自動運転・自律走行に関するニュースまとめ一覧

広域路線バスと自動運転サービスの乗り継ぎを検証へ/道の駅を拠点とした実証実験 画像
制度・ビジネスチャンス

広域路線バスと自動運転サービスの乗り継ぎを検証へ/道の駅を拠点とした実証実験

国土交通省は、道の駅「コスモール大樹」(北海道広尾郡大樹町)で、中山間地域における道の駅を拠点とした自動運転サービスの実証実験を12月10日から開始すると発表した。今回は広域的な路線バスと自動運転車両との乗り継ぎを検証する。

ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか? 画像
IT業務効率

ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか?

docomoが開発中のAI×IoTを活用したAI運行バスが、11月9日~11日に東京のお台場エリアで行われた「docomo R&D Open House 2017 in TOKYO」の参加者に対し実験的に無償提供された。

鉄道に代わる「地域の足」になり得るか? 永平寺参ろーどで自動運転実証実験 画像
IT業務効率

鉄道に代わる「地域の足」になり得るか? 永平寺参ろーどで自動運転実証実験

パナソニックは11月13日、福井県、永平寺町と共同で、旧京福電気鉄道永平寺線の廃線跡を活用した自動運転車両走行の実証実験を、2019年3月末日まで実施することを明らかにした。

「道の駅」から始まる自動運転、必要な2つのニーズとは? 画像
制度・ビジネスチャンス

「道の駅」から始まる自動運転、必要な2つのニーズとは?

自動運転は、クルマの機能に注目が集まるけれど、本気で実用化するなら、道とセットにしたほうが圧倒的に早くできる。専用道を設けたり、走れるエリアを限定したり。自動運転システムが認識しやすい標識や目印を、道に設けていくというのも、ひとつの方法である。

自動運転のAI用トレーニングジムが登場/AI+人工知能EXPO 画像
イベント

自動運転のAI用トレーニングジムが登場/AI+人工知能EXPO

6月28日(水)から30日(金)まで東京ビッグサイトで開催中の「AI・人工知能EXPO」において、株式会社バーテックスは、ADAS(先進運転支援システム)の開発を支援するソリューションを展示している。

自動車への応用が可能なAI、そこから何が生まれるのか?/AI+人口知能EXPO 画像
IT業務効率

自動車への応用が可能なAI、そこから何が生まれるのか?/AI+人口知能EXPO

AI・人工知能EXPOでは、直接車載システムや自動運転のためのAIを展示しているところは少ないが、自動車への応用が可能な展示はいくつか発見することができる。PLENGoerRoboticsというベンチャー企業のキューブ型エージェントもそのひとつだ。

「未来投資戦略2017」、ドローンの荷物配送やトラック隊列走行を実現化へ 画像
IT業務効率

「未来投資戦略2017」、ドローンの荷物配送やトラック隊列走行を実現化へ

政府の未来投資会議は、「未来投資戦略2017」を策定し、トラックの隊列走行の実現やドローンによる荷物配送を実現する。

マイカーやめて自動運転タクシーへ、日本人の半数以上が選択の可能性 画像
IT業務効率

マイカーやめて自動運転タクシーへ、日本人の半数以上が選択の可能性

ドイツに本拠を置く欧州最大の経営戦略コンサルティング会社、ローランドベルガーは4月25日、自動車産業で起きる非連続な変化を読み解く「Automotive Disruption Rader」調査の結果を発表した。

道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施 画像
IT業務効率

道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

国土交通省は、中山間地域での道の駅などを拠点とした自動運転サービスの実証実験を2017年夏に全国10カ所程度で実施する。

NV350キャラバン、クラス初となる自動ブレーキを設定 画像
インバウンド・地域活性

NV350キャラバン、クラス初となる自動ブレーキを設定

日産自動車は1月26日、『NV350キャラバン』の一部仕様を向上し、クラス初となるエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)採用グレードを追加設定し、2月23日より発売する。

