宅配に関するニュースまとめ一覧

ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で 画像
人材

ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

ヤマト運輸は9月19日、ドライバー不足対応と効率的な幹線輸送を目的に、車両長25mの「スーパーフルトレーラ25」を日本初導入し、年内に厚木、中部、関西の各ゲートウェイ(GW)間で運行開始すると発表した。

時事エッセイ/配送サービス、「急ぎません」は可能か? 画像
制度・ビジネスチャンス

時事エッセイ/配送サービス、「急ぎません」は可能か?

 ファッションのネット通販サイト「ロコンド」が、「急ぎません。」便と名付けた配送サービスを導入して話題になっている▼客が特段急いでいないにもかかわらず当日や翌日に商品を届けるという過剰サービスを見直し、「急ぎません。」を […]

シャープの食材宅配サービス「ヘルシオデリ」/AIoTで有名シェフの料理も自動調理 画像
IT業務効率

シャープの食材宅配サービス「ヘルシオデリ」/AIoTで有名シェフの料理も自動調理

 シャープが家電業界、外食業界、食品業界を結ぶ新しい食サービスのエコシステムの構築を目指している。新サービス「ヘルシオデリ」は、家に居ながらにして有名シェフの料理が楽しめるのが特徴。

「日本人は寿司でしょう!」宅配ロボットによる宅配実証実験へ 画像
IT業務効率

「日本人は寿司でしょう!」宅配ロボットによる宅配実証実験へ

ZMPとライドオン・エクスプレスは7月13日、小型の自動走行宅配ロボット『CarriRo Delivery(キャリロデリバリー』を利用した寿司の宅配サービスの実証実験を実施することを発表した。

生鮮品宅配に異業種続々! 外食チェーン、家電量販が参入 画像
制度・ビジネスチャンス

生鮮品宅配に異業種続々! 外食チェーン、家電量販が参入

 インターネット取引を活用した生鮮品の宅配事業に、外食チェーンや家電量販といった異業種の参入が相次いでいる。1人暮らしや共働き世帯の増加から、利便性を求めて小売りの実店舗を介さずに購入する人が増えてい

お米を一緒にお届け。“ついで買い”で需要喚起 画像
IT業務効率

お米を一緒にお届け。“ついで買い”で需要喚起

 米の新たな販売チャンネルとして、飲料水や家庭用品などの宅配ルートを活用する動きが広がってきた。「本命の商品と一緒に重たい米も届けてほしい」。そんな潜在需要が見込まれるためだ。既に複数の宅配会社が客の

日本郵便、470自治体と協定。非常時に被災者情報 画像
IT業務効率

日本郵便、470自治体と協定。非常時に被災者情報

 「〇〇さんでしょうか」―。2011年の東日本大震災後、公民館や体育館など被災者の避難先で、郵便局員が懸命に配達先を探す姿があった。全国2万4000の郵便局ネットワークを持ち、約40万人の従業員がいる日本郵便では、郵便物の配達や窓口業務をいち早く再開。…

Amazon、ワイン流通を強化……定温管理倉庫・ワインセラー・保冷配送 画像
ライフ

Amazon、ワイン流通を強化……定温管理倉庫・ワインセラー・保冷配送

 Amazon.co.jp(アマゾン)は18日、ワインに特化したサービスを発表した。「定温倉庫」の稼働を開始するとともに、「保冷お届けサービス」の提供を開始する。

メロンやブドウが出荷翌日に香港着……本日から受付開始 画像
ライフ

メロンやブドウが出荷翌日に香港着……本日から受付開始

 JA全農とイオン、ヤマト運輸、ANAカーゴは、メロンやブドウなど旬のブランド農産物が産地で出荷した翌日に香港の消費者まで届く仕組みを整えた。新たに立ち上げたイオンのウェブサイトで香港の消費者から注文

農水省が国産米・果実などを香港へ宅配、イオンやヤマト運輸など4社共同 画像
インバウンド・地域活性

農水省が国産米・果実などを香港へ宅配、イオンやヤマト運輸など4社共同

 農林水産省は、日本の農林水産物を香港で宅配予約販売する事業を発表。13日からネット上で予約を開始し、順次注文に応じて香港の消費者に宅配していく。

訪日外国人が手ぶらで観光、ヤマト運輸の15店舗が荷物預かりサービスなどに対応 画像
インバウンド・地域活性

訪日外国人が手ぶらで観光、ヤマト運輸の15店舗が荷物預かりサービスなどに対応

 ヤマト運輸は28日、同社の店舗が国土交通省観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受けたと発表。「手ぶら観光」共通ロゴマークの店頭表示を開始した。

女子力活用のなでしこTOKYOが運送業・家事代行業で「なでしこ」商標登録 画像
人材

女子力活用のなでしこTOKYOが運送業・家事代行業で「なでしこ」商標登録

 なでしこTOKYOは、運送業・家事代行業で「なでしこ」の商標を登録したと発表。11日に特許庁から商標登録証が到着したという。

流動食市場は頭打ち、在宅・施設用「やわらか」食が伸びる――高齢者向け食品市場 画像
制度・ビジネスチャンス

流動食市場は頭打ち、在宅・施設用「やわらか」食が伸びる――高齢者向け食品市場

 富士経済が高齢者向けの食市場の調査報告を発表した。2020年に国内の高齢者向け食品市場は2014年比28.1%増の1693億円規模になると予測している。

    Page 1 of 1
    page top