インバウンドに関するニュースまとめ一覧

関連特集
旅行・宿泊・観光 輸出・輸入 海外進出
グリーンツーリズム、20年までに年間1300万人目標/経済効果も期待 画像
インバウンド・地域活性

グリーンツーリズム、20年までに年間1300万人目標/経済効果も期待

 都会から農村を訪れ生活体験をする都市農村交流人口が増えている。人口1700人の長野県泰阜村は年間1000人を超す学生や子どもを受け入れ、参加者から移住者も出始めた。全国でグリーン・ツーリズム施設の宿

伊豆諸島へのクルーズは「星空」がキーワード、新たなPR 画像
インバウンド・地域活性

伊豆諸島へのクルーズは「星空」がキーワード、新たなPR

東海汽船は、東京~伊豆諸島までの船旅を特別な趣向で楽しむ「プラネタリウムアイランド・スペシャルクルーズ」を7月6~7日の日程で実施する。

ヒューリック、直営ホテル新規出店/観光分野で攻勢 画像
インバウンド・地域活性

ヒューリック、直営ホテル新規出店/観光分野で攻勢

 ヒューリックは、直営ホテル「ゲートホテル」の新規開発で攻勢をかける。東京・浅草の初弾ホテルに続き、第2弾が入る複合ビルを東京・有楽町で建設中。京都市のPPP事業でもホテルを整備する計画で、2020年の竣工に向けて施設の […]

有楽町など4駅改良計画、五輪開催に向けコンコース拡充など250億円 画像
インバウンド・地域活性

有楽町など4駅改良計画、五輪開催に向けコンコース拡充など250億円

 JR東日本は6日、東京都区部にある有楽町、新木場、新橋、浜松町の4駅で進める改良工事計画を公表した。2020年東京五輪の開催に備えた既存駅舎の機能向上の取り組みの一環。各駅でコンコースの拡充やホームドアの設置、バリアフ […]

埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで 画像
インバウンド・地域活性

埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

 埼玉県のすし店30店舗が、魚介類を一切使わず県産農産物だけで作る「野菜すし」の提供を始め、注目を集めている。2019年のラグビーワールドカップ(W杯)や20年の東京五輪・パラリンピックをにらみ、急増

羽田空港跡地開発、「にほん文化体験館」などインバウンド/地方創生拠点も 画像
インバウンド・地域活性

羽田空港跡地開発、「にほん文化体験館」などインバウンド/地方創生拠点も

 羽田空港の沖合展開や再拡張によって創出された空港跡地(東京都大田区羽田空港1、2)の開発に向けた動きが活発化している。跡地の第1ゾーン(約16・5ヘクタール)では1日、約540億円を投じて総延べ約12・5万平方メートル […]

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4 画像
IT業務効率

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

観光庁が2016年度に実施した「宿泊業の生産性向上推進事業」。その内容について詳細に紹介する連載の最終回は、IT機器の導入や作業効率などに焦点をあてた改善の取り組みを中心に、日本生産性本部の二人のコンサルタントに今後の展望について語ってもらう。

サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

今回とりあげるのは、予約・顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」。ユーザが、情報検索、比較、決定、予約のアクションまで、スマホで行えるのに、お店側がアナログのままで分断されていた状況が、サービス開発の出発点だ。

観光列車のトレンドは? 農村風景と地場産の農産物や食事が人気 画像
インバウンド・地域活性

観光列車のトレンドは? 農村風景と地場産の農産物や食事が人気

 鉄道会社が、豪華な観光列車を相次ぎ投入している。車内で乗客が楽しむのは、農村風景と地場産の農産物や加工品を使った特徴ある食事だ。各社は単なる移動手段にとどまらない存在感を鉄道に演出し、新たな利用客を

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3 画像
IT業務効率

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

観光庁が2016年度に実施した「宿泊業の生産性向上推進事業」。宿泊業経営者自身が改善による成功体験を作ることを目標に、改善点の決定から改善アプローチを実施。ワークショップではそのフォローアップを行う。このワークショップより生まれた改善事例と意識変化を見ていく