スバル アイサイトはやはり安全?…追突事故は8割減 画像
インバウンド・地域活性

スバル アイサイトはやはり安全?…追突事故は8割減

富士重工業は1月26日、2010年度から2014年度に国内販売したスバル車の人身事故件数についての調査結果を発表した。

メーカー5社による自動運転・開発者対談…オートモーティブワールド特別講演 画像
インバウンド・地域活性

メーカー5社による自動運転・開発者対談…オートモーティブワールド特別講演

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱の名物開発者たちが、次世代自動車技術展「オートモーティブワールド2016」に集結。特別講演として、自動運転やクルマの近未来についてディスカッションが行われ、白熱したコメントや議論が飛び交った。

Linuxベースの自動運転向けリアルタイムOS…ZMPとジグソーが共同開発 画像
IT業務効率

Linuxベースの自動運転向けリアルタイムOS…ZMPとジグソーが共同開発

ZMPとジグソーは1月19日、Linuxをベースに、セキュリティやパフォーマンスを強化した自動運転用リアルタイムOS「IZAC-OS」の共同開発を開始したと発表した。

切手サイズの世界最小レーダー、ADASの普及加速へ 画像
インバウンド・地域活性

切手サイズの世界最小レーダー、ADASの普及加速へ

NXPセミコンダクターズは、ADAS(先進安全システム)の普及を加速するため、分解能が極めて高い世界最小シングルチップ77GHzレーダー・トランシーバーを発表た。

【オートモーティブワールド16】トレンドと新たな試み…事務局長 早田匡希氏 画像
マネジメント

【オートモーティブワールド16】トレンドと新たな試み…事務局長 早田匡希氏

東京ビッグサイトにて2016年1月13~15日に開催される、アジア最大級の自動車関連先端技術展「第8回オートモーティブワールド2016」。その事務局長を務めるリードエグジビションジャパン・早田匡希氏に、今回の見どころや新企画、トレンドなどを聞いた。

【オートモーティブワールド16】自動運転に欠かせないゲーム用グラフィックプロセッサ 画像
IT業務効率

【オートモーティブワールド16】自動運転に欠かせないゲーム用グラフィックプロセッサ

ゲーム用グラフィクスプロセッサーを手がける米エヌビディア(NVIDIA)は、現在もゲーム用が収益の半分を占めるものの、車載用も主要領域のひとつと位置づけ、中でもGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を用いた自動運転向けソリューションに注力している。

自動運転SoC向け高速SRAM……ルネサス 画像
IT業務効率

自動運転SoC向け高速SRAM……ルネサス

ルネサス エレクトロニクスは12月9日、自動運転技術に必要なリアルタイム画像処理を実現する、車載情報機器用SoC(システムLSI)向けデュアルポートタイプ内蔵SRAMを開発したと発表した。

ルネサス、自動運転向け処理を強化したプラットフォーム「R-Car H3」を発売 画像
IT業務効率

ルネサス、自動運転向け処理を強化したプラットフォーム「R-Car H3」を発売

ルネサス エレクトロニクスは、車載コンピューティング・プラットフォーム 第3世代「R-Car」の第1弾SoC(システムLSI)「R-Car H3」を製品化し、12月2日よりサンプル出荷を開始した。

アイシンの提示した自動運転の「現実解 」 画像
インバウンド・地域活性

アイシンの提示した自動運転の「現実解 」

10月28日に開幕した東京モーターショー15においても、いくつかの自動運転技術の紹介があった。そういうものを見るたびに思うのが、「何のための自動運転か」ということである。

本日の新聞から:自動運転の課題は「右折」 画像
インバウンド・地域活性

本日の新聞から:自動運転の課題は「右折」

日産自動車が電気自動車「リーフ」を改造したテスト車両に同乗試乗した。2年前もカリフォルニアのテストコースで日産の実験車両に試乗したが、今回は一般道路を試験走行。試乗コースはお台場の東京モーターショーの会場周辺の一般道路約17キロを自動運転した。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top