神奈川県に関するニュースまとめ一覧

食用八重桜「桜の塩漬け」の加工作業がピーク/神奈川県秦野市 画像
インバウンド・地域活性

食用八重桜「桜の塩漬け」の加工作業がピーク/神奈川県秦野市

 食用八重桜の産地、神奈川県秦野市で「桜の塩漬け」の加工作業がピークを迎えている。同市千村地区で収穫から加工、販売までを手掛ける農家グループ「千村若竹加工部」のメンバーが、漬け込み作業を進めている。 

神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初 画像
インバウンド・地域活性

神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

 神奈川県開成町の新庁舎建設計画が、設計段階で建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の「Nearly ZEB」と「最高ランク」の認証を取得した。庁舎としては全国初の認証取得という。設計は松田平田設計。  建設地は開成 […]

二俣川駅南口再開発が完成/総延べ10万平米の大規模複合拠点 画像
インバウンド・地域活性

二俣川駅南口再開発が完成/総延べ10万平米の大規模複合拠点

 横浜市旭区の相模鉄道二俣川駅前で進められていた二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業「コプレ二俣川」がこのほど完成し、7日に完成記念式典が開かれた。商業棟や住宅棟など総延べ約10万平方メートルの新たな大規模複合拠点が誕 […]

横浜駅きた西口鶴屋地区再開発/国家戦略住宅整備事業として全国初 画像
インバウンド・地域活性

横浜駅きた西口鶴屋地区再開発/国家戦略住宅整備事業として全国初

 横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発組合(中山久招理事長)は27日、再開発事業の特定業務代行者に大林組を選定し覚書を交わした。今後はVEの検討を進め、秋ごろに契約を締結する見通し。横浜駅西口前に44階建て延べ約7・8万平 […]

横浜文化体育館サブアリーナ新築工事、10月着工 画像
インバウンド・地域活性

横浜文化体育館サブアリーナ新築工事、10月着工

 フジタら10者が出資する特別目的会社(SPC)・YOKOHAMA文体(横浜市中区、太田祐次代表)は、10月にも「横浜文化体育館再整備事業(仮称)サブアリーナ新築工事」=完成イメージ=に着手する。設計は梓設計・フジタ設計 […]

慶応元年創業の瀬戸酒造店(神奈川県開成町)、オリコンサル傘下で醸造再開 画像
インバウンド・地域活性

慶応元年創業の瀬戸酒造店(神奈川県開成町)、オリコンサル傘下で醸造再開

 オリエンタルコンサルタンツの子会社で慶応元(1865)年創業の酒蔵「瀬戸酒造店」(神奈川県開成町、森隆信代表取締役)は4日、新たな醸造所の完成と醸造再開を記念し蔵開きを行った。浅羽義里神奈川県副知事や府川裕一開成町長、 […]

ボートショー2018、国内外から約250艇を展示、総額は約100億円 画像
制度・ビジネスチャンス

ボートショー2018、国内外から約250艇を展示、総額は約100億円

日本マリン事業協会は2月6日、「ジャパンインターナショナルボートショー2018」の概要を発表した。会期は3月8~11日の4日間で、場所は神奈川県横浜市のパシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナだ。

旧神奈川県立近代美術館鎌倉館再生事業/19年春にもミュージアム開館 画像
インバウンド・地域活性

旧神奈川県立近代美術館鎌倉館再生事業/19年春にもミュージアム開館

 ◇鎌倉文華館鶴岡ミュージアムに  鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)は、境内にあり16年3月末に閉館した旧神奈川県立近代美術館鎌倉館を再生し、19年春をめどに「鎌倉文華館鶴岡ミュージアム」=完成イメージ=としてオープンする。 […]

ダムカードに続き、トンネルカード発行! トンネルグルメも登場/横須賀 画像
インバウンド・地域活性

ダムカードに続き、トンネルカード発行! トンネルグルメも登場/横須賀

プロ野球カードなど、トレーディングカードは誰もが一度は収集したことがあるのではないか。種類も様々で、最近では水を貯めるダムを対象にした「ダムカード」(国土交通省ほか発行)が話題になったが、今度はおそらく日本初と思われる「トンネルカード」が登場する。

横須賀市、日本初のトンネルカード発行へ/「船越隧道」など紹介する観光振興策 画像
インバウンド・地域活性

横須賀市、日本初のトンネルカード発行へ/「船越隧道」など紹介する観光振興策

 神奈川県横須賀市は観光振興策の一環で、市内のトンネルを紹介する「トンネルカード」を発行する。カードにはトンネルの写真とともに、所在地や特徴、歴史などを記載。22日から市内の飲食店10店舗で配布を開始する。自治体がトンネ […]

