日刊建設工業新聞に関するニュースまとめ一覧(130ページ目)

大成建設、タブレット版の生物多様性簡易評価ツール開発 画像
IT業務効率

大成建設、タブレット版の生物多様性簡易評価ツール開発

 大成建設は、生物多様性を簡易に評価できるツール「いきものコンシェルジュ」のタブレット版を開発し、施設計画の提案の場で活用を始めた。計画地周辺や計画地内の環境分析に基づき、飛来する可能性のある生き物を予測するツール。施設 […]

日本飛行機、ハンガーを再建へ 大雪で倒壊 画像
インバウンド・地域活性

日本飛行機、ハンガーを再建へ 大雪で倒壊

 日本飛行機(横浜市金沢区、小島俊文社長、045・773・5100)は、2014年の大雪で損壊した神奈川県大和市の航空機整備施設(第一ハンガー)を建て直す方針を決めた。投資額は約50億円。17年3月の完成を目指す。建物の解体や格納されていた10機の撤去…

建設業の女性技術者が意見交換会…やりがいと引け目 画像
インバウンド・地域活性

建設業の女性技術者が意見交換会…やりがいと引け目

 建設コンサルタンツ協会(建コン協)九州支部など建設関連3団体と九州地方整備局は7日、福岡市博多区の東福第2ビルで「建設業に携わる女性技術者による意見交換会」を開いた=写真。出席者からは仕事にやりがいを感じているものの子 […]

愛知県、リニア開業を見据えて社会資本整備 方針案策定 画像
インバウンド・地域活性

愛知県、リニア開業を見据えて社会資本整備 方針案策定

 愛知県建設部は9日、本年度から20年度までに実施する社会資本整備の基本方針となる「建設部方針2020(案)」を発表した。リニア中央新幹線開業後の30年を見据えるとともに、大規模自然災害やインフラの老朽化など緊急的に取り […]

宮城県建産連が県に要望 予算確保など 画像
インバウンド・地域活性

宮城県建産連が県に要望 予算確保など

 宮城県建設産業団体連合会(宮城県建産連、佐藤博俊会長)は8日、東日本大震災の復旧・復興工事が佳境を迎える中、宮城県土木部に対し、十分な事業費と施工環境の維持、改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)の着実な浸透、地 […]

【回転窓】首都機能と地方創生 画像
インバウンド・地域活性

【回転窓】首都機能と地方創生

 各国の政治・経済の中心地である首都。時の権力者たちの思惑も交錯しながら一国を代表する都市が形づくられてきた。日本では1603年に徳川家康が江戸に幕府を開き、明治維新での東京遷都によって、名実共に東京が首都と認知された▼ […]

大地震のネパール、JAICAによる道路復旧第1弾が完成 画像
海外進出

大地震のネパール、JAICAによる道路復旧第1弾が完成

 4月に大地震に見舞われたネパールで国際協力機構(JICA)が進める震災復興支援プロジェクトで、カトマンズ~バクタプール間(約9・1キロ)の主要道路のうち、特に被害が甚大だったローカンタリ~コーサルタール間(約0・6キロ […]

高校生が現場で通年型インターンシップ 画像
人材

高校生が現場で通年型インターンシップ

 兵庫県立東播工業高校(加古川市)は8日、同県播磨町本庄にある「うみえーる広場整備工事」(施工=前川建設)の現場で、本年度の通年型インターンシップ(就業体験)を開始した。県建設業協会加印支部に事務局を置く「ひょうご建設産 […]

ストック効果重視のインフラ整備が重要……国交省審議官会見 画像
インバウンド・地域活性

ストック効果重視のインフラ整備が重要……国交省審議官会見

 7月31日付で就任した国土交通省の西脇隆俊国土交通審議官は9日、日刊建設工業新聞など専門紙各社と会見し、今後の社会資本整備の方向性について「ストック効果を重視した社会資本整備を進めることで、日本経済の再生にどこまで貢献 […]

