健康経営に関するニュースまとめ一覧

従業員の心と体の健康。新しい経営において、それは戦略の一部です。「健康経営」によって、生産性向上、事業継続、人材確保および流出防止などさまざまな効果が期待でき、関連の新しいビジネスも生まれています。

関連特集
健康 健康経営・意識改革 健康経営・経営リスク 健康経営・健康経営のススメ 健康経営・人材採用 健康経営・生産性向上 神奈川県CHO構想
【あたらしい訪問型ビジネス:3】“オフィス”をセラピーの場に 画像
制度・ビジネスチャンス

【あたらしい訪問型ビジネス:3】“オフィス”をセラピーの場に

 訪問型ビジネスで時代の潮流を掴んだサービスが急成長を遂げている。法人向け出張リラクゼーションで成功しているVOYAGEもその一つだ。

神奈川県で「CHO構想実践セミナー」、健康経営の手法を紹介 画像
イベント

神奈川県で「CHO構想実践セミナー」、健康経営の手法を紹介

 企業がその成長を継続するために、従業員の健康管理を重視する“健康経営(※)”という理念が広まりつつある。

健康管理はコストではなく投資――CHO構想実践セミナー 画像
イベント

健康管理はコストではなく投資――CHO構想実践セミナー

 従業員の健康管理が企業の成長に不可欠と考え、企業の中でCHO(Chief Health Officer(健康管理最高責任者))などの責任者や部署を定めて、経営の一環として従業員の健康増進に向けた取組みを行なっていただく、

横浜市で健康経営の講演会、事例にみる“企業がやるべきコト” 画像
人材

横浜市で健康経営の講演会、事例にみる“企業がやるべきコト”

 “健康寿命日本一”を目指す横浜市では、企業における健康経営の取り組みや、健康経営推進に貢献するサービスの普及を促進。

建設作業員の疲労評価システム開発、ウエアラブルセンサーで定量化 画像
IT業務効率

建設作業員の疲労評価システム開発、ウエアラブルセンサーで定量化

 安藤ハザマは6月30日、センサー技術・カオス解析ベンチャーのTAOS研究所(横浜市港北区、苗鉄軍社長)と共同で、建設現場で働く作業員の疲労評価システムを開発したと発表した。ヘルメットの下にウエアラブルセンサーを着用し、 […]

「健康経営が企業の柱になってほしい」。横浜市が健康経営セミナー 画像
人材

「健康経営が企業の柱になってほしい」。横浜市が健康経営セミナー

 これまで企業経営の観点からは、あまり重要視されていなかった従業員の健康管理。しかし昨今では、この健康管理が企業の成長に不可欠と考えられてきた。

健康経営の創出に向け、横浜市がセミナーイベントを開催! 画像
イベント

健康経営の創出に向け、横浜市がセミナーイベントを開催!

 健康寿命日本一を目指す横浜市では、健康経営の取組みをビジネスチャンスと捉え、健康経営の推進に役立つサービスの創出や、市内企業への健康経営の普及に取り組んでいる。その新たなイベントが6月28日、横浜情報文化センターで開催される予定だ。

【運輸・交通EXPO:1】注目は体調管理のIT化! 画像
イベント

【運輸・交通EXPO:1】注目は体調管理のIT化!

 毎年テレビや雑誌を騒がせているトラック事故。16年3月には山陽自動車道「八本松トンネル」で多重事故が発生。発端となったトラック運転手、および運送会社には過労運転などの法令違反の疑いが掛けられている。

退職後も生きがいを!中小企業も目指せ「健康経営」 画像
人材

退職後も生きがいを!中小企業も目指せ「健康経営」

 政府の次世代ヘルスケア産業協議会の2016年版アクションプラン(行動計画)が、ほぼ出そろった。健康増進サービス「ヘルスツーリズム」の認証制度を16年度に開始。従業員の健康増進を経営上の課題として扱う「健康経営」も、中小規模の企業や医療法人を対象とした…

