東京オリンピックに関するニュースまとめ一覧

東京五輪競技会場整備が本格化、水泳競技のアクアティクスセンター大屋根構築へ 画像
インバウンド・地域活性

東京五輪競技会場整備が本格化、水泳競技のアクアティクスセンター大屋根構築へ

 東京都が進める2020年東京五輪の競技会場整備が18年度、佳境に入る。都が新設する競技会場の一部では基礎工事が終わり、地上部の工事が本格化する。水泳競技を行う「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区辰巳)は、大屋 […]

平昌冬季五輪、地元出身選手応援のオリジナルうどんメニューが登場! 画像
インバウンド・地域活性

平昌冬季五輪、地元出身選手応援のオリジナルうどんメニューが登場!

 韓国・平昌冬季五輪に出場する地元出身選手を応援しようと、北海道下川町のうどん店、みなみ家が五輪マークをイメージした限定メニューを9日から売り出す。 地元産小麦を使った「椎茸天うどん」「豚キムチうどん

18年始動 建設業界各社トップあいさつ/東京五輪関連や都市開発で追い風 画像
制度・ビジネスチャンス

18年始動 建設業界各社トップあいさつ/東京五輪関連や都市開発で追い風

 2018年仕事始めの4日、建設業界各社でもトップが社員に年頭のあいさつを行った。防災・減災対策やインフラ更新、2020年東京五輪関連工事や都市開発で追い風が吹く中での新年のスタート。多くのトップが担い手確保に向けた働き […]

新潟空港アクセス鉄道は先送り/利用者、仙台や宮崎の3分の1以下 画像
インバウンド・地域活性

新潟空港アクセス鉄道は先送り/利用者、仙台や宮崎の3分の1以下

新潟県は「新潟空港アクセス改善の基本的考え方」を正式に策定し、12月27日に公表した。2018年度以降、バスやタクシー、自家用車などによるアクセスの利便性向上を目指す。空港アクセス鉄道の整備は長期策と位置付け、事実上先送りした。

「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(後編) 画像
人材

「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(後編)

国内唯一の総合野球用品メーカー「株式会社ハイゴールド」についての2回連載の後半。ハイゴールドと野球の関わり、そして経営のあり方を専務取締役の風呂本隆史氏に聞く後編では、自身が専務理事を務めている、野球文化を活性化させる団体「球活.jp」についても話を聞いた

スポーツ振興センター/国立代々木競技場第一体育館等耐震改修/清水建設に 画像
制度・ビジネスチャンス

スポーツ振興センター/国立代々木競技場第一体育館等耐震改修/清水建設に

 日本スポーツ振興センター(JSC)は19日、8日に一般競争入札(WTO対象)を開札した「国立代々木競技場耐震改修工事(第一体育館等)」の落札者を68億5000万円で清水建設に決め、18日に契約を結んだと明らかにした。予 […]

五輪期間中の交通規制、建設業は協力要請に前向き 画像
制度・ビジネスチャンス

五輪期間中の交通規制、建設業は協力要請に前向き

 2020年東京五輪に当たって、企業活動に伴う交通行動の見直し要請があった場合に、前向きに対応する意向の建設会社が多いことが、東京商工会議所のオリンピック・パラリンピック特別委員会(委員長・中村満義鹿島代表取締役会長)が […]

「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(前編) 画像
人材

「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(前編)

野球とその文化に対して、熱い愛情をもって取り組んでいる会社がある。国内唯一の総合野球用品メーカーの「株式会社ハイゴールド」だ。「商品売るより自分を売ろう」の理念のもと、半世紀のあいだ、野球用品の開発に取り組んできた

東京五輪の新国立競技場、現場見学会参加者300万人達成でイベント開催 画像
インバウンド・地域活性

東京五輪の新国立競技場、現場見学会参加者300万人達成でイベント開催

 日本建設業連合会(日建連、山内隆司会長)は25日、2020年東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の整備事業の工事現場(東京都新宿区)で、市民現場見学会の参加者300万人の達成を祝うイベントと中高生を対象にした記念見学 […]

オリンピックに向け成田空港内の駅を改良、「JR二重改札」解消へ 画像
インバウンド・地域活性

オリンピックに向け成田空港内の駅を改良、「JR二重改札」解消へ

JR東日本の千葉支社や京成電鉄などは11月16日、成田国際空港(千葉県成田市)内にある鉄道駅の改良構想を発表した。空港第2ビル駅にある「JR二重改札」の解消を図る。