成田空港、航空機発着回数/旅客数が過去最高を更新  2016年度 画像
インバウンド・地域活性

成田空港、航空機発着回数/旅客数が過去最高を更新 2016年度

成田国際空港が発表した2016年度の空港運用実績によると、航空機発着回数、航空旅客数などが開港以来、最高となった。

昭和の阪堺路面電車が60周年! 6月10日に「路面電車まつり」 画像
インバウンド・地域活性

昭和の阪堺路面電車が60周年! 6月10日に「路面電車まつり」

阪堺電気軌道(阪堺電車)は6月10日、登場から60周年を迎えたモ501形に乗車するツアー「モ501形車記念電車に乗車しよう」を開催する。

ロボットが警備と道案内! 外国人旅行客対応も 画像
IT業務効率

ロボットが警備と道案内! 外国人旅行客対応も

 ゼンリンデータコムは、ALSOKが販売する案内・警備のコミュニケーションロボット「Reborg-X(リボーグエックス)」を活用した「ロボット案内ソリューション」の検討を開始した。

東京メトロ、デジタルサイネージを活用したバス案内の実証実験 画像
IT業務効率

東京メトロ、デジタルサイネージを活用したバス案内の実証実験

東京地下鉄(東京メトロ)は4月27日、デジタルサイネージを活用したバス案内の実証実験を行うと発表した。乗換利便性の向上を目指す。

東京メトロと岩手の鉄道・バスが合同スタンプラリーで東北復興を応援 画像
インバウンド・地域活性

東京メトロと岩手の鉄道・バスが合同スタンプラリーで東北復興を応援

関東大手の東京地下鉄(東京メトロ)と、岩手県内の鉄道・バス4社は4月25日、「東北のさらなる復興」を応援する合同企画「東京&きたいわて 列車とバスでめぐろう!ぐるっとスタンプラリー」を行うと発表した。

柑橘系「中晩かん」果皮にイラストが! 食べてもらうきっかけに 画像
インバウンド・地域活性

柑橘系「中晩かん」果皮にイラストが! 食べてもらうきっかけに

 三重県農業研究所紀南果樹研究室は、中晩かんの果皮にイラストを描く技術を開発した。長時間光に当たると果皮が緑色になる「回青」という現象を利用する。イラスト部分以外を遮光し、通常の貯蔵より高い温度で保存

京成上野駅リニューアルへ、東京五輪/インバウンド増を見据え設備投資加速! 画像
インバウンド・地域活性

京成上野駅リニューアルへ、東京五輪/インバウンド増を見据え設備投資加速!

 京成電鉄は、2020年東京五輪の開催を見据え設備投資を加速させる。インバウンド(訪日外国人旅行者)の増加を見込み、スカイライナーで成田空港に接続する京成上野駅(東京都台東区)内部のリニューアルを推進中。ほかの駅でも駅施 […]

広島マツダスタジアムでナマズのかきあげ丼、7月常設メニューに! 画像
インバウンド・地域活性

広島マツダスタジアムでナマズのかきあげ丼、7月常設メニューに!

 野球観戦のお供にナマズ料理はいかが――。広島県神石高原町にある県立油木高校の生徒が養殖したナマズの料理が7月の1カ月間、プロ野球・広島東洋カープの本拠地、マツダスタジアム(広島市)で常設販売されるこ

名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城! 画像
インバウンド・地域活性

名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

 名古屋城天守閣の木造復元に向け名古屋市は9日、設計・施工を手掛ける竹中工務店と基本協定を結んだ。基本設計・調査業務等も契約した。7月に特別史跡外での準備工事に着手する。今後、文化庁との協議を控えているが、順調に行けば、 […]

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2 画像
IT業務効率

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

『サービス業の生産性革命』の具体化に向けて様々な取り組みが行われている。観光庁による「宿泊業の生産性向上推進事業」ではワークショップを全国で開催、モデル旅館ホテルへのコンサルティングで、生産性向上の成功事例を約100件創出した

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 10
page top