日刊建設工業新聞に関するニュースまとめ一覧(10ページ目)

奈良県の国際芸術家村計画、ホテルやMICE誘致へ 画像
インバウンド・地域活性

奈良県の国際芸術家村計画、ホテルやMICE誘致へ

 奈良県は、歴史文化資源の修復・活用や文化資源交流、人材育成の拠点として整備する「(仮称)奈良県国際芸術家村」の基本計画案をまとめた。天理市杣之内町の私有地(約2・6ヘクタール)を候補地とし、文化財修復・展示棟や伝統工芸 […]

道路の健全性診断サービス。道路管理者の業務負担を大幅に軽減 画像
IT業務効率

道路の健全性診断サービス。道路管理者の業務負担を大幅に軽減

 川崎地質と富士通の子会社の富士通交通・道路データサービス(東京都港区、島田孝司社長)が、道路の健全性を診断する事業を共同で行うために提携関係を結んだ。川崎地質の地中レーダー探査装置を用いた地下の空洞調査技術と、富士通交 […]

戸田建設が担い手育成へ基金創設、3事業に年2千万~3千万円給付 画像
人材

戸田建設が担い手育成へ基金創設、3事業に年2千万~3千万円給付

 戸田建設は、将来の建設業界を支える担い手の育成を資金面から支援する「一般財団法人戸田みらい基金」を設立し、25日に本年度の対象案件の公募を始めた。25日に東京都内で会見した戸田建設の今井雅則社長は「担い手不足の解決は建 […]

全建の理事会で要望決定、公共事業予算の確保・拡大を 画像
制度・ビジネスチャンス

全建の理事会で要望決定、公共事業予算の確保・拡大を

 全国建設業協会(全建、近藤晴貞会長)は22日、東京都内で理事会を開き、全国9カ所で行った16年度地域懇談会・ブロック会議を踏まえた要望を47都道府県建設業協会の総意として決定した。公共事業予算の確保・拡大、地域建設業が […]

建物のスマートエネルギーシステム開発、AIを活用して最適エネ利用計画を作成 画像
IT業務効率

建物のスマートエネルギーシステム開発、AIを活用して最適エネ利用計画を作成

 安藤ハザマは22日、人工知能(AI)を活用したエネルギー・マネジメント・システム(EMS)を含むスマートエネルギーシステムを開発したと発表した。機械学習と数理手法を用いた電力需要予測を基に、創エネルギーと蓄エネルギーを […]

西松建設が香港支店のローカルスタッフを研修、海外職員の育成強化へ 画像
海外進出

西松建設が香港支店のローカルスタッフを研修、海外職員の育成強化へ

 西松建設は、海外ローカル職員の育成に向け、香港支店に所属する現地採用職員2人の日本国内での現場研修を行っている。1カ月にわたり土木・建築の現場十数カ所を回り、日本式の施工、安全、品質管理などを学ぶ。坂口之規国際事業本部 […]

担い手コンソーシアム、地域の技能者育成事例を紹介 画像
人材

担い手コンソーシアム、地域の技能者育成事例を紹介

 建設産業担い手確保・育成コンソーシアム(事務局・建設業振興基金)は21日、地域連携ネットワーク構築支援の意見交換会を東京・虎ノ門の振興基金内で開いた。地域で技能者養成に取り組もうと、廃校を活用して人材を育成したり、躯体 […]

福島県沖で地震、東北整備局・県・企業ら初動対応は万全。現場休止と高台避難を指示 画像
インバウンド・地域活性

福島県沖で地震、東北整備局・県・企業ら初動対応は万全。現場休止と高台避難を指示

 ◇防災ヘリで沿岸監視も  22日午前5時59分ごろに福島県沖を震源とする最大震度5弱の地震が発生し、東北地方整備局や宮城、福島両県、地元企業らが過去の災害で得た教訓を踏まえ、迅速に初動対応に当たった。発災直後、仙台市の […]

芝浦一丁目建替計画。235メートルの超高層ビル2棟、ホテルも入る複合施設 画像
インバウンド・地域活性

芝浦一丁目建替計画。235メートルの超高層ビル2棟、ホテルも入る複合施設

 ◇20年度にi期工事着手へ  野村不動産グループのNREG東芝不動産と野村不動産は、東京都港区のJR浜松町駅南東の土地(4・3ヘクタール)の既存建物を解体し、跡地にホテルやオフィス、商業施設などが複合する最高高さ235 […]

アンスティチュ・フランセ東京、新棟計画に競争入札 画像
インバウンド・地域活性

アンスティチュ・フランセ東京、新棟計画に競争入札

 駐日フランス大使館は東京・市谷にある在外文化施設「アンスティチュ・フランセ東京」(IFJT、旧日仏学院)の再整備事業に着手する。日本の近代建築を代表する建築家・坂倉準三が設計を手掛けた建物を改修するほか、敷地内に新棟を […]