新国立競技場、大屋根や観客席の検証模型を公開/色味や安全性など確認 画像
インバウンド・地域活性

新国立競技場、大屋根や観客席の検証模型を公開/色味や安全性など確認

 日本スポーツ振興センター(JSC)は13日、2020年東京五輪のメイン会場となる新国立競技場(東京都新宿区霞ケ丘町10の1)の整備事業で、18年2月に始める大屋根などの工事に向けて、実物大の部材を使った検証模型(モック […]

国交省/若手職員による政策立案プロジェクト「政策ベンチャー2030」始動へ 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省/若手職員による政策立案プロジェクト「政策ベンチャー2030」始動へ

 国土交通省は、2030年に同省の中核を担う若手職員による政策立案プロジェクト「政策ベンチャー2030」を立ち上げる。おおむね30代の本省職員20~30人、地方支分部局の職員100人ほどを公募で選定。10月中に始動させ、 […]

時事エッセイ/伊達公子から学ぶ「観戦力」の鍛え方 画像
人材

時事エッセイ/伊達公子から学ぶ「観戦力」の鍛え方

 女子テニスの世界ランク4位まで上り詰めた伊達公子さんが引退した。1996年にいったんコートを離れたが、2008年に37歳で現役復帰。けがを抱えながら9年半にわたって世界最高峰の舞台で輝きを放ち、2度目の引退を決断した▼ […]

五輪選手村地区水素ステーション整備運営、東ガスら4社グループに 画像
インバウンド・地域活性

五輪選手村地区水素ステーション整備運営、東ガスら4社グループに

 東京都は19日、2020年東京五輪の選手村地区(中央区晴海)の一部を借り、水素ステーションなどを設置・運営する事業予定者に東京ガスを代表とする4社グループを選定したと発表した。10月の基本協定締結後、水素パイプライン敷 […]

観光庁、新たな財源確保の検討会を開催/次世代の観光立国実現へ 画像
インバウンド・地域活性

観光庁、新たな財源確保の検討会を開催/次世代の観光立国実現へ

観光庁は増加する訪日外国人旅行者など、次世代の観光立国推進のために必要となる財源確保策の検討に入る。石井啓一国交相は12日の会見で、「具体化のための有識者による検討会を立ち上げ、第一回の会議を今週金曜日に開く」と、述べた。

首都高1号羽田線東品川桟橋・鮫洲埋立部更新/迂回路切替で本線整備へ 画像
インバウンド・地域活性

首都高1号羽田線東品川桟橋・鮫洲埋立部更新/迂回路切替で本線整備へ

 首都高速道路会社が東京都品川区で進める高速1号羽田線東品川桟橋・鮫洲埋め立て部の大規模更新事業で、本線部の更新工事が本格的に始まる。大林組を代表とする9社のJVが実施設計・施工を担当し、このほど仮設の迂回(うかい)路の […]

東京五輪新規恒久施設、17年度内にすべて着工、実質的工期はあと2年半! 画像
インバウンド・地域活性

東京五輪新規恒久施設、17年度内にすべて着工、実質的工期はあと2年半!

 2020年東京五輪に向け、都が新規に整備する競技会場整備が年度内にすべて着工する見通しとなった。都が設計・施工を担う新規恒久7施設のうち、特に規模が大きい海の森水上競技場、有明アリーナ、オリンピックアクアティクスセンタ […]

横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ 画像
インバウンド・地域活性

横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

 横浜スタジアム(岡村信悟社長)は、横浜市のJR関内駅前にある横浜スタジアム(中区横浜公園)の観客席を6000席増設するなどの増築・改修工事に12月初めにも着手する。設計・施工は清水建設が担当。20年2月末の完成を目指す […]

建材メーカーや舗装会社、暑さ対策商品を次々発売!/五輪でのビジネスに期待 画像
制度・ビジネスチャンス

建材メーカーや舗装会社、暑さ対策商品を次々発売!/五輪でのビジネスに期待

 建材メーカーや舗装会社などが、都心部の「暑さ対策」商品の売り込みに力を入れている。2020年東京五輪で国内外から多くの選手や観光客が訪れるのを商機と捉え、日射を遮ったり路面温度の上昇を抑えたりする商品の開発・販売を加速 […]

チケット販売のぴあ、みなとみらい21地区に1万人規模の大型コンサートアリーナを建設! 画像
インバウンド・地域活性

チケット販売のぴあ、みなとみらい21地区に1万人規模の大型コンサートアリーナを建設!

 チケット販売やイベント企画・制作などを手掛けるぴあ(東京都千代田区、矢内廣社長)は20日、横浜市西区のみなとみらい21(MM21)地区に収容人員1万人規模の大型コンサートアリーナを建設すると発表した。4階建て延べ2・1 […]

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 8
page top