日刊建設工業新聞に関するニュースまとめ一覧(163ページ目)

建設技能者繁閑「見える化」へ……国交省がプログラム開発事業を委託 画像
マネジメント

建設技能者繁閑「見える化」へ……国交省がプログラム開発事業を委託

 国土交通省は、建設技能労働者の繁閑度合いをグラフ化するプログラムの開発に乗りだす。14日までに、開発業務を三菱総合研究所に委託することを決めた。業種や地域、下請次数別に年間を通じた繁閑の波を「見える化」。同業種間での人 […]

【回転窓】16歳の死と託された望み 画像
ライフ

【回転窓】16歳の死と託された望み

 小児がんの専門医で俳人の細谷喨々に、病気で亡くなった子どもたちのことを詠んだ句がある。〈朝顔の花数死にし子等の数〉▼朝の間に美しく咲く朝顔も、昼を待たずにはかなくしぼんでしまう。その花を数えているうちに、幼くして死んだ […]

JR渋谷駅北側の地区計画素案まとまる……防災機能やエンターテインメント施設の導入 画像
インバウンド・地域活性

JR渋谷駅北側の地区計画素案まとまる……防災機能やエンターテインメント施設の導入

 東京・渋谷区は、JR渋谷駅の北側(代々木駅方面)に広がる「公園通り・宇田川町周辺地区」(約6・6ヘクタール)の地区計画素案をまとめた。同地区には、老朽化が進んでいる大規模な商業施設などが集積し、建て替えを計画している民 […]

鹿島、中間貯蔵施設向け森林伐採システムを開発……重機遠隔操作で被ばく低減 画像
IT業務効率

鹿島、中間貯蔵施設向け森林伐採システムを開発……重機遠隔操作で被ばく低減

 鹿島は、福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で発生した汚染土を保管する中間貯蔵施設の建設予定地で、森林の伐採工事に用いる遠隔伐採システムを開発した。林業用バックホウの運転席に無線操縦用ロボットを搭載。木を切ったり、つか […]

八光建設工業、ベトナム人大学生4人をインターシップ受け入れ 画像
人材

八光建設工業、ベトナム人大学生4人をインターシップ受け入れ

 ケーソン製作など港湾土木工事の八光建設工業(広島市東区、岡本正勝社長)が、ベトナム・ホーチミン工科大学の学生4人をインターンシップ(就業体験)で受け入れている。同社ではベトナムの優秀な人材を毎年採用し、国内の現場に配属 […]

沖縄の大型国際イベント施設導入プロジェクトは野村総研JVに選定 画像
制度・ビジネスチャンス

沖縄の大型国際イベント施設導入プロジェクトは野村総研JVに選定

 沖縄県は、「沖縄県大型MICE施設民間活力導入可能性調査」の公募型プロポーザルで受注予定者に野村総合研究所・日建設計JVを選定した。近く契約する。同業務では大型MICE(国際的なイベント)施設の整備、運営に当たってのP […]

宮城県NPO「匠の右腕」地域に根ざす大工育成……手刻み加工の技術伝承 画像
インバウンド・地域活性

宮城県NPO「匠の右腕」地域に根ざす大工育成……手刻み加工の技術伝承

 地元の大工職人が地元の木材を使って地元の住宅を建てて修繕していく『完全地産地消』を目指したい-。そうした理念を掲げて、宮城県内などで人材育成に取り組むNPO法人「匠(たくみ)の右腕」。東日本大震災の翌年(12年)9月に […]

JR東日本「品川開発プロジェクト」で国際交流拠点を創出 画像
インバウンド・地域活性

JR東日本「品川開発プロジェクト」で国際交流拠点を創出

 JR東日本が東京都港区の品川車両基地跡地で進める「品川開発プロジェクト」。品川駅北側に広がる約13ヘクタールの敷地に、ビジネスや文化、地域の交流拠点を創出する計画だ。

枯渇ガス田を天然ガス貯蔵施設に……新潟県 画像
インバウンド・地域活性

枯渇ガス田を天然ガス貯蔵施設に……新潟県

 新潟県は県内に数多く残る採掘が終わったガス田の有効活用策を検討する「海外産天然ガスの枯渇ガス田貯蔵等に関する研究会」を設立し、15日に自治会館で初会合を開く。採掘が終わったガス田を活用すれば、新設よりはるかに安い費用で […]

失敗に学べ! 経産省、中小企業の失敗事例集サイトを開設 画像
マネジメント

失敗に学べ! 経産省、中小企業の失敗事例集サイトを開設

 経済産業省は、中小企業が成長する契機となった貴重な失敗の事例をまとめたウェブサイト「ミエル☆ヒント~成功のカギ/ワナ~」を開設した。建設関係5社を含む計200社程度の事例を紹介。その中に隠された成長へのヒントやビジネス […]

