都大田区)と川崎市周辺のインフラ整備の工程表をまとめた。新設する連 […]

AIの未来、2030年には常識を備えた「執事ロボ」が! 画像
IT業務効率

AIの未来、2030年には常識を備えた「執事ロボ」が!

 人工知能(AI)が社会や経済に与える影響について、総務省情報通信政策研究所での検討結果がまとまった。AIの経済効果は2045年に121兆円に上ると推計。防災や製造業、医療など、16の産業分野ごとにAI化の見通しを示した。生活支援分野では20年ごろにA…

土木学会で会長特別タスクフォースが始動 画像
制度・ビジネスチャンス

土木学会で会長特別タスクフォースが始動

 土木学会は、16年度の会長特別タスクフォース(委員会)「現場イノベーションプロジェクト~次世代に繋ぐ現場のあり方~」を設置した。14日に東京・四谷の同学会講堂で開いた第1回全体会合で=写真、▽コンクリート構造物の生産性 […]

国交省が専門工事業者の仕事の繁閑「可視化」 画像
IT業務効率

国交省が専門工事業者の仕事の繁閑「可視化」

 国土交通省は、専門工事業者の仕事の繁閑を調整する支援ツールを開発した。民間建築工事が対象で、工事実績や着工統計などのデータを入力すると年間を通じた施工数量と必要な技能労働者数を地域別・工種別に推計できる。繁閑度合いを可 […]

【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編 画像
インバウンド・地域活性

【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

 観光地をぐるりと巡る際に便利な観光タクシー。電車やバスなどを乗り継いで回るより出費は増えるが、観光スポットを効率良く移動でき、荷物を持ち歩く負担がない。ドライバーによる観光ガイドを楽しめるのも、マンツーマンな接客が行われるタクシーならではの魅力だ。

新日鉄興和不、都心部でハイグレードオフィスビルも 画像
制度・ビジネスチャンス

新日鉄興和不、都心部でハイグレードオフィスビルも

 新日鉄興和不動産は、新規事業領域の開拓を加速させる。永井幹人社長が11日に行われた記者会見で、大都市の郊外で物流施設開発事業、都心部で中規模ハイグレードオフィスビルとハイグレードレジデンスの新規展開に乗りだすと表明した […]

国土強靱化行動計画、何を優先すべきなのか? 画像
制度・ビジネスチャンス

国土強靱化行動計画、何を優先すべきなのか?

 政府は14日、5月末に決定する16年度版の国土強靱(きょうじん)化行動計画の素案をまとめた。過去1年の間に起きた大規模災害を教訓に、官民で優先的・重点的に推進する防災・減災施策とその目標値となる重要業績指標(KPI)を […]

日本郵便、470自治体と協定。非常時に被災者情報 画像
IT業務効率

日本郵便、470自治体と協定。非常時に被災者情報

 「〇〇さんでしょうか」―。2011年の東日本大震災後、公民館や体育館など被災者の避難先で、郵便局員が懸命に配達先を探す姿があった。全国2万4000の郵便局ネットワークを持ち、約40万人の従業員がいる日本郵便では、郵便物の配達や窓口業務をいち早く再開。…

大林組と岩崎が盛り土の無人動態観測システム開発 画像
IT業務効率

大林組と岩崎が盛り土の無人動態観測システム開発

 大林組と建設・測量システム開発の岩崎(札幌市中央区、古口聡社長)は14日、河川堤防や道路の建設に伴う盛り土の築造で、軟弱地盤の挙動を自動計測できるシステムを共同開発したと発表した。自動視準型トータルステーションをプログ […]

ブリヂストン、免震ゴムの納入・適用拡大 画像
IT業務効率

ブリヂストン、免震ゴムの納入・適用拡大

 人々の命と暮らしに甚大な被害をもたらした東日本大震災から5年が経過した。ブリヂストンが手がける免震ゴムは、震災以降各方面から注目され、高層、中層、低層あらゆる新築建造物に納入されている。そのシェアは国内でおよそ50%におよぶ。背景には、免震体験車など…

ICT土工は、国際競争力の向上につながる! 画像
IT業務効率

ICT土工は、国際競争力の向上につながる!

