日刊建設工業新聞に関するニュースまとめ一覧(157ページ目)

【回転窓】廃校をどう利用するか 画像
ライフ

【回転窓】廃校をどう利用するか

 少子化や過疎化を背景に、過去10年で2000校以上の公立学校が廃校になっているという。残った校舎をどう扱うかは、地方自治体にとって悩みの種だ▼文部科学省は、廃校を積極的に利用した事例として「50選」をホームページで紹介 […]

日建連、就労履歴管理システム検討へ推進本部設置 画像
マネジメント

日建連、就労履歴管理システム検討へ推進本部設置

 日本建設業連合会(日建連)は、建設現場で働く技能者の資格や就労経験を一元管理する「就労履歴管理システム」の整備に向け、推進本部の初会合を28日に開き、検討を本格化させる。約350万人とされる技能者全員にIDを付与した「 […]

日建連、第56回「BCS賞」受賞作品発表……表彰式は11月16日 画像
ライフ

日建連、第56回「BCS賞」受賞作品発表……表彰式は11月16日

 日本建設業連合会(日建連)は23日、第56回「BCS賞」の受賞作品を発表した。応募62作品の中から、研究施設「ROKI Global Innovation Center―ROGIC―」(浜松市天竜区)など14件(特別賞 […]

在京大使の企業訪問、初弾は清水建設が地震防災や省エネ技術プレゼン 画像
イベント

在京大使の企業訪問、初弾は清水建設が地震防災や省エネ技術プレゼン

 国土交通省が近く立ち上げる日本企業のインフラ輸出をPRする新戦略の第1弾計画が明らかになった。建設会社などが保有する技術やノウハウをより効果的に発信、提案できるよう、企業側が希望する各国の東京駐在大使にオフィスを直接訪 […]

宮城県岩沼市、玉浦西地区が復興まち開きイベント……「自宅再建で自分のものが飾れてうれしい」 画像
ライフ

宮城県岩沼市、玉浦西地区が復興まち開きイベント……「自宅再建で自分のものが飾れてうれしい」

 東日本大震災で被災し内陸部への防災集団移転事業を進めていた宮城県岩沼市の玉浦西地区で19日、まち開きイベントが開かれた。主催は玉浦西まちづくり住民協議会や岩沼市らによる実行委員会。竹下亘復興相ら来賓や同地区の住民が多数 […]

IoTで建機CO2排出量をモニタリング……東急建設の実証実験 画像
IT業務効率

IoTで建機CO2排出量をモニタリング……東急建設の実証実験

 東急建設は23日、IoT(モノのインターネット)を用いて建設機械の二酸化炭素(CO2)排出量をモニタリングする実証試験に着手したと発表した。建機に小型機器を取り付け、クラウド上のプラットフォームに稼働状況やCO2排出量 […]

大分県玉来ダム建設を16年度に本体着工、広瀬勝貞知事が方針表明 画像
インバウンド・地域活性

大分県玉来ダム建設を16年度に本体着工、広瀬勝貞知事が方針表明

 大分県は、竹田市で進めている玉来ダム建設事業のダム本体工事に16年度に着手する。開会中の定例県議会で広瀬勝貞知事が表明した。今後、国に関連予算の計上を要望するとともに転流トンネルや上流仮締め切り堤の工事などを進め、予算 […]

1級施工管理技術者検定の学科受験者が大幅増、建築は12・3%増 画像
マネジメント

1級施工管理技術者検定の学科受験者が大幅増、建築は12・3%増

 建設業振興基金は23日、建築と電気工事の1級施工管理技術者検定で、15年度の学科試験受験者が大幅に増え、建築で前年同期比23・7%増の2万5452人に達したと発表した。受験者は近年、減少傾向にあったが、企業が技術者の確 […]

西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募 画像
マネジメント

西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

 東京都荒川区のJR西日暮里駅北側で再開発事業を計画している「西日暮里駅前地区市街地再開発準備組合」(村田常彦理事長)は、再開発ビルの施設概要など事業の方向性を示す基本計画の検討に入る。8月以降に検討業務の委託先を決める […]

愛知県半田市「半田赤レンガ建物」の耐震補強工事が完……よみがえった明治建築 画像
インバウンド・地域活性

愛知県半田市「半田赤レンガ建物」の耐震補強工事が完……よみがえった明治建築

 明治時代に建設され、国の登録有形文化財、近代化産業遺産になっている「半田赤レンガ建物」(愛知県半田市榎下町)の耐震改修工事が完了し、7月18日にオープンした。

日建連・中村満義会長、新国立競技場整備「間に合わせなければ」 画像
ライフ

日建連・中村満義会長、新国立競技場整備「間に合わせなければ」

 日本建設業連合会(日建連)の中村満義会長は23日の理事会後に記者会見し、政府が建設計画を白紙に戻して見直す新国立競技場の整備について、「発注者、設計者、ゼネコン、皆が同じ方向を向き、力を出し切れば(五輪までに完成は)間 […]