神奈川県「CHOフォーラム」 画像
人材

神奈川県「CHOフォーラム」

超高齢化社会に対応する施策として「ヘルスケア・ニューフロンティア」に取り組む神奈川県では、企業・団体内にCHO(Chief Health Officer=健康管理最高責任者)などの責任者や担当部署を置いて健康経営を推進するように促す、「CHO構想」を打ち出している。

昼休みバレーが会社のススメ、機械製作所の考える脱生活習慣病 画像
人材

昼休みバレーが会社のススメ、機械製作所の考える脱生活習慣病

 神奈川県が従業員やその家族の健康マネージメントを企業に促進する「CHO(健康管理最高責任者)構想」を推進している。これは従業員の健康管理を企業経営の一部と位置づけするいわゆる「健康経営」を、県内の企業に浸透させていこうとするもの。

神奈川県CHO構想の実証実験、その成果は? 参加団体によるフォーラムを開催 画像
人材

神奈川県CHO構想の実証実験、その成果は? 参加団体によるフォーラムを開催

 神奈川県ではCHO構想として、県内企業の健康経営を奨励している。ここで言うCHOとは、健康管理最高責任者の略称。”従業員の健康づくり”を中心となって行い、”従業員の健康”が企業にもたらすメリットを評価し、企業の経営にも活かすものだ。

がん検診率ほぼ100%を達成した中小企業、古川の取り組みとは? 画像
人材

がん検診率ほぼ100%を達成した中小企業、古川の取り組みとは?

 小田原市を中心に神奈川県西部で、LP(プロパン)ガスをはじめ重油・軽油の供給、氷の製造販売、宅配ウォーターサービス、メガソーラー発電、住宅建築販売、住宅リフォームなど、さまざまな事業を展開する株式会社古川。

社長の健康促進で中小企業を元気に、横須賀商工会議所の健康プログラム 画像
人材

社長の健康促進で中小企業を元気に、横須賀商工会議所の健康プログラム

 神奈川県ではCHO(健康管理最高責任者)制度によって、健康経営の推進に取り組んでいる。その一環として横須賀商工会議所が行っているのが、ゴルフピラティスを取り入れた健康プログラムだ。

中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか? 画像
人材

中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

 労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が、2015年12月1日から施行された。これにより、50名以上の従業員を有する事業者に対し、年1回のストレスチェックと面接指導の実施が義務化された(50名未満の事業者の場合は、当面の間は努力義務となる)。

健康経営の推進役となる新役職CWO、CHOが続々 画像
人材

健康経営の推進役となる新役職CWO、CHOが続々

 居酒屋やカフェ、リラクゼーションサロンなどを東京都内に20数店舗展開するゲイトは1日、健康経営の推進役を担う新役職としてCWO(Chief Wellness Officer=チーフウェルネスオフィサー)を設置した。

中小企業の2割で「メンタル理由による退職がある」 画像
人材

中小企業の2割で「メンタル理由による退職がある」

 2015年12月からストレスチェック制度がスタートし、労働者50人以上の事業所で年1回のストレスチェックが義務化された。では、中小企業ではどの程度メンタルヘルスマネジメントが行われているのか。

情報を共有し議論することが重要…神奈川県 CHO構想推進コンソーシアム 画像
人材

情報を共有し議論することが重要…神奈川県 CHO構想推進コンソーシアム

1月26日、横浜市技能文化会館にて、神奈川県が推進する「CHO構想推進コンソーシアム 平成27年度第2回会議」が開催された。この会議は「健康経営」を重要視する企業の担当者約50名が参加し、健康経営の課題や解決作についてディスカッションを行った。

従業員向け保育施設を工場近傍に開設…三菱ふそう 画像
人材

従業員向け保育施設を工場近傍に開設…三菱ふそう

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は商用車業界初となる従業員向けの保育施設を本社、川崎工場近隣に2月2日より開設すると発表した。

健康経営に取り組む25社、経産省と東証が選定 画像
人材

健康経営に取り組む25社、経産省と東証が選定

 経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「健康経営銘柄」の2016年版が決定した。2年目となる今回は25社が選ばれている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 1 of 4
page top