日刊建設工業新聞に関するニュースまとめ一覧(145ページ目)

スポーツ振興センターと大成建設、新国立競技場新営スタンド工区の資材調達を契約 画像
インバウンド・地域活性

スポーツ振興センターと大成建設、新国立競技場新営スタンド工区の資材調達を契約

 日本スポーツ振興センター(JSC)は9日、「新国立競技場(仮称)新営工事スタンド工区」について、施工予定者の大成建設と最初の契約を結んだ。契約額は30億5000万円で、10月の着工に向けた資材調達を行う。新国立競技場の […]

8月の建材需要予測を国交省発表……セメントなど4品目再び減少 画像
インバウンド・地域活性

8月の建材需要予測を国交省発表……セメントなど4品目再び減少

 国土交通省は10日、主要建設資材の8月の需要予測をまとめた。対象5資材7品目のうち、普通鋼鋼材や形鋼は前年同月を上回る一方、セメント、生コンクリート、木材、小形棒鋼、アスファルト5品目の需要は減少する見通し。7月まで増 […]

女性の目で危険摘み取れ! 福島建協相馬の女性環境パトロール隊 画像
インバウンド・地域活性

女性の目で危険摘み取れ! 福島建協相馬の女性環境パトロール隊

 福島県建設業協会相馬支部(草野清貴支部長)は、女性ならではのきめ細かい目線で建設現場の危険の芽を摘み取ろうと「女性環境パトロール隊」を結成した。県内で震災復興工事が増加し、事故が起こりやすい状況になっていることから、支 […]

ドリルジャンボ利用のトンネル用コア採取システム開発――西松建設 画像
IT業務効率

ドリルジャンボ利用のトンネル用コア採取システム開発――西松建設

 西松建設は8日、山岳トンネル工事の汎用施工機(ドリルジャンボ)を使って、切羽前方の地山試料(コア)を連続採取するコアボーリングシステムを開発したと発表した。軟岩~硬岩の広範囲の岩盤性状で、切羽前方30メートル程度のコア […]

国交省のインフラ用ロボ技術検証に74件の応募、結果は月内にも発表 画像
IT業務効率

国交省のインフラ用ロボ技術検証に74件の応募、結果は月内にも発表

 国土交通省が5月から6月にかけて行った次世代社会インフラ用ロボット現場検証技術の公募に、民間企業や研究機関など69者から74技術の応募があった。公募要件に合致しているかを確認し、10月から検証を行う技術を月内に選定する […]

15年1~6月の建設業倒産、24年ぶりに千件を割る――東商リサーチ 画像
マネジメント

15年1~6月の建設業倒産、24年ぶりに千件を割る――東商リサーチ

 東京商工リサーチが8日まとめた15年上半期(1~6月)の建設業の倒産は848件(前年同期比18・0%減)と、上半期としては7年連続で前年同期を下回り、1991年(987件)以来、24年ぶりに1000件を下回った。倒産減 […]

大町ダム・高瀬ダムをトンネルでつなぐ――大町ダム等再編事業 画像
インバウンド・地域活性

大町ダム・高瀬ダムをトンネルでつなぐ――大町ダム等再編事業

 北陸地方整備局は、15年度に実施計画調査に着手した信濃川水系の大町ダム等再編事業(長野県大町市)の概要を明らかにした。同事業は、既設の発電用の高瀬、七倉の2ダムの発電容量の一部と、既設の多目的ダムの大町ダムの水道容量の […]

気になるこの会社/君塚鉄筋(千葉市若葉区)/出前講座で若者に楽しさ伝える 画像
インバウンド・地域活性

気になるこの会社/君塚鉄筋(千葉市若葉区)/出前講座で若者に楽しさ伝える

 大手ゼネコンなどの下請として首都圏で鉄筋加工組み立てを手掛ける君塚鉄筋(千葉市若葉区、君塚孝社長)は、大小合わせて年間数十件の現場をこなす。千葉県内の高校などに求人票を出し、年間4人ほどの人材を採用するという同社社員の平均年齢は30代前半と若い。

遠藤利明五輪担当相、都知事に協力要請――「結論ありきではなくお互い納得する形で」舛添知事 画像
ライフ

遠藤利明五輪担当相、都知事に協力要請――「結論ありきではなくお互い納得する形で」舛添知事

 遠藤利明五輪担当相は8日、東京都庁で舛添要一知事と会談し、新国立競技場建設に対する協力を要請した=写真。舛添知事も積極的に協力する姿勢を示し、事務レベルの協議で協力内容を詰めることで一致した。遠藤担当相は、7日の国立競 […]

歩切り根絶で全市町村に働き掛け強化――国交省と都道府県が合意 画像
マネジメント

歩切り根絶で全市町村に働き掛け強化――国交省と都道府県が合意

 国土交通省は、公共発注機関が入札時の予定価格を積算金額より切り下げる「歩切り」の早期根絶をはじめ「担い手3法」を着実に運用していくことについて、7日までに全都道府県と合意した。合意に基づき、各都道府県は今後、すべての市 […]

