日刊建設工業新聞に関するニュースまとめ一覧(130ページ目)

名古屋市が「市設建築物再編整備の方針案」まとめる、今秋正式決定 画像
インバウンド・地域活性

名古屋市が「市設建築物再編整備の方針案」まとめる、今秋正式決定

 名古屋市は、「市設建築物再編整備の方針(案)」をまとめた。保有資産量の適正化を図るため、50年度末までの削減目標を12年度比10%と設定した。再編整備に当たっては「縮充」を取り組み精神に掲げた。

太田国交相、現場作業用ロボットスーツ「HAL」に太鼓判 画像
IT業務効率

太田国交相、現場作業用ロボットスーツ「HAL」に太鼓判

 サイバーダイン(茨城県つくば市、山海嘉之社長)が開発した現場作業用ロボットスーツ「HAL」。建設現場での実装も始まったこの技術を太田昭宏国土交通相に紹介するデモンストレーションが3日、国交省の大臣室で行われた。

東日本高速道路会社、小型無人機(ドローン)操縦の研修体制を確立 画像
マネジメント

東日本高速道路会社、小型無人機(ドローン)操縦の研修体制を確立

 東日本高速道路会社は、小型無人機(ドローン)の操作に習熟した社員を育成するための研修体制を確立した。ドローンの運用に当たって各種マニュアルを整備・更新するとともに、オペレーターの研修制度を創設した。

今秋から川崎市で「橋梁点検ロボット」の動作実験がスタート 画像
IT業務効率

今秋から川崎市で「橋梁点検ロボット」の動作実験がスタート

 建設技術研究所は4日、ロボット開発を手掛けるHibot(東京都品川区、ミケレ・グアラニエリCEO)と東京工業大学と共同で開発を進めている「橋梁点検ロボット」の実験施設を川崎市川崎区内に確保したと発表した。

国交省、ロシア政府と「日露都市開発プラットフォーム」を東京で立ち上げ 画像
海外進出

国交省、ロシア政府と「日露都市開発プラットフォーム」を東京で立ち上げ

 国土交通省はロシア政府と、都市環境開発での両国企業の連携を広げるため、ビジネスマッチングの場として「日露都市開発プラットフォーム」を28日に東京で立ち上げる。

大和ハウス工業とプロップが「空調機能付きベスト」を共同開発 画像
マネジメント

大和ハウス工業とプロップが「空調機能付きベスト」を共同開発

 大和ハウス工業と安全帯などの安全商品を製造するプロップ(東京都新宿区、内田光也代表取締役)は、空調機能付きのベスト「D-wind」を共同開発した。背中に装着したファンからの風を、パイプを通して首元や背面、胸元に送る。

大和ハウス工業、フジタと大和小田急建設の経営統合を発表 画像
インバウンド・地域活性

大和ハウス工業、フジタと大和小田急建設の経営統合を発表

 大和ハウス工業は4日、完全子会社のフジタと大和小田急建設を10月1日付で経営統合すると正式発表した。経営資源の集中と業務の効率化を図り、国内建設事業の収益力を向上させるとともに、海外事業を拡大するのが狙い。

LIXILが「ゼロエネルギー住宅」の提案を本格化 画像
マネジメント

LIXILが「ゼロエネルギー住宅」の提案を本格化

 LIXILは、高断熱や高効率などの省エネ技術・システムと、太陽光発電などの創エネ技術を組み合わせ、年間のエネルギー収支をゼロにする「ゼロエネルギー住宅」の提案を本格化する。

「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く 画像
マネジメント

「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

 4月に新体制の下で新しい中期経営計画(15~17年度)が始動。堅調な事業環境を背景に「まずは初年度の計画を確実に達成する」という。住宅子会社で社長を務めた経験を生かし、「業績や品質などすべての領域で業界ナンバーワンを目指す」と決意を語る。

兵庫県西宮市が「新体育館」「新陸上競技場」整備計画の策定進める 画像
インバウンド・地域活性

兵庫県西宮市が「新体育館」「新陸上競技場」整備計画の策定進める

 兵庫県西宮市は、老朽化が進んでいる中央体育館(河原町)と陸上競技場(同)の建て替えに向けた基本構想策定支援業務のプロポーザルで、日本総合研究所の提案を選定し、業務委託契約を締結した。

