日刊建設工業新聞に関するニュースまとめ一覧(139ページ目)

国交省と日建連、大規模災害対応で支援要請窓口一本化へ 画像
インバウンド・地域活性

国交省と日建連、大規模災害対応で支援要請窓口一本化へ

 国土交通省は、南海トラフ巨大地震や首都直下地震のような広域的な被害が想定される大規模災害に対応するため、日本建設業連合会(日建連)とブロック単位での包括的な災害協定を締結する準備を進めていく。広域災害が発生した際に、各 […]

神奈川県藤沢市の新庁舎建設、162億円で鹿島JVに 画像
インバウンド・地域活性

神奈川県藤沢市の新庁舎建設、162億円で鹿島JVに

 神奈川県藤沢市は、7月21日に一般競争入札を開札した「藤沢市新庁舎建設工事」の落札者を162億円で鹿島・門倉組JVに決め、仮契約した。9月の定例市議会で承認を得た上で、正式契約する。入札参加者数、設計金額などは議決後に […]

建設現場で広がるウェアラブル端末 画像
IT業務効率

建設現場で広がるウェアラブル端末

 腕時計やリストバンド、眼鏡、衣服など身に付けて持ち歩くことのできる情報端末「ウエアラブルデバイス」の活用が建設現場で本格化してきた。ゼネコン各社はICT(情報通信技術)活用の一環としてウエアラブル端末を用いたシステムの […]

羽田・秋葉原間の河川舟運定期運航化を検証、インフラツーリズムの目玉に 画像
インバウンド・地域活性

羽田・秋葉原間の河川舟運定期運航化を検証、インフラツーリズムの目玉に

 インフラツーリズムと空港アクセス交通の新たな目玉に-。国土交通省は9月下旬に、羽田空港~東京都心間で河川舟運の定期運行化の可否を検証する初の社会実験を行う。空港船着き場から品川(天王洲)を経由して外国人旅行客の人気が高 […]

国交省ら4府省、18年度より工事・業務の契約電子化本格化でコスト軽減へ 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省ら4府省、18年度より工事・業務の契約電子化本格化でコスト軽減へ

 国土交通省は、農林水産省、防衛省、内閣府(沖縄総合事務局)と共同で、公共工事と建設コンサルタント業務などを対象とした「電子契約システム」を開発することを明らかにした。本年度からシステム開発を進め、18年度から本格運用す […]

入札不調、東日本大震災以前の水準まで回復 国交省工事 画像
インバウンド・地域活性

入札不調、東日本大震災以前の水準まで回復 国交省工事

 11年3月の東日本大震災以降、頻発していた公共工事の入札不調が沈静化してきた。国土交通省が14年度に実施した直轄工事で発生した入札不調の割合は11・4%と、前年度より6・0ポイント減少し、不調発生率は震災発生前の08、 […]

名古屋港にテーマパーク「レゴランド」など……名古屋市が“水辺”観光圏めざす 画像
インバウンド・地域活性

名古屋港にテーマパーク「レゴランド」など……名古屋市が“水辺”観光圏めざす

 名古屋市は名古屋港の金城ふ頭(名古屋市港区)を核に、“水辺”をキーワードとした観光開発を推進している。愛知が誇る”モノづくり文化”の発信と継承、観光の広域展開が目的。2017年にはテーマパーク「レゴランド」が開業。商業施設やホテルも建設される。名古屋…

【回転窓】ミツバチと都市の共生 画像
インバウンド・地域活性

【回転窓】ミツバチと都市の共生

 東京の都心部でビルの屋上を活用した都市型養蜂が盛んだ。今春、丸の内にある日本工業倶楽部会館の屋上で新たな養蜂プロジェクトがスタート。周辺の飲食店のシェフらが採れた蜂蜜を使った新メニューを開発し、今月から各店舗で味わうこ […]

新国立競技場の屋根を木造化…建築士会連合会が提言 画像
インバウンド・地域活性

新国立競技場の屋根を木造化…建築士会連合会が提言

 日本建築士会連合会(士会連合会、三井所清典会長)は、2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の整備で、観客席の屋根の木造化を求める提言をまとめた。屋根の木造化は、法隆寺や東大寺など飛鳥時代から受け継がれてきた日 […]

