日刊建設工業新聞に関するニュースまとめ一覧(145ページ目)

北九州市小倉区に「TOTOミュージアム」完成! 28日から一般公開 画像
インバウンド・地域活性

北九州市小倉区に「TOTOミュージアム」完成! 28日から一般公開

 TOTOが創業の地である北九州市小倉北区に建設していた「TOTOミュージアム」が完成した。同ミュージアムは、衛生陶器などの変遷をたどる歴史資料館、商品を展示するショールームなどを配置する延べ1・1万平方メートル規模の複 […]

円滑施工講習会……関東整備局の設計変更指針を周知 画像
イベント

円滑施工講習会……関東整備局の設計変更指針を周知

 日本建設業連合会(日建連)は24日、「円滑な施工の確保に関する講習会」を東京・八丁堀のマツダホールで開いた。国土交通省関東地方整備局が6月に策定した土木工事の設計変更ガイドライン(総合版)を周知するのが狙いで、関東整備 […]

国交省、下水道事業技術者の資格要件緩和 画像
インバウンド・地域活性

国交省、下水道事業技術者の資格要件緩和

 国土交通省は、下水道施設の計画設計(基本設計)や実施設計、工事監督、維持管理を行う地方自治体の技術者の資格要件を緩和する。下水道事業に限定している実務経験年数の要件を、道路や河川など他のインフラ事業での実務経験にも拡大 […]

クレーン建協神奈川支部がオペレーター養成 建設労働者育成支援 画像
人材

クレーン建協神奈川支部がオペレーター養成 建設労働者育成支援

 全国クレーン建設業協会神奈川支部(伊藤祐也支部長)は、重機オペレーター不足を自前で解消することを目的にした「かながわクレーン塾」を開講する。建設業振興基金が7月に厚生労働省から受託した「建設労働者緊急育成支援事業」の一 […]

つくばエクスプレス開業10周年記念式典開く 画像
イベント

つくばエクスプレス開業10周年記念式典開く

 首都圏新都市鉄道は24日、東京・秋葉原~茨城県つくば市間を結ぶ「つくばエクスプレス(TX)」(延長58・3キロ)の開業10周年記念式典を、東京都千代田区の秋葉原駅で開いた。同社の柚木浩一社長らが出席し、この日のために1 […]

三井住友建設、新名神高速橋梁工事で施工省力化技術を展開 画像
インバウンド・地域活性

三井住友建設、新名神高速橋梁工事で施工省力化技術を展開

 三井住友建設が、神戸市北区道場町に建設中の新名神高速道路の「武庫川橋」の工事で工期短縮を実現する複数の技術を組み合わせ、省力化施工を展開中だ。使っている技術には、チョウの形をしたプレキャスト(PCa)パネル(バタフライ […]

国交省が公共建築の工期設定事例集作成 画像
インバウンド・地域活性

国交省が公共建築の工期設定事例集作成

 国土交通省は、公共建築工事の工期設定に関する事例集を作る。今年3月に公表した「営繕工事における工期設定の基本的考え方」の留意点を実例に則して示すことで、国や地方自治体の担当者が工期を設定する際の参考になるようにするのが […]

バリアフリー、五輪会場・空港アクセス鉄道駅重点 国交省WGが提案 画像
インバウンド・地域活性

バリアフリー、五輪会場・空港アクセス鉄道駅重点 国交省WGが提案

 中長期的なバリアフリー施策を検討している国土交通省のワーキンググループ(WG)は、2020年東京五輪と五輪後の超高齢化社会を視野に入れた提案をまとめた。五輪までに取り組む施策として、競技会場や周辺の歩行空間と、羽田・成 […]

国交省有識者会議が都市公園再編整備策で中間報告、ストック効果重視し統廃合推進を 画像
インバウンド・地域活性

国交省有識者会議が都市公園再編整備策で中間報告、ストック効果重視し統廃合推進を

 全国に約10万カ所ある都市公園(総面積約12万ヘクタール)の再編整備策を検討している国土交通省の有識者会議は24日、ストック効果に着目した統廃合の推進を柱とする中間報告をまとめた。老朽ストックも増大する中、居住環境の向 […]

【つくばエクスプレス開業10周年-沿線開発の歩み・3】公民学連携の街づくりめざす……千葉県柏市長・秋山浩保氏 画像
インバウンド・地域活性

【つくばエクスプレス開業10周年-沿線開発の歩み・3】公民学連携の街づくりめざす……千葉県柏市長・秋山浩保氏

 千葉県柏市にあるつくばエクスプレス(TX)の駅周辺で特色ある街づくりが進められている。秋山浩保市長は「公・民・学連携の街づくりを目指し、企業誘致を本格化させる」と意欲を見せる。

