自動車業界に関するニュースまとめ一覧

ハローキティの駐車場、通天閣至近に誕生!  画像
インバウンド・地域活性

ハローキティの駐車場、通天閣至近に誕生! 

三井不動産リアルティは3月13日、関西初となる「三井のリパーク×ハローキティ」コラボ駐車場を大阪・浪速区の通天閣至近に開設した。

【日本経営品質賞:1】理論と現場からCSに迫った先に見たES 画像
イベント

【日本経営品質賞:1】理論と現場からCSに迫った先に見たES

顧客視点から経営を見直し、経営革新を進めるモデルとしてふさわしい組織を表彰する「日本経営品質賞」。2016年度の受賞組織に選ばれたカワムラモータースでは、店長という制度を廃止するなど、斬新な手法も取り入れながら次々と経営改革に取り組んでいる。

本日からプレミアムフライデー!オリックスレンタカーの特別企画は? 画像
制度・ビジネスチャンス

本日からプレミアムフライデー!オリックスレンタカーの特別企画は?

オリックス自動車は、2月24日から実施される官・民連携の消費国民運動「プレミアムフライデー」の取り組みとして、レンタカー事業にて、特別企画を開始する。

【社歌コン 応募社の横顔:25】ラップで社員教育-福島のリサイクル業者 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:25】ラップで社員教育-福島のリサイクル業者

福島県浪江町で総合自動車リサイクル事業を手掛けていた株式会社ナプロアースは、東京電力福島第一原子力発電所の事故で移転を余儀なくされました。このとき作られたのがイメージソング「フクシマから逃げない理由」。それは社員たちへの応援歌だったといいます。

自動車整備業、2年連続で倒産件数増加。小規模・零細が8割 画像
制度・ビジネスチャンス

自動車整備業、2年連続で倒産件数増加。小規模・零細が8割

東京商工リサーチが発表した2016年(1~12月)の自動車整備業倒産状況によると、前年比20.9%増の75件で2年連続の増加。負債総額は同144.9%増の55億8900万円だった。

米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減 画像
海外進出

米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

トヨタ自動車、ホンダ、フォードモーター。米国でハイブリッド乗用車をラインナップしている主要3社に関して、2016年のハイブリッド車販売実績がまとまった。

タイの自動車整備工具業界が活況! 背景には中間層の勃興 画像
海外進出

タイの自動車整備工具業界が活況! 背景には中間層の勃興

2016年3月30日に、自動車整備用工具と機器を販売するアストロプロダクツの1号店がバンコクにオープンした。総責任者である中澤信也氏にタイにおける整備工具市場の現状及び今後の展望について話を聞いた。

三井のリパーク、駐車場利用方法の多言語表示サービスを開始 画像
インバウンド・地域活性

三井のリパーク、駐車場利用方法の多言語表示サービスを開始

三井不動産リアルティは、増加する訪日外国人などへの対応策の一環として、「三井のリパーク」駐車場利用方法の多言語表示サービスを全国で開始すると発表した。

個人消費活性化策の評価。1位は所得税減税、2位はエコ関連の… 画像
制度・ビジネスチャンス

個人消費活性化策の評価。1位は所得税減税、2位はエコ関連の…

帝国データバンクは、個人消費活性化に対する企業の見解についての調査を2016年12月15日~2017年1月5日の期間に実施。1万0033社から得た回答をまとめた。

昨年の中古車登録台数、0.8%増で4年ぶりプラス 画像
制度・ビジネスチャンス

昨年の中古車登録台数、0.8%増で4年ぶりプラス

日本自動車販売協会連合会は1月17日、2016年12月および2016年(1-12月)の中古車登録台数を発表した。

ドイツのボッシュ、IoTの可能性を紹介する新サイトを立ち上げ 画像
IT業務効率

ドイツのボッシュ、IoTの可能性を紹介する新サイトを立ち上げ

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュは1月上旬、IoT(モノのインターネット化)の可能性を紹介した新サイト、「Connected World」を立ち上げた。

自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス! 画像
海外進出

自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

日本企業とミャンマー企業の合弁で設立された整備会社”サカイ&ポールスター社(Sakai & Polestar Automobiles)”の日本人店長、鈴木氏にミャンマーでの整備ビジネスの現状について話を聞いた。

日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」 画像
制度・ビジネスチャンス

日本自動車工業会、最も重要なことは「国内市場活性化」

「今年1年おそらく平穏ではなく、タフでチャレンジングな年になると考える。それを上回るタフで強い事業展開を行い、変化をビジネスチャンスとしてとらえて、その結果日本市場に活気をもららす。そのように会員各社と取り組んでいきたい」

ホンダ八郷社長、2017年展望「薄曇りだが、北米と中国にチャンスも」 画像
海外進出

ホンダ八郷社長、2017年展望「薄曇りだが、北米と中国にチャンスも」

ホンダの八郷隆弘社長は1月5日に都内で開かれた自動車工業団体賀詞交歓会で報道陣の囲み取材に応じ2017年の見通しについて「薄曇り」としながらも、「北米と中国中心に新しいクルマも用意しているので、これに向かってチャンスかなと思っている」と述べた。

ミャンマーで自動車整備人材が必要な理由。 画像
海外進出

ミャンマーで自動車整備人材が必要な理由。

2016年10月25日、ヤンゴン市内中心から少し北に位置するインヤレイクほとりのIBC(International Business Center)で、自動車整備技術学校の卒業式と入学式が開かれた。今回の卒業生は49名、入学生が104名。希望に溢れるミャンマーの若者たちの笑顔をみる機会を得た。

【社歌コン 応募社の横顔:4】1人でも社歌。人生を叫ぶ-岩手の自動車整備工 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:4】1人でも社歌。人生を叫ぶ-岩手の自動車整備工

たくさん仕事をしたけど、全然もうかっちゃいねぇ!――。一瞬、「えっ」と思ってしまう、このアヴァンギャルドな社歌動画を投稿していただいたのは、岩手県で自動車整備などを手掛ける「コアカ自動車」です。

トヨタの考える次世代タクシー “日本らしい”タクシーとは? 画像
インバウンド・地域活性

トヨタの考える次世代タクシー “日本らしい”タクシーとは?

ロンドンに山高帽を被ったまま乗れるようにと背高デザインが採用されたロンドンタクシーがあるように、日本のタクシーも日本に似合ったもの、日本の風景を作るものであるべきだというフィロソフィーによって開発が進められているという。

トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定 画像
IT業務効率

トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定

セダン、ワゴン、ミニバンといった既存の車型の枠にはまらないまったく新しいユニバーサルデザインを取り入れたタクシー専用車を2017年に発売すべく、鋭意準備中のトヨタ自動車。このたび、その量産モデルのアウトラインについての情報をキャッチしたのでリポートする。

ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出 画像
海外進出

ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

グラブ社と提携ホンダは12日、シンガポールを拠点に東南アジア6カ国で配車サービスを行う業界大手グラブ社と、二輪車シェアリング領域における協業を検討すると…

東京センチュリー、東南アジア地域への事業を拡大 画像
海外進出

東京センチュリー、東南アジア地域への事業を拡大

戦略的パートナーシップ協定を締結総合リース大手東京センチュリーは、東南アジア地域への事業拡大を立て続けに発表している。 先月には、インドネシアの大…

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 12
page top