自動運転・自律走行に関するニュースまとめ一覧

SBドライブ、岡山県のバス会社とバス自動運転サービスの社会実証で協力 画像
制度・ビジネスチャンス

SBドライブ、岡山県のバス会社とバス自動運転サービスの社会実証で協力

ソフトバンクグループのSBドライブは、岡山県内で路線バス事業を運営する宇野自動車(宇野バス)と「バス自動運転サービスの実用化に向けた実証」で協業することで合意した。

自動運転時代、無人バスの運賃支払いはどうなる? 画像
IT業務効率

自動運転時代、無人バスの運賃支払いはどうなる?

【金】すいません。人道車医療をテーマに書く予定のコラムですが、今回は変化球でお金の話です。自動運転で無人のバスが走るようになったら、お金ってどうやって払うんだろう?と思っちゃいまして。

走り出した「AIタクシー」。ホントのところは“少し先の乗車需要”予測 画像
IT業務効率

走り出した「AIタクシー」。ホントのところは“少し先の乗車需要”予測

 「AIタクシー」と聞くと、人工知能を持った車が自動運転で人々を運んでくれる、そんなイメージを持つかもしれない。しかし現実にはまだそこまでのサービスは登場していない。

日産とDeNAが自動運転タクシー「 Easy Ride」、みなとみらい地区で実証実験 画像
IT業務効率

日産とDeNAが自動運転タクシー「 Easy Ride」、みなとみらい地区で実証実験

日産自動車とDeNAは2月23日、無人運転車両を活用した交通サービス『Easy Ride』の実証実験を、横浜市のみなとみらい地区周辺で3月5日より開始すると発表した。

「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長 画像
IT業務効率

「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

三菱電機は2月14日、研究開発成果披露会を開催した。コンパクトなAI技術『Maisart』を中心とした研究成果をアピールした。

熊谷組ら、不整地運搬車の自動走行技術開発/省人化で生産性向上 画像
IT業務効率

熊谷組ら、不整地運搬車の自動走行技術開発/省人化で生産性向上

 熊谷組は30日、建機メーカーのKATO HICOM(横浜市金沢区、井上芳樹社長)と防衛装備品メーカーのJMUディフェンスシステムズ(京都府舞鶴市、出本政徳社長)と共同で、起伏のある場所で物を運搬する特殊車両「不整地運搬 […]

自動運転車に乗ってムーンライトクルーズ/ソニーと沖縄のカヌチャベイリゾートが提供 画像
インバウンド・地域活性

自動運転車に乗ってムーンライトクルーズ/ソニーと沖縄のカヌチャベイリゾートが提供

ソニーは、カヌチャベイリゾートと新たな移動体験を提供する、ソニーの自動運転車「ニューコンセプトカートSC-1」を利用した「ムーンライトクルーズ」を期間限定で提供する。

AとEで一変するクルマ、UX/UIはどう変わるのか?/日産自動車 グローバルデザイン本部 脇坂善則氏 画像
制度・ビジネスチャンス

AとEで一変するクルマ、UX/UIはどう変わるのか?/日産自動車 グローバルデザイン本部 脇坂善則氏

日産自動車でCASE車両のUX/UIの研究に携わる脇坂善則氏(グローバルデザイン本部 UX/UIデザイン部 シニアUXデザイナー)は「CASEは、自動車の利用方法やインターフェイスを一変させる可能性がある」という。

ボッシュ、スマートシティでもやはりメインはモビリティ/CES 2018 画像
IT業務効率

ボッシュ、スマートシティでもやはりメインはモビリティ/CES 2018

1月8日(太平洋時間)、米国ラスベガスでは世界最大の家庭用電化製品の展示会「CES 2018」の開幕を翌日に控え、マンダレイ・ベイ・ホテルではメディア向けのカンファレンスが行われた。

「道の駅」を拠点とする自動運転実証実験向けの保険、三井住友海上など販売開始 画像
インバウンド・地域活性

「道の駅」を拠点とする自動運転実証実験向けの保険、三井住友海上など販売開始

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、インターリスク総研の3社は、中山間地域における「道の駅」を拠点とした自動運転サービスの実証実験に対応した、「自動走行実証実験総合補償プラン」(道の駅版)の販売を開始した。