長野県松川町で小渋ダム土砂バイパストンネル完成の式典開く 画像
インバウンド・地域活性

長野県松川町で小渋ダム土砂バイパストンネル完成の式典開く

 中部地方整備局天竜川ダム統合管理事務所は19日、小渋ダム土砂バイパス(BP)トンネルの完成式典を長野県松川町の土砂BPトンネル吐き口部(同ダム下流左岸)で開催した。塚原浩一局長の通水号令で呑口部のゲートを開放。関係者に […]

福島の中間貯蔵施設初弾本体工事、来年の本格稼働を目指す 画像
インバウンド・地域活性

福島の中間貯蔵施設初弾本体工事、来年の本格稼働を目指す

 環境省は15日、福島第1原発事故で飛散した放射性物質の除染作業で出た汚染土などの廃棄物を最終処分するまで保管する中間貯蔵施設(福島県双葉、大熊両町)の初弾の本体工事に着手した。福島の復興の最優先課題となる世界でも前例の […]

静岡県・島田市民病院の新病院基本設計、利用者に分かりやすい平面計画 画像
制度・ビジネスチャンス

静岡県・島田市民病院の新病院基本設計、利用者に分かりやすい平面計画

 静岡県の島田市民病院は、新病院基本設計の中間報告を公表した。建物はS造7階建て(免震構造)、一体的に整備する放射線治療のリニアック棟はRC造(耐震構造)とし総延べ床面積は約3万4000平方メートル。基礎は支持杭工法を採 […]

鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設 画像
制度・ビジネスチャンス

鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設

 電源開発と新日鉄住金が共同出資する発電事業会社の鹿島パワーが茨城県鹿嶋市で計画していた「鹿島火力発電所2号機」が、このほど着工した。  世界最高水準の高効率発電技術である超々臨界圧(USC)発電を導入。環境負荷低減の関 […]

建専連、「見て・触れて・感じる体験現場」の拡大へ 画像
人材

建専連、「見て・触れて・感じる体験現場」の拡大へ

 建設産業専門団体連合会(建専連、才賀清二郎会長)は15日、東京都港区のニッショーホールで16年度全国大会を開いた=写真。テーマは「見て、触れて、感じる体験現場の拡大に向けて」。建設産業の担い手確保・育成へ行政と業界が一 […]

女性作業員の「けんせつ小町」工事チーム、登録100件突破! 画像
人材

女性作業員の「けんせつ小町」工事チーム、登録100件突破!

 日本建設業連合会(日建連)が申請を受け付けている「けんせつ小町工事チーム」(旧なでしこ工事チーム)の登録数が100件を突破した。8日付で熊谷組・加賀田組JVが仙台市内で進めている「国立病院機構仙台医療センター建替等整備 […]

二階俊博自民幹事長に聞く。「地域建設業者は不可欠」 画像
制度・ビジネスチャンス

二階俊博自民幹事長に聞く。「地域建設業者は不可欠」

 自民党の二階俊博幹事長が日刊建設工業新聞の単独インタビューに応じた。二階氏は、地震や豪雨などの災害が頻発する中、地域で活躍する建設業者の重要性を指摘。人材や建設機械を維持しながら災害対応にも当たれるよう、公共事業費の安 […]

博多道路陥没で土研が原因究明へ。一体何が起こったのか? 画像
制度・ビジネスチャンス

博多道路陥没で土研が原因究明へ。一体何が起こったのか?

 福岡市の市営地下鉄七隈線の延伸工事区間で発生した道路陥没をめぐり、石井啓一国土交通相は16日の衆院国土交通委員会で、同省が所管する土木研究所で原因究明に当たる方針を表明した。高島宗一郎福岡市長が第三者による原因究明を国 […]

東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ 画像
インバウンド・地域活性

東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は15日、7日に一般競争入札を開札した「有明体操競技場新築工事」の落札者を190億円で清水建設に決めたことを明らかにした。実施設計・施工一括方式と技術提案型総合評価方式 […]

女性技術者がモデル!兵庫県但馬県民局、建設業の女性用作業着を開発 画像
制度・ビジネスチャンス

女性技術者がモデル!兵庫県但馬県民局、建設業の女性用作業着を開発

 建設業界への女性進出を後押ししようと、兵庫県但馬県民局は、女性の意見を反映した快適な作業着を開発し、12日に兵庫県豊岡市の全但バス但馬ドームで開かれた「但馬まるごと感動市」で発表した。開発に参加した女性技術者6人がモデ […]

  1. 先頭
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. 13
  11. 14
  12. 15
  13. 20
  14. 30
  15. 40
  16. 50
  17. 最後
Page 10 of 137
page top