物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり 画像
マネジメント

物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

 総合デベロッパーとしては比較的早い2005年に物流施設事業に参入した野村不動産。山田譲二物流施設事業部長は「場所が良ければ安定したニーズがあり、永続的に事業が成り立つと考えている」と今後の継続的な投資に前向きだ。

生活道路の事故防止にビッグデータ活用! 国交省 画像
IT業務効率

生活道路の事故防止にビッグデータ活用! 国交省

 国土交通省は、生活道路の事故防止対策にビッグデータを活用する。自動車に搭載した「ETC2・0」から得られる走行速度や急ブレーキなどの情報を路線ごとに分析することで、事故が多発する可能性の高い潜在的な危険箇所を割り出す。 […]

厚労省が建設業団体に交通事故死の防止要請、現場~事務所往復時の発生が大半 画像
ライフ

厚労省が建設業団体に交通事故死の防止要請、現場~事務所往復時の発生が大半

 厚生労働省は、建設業の死亡災害に占める交通事故死の割合が増加傾向にあることを受け、防止対策の徹底を呼び掛ける要請文を都道府県労働局、建設業労働災害防止協会(建災防)、日本建設業連合会(日建連)、全国建設業協会(全建)、 […]

物流政策「ビル設計段階で配慮を」 社整審・交政審部会が中間報告 画像
マネジメント

物流政策「ビル設計段階で配慮を」 社整審・交政審部会が中間報告

 今後の中長期的な物流政策について検討している社会資本整備審議会(社整審、国土交通相の諮問機関)と交通政策審議会(交政審、同)の両部会が21日、中間報告をまとめた。大都市内の物流を円滑化するため、ビルの設計時に物流の円滑 […]

時事エッセイ/W杯とホスト国の責任 画像
インバウンド・地域活性

時事エッセイ/W杯とホスト国の責任

 英国で来月18日にラグビーワールドカップ(W杯)が開幕する。20カ国・地域から代表チームが参戦し、世界一の座を競う▼日本も8大会連続で出場し、南アフリカ、スコットランド、サモア、米国と予選を戦う。目標は「8強入り」だが […]

香川県善通寺市新庁舎整備、基本計画策定業務を9月にプロポ公告へ 画像
インバウンド・地域活性

香川県善通寺市新庁舎整備、基本計画策定業務を9月にプロポ公告へ

 香川県善通寺市は、現在の庁舎敷地内に延べ6100~8500平方メートルの新庁舎の整備を計画している。9月に基本計画策定業務の委託先を選定するプロポーザルの手続きを開始する予定だ。現在の庁舎は68年に竣工し、老朽化や耐震 […]

首都高「女子50人プロジェクト」立ち上げへ! メンバー募集 画像
インバウンド・地域活性

首都高「女子50人プロジェクト」立ち上げへ! メンバー募集

 首都高速道路会社は、新規事業や業務改善に女性の意見を反映するため、「首都高女子50人会プロジェクト」を立ち上げる。ワークショップや意見交換会などを通じて、多様な価値観や新たな視点を事業に取り入れ、企業の社会的信頼の強化 […]

北陸新幹線延伸ルート、16年度に調査着手……3案から絞り込み 画像
インバウンド・地域活性

北陸新幹線延伸ルート、16年度に調査着手……3案から絞り込み

 国土交通省は16年度から、未着工の北陸新幹線敦賀~大阪間の早期着工に向けてルートを選定するための調査に乗りだす。現在3本あるルート候補案の建設費や地質、経済波及効果などを検証し、最適なルート案を絞り込む。2022年度に […]

加藤久喜防災担当政策統括官「大規模災害対策、より強力に」 画像
インバウンド・地域活性

加藤久喜防災担当政策統括官「大規模災害対策、より強力に」

 7月31日付で就任した内閣府の加藤久喜防災担当政策統括官は21日、日刊建設工業新聞のインタビューに応じ、今後30年以内に70%の確率で発生が予測される南海トラフ・首都直下地震と、近年頻発する土砂災害・火山噴火災害への対 […]

九州整備局らが筑豊鳥尾トンネルで現場見学会「おやじの日」開催 画像
インバウンド・地域活性

九州整備局らが筑豊鳥尾トンネルで現場見学会「おやじの日」開催

 九州地方整備局、九州建設業協会、日本建設業連合会(日建連)九州支部は20日、発注者と施工者の家族らを対象にした現場見学会「おやじの日」を福岡県飯塚市で建設が進められている筑豊鳥尾トンネル(飯塚工区)新設工事の現場で開催 […]

  1. 先頭
  2. 90
  3. 100
  4. 110
  5. 120
  6. 130
  7. 140
  8. 141
  9. 142
  10. 143
  11. 144
  12. 145
  13. 146
  14. 147
  15. 148
  16. 149
  17. 150
  18. 160
  19. 最後
Page 145 of 162
page top