 国土交通省は、16年度から本格化する建設現場の生産性向上策「i-Construction」の取り組みを加速させるため、ICT(情報通信技術)施工の活用を拡大する新たな基準づくりに着手する。橋梁など構造物の干渉チェックや […]

日本型枠、複数パターンで表記可能な標準見積書作成ソフト 画像
IT業務効率

日本型枠、複数パターンで表記可能な標準見積書作成ソフト

 日本型枠工事業協会(日本型枠、三野輪賢二会長)は、社会保険加入の原資となる法定福利費を別枠表記した標準見積書の作成用ソフトウエア(16年度版)を開発し、一般販売を始めた。保険料計算の基準となる日額賃金や、見積書への法定 […]

インフラ長寿命化行動計画、メンテサイクル構築・実行へ 画像
制度・ビジネスチャンス

インフラ長寿命化行動計画、メンテサイクル構築・実行へ

 政府の13府省庁が策定する2020年度までの「インフラ長寿命化行動計画」が出そろった。13年11月に決定した政府全体の基本計画に基づき、各府省庁が管理する施設の点検・診断、修繕、更新という「メンテナンスサイクル」の構築 […]

水中維持管理ロボ、試行的導入へ意見交換 画像
IT業務効率

水中維持管理ロボ、試行的導入へ意見交換

 国土交通省は、ダムや河川など水中の構造物の維持管理を支援するインフラ用ロボットの試行的導入に向け、各地域の施設管理者と意見交換を行う。各地方整備局に加え、水資源機構、電力会社、地方自治体にも意見交換への参加を呼び掛ける […]

台風どんとこい!プロペラを使わず発電する風車、沖縄で実証へ 画像
制度・ビジネスチャンス

台風どんとこい!プロペラを使わず発電する風車、沖縄で実証へ

 チャレナジー(東京都墨田区)は、台風のような強風下でも壊れず、膨大なエネルギーを電力に変換できる風力発電機「垂直軸型マグナス風力発電機」の試作機を開発した。今夏をめどに沖縄県南城市に全長7メートルのフィールドテスト機を建設し、実証実験を行う。「202…

「改良すべき踏切道」、都内に27カ所集中 画像
制度・ビジネスチャンス

「改良すべき踏切道」、都内に27カ所集中

 国土交通省は12日、4月1日に施行された改正踏切道改良促進法に基づく大臣指定の「改良すべき踏切道」に58カ所を選定した。従来は国交相が改良すべき踏切道と改良方法をセットで指定していたが、今回の法改正では改良方法が定まっ […]

東日本の公共工事、5年ぶり減 画像
制度・ビジネスチャンス

東日本の公共工事、5年ぶり減

 東日本建設業保証(東保証)がまとめた3月の公共工事の動向によると、15年度に前払金保証を取り扱った工事などの総請負金額は前年度比1・9%減の8兆5084億円と5年ぶりの減少となった。高速道路会社など政府系企業を含む「独 […]

Pepperのヒミツ(前編)泥臭く「人との共感力」磨く 画像
IT業務効率

Pepperのヒミツ(前編)泥臭く「人との共感力」磨く

 圧倒的な話題性と広告宣伝でコミュニケーションロボットの代名詞になるまで知名度を高めたソフトバンクグループの人型ロボット「ペッパー」。ロボットだけにさぞや最新技術で固められているかと思うが、実は機能の限界と「やってほしいこと」との”溝“を泥臭い工夫で埋…

  1. 先頭
  2. 10
  3. 15
  4. 16
  5. 17
  6. 18
  7. 19
  8. 20
  9. 21
  10. 22
  11. 23
  12. 24
  13. 25
  14. 30
  15. 40
  16. 50
  17. 最後
Page 20 of 72
page top