相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ 画像
インバウンド・地域活性

相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

 横浜市は9日、連続立体交差事業を進めている相模鉄道本線の鶴ケ峰駅付近(旭区)に地下構造を採用すると発表した。これにより「開かずの踏切」5か所を含む10カ所の踏切が除却できる。18年度に国の着工準備採択が受けられれば、都 […]

ラサール不投資顧問ら、川崎市で国内最大級の物流施設開発着手/延べ30万平米 画像
制度・ビジネスチャンス

ラサール不投資顧問ら、川崎市で国内最大級の物流施設開発着手/延べ30万平米

 ◇19年5月末の完成目指す  ラサール不動産投資顧問と三菱地所、NIPPOの3社は15日、川崎市で延べ約30万平方メートル規模のマルチテナント型物流施設「ロジポート川崎ベイ」の開発に着手したと発表した。設計監理監修は久 […]

小田原市のお城通り地区交流施設、宿場町のにぎわいを演出 画像
インバウンド・地域活性

小田原市のお城通り地区交流施設、宿場町のにぎわいを演出

 万葉倶楽部(神奈川県小田原市、高橋理社長)が整備事業者として小田原駅東口お城通り地区(神奈川県小田原市)で建設する広域交流施設の基本設計がまとまった。14階建て延べ3・1万平方メートルの規模で、商業・業務施設やホテルの […]

小田原市民ホール整備事業、大屋根と町家の屋根で伝統を表現 画像
インバウンド・地域活性

小田原市民ホール整備事業、大屋根と町家の屋根で伝統を表現

 神奈川県小田原市は9日、「市民ホール整備事業」を行う事業者を決める公募型プロポーザルで、鹿島・環境デザイン研究所JVを優先交渉権者に選定した。設計者を重視した2段階方式の新たなデザインビルド(設計・施工一括発注)方式を […]

川崎市の新庁舎、歴史的建造物として価値が高い現本庁舎の一部は復元 画像
インバウンド・地域活性

川崎市の新庁舎、歴史的建造物として価値が高い現本庁舎の一部は復元

 川崎市は24日、新市庁舎の基本設計概要を公表した。建物規模は25階建て延べ約6万3200平方メートル。基本計画段階で約430億円と試算していた概算事業費を、杭長の増加などにより約10億円増額の合計約440億円に見直した […]

横浜みなとみらい21、プラネタリウムやデジタルプラネットカフェも! 画像
インバウンド・地域活性

横浜みなとみらい21、プラネタリウムやデジタルプラネットカフェも!

 横浜市は20日、西区のみなとみらい21(MM21)地区58街区に進出する事業予定者を鹿島グループに決めたと発表した。21階建て延べ8万平方メートル規模のオフィス・商業など複合ビルを建設する計画。19年4月にも本体工事に […]

みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも 画像
インバウンド・地域活性

みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

 横浜市は4日、みなとみらい21(MM21)地区6-1街区で計画している「新港地区客船ターミナル(仮称)」などの開発事業者を「(仮称)Yokohama Pier9」(代表企業=横浜岡田屋)に決めたと発表した。市有地にCI […]

横浜市長・林文子氏に聞く/庁舎移転でにぎわい創出、カジノには慎重 画像
インバウンド・地域活性

横浜市長・林文子氏に聞く/庁舎移転でにぎわい創出、カジノには慎重

 7月30日の市長選で3選を果たした横浜市の林文子市長が、日刊建設工業新聞社の取材に応じ、今後の市政運営方針を明らかにした。新市庁舎の建設や移転跡地の活用を契機に、さらなるにぎわい創出を図るとした一方で、カジノを含む統合 […]

横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に 画像
IT業務効率

横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

 横浜港運協会(藤木幸夫会長)は14日、横浜市が「ハーバーリゾート(HR)整備計画」を進めている山下ふ頭(中区)地区に、国内最大規模の国際展示施設を整備する計画を発表した。近く市に伝えるとともに、本年度中をめどに資金計画 […]

神奈川県「CHO構想推進事業所」と、「企業対抗ウォーキングイベント」参加企業を募集! 画像
制度・ビジネスチャンス

神奈川県「CHO構想推進事業所」と、「企業対抗ウォーキングイベント」参加企業を募集!PR

神奈川県では、「CHO(健康管理最高責任者)構想」を前進させるために、「CHO構想推進事業所」の登録を募集することとした。CHOを設置して健康経営に取り組む企業や団体の事業所を、「CHO構想推進事業所」として登録するという内容だ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 1 of 5
page top