週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ 画像
マネジメント

週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

 国土交通省と日本建設業連合会(日建連)は、22日に東京都内で15年度意見交換会フォローアップ会議の初会合を開き、週休2日など休日増のモデル工事や全体工期を左右する工程(クリティカルパス)を共有する試行工事を拡大し、本年 […]

建設業でも進む3次元CAD活用……視覚情報とシミュレーション強化 画像
IT業務効率

建設業でも進む3次元CAD活用……視覚情報とシミュレーション強化

 竹中土木は、土木分野のソフトウエア開発などを手掛けるフォーラムエイト(東京都港区、伊藤裕二社長)と共同で、ゴルフ場や宅地の造成計画・設計向けの「3次元開発設計支援システム」を開発した。CIM(コンストラクション・インフ […]

【回転窓】コンペから広がるつながり 画像
ライフ

【回転窓】コンペから広がるつながり

 東日本大震災で被災した宮城県南三陸町が復興の橋デザインコンペを行った。1案に絞り込むことができず、2案を優秀賞としてさらに精査することに▼「『決定したが駄目でした』となってはいけない。実現性という視点も含めて考えざるを […]

名古屋駅西側、特定都市再生緊急整備地域に追加指定……再開発加速 画像
インバウンド・地域活性

名古屋駅西側、特定都市再生緊急整備地域に追加指定……再開発加速

 名古屋市が要望していた名古屋駅西側約17ヘクタールの都市再生緊急整備地域と特定都市再生緊急整備地域への追加指定が認められ、24日に都市再生特別措置法の改正政令が公布される。リニア中央新幹線の具体化に伴い、名駅周辺の面的 […]

市町村の歩切り問題、都道府県主導で撤廃広がる……国交省らの再調査 画像
マネジメント

市町村の歩切り問題、都道府県主導で撤廃広がる……国交省らの再調査

 国土交通、総務両省が地方自治体発注工事の入札で予定価格を切り下げる「歩切り」を撤廃するために実施中の調査への回答が、24日に締め切られる。昨年12月の調査で歩切り実施が判明した757団体が対象。調査では、改正公共工事品 […]

マルチテナント型物流施設の市場拡大……建設コストが課題 画像
制度・ビジネスチャンス

マルチテナント型物流施設の市場拡大……建設コストが課題

 ◇建設コスト上昇への対応課題  多層階で延べ床面積が数万~10万平方メートルを超えるマルチテナント型物流施設(LMT)。ランプウエーやスロープを設けてトラックが上層階に直接乗り入れ、各階には広い車路と高床式のトラックバ […]

安藤ハザマと関東学院大学が宮城県気仙沼市でボランティア活動実施 画像
インバウンド・地域活性

安藤ハザマと関東学院大学が宮城県気仙沼市でボランティア活動実施

 安藤ハザマと関東学院大学は11~12日の2日間、東日本大震災で津波の被害を受けた宮城県気仙沼市でボランティア活動を実施した。安藤ハザマの社員と共に関東学院大のラグビー部、硬式野球部、陸上競技部の学生が現地を訪問。地元の […]

国交省、激化する水害対策のため気候変動適応計画策定 画像
インバウンド・地域活性

国交省、激化する水害対策のため気候変動適応計画策定

 国土交通省は22日、気候変動で頻発・激甚化する水害などに備えて作る適応計画の最終案をまとめた。洪水・内水・高潮といった水害全般に対し、河川や港湾、海岸などで被害を最小化するための対策をハード・ソフト両面で講じる。うち河 […]

「ぐんけん見張るくん」が活躍…群馬県みなかみ町の大雨災害 画像
IT業務効率

「ぐんけん見張るくん」が活躍…群馬県みなかみ町の大雨災害

 20日、1時間に約100ミリという記録的な大雨に見舞われた群馬県みなかみ町。道路復旧などに当たった群馬県建設業協会(青柳剛会長)の会員会社が、協会が運営する災害情報共有システム「ぐんケン見張るくん」を通じて対応状況をリ […]

  1. 先頭
  2. 100
  3. 110
  4. 120
  5. 130
  6. 140
  7. 152
  8. 153
  9. 154
  10. 155
  11. 156
  12. 157
  13. 158
  14. 159
  15. 160
  16. 161
  17. 162
Page 157 of 162
page top