総務省、経産省に勧告……規制逃れの太陽光発電分割申請 画像
インバウンド・地域活性

総務省、経産省に勧告……規制逃れの太陽光発電分割申請

 総務省は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で、太陽光発電設備の認定をめぐり原則禁止している分割認定申請の恐れがある案件が存在するとして、経済産業省に改善措置を講じるよう勧告した。分割認定申請は、出力50キロワッ […]

国交省、「インフラメンテナンス国民会議」設置へ 画像
マネジメント

国交省、「インフラメンテナンス国民会議」設置へ

 国土交通省は、インフラのメンテナンスに関わる産業の活性化を目的に、産学官でつくる「国民会議」を来年秋までに立ち上げる方針を固めた。

施設の履歴管理システムとBIMとを連携 前田建設 画像
マネジメント

施設の履歴管理システムとBIMとを連携 前田建設

 前田建設は、インターネット上で施設の修繕情報などを管理する独自のシステムを改良した。

新国立競技場、整備プロポーザル手続き始まる 画像
マネジメント

新国立競技場、整備プロポーザル手続き始まる

 2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の設計・施工を一括で担う事業者の選定手続きが始まった。18日には参加表明が締め切られる。

国交省、民間開発のインフラ点検ロボットを導入 画像
マネジメント

国交省、民間開発のインフラ点検ロボットを導入

 国土交通省は、老朽化したインフラの点検を効率的・効果的に行うため、民間が開発したロボット技術を16年度に試行的に導入する。対象とするのは、「橋梁」「トンネル」「水中」の3分野の維持管理。

海水練りコンクリートの用途を拡大 大林組 画像
マネジメント

海水練りコンクリートの用途を拡大 大林組

 大林組は8日、13年に実用化した海水練りコンクリートの用途を拡大し、JFEスチール東日本製鉄所千葉地区(千葉市中央区)構内の道路舗装工事に導入したと発表した。

建設技能労働者の融通、利用拡大を要望 画像
マネジメント

建設技能労働者の融通、利用拡大を要望

 建設産業専門団体連合会(建専連)の才賀清二郎会長は8日、労働政策審議会の専門委員会に出席し、厚労相の許可を受けた団体傘下の企業間で建設技能労働者の送り出し・受け入れを認める「建設業務労働者就業機会確保事業」の見直しを求めた。

【回転窓】映画に見る台湾の野球と灌漑 画像
海外進出

【回転窓】映画に見る台湾の野球と灌漑

 野球の18歳以下(U18)ワールドカップ決勝戦が先日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われた。日本は惜しくも優勝を逃したが、いつの時代も、高校球児たちのプレーは見ていて気持ちがいい

JFEエンジニアリング、再生可能エネルギー発電の拡大めざす 画像
制度・ビジネスチャンス

JFEエンジニアリング、再生可能エネルギー発電の拡大めざす

 JFEエンジニアリングは、再生可能エネルギーを利用した発電プラントのEPC(設計・調達・建設)業務を核とした発電事業で、17年度の売上高を650億円(14年度500億円)とする目標を設定した。

札幌駅南側で再開発 プロポーザル公募 画像
インバウンド・地域活性

札幌駅南側で再開発 プロポーザル公募

 札幌市は7日、「札幌駅交流拠点先導街区事業化検討業務」の公募型プロポーザル手続きを開始した。

神戸市兵庫区庁舎・ホール整備、案がまとまる 画像
インバウンド・地域活性

神戸市兵庫区庁舎・ホール整備、案がまとまる

 兵庫区庁舎の建て替えやホール機能のあり方を検討していた「兵庫区庁舎・区民ホール整備検討懇話会」は、現庁舎敷地と公園の一部に新庁舎を建設し、ホールは2階に設置するなどとした報告書案をまとめた。

  1. 先頭
  2. 80
  3. 90
  4. 100
  5. 110
  6. 120
  7. 125
  8. 126
  9. 127
  10. 128
  11. 129
  12. 130
  13. 131
  14. 132
  15. 133
  16. 134
  17. 135
  18. 140
  19. 150
  20. 最後
Page 130 of 154
page top