急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場 画像
インバウンド・地域活性

急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

第5回「高速バス・マネジメント・フォーラム」では、「自動運転バス」「個人旅行化が進む観光」「バス事業者の広報」という3つのテーマに沿って、多くの講師が登壇。興味深かったセミナーを紹介しよう

広域路線バスと自動運転サービスの乗り継ぎを検証へ/道の駅を拠点とした実証実験 画像
制度・ビジネスチャンス

広域路線バスと自動運転サービスの乗り継ぎを検証へ/道の駅を拠点とした実証実験

国土交通省は、道の駅「コスモール大樹」(北海道広尾郡大樹町)で、中山間地域における道の駅を拠点とした自動運転サービスの実証実験を12月10日から開始すると発表した。今回は広域的な路線バスと自動運転車両との乗り継ぎを検証する。

ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか? 画像
IT業務効率

ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか?

docomoが開発中のAI×IoTを活用したAI運行バスが、11月9日~11日に東京のお台場エリアで行われた「docomo R&D Open House 2017 in TOKYO」の参加者に対し実験的に無償提供された。

鉄道に代わる「地域の足」になり得るか? 永平寺参ろーどで自動運転実証実験 画像
IT業務効率

鉄道に代わる「地域の足」になり得るか? 永平寺参ろーどで自動運転実証実験

パナソニックは11月13日、福井県、永平寺町と共同で、旧京福電気鉄道永平寺線の廃線跡を活用した自動運転車両走行の実証実験を、2019年3月末日まで実施することを明らかにした。

「道の駅」から始まる自動運転、必要な2つのニーズとは? 画像
制度・ビジネスチャンス

「道の駅」から始まる自動運転、必要な2つのニーズとは?

自動運転は、クルマの機能に注目が集まるけれど、本気で実用化するなら、道とセットにしたほうが圧倒的に早くできる。専用道を設けたり、走れるエリアを限定したり。自動運転システムが認識しやすい標識や目印を、道に設けていくというのも、ひとつの方法である。

自動運転のAI用トレーニングジムが登場/AI+人工知能EXPO 画像
イベント

自動運転のAI用トレーニングジムが登場/AI+人工知能EXPO

6月28日(水)から30日(金)まで東京ビッグサイトで開催中の「AI・人工知能EXPO」において、株式会社バーテックスは、ADAS(先進運転支援システム)の開発を支援するソリューションを展示している。

自動車への応用が可能なAI、そこから何が生まれるのか?/AI+人口知能EXPO 画像
IT業務効率

自動車への応用が可能なAI、そこから何が生まれるのか?/AI+人口知能EXPO

AI・人工知能EXPOでは、直接車載システムや自動運転のためのAIを展示しているところは少ないが、自動車への応用が可能な展示はいくつか発見することができる。PLENGoerRoboticsというベンチャー企業のキューブ型エージェントもそのひとつだ。

「未来投資戦略2017」、ドローンの荷物配送やトラック隊列走行を実現化へ 画像
IT業務効率

「未来投資戦略2017」、ドローンの荷物配送やトラック隊列走行を実現化へ

政府の未来投資会議は、「未来投資戦略2017」を策定し、トラックの隊列走行の実現やドローンによる荷物配送を実現する。

マイカーやめて自動運転タクシーへ、日本人の半数以上が選択の可能性 画像
IT業務効率

マイカーやめて自動運転タクシーへ、日本人の半数以上が選択の可能性

ドイツに本拠を置く欧州最大の経営戦略コンサルティング会社、ローランドベルガーは4月25日、自動車産業で起きる非連続な変化を読み解く「Automotive Disruption Rader」調査の結果を発表した。

道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施 画像
IT業務効率

道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

国土交通省は、中山間地域での道の駅などを拠点とした自動運転サービスの実証実験を2017年夏に全国10カ所程度で実施する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 1 of 3
page top