リニア新幹線導水路トンネルの地質調査開始――詳細ルートは今秋にも明示 画像
インバウンド・地域活性

リニア新幹線導水路トンネルの地質調査開始――詳細ルートは今秋にも明示

 JR東海は、リニア中央新幹線(東京・品川~名古屋間)の南アルプストンネル建設に合わせて行う大井川流域の水環境保全対策で、現在検討中の導水路トンネルの詳細計画を固めるための地質調査に着手する。専門の有識者委員会による現地 […]

ベトナムで建設技能者育成――アース建設コンサルが現地3校と協定 画像
海外進出

ベトナムで建設技能者育成――アース建設コンサルが現地3校と協定

 宮崎市に本社を置く建設コンサルタント会社、アース建設コンサルタント(濱村哲之進社長)は、ベトナムで建設技能者の育成に乗りだす。現地の教育機関3校(ホーチミン建設短期大学、ホーチミン交通短期大学、ホーチミン建設専門学校) […]

めざせ建設業! 小中学生向け夏休みイベント 画像
ライフ

めざせ建設業! 小中学生向け夏休みイベント

 建設業を背負う将来の担い手を呼び込むため、国土交通省や建設業団体が今夏、小中学生をターゲットに建設業の魅力を発信する取り組みを本格化させる。産学官で取り組む戦略的広報活動の一環。これまで主眼に置いてきた工業高校生から間 […]

岡山市操車場跡地のアイデア募集事業へ4者が提案 画像
インバウンド・地域活性

岡山市操車場跡地のアイデア募集事業へ4者が提案

 岡山市が募集していた「岡山操車場跡地整備基本計画健康・医療・福祉系施設導入区域アイデア募集事業」に、4者(3グループ、単体1者)から事業アイデアが寄せられた。4者は▽大和リースグループ▽木村設計チーム▽中四国PFIマネ […]

アップル、綱島R&D施設の建設計画を発表――設計は大林組 画像
インバウンド・地域活性

アップル、綱島R&D施設の建設計画を発表――設計は大林組

 アップルが横浜市港北区の旧松下通信工業本社跡地で建設を計画している研究開発拠点「テクニカル・デベロップメント・センター」の施設概要が明らかになった。建物は4階建て延べ2・5万平方メートルの規模で、設計は大林組が担当する […]

東北の現場から/防災集団移転促進事業統括マネジ業務(宮城県気仙沼市) 画像
インバウンド・地域活性

東北の現場から/防災集団移転促進事業統括マネジ業務(宮城県気仙沼市)

 東北地方では東日本大震災で被災した住まいの復興へ向けて工事が着々と進んでいる。複雑に絡み合いながら同時進行する復興事業を先導する行政機関をサポートし、事業推進の一翼を担うパシフィックコンサルタンツにその役割と業務の実際を取材した。

総務省、固定資産台帳活用の施設統廃合モデル自治体選定――川口市、砥部町、精華町など 画像
インバウンド・地域活性

総務省、固定資産台帳活用の施設統廃合モデル自治体選定――川口市、砥部町、精華町など

 総務省は6日、固定資産台帳を含む財務書類のデータを活用して公共施設の統廃合に取り組むモデル自治体として、埼玉県川口市、愛媛県砥部町、京都府精華町の3団体を選定したことを明らかにした。川口市と砥部町は16年度に統廃合の予 […]

高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発 画像
インバウンド・地域活性

高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

道路構造物を劣化させる主要因に挙げられる重量超過車両。こうした車両の通行抑制に、日本高速道路保有・債務返済機構と高速道路各社などが本腰を入れ始めた。

建築学会シンポ「スタジオジブリ・宮崎吾郎氏に聞く」/記憶と創造で生まれるオリジナリティー 画像
ライフ

建築学会シンポ「スタジオジブリ・宮崎吾郎氏に聞く」/記憶と創造で生まれるオリジナリティー

日本建築学会がスタジオジブリの宮崎吾郎氏と古谷誠章早大教授、妹尾理子香川大教授の3人を招き対談企画を実施、宮崎氏が作品づくりのコンセプトや子どもの生活空間などについて語った。

首都圏Look at/都内に200m超ビル続々/都心のスカイライン様変わり 画像
インバウンド・地域活性

首都圏Look at/都内に200m超ビル続々/都心のスカイライン様変わり

 超高層ビルが林立する東京都心部。景気の回復基調が鮮明になり、2020年東京五輪の開催という追い風も受け、民間大規模開発プロジェクトが相次ぎ具体化している。

  1. 先頭
  2. 90
  3. 100
  4. 110
  5. 120
  6. 130
  7. 135
  8. 136
  9. 137
  10. 138
  11. 139
  12. 140
  13. 141
  14. 142
  15. 143
  16. 144
  17. 145
Page 145 of 145
page top