新国立競技場、工期短縮にインセンティブ付与の意向 審査委員会 画像
インバウンド・地域活性

新国立競技場、工期短縮にインセンティブ付与の意向 審査委員会

 2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の整備で日本スポーツ振興センター(JSC)が設置した技術提案等審査委員会の村上周三委員長は26日、中央合同庁舎8号館で遠藤利明五輪担当相と会い、委員会の検討経過を報告した […]

LIXIL、MBA取得に向けた留学支援を推進 画像
人材

LIXIL、MBA取得に向けた留学支援を推進

 LIXILが、将来の経営層育成の一環で、MBA(経営学修士)取得に向けた海外留学支援制度の活用を進めている。

再開発事業の要件緩和…コンパクトシティー化を後押し 画像
マネジメント

再開発事業の要件緩和…コンパクトシティー化を後押し

 国土交通省は16年度から、都市再開発法に基づいて行われる第1種市街地再開発事業の施行区域面積要件を緩和する。最低2000平方メートル以上(原則1万平方メートル以上)としている現在の要件を大幅に引き下げる方針。

ダイキン工業、大型施設向け空調事業を強化 画像
マネジメント

ダイキン工業、大型施設向け空調事業を強化

 ダイキン工業は、首都圏を中心に需要増が見込まれる大型施設向けの空調機器事業を強化する。

千葉県成田市、新設予定の大学医学部付属病院の規模を発表 画像
インバウンド・地域活性

千葉県成田市、新設予定の大学医学部付属病院の規模を発表

 千葉県成田市は、「公津の杜」(公津の杜4の1の1~5)に新設を予定している大学医学部付属病院の規模を公表した。

建設業の魅力を発信するPR動画、高校放送部が制作 画像
インバウンド・地域活性

建設業の魅力を発信するPR動画、高校放送部が制作

 建設業の魅力を発信するPR動画を制作するため、兵庫県立伊丹高校放送部の部員が24日、県が伊丹市で実施している道路拡幅工事の現場を取材した。

国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進 画像
マネジメント

国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

 国土交通省は、土木構造物の詳細設計業務で図面の作成ミスを減らすため、設計担当者以外の照査技術者の責任で図面を確認する「赤黄チェック」の全面導入に向けた条件整備に入った。

国交省、「発注方式選定表」を本格導入 画像
マネジメント

国交省、「発注方式選定表」を本格導入

 国土交通省は、直轄事業の調査・設計業務で、業務内容に適した選定方法を価格競争、総合評価方式、プロポーザル方式の中から明確化した「発注方式選定表」を本格導入する。

国土強靱化地域計画、41都道府県が策定に着手 画像
インバウンド・地域活性

国土強靱化地域計画、41都道府県が策定に着手

 政府は25日、すべての地方自治体に策定を求めている国土強靱(きょうじん)化地域計画の最新の策定状況調査結果をまとめた。41都道府県が策定に取り組んでおり、うち愛知など7道県が策定済み。

【回転窓】ラジオとパラリンピック 画像
ライフ

【回転窓】ラジオとパラリンピック

 放送作家でタレントの永六輔さんがかつて、ラジオ番組で五輪とパラリンピックを〈できるなら同時開催してほしい〉と話したことがある(永六輔著『言っていいこと、悪いこと』光文社刊)

新国立競技場、完成後の運営について議論が本格化 画像
マネジメント

新国立競技場、完成後の運営について議論が本格化

 新たな整備計画の検討作業が進む新国立競技場の建設プロジェクトで、完成後の運営・管理のあり方についての議論が今後本格化する。

  1. 先頭
  2. 80
  3. 90
  4. 100
  5. 110
  6. 120
  7. 134
  8. 135
  9. 136
  10. 137
  11. 138
  12. 139
  13. 140
  14. 141
  15. 142
  16. 143
  17. 144
  18. 150
  19. 最後
Page 139 of 157
page top