渋谷駅大規模改良工事は9月から本体工事、施工者選定は8月初旬 画像
インバウンド・地域活性

渋谷駅大規模改良工事は9月から本体工事、施工者選定は8月初旬

 JR東日本は、渋谷駅(東京都渋谷区)で計画している大規模改良工事の本体工事に9月にも着手する。14年4月から準備工事と並行して詰めてきた工事計画の詳細がこのほどまとまり、関係者との協議・調整が完了した。現在、本体工事の […]

建設労働者緊急育成事業で訓練生を8月に募集開始……振興基金活用で5000人育成 画像
人材

建設労働者緊急育成事業で訓練生を8月に募集開始……振興基金活用で5000人育成

 厚生労働省は14日、建設技能労働者を5年間で5000人養成する「建設労働者緊急育成支援事業」で、訓練生の募集を8月に開始することを明らかにした。募集から訓練の実施、就職先の紹介までを一括して行う事業で、初年度となる15 […]

紀勢道・南紀田辺~白浜IC区間が開通……紀南地域活性化に期待 画像
インバウンド・地域活性

紀勢道・南紀田辺~白浜IC区間が開通……紀南地域活性化に期待

 近畿地方整備局が建設を進めていた紀勢自動車道の南紀田辺IC~南紀白浜IC間14キロが12日午後3時開通した。開通に先立ち和歌山県上富田町岩崎の道の駅くちくまので開通式が行われ、関係者多数が出席し、開通を祝った。紀勢自動 […]

中小建設業の「インドネシア訪問団」……国交省が海外進出を後押し 画像
海外進出

中小建設業の「インドネシア訪問団」……国交省が海外進出を後押し

 中堅・中小建設業者の海外進出を後押ししようと、国土交通省が企画したインドネシア訪問団。同国への進出意欲を持つ企業が全国から13社集まり、各社から計19人が参加した訪問団が6月15日から19日までの日程で、現地や日系の建 […]

春日部市中央一丁目地区再開発で建物規模の拡大検討 画像
インバウンド・地域活性

春日部市中央一丁目地区再開発で建物規模の拡大検討

 埼玉県春日部市の東武鉄道春日部駅西口で再開発事業を計画している「春日部市中央一丁目地区市街地再開発準備組合」が、再開発ビルの規模について、当初案の延べ15万平方メートル程度から21万平方メートル程度へと拡大する方向で地 […]

「誤解が多い」……年金機構が社会保険遡及適用に関する見解を表明 画像
制度・ビジネスチャンス

「誤解が多い」……年金機構が社会保険遡及適用に関する見解を表明

 社会保険に加入していない企業が新たに加入すると、過去2年分の保険料を一気に請求される-。建設業の社会保険未加入問題で、加入に踏み切れない理由として、保険料の納付を過去2年にさかのぼって求める「遡及(そきゅう)適用」の問 […]

日建連会員企業45社の収益性改善……2014年度決算分析 画像
マネジメント

日建連会員企業45社の収益性改善……2014年度決算分析

 ゼネコンの収益が改善傾向にあることが、日本建設業連合会(日建連)が3月期決算の上場会社など会員企業45社を対象に行った14年度決算状況調査であらためて浮き彫りになった。45社合計で見ると、売上高は前年度比5・8%増の1 […]

日建連、女子小中学生限定のイベント……先輩「なでしこ工事チーム」の現場見学 画像
ライフ

日建連、女子小中学生限定のイベント……先輩「なでしこ工事チーム」の現場見学

 日本建設業連合会(日建連、中村満義会長)は、女子小中学生と保護者に参加を限定した現場見学会を初めて開く。見学する現場も女性(なでしこ工事チーム)が活躍する現場に設定し、全国15カ所程度で行う。大半は夏休み期間の7~8月 […]

首都圏Look at/再生可能エネ発電所、茨城県で計画急増 画像
インバウンド・地域活性

首都圏Look at/再生可能エネ発電所、茨城県で計画急増

茨城県内で、再生可能エネルギーを活用した発電施設の計画が相次いでいる。県外事業者の参入が増加する一方、県内ではエネルギーの「地産地消」の機運も高まりつつある。

千葉・幕張新都心の大型開発……三井不レジら8社のJVと県企業庁が土地分譲契約へ 画像
制度・ビジネスチャンス

千葉・幕張新都心の大型開発……三井不レジら8社のJVと県企業庁が土地分譲契約へ

 千葉市の幕張新都心にある大規模未利用地「幕張新都心若葉住宅地区」(美浜区若葉3ほか)の開発に向け、三井不動産レジデンシャルを代表とする「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」が、千葉県企業庁と今月中にも土 […]

  1. 先頭
  2. 110
  3. 120
  4. 130
  5. 140
  6. 150
  7. 154
  8. 155
  9. 156
  10. 157
  11. 158
  12. 159
  13. 160
  14. 161
  15. 162
  16. 163
  17. 164
Page 163 of 164
page top