バス・トラックに関するニュースまとめ一覧

タクシーやバスなど二種免許を取りやすく/運転手不足が背景に 画像
人材

タクシーやバスなど二種免許を取りやすく/運転手不足が背景に

警察庁は、旅客運送に必要な二種免許の取得要件について、条件緩和に向けた検討を始めることを明らかにした。

SBドライブ、岡山県のバス会社とバス自動運転サービスの社会実証で協力 画像
制度・ビジネスチャンス

SBドライブ、岡山県のバス会社とバス自動運転サービスの社会実証で協力

ソフトバンクグループのSBドライブは、岡山県内で路線バス事業を運営する宇野自動車(宇野バス)と「バス自動運転サービスの実用化に向けた実証」で協業することで合意した。

新時代の交通の実現を目指し「AI運行バス」実証実験を実施/会津若松 画像
IT業務効率

新時代の交通の実現を目指し「AI運行バス」実証実験を実施/会津若松

JTBと会津電力株式会社、NTTドコモの3社は、 AI運行バスを活用した「モビリティ・シェア事業」の実証実験を3月19~25日に会津若松市内で実施した。

バスタ新宿で、高速バスロケシステムの実証実験/ETC2.0を活用 画像
IT業務効率

バスタ新宿で、高速バスロケシステムの実証実験/ETC2.0を活用

国土交通省は、バスタ新宿で高速バスの運行情報のリアルタイム提供に向けてETC2.0を共通プラットフォームとする高速バスロケシステムの実証実験を3月28日から開始する。

自動運転時代、無人バスの運賃支払いはどうなる? 画像
IT業務効率

自動運転時代、無人バスの運賃支払いはどうなる?

【金】すいません。人道車医療をテーマに書く予定のコラムですが、今回は変化球でお金の話です。自動運転で無人のバスが走るようになったら、お金ってどうやって払うんだろう?と思っちゃいまして。

ヤマト運輸+日本郵便、宮崎県で路線バスの貨客混載で初の共同輸送  画像
制度・ビジネスチャンス

ヤマト運輸+日本郵便、宮崎県で路線バスの貨客混載で初の共同輸送 

路線バスを使った貨客混載で、ヤマト運輸と日本郵便は20日、全国初の共同輸送を宮崎県でスタートさせた。

マイナンバーカードでバスに乗る/TKC、姫路市で実証実験を実施 画像
制度・ビジネスチャンス

マイナンバーカードでバスに乗る/TKC、姫路市で実証実験を実施

TKCは20日、兵庫県姫路市と神姫バスの協力で、姫路市内においてマイナンバーカード(公的個人認証サービス)を活用したバス優待乗車の実証実験を行った。

相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か? 画像
インバウンド・地域活性

相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

新宿の新しい高速バスターミナル「バスタ新宿」が2016年4月に開業してから間もなく2年を迎える。新宿地区では高速バスの停留所が19カ所にも分散していた。それらの全てが「バスタ新宿」に集約されたのであるから大変便利になった。一方で課題もある。

ヤマト運輸、和歌山電鐵でも客貨混載輸送/ドライバー不足解消、空きスペース活用 画像
人材

ヤマト運輸、和歌山電鐵でも客貨混載輸送/ドライバー不足解消、空きスペース活用

ヤマト運輸は、2月16日から和歌山県の和歌山電鐵で客貨混載輸送を開始する。

大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持 画像
制度・ビジネスチャンス

大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

大阪市交通局は1月8日、市営地下鉄や市営バスの民営化後の取扱い体制を明らかにした。

運転免許証に関する手数料を改定/警察庁、4月1日付け 画像
制度・ビジネスチャンス

運転免許証に関する手数料を改定/警察庁、4月1日付け

警察庁は、人件費や物価の変動に対応して運転免許証に関する手数料を4月1日付けで改定する。

新潟空港アクセス鉄道は先送り/利用者、仙台や宮崎の3分の1以下 画像
インバウンド・地域活性

新潟空港アクセス鉄道は先送り/利用者、仙台や宮崎の3分の1以下

新潟県は「新潟空港アクセス改善の基本的考え方」を正式に策定し、12月27日に公表した。2018年度以降、バスやタクシー、自家用車などによるアクセスの利便性向上を目指す。空港アクセス鉄道の整備は長期策と位置付け、事実上先送りした。

「道の駅」を拠点とする自動運転実証実験向けの保険、三井住友海上など販売開始 画像
インバウンド・地域活性

「道の駅」を拠点とする自動運転実証実験向けの保険、三井住友海上など販売開始

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、インターリスク総研の3社は、中山間地域における「道の駅」を拠点とした自動運転サービスの実証実験に対応した、「自動走行実証実験総合補償プラン」(道の駅版)の販売を開始した。

急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場 画像
インバウンド・地域活性

急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

第5回「高速バス・マネジメント・フォーラム」では、「自動運転バス」「個人旅行化が進む観光」「バス事業者の広報」という3つのテーマに沿って、多くの講師が登壇。興味深かったセミナーを紹介しよう

はとバス、入社試験から松田聖子、五輪委員会まで/ガイドさんのリアル! 画像
インバウンド・地域活性

はとバス、入社試験から松田聖子、五輪委員会まで/ガイドさんのリアル!

12月15日は「観光バスの日」だ。東京都大田区平和島。環七通りと首都高1号羽田線が交差する地に、あの黄色いバスの車両基地がある。

広域路線バスと自動運転サービスの乗り継ぎを検証へ/道の駅を拠点とした実証実験 画像
制度・ビジネスチャンス

広域路線バスと自動運転サービスの乗り継ぎを検証へ/道の駅を拠点とした実証実験

国土交通省は、道の駅「コスモール大樹」(北海道広尾郡大樹町)で、中山間地域における道の駅を拠点とした自動運転サービスの実証実験を12月10日から開始すると発表した。今回は広域的な路線バスと自動運転車両との乗り継ぎを検証する。

西日本最大級の中長距離バスターミナルへ/神戸市の三宮バスターミナル整備基本計画案 画像
インバウンド・地域活性

西日本最大級の中長距離バスターミナルへ/神戸市の三宮バスターミナル整備基本計画案

 神戸市は27日、第2回都心三宮整備推進会議を開き、三宮駅東側に計画している新バスターミナルの整備に向けた基本計画案を公表した。I期とII期で2棟の高層ビルを建設し、西日本最大級の中長距離バスターミナルとして駅周辺の乗降 […]

官民ファンドが長崎県の島原鉄道を支援、長崎自動車の傘下へ 画像
インバウンド・地域活性

官民ファンドが長崎県の島原鉄道を支援、長崎自動車の傘下へ

株式会社地域経済活性化支援機構(REVIC)は11月13日、長崎県の島原鉄道に対して、「株式会社地域経済活性化支援機構法」に基づく再生支援を決定したことを明らかにした。

ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか? 画像
IT業務効率

ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか?

docomoが開発中のAI×IoTを活用したAI運行バスが、11月9日~11日に東京のお台場エリアで行われた「docomo R&D Open House 2017 in TOKYO」の参加者に対し実験的に無償提供された。

どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~ 画像
インバウンド・地域活性

どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

「高速バス事業者向けのコンサルティング会社です」と名刺を出すと、相手の表示が突然パッと輝くことがある。自治体で観光行政に関わる方や、旅館の経営者の方が多い。「ぜひ、ウチの街、宿まで高速バスを走らせてください」という話になる。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top