日本構造エンジニアリング、ベトナムの技術系人材に日系企業への就職を支援 画像
マネジメント

日本構造エンジニアリング、ベトナムの技術系人材に日系企業への就職を支援

 昨年12月に国土交通省が実施した中小・中堅建設業のベトナム訪問団への参加をきっかけに、新たなビジネスを展開する動きが出てきた。

福島県がCLT生産工場の県内誘致を検討、実現すれば東日本初 画像
インバウンド・地域活性

福島県がCLT生産工場の県内誘致を検討、実現すれば東日本初

 福島県は、直交集成板(CLT)の生産工場を県内に誘致するための検討に乗り出した。CLT工場は関西地区にしかなく、誘致が実現すれば東日本で初めてとなる。

愛知県・大村秀章知事が有料道路コンセッションでプロモ活動、自らPRの先頭に 画像
インバウンド・地域活性

愛知県・大村秀章知事が有料道路コンセッションでプロモ活動、自らPRの先頭に

 愛知県の大村秀章知事は、県道路公社が管理する有料道路の運営権を民間に売却する「愛知有料道路コンセッション」について7月31日、東京と名古屋でプロモーションを行った。コンセッションが目指す姿、仕組みを説明するとともに、今 […]

国交省、成田第3滑走路建設計画具体化へ、近く空港会社ら4者協議会設置 画像
インバウンド・地域活性

国交省、成田第3滑走路建設計画具体化へ、近く空港会社ら4者協議会設置

 国土交通省は、成田空港で3本目となる新滑走路の建設具体化に向けた計画作りに近く乗りだす。今月中にも国や建設主体となる成田国際空港会社、地元の千葉県、空港周辺の市町でつくる4者協議会を設置。2020年東京五輪以降の早期事 […]

清水建設がイクボスアワード新設、3人に金ボス賞、好事例展開し女性活躍後押し 画像
人材

清水建設がイクボスアワード新設、3人に金ボス賞、好事例展開し女性活躍後押し

 清水建設は、女性の育児支援・育成などに積極的に取り組む役職者を表彰する「イクボスアワード」を新設し、7月31日に東京都中央区の本社シミズホールで開いた「女性活躍推進セミナー」で表彰式・事例発表を行った。女性の活躍推進施 […]

三井不動産が次世代商業施設の開発推進、娯楽機能拡充、全国で案件具体化へ 画像
インバウンド・地域活性

三井不動産が次世代商業施設の開発推進、娯楽機能拡充、全国で案件具体化へ

 三井不動産は、エンターテインメント機能を充実させた次世代型商業施設の開発事業を積極展開する。11月に大阪府吹田市で開業する「EXPOCITY」をモデルに、ショッピングだけでなく、くつろぎや遊び、学びなど、人々が豊かな時 […]

茨城県つくば市総合運動公園整備に反対票8割超、市原健一市長「白紙撤回も」 画像
インバウンド・地域活性

茨城県つくば市総合運動公園整備に反対票8割超、市原健一市長「白紙撤回も」

 茨城県つくば市で、市が計画している「総合運動公園」の整備事業の是非を問う住民投票が2日に行われ、反対票が全体の8割を超える結果となった。305億円という事業費や施設規模が過大だとする市民の声が反映された形。開票後に記者 […]

【回転窓】1カ月たって「ゆう活」は… 画像
マネジメント

【回転窓】1カ月たって「ゆう活」は…

 小欄でも既に何度か取り上げている東京・霞が関の官庁で導入された「ゆう活」。通常よりも朝早くに仕事を始め、その分、夕方は早めに仕事を切り上げて家庭での時間や余暇を楽しもうという取り組みである▼鳴り物入りで始まったこの活動 […]

2016年春採用の選考解禁、短期決戦で競争激化!担当増員のゼネコンも 画像
人材

2016年春採用の選考解禁、短期決戦で競争激化!担当増員のゼネコンも

 2016年春に卒業する学生の採用に向けた面接など企業による選考活動が1日、本格的に始まった。採用活動の開始時期を遅らせる経団連の新ルールで、今年は4カ月繰り下げてのスタート。より短いスケジュールで自社をPRし、学生と会 […]

国交省が鉄道トンネル設計技術指針見直しへ、2018年度にも性能規定に転換 画像
インバウンド・地域活性

国交省が鉄道トンネル設計技術指針見直しへ、2018年度にも性能規定に転換

 国土交通省は、鉄道トンネルの設計技術指針を18年度にも見直す。仕様規定から性能規定へと全面的に転換し、採用実績が無くても工期の短縮や建設費の削減に有効な新技術や新工法を採用しやすくする。指針の使い勝手を良くするため、三 […]

  1. 先頭
  2. 80
  3. 90
  4. 100
  5. 110
  6. 120
  7. 125
  8. 126
  9. 127
  10. 128
  11. 129
  12. 130
  13. 131
  14. 132
  15. 133
  16. 134
  17. 135
  18. 最後
Page 130 of 139
page top