製造業に関するニュースまとめ一覧

【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール 画像
IT業務効率

【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

「第1回 中堅・中小製造業向けIoTツール募集イベント」では、応募のあった106件のツールを審査員が評価しました。そこで、各審査員が挙げたイチオシツールは、中小製造業の業務改善や付加価値の創造に有用なものとなりそうです。

【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは? 画像
IT業務効率

【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

製造業の人手不足や生産性向上といった課題を解決する上で、IoTの導入が注目されている。そこで利用されているツールは、果たして中小企業にとっても使えるような状況にあるのか? ツールコンテストで審査員を務めた教授や経営者に、その現状について話を伺った。

【越境ECを地方から:3】中国人爆買いをネットで再現! その方程式とは? 画像
海外進出

【越境ECを地方から:3】中国人爆買いをネットで再現! その方程式とは?

株式会社日本抗菌総合研究所では越境ECプラットフォーム「bolome」に出品したことで、主力製品の天然由来洗剤の海外における売り上げが、約4割増えたという。その契機になったのが動画による商品紹介のライブ中継だった。

【社歌コン 応募社の横顔:28】従業員の絆、幸せを運ぶ-福岡の農機開発 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:28】従業員の絆、幸せを運ぶ-福岡の農機開発

運搬用機械を手掛ける筑水キャニコムでは、1989年に社歌「みんなの幸せ」を発表しました。それから約29年にわたって、この歌は月に一度の朝礼などに、従業員の間で歌われてきました。そこに生まれた結束が、同社のオープンイノベーションを後押ししています。

スター・ウォーズ×有田焼のコラボ、醤油皿が登場! 画像
インバウンド・地域活性

スター・ウォーズ×有田焼のコラボ、醤油皿が登場!

スター・ウォーズ好きに、おすすめしたい醤油皿が登場した。

「日本の製造業を元気にしたい」、あのコマ大会がサポーター募集中! 画像
イベント

「日本の製造業を元気にしたい」、あのコマ大会がサポーター募集中!

「製造業町工場のモチベーションがアップするものはないだろうか?」。町工場を営む株式会社ミナロの緑川賢司さんが考えていた時、思いついたのが小さなコマだった。あの、「全日本製造業コマ大戦」が現在、クラウドファンディングで“年間サポーター”を募集中だ。

【社歌コン 応募社の横顔:26】若者たちに挑戦する勇気を-兵庫の製造業 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:26】若者たちに挑戦する勇気を-兵庫の製造業

かつて、ブラウン管の検査機製造を手掛けていた日本テクノロジーソリューション株式会社では、先代から会社を継いだ岡田耕治さんのリーダーシップのもと、自社ブランドや新規事業の立ち上げに成功しました。その挑戦する姿勢は、同社の社歌の中にも表れています。

【社歌コン 応募社の横顔:20】動画足がかりに再評価-富山の産業機械製造 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:20】動画足がかりに再評価-富山の産業機械製造

産業機械メーカーの株式会社スギノマシンでは、創業80周年に向けて社歌動画を作成しました。これによって昔からある社歌が再注目され、そこに流れる会社の精神を振り返るきっかけとなっているようです。

【越境ECを地方から:1】最小の資金&手間で、作務衣を世界へ 画像
海外進出

【越境ECを地方から:1】最小の資金&手間で、作務衣を世界へ

作務衣や甚平など和装衣料の製造・販売を手掛ける「伊田繊維」は、2017年より本格的な海外進出をスタートした。そのきっかけになったのが越境ECの存在だ。国内ECの下地を生かすことで、スモールスタートを実現している。

書籍『世界を動かす地域産業の底力』に学ぶグローカル視点の重要性 画像
インバウンド・地域活性

書籍『世界を動かす地域産業の底力』に学ぶグローカル視点の重要性

広島県の南東部に位置する府中市。その産業の歴史は古く、今も第2次産業の就業者が4割を超える、国内有数のものづくりの街だ。旧来の技術を様々な先端技術や製品に蘇らせ、世界展開に成功している企業も多い。そこには一体どのような要因があるのだろうか?

【社歌コン 応募社の横顔:14】社員に感謝の心を伝える歌-群馬の研削加工 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:14】社員に感謝の心を伝える歌-群馬の研削加工

研磨加工を手掛ける株式会社アミイダでは、先代から阿久戸洋希さんが事業を引き継いで約3年間が経ちます。その間にずっとついてきてくれた従業員に向けて、洋希さんが贈った歌のテーマは“感謝”でした。

【今月のレコメンデーション】2月に利用したい支援事業! 画像
制度・ビジネスチャンス

【今月のレコメンデーション】2月に利用したい支援事業!

2月は日本政府観光局(JNTO)が公民連携による訪日プロモーション事業のアイディアを募集中。その他、地域資源を活用した観光地域づくり、伝統的工芸品産業の振興に向けても補助金が公募されています。

【社歌コン 応募社の横顔:9】社員の心をまとめる応援歌-大阪の旋盤加工 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:9】社員の心をまとめる応援歌-大阪の旋盤加工

大阪で旋盤加工を手掛ける中川鉄工株式会社では、創業100周年のモノづくりを広く訴求したいと社歌を作りました。そこには、会社のブランドイメージを作り、若者や新規顧客の興味をひきたいという思いがあったようです。

【社歌コン 応募社の横顔:7】“繋がる”は最強!-中小企業28人のリーダー 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:7】“繋がる”は最強!-中小企業28人のリーダー

コンテスト投稿作品の中に、一際ユニークな取り組みで注目を集めている動画があります。コンセプトは“みんなでつながろうぜソング”。関東に拠点を持つ中小企業や、その関係事業者のリーダーが一緒になって、ひとつの歌を歌っています。

【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:2】小山薫堂氏の注目作品は? 画像
イベント

【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:2】小山薫堂氏の注目作品は?

 地域性を重視したモノづくりの文化に、世代交代の中で新たな取り組みが芽吹きつつある。そんな挑戦を行う若者たちを“匠”と呼び、そのプロダクトを支援するのが「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」だ。

【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技 画像
イベント

【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

 日本各地で古くから受け継がれたモノ作りが、日用品から伝統工芸という呼び方をされるに至り、その市場は縮小を続けている。

【社歌コン 応募社の横顔:6】社長を感動させた職人の結束-高知の竹材製造 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:6】社長を感動させた職人の結束-高知の竹材製造

100年以上の歴史の中でも、こんなのは初めての体験でしたね。職人が一緒になって歌っているのを見て感動しましたし、連帯感を生むには良いイベントだったと思います。

【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化! 画像
IT業務効率

【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

 前回の記事では武州工業株式会社がIoT、そしてその背景にある生産管理システム「BIMMS」の活用で、自動車業界の生産コストでLCC(Low Cost Country:ローコストカントリー)に対抗。“一個流し生産方式”の生産性を徹底的に高めてきた姿を追った。

【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは? 画像
IT業務効率

【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

 IoTは関連技術の発達とともに、どのビジネス分野においても避けては通れない重要な課題になってきた。

LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う 画像
イベント

LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

 地方創生の潮流の中で、その地に根ざした技術や特色を生かしたモノづくりに注目が集まっている。価格や性能だけでなく、商品の背景にあるストーリー性が重視される現在において、何か新たなブランディングを行うにも“地域性”が欠かせない要素であるのは間違いない。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 9
page top