日本農業新聞に関するニュースまとめ一覧(6ページ目)

「日本酒オイシイネ」、関西の酒蔵でインバウンド急増! 画像
インバウンド・地域活性

「日本酒オイシイネ」、関西の酒蔵でインバウンド急増!

 酒造メーカーが観光客向けに公開する酒蔵の資料館や記念館が、訪日外国人(インバウンド)から人気を集めている。年間来場者数の約3割をインバウンドが占める所もある。メーカー各社は、パンフレットやホームペー

ご当地ヒーロー「地域戦隊カッセイカマン」。年間の出動は60回! 画像
インバウンド・地域活性

ご当地ヒーロー「地域戦隊カッセイカマン」。年間の出動は60回!

 全国でご当地戦隊ヒーローが活躍している。中には地域特産の農産物をモチーフに地元の農家やJA職員などが生み出したヒーローもいる。長野県下條村では、兼業農家や自営業者ら若手有志が「地域戦隊カッセイカマン

3Dプリンターで、農家好みのキャベツを作る! 画像
IT業務効率

3Dプリンターで、農家好みのキャベツを作る!

 農研機構・北海道農業研究センターは、3Dプリンターでキャベツのコーティング種子の選別機を製作した。18日に東京都文京区で開いた農業情報学会のシンポジウムで発表した。個人では製作が難しい複雑な構造を、

女性のダイエット食で人気ナンバー1は? 画像
制度・ビジネスチャンス

女性のダイエット食で人気ナンバー1は?

 ダイエットに挑戦する女性が食事に取り入れたいと思う食べ物の1位が「おかゆ」であることが、ネオマーケティング(東京都渋谷区)の調査で分かった。 ダイエット中に「おなかがすきやすい」ことに悩んだ経験から

暑い!今年は大玉スイカが絶好調!! 画像
制度・ビジネスチャンス

暑い!今年は大玉スイカが絶好調!!

 大玉スイカの販売が好調だ。5月上旬(9日まで)の価格は平年(過去5年平均)を2割上回る。大型連休に25度を超える夏日になった地域が多く、スーパーが売り込みを強めたためだ。連休明けも、かんきつなどの不

外食業界、“国産路線”が絶好調!安全性、季節感が受ける 画像
IT業務効率

外食業界、“国産路線”が絶好調!安全性、季節感が受ける

 野菜など食材の国産化を積極的に打ち出した外食チェーンの好業績が相次ぎ、2015年度決算でも結果を残している。利益率アップを目指した各社は「付加価値商品」として国産品を投入。値段が高めでも安全・安心と

野菜“麺”に女性が注目。家庭で簡単調理! 画像
IT業務効率

野菜“麺”に女性が注目。家庭で簡単調理!

 薄く切ったズッキーニやキュウリなどを麺のように食べる「ベジヌードル」「ベジパスタ」が、野菜の新しい消費スタイルとして注目されている。麺を食べる感覚で、カロリーを抑え、野菜もたくさん取れる――と、健康

GAP普及強化。オリンピックに向け輸出増へ!  画像
制度・ビジネスチャンス

GAP普及強化。オリンピックに向け輸出増へ! 

 農水省は、農業生産工程管理(GAP)の強化に向けた行動計画を策定した。今後の輸出拡大や2020年に控える東京五輪・パラリンピックも視野に国の指針に基づいた産地や経営体を増やし、世界に通用するグローバ

カットリンゴ、規格外を高値買い取り。産地明記で取引拡大へ 画像
IT業務効率

カットリンゴ、規格外を高値買い取り。産地明記で取引拡大へ

 青森県弘前市のリンゴ農家でつくる「カットりんご生産者協議会」は、傷果などを買い取り、協議会や地元企業が設立した食品加工会社に、カットフルーツ用として供給する仕組みを確立した。カットフルーツは需要を伸

運転手不足を解消する農作物のパレット輸送、回れる市場増える 画像
IT業務効率

運転手不足を解消する農作物のパレット輸送、回れる市場増える

 ホクレンは、トラック運転手不足への対策として、農産物を木製パレットに載せたまま輸送する方法を北海道内JAに広めている。トラックに積む際、人手で積み降ろしをするより大幅に省力化できる利点がある。トラッ

丼からはみ出る長さ、味も抜群のアスパラ天。高松市のうどん店 画像
インバウンド・地域活性

丼からはみ出る長さ、味も抜群のアスパラ天。高松市のうどん店

 JA香川県綾歌南部アスパラ部会が本格生産を始めた長さ30センチのアスパラガスが天ぷらとなり、県内のうどん店に登場した。根元まで柔らかくおいしいアスパラガス「さぬきのめざめ」を通常の規格よりロングで出

母の日なのにカーネーションが品薄!? 画像
制度・ビジネスチャンス

母の日なのにカーネーションが品薄!?

 「母の日」(8日)を控え、カーネーションが品薄高だ。出回りの半数以上が輸入物の中、品質に不安定な中国産が多く、その分、天候不順で生育遅れがある国産への引き合いが強まっている。今年は「母の日」が大型連

日本発の果物、野菜ーー海外での品種登録の支援へ! 画像
海外進出

日本発の果物、野菜ーー海外での品種登録の支援へ!

 農水省は、野菜や果樹などの新品種について、海外での品種登録の支援に乗り出した。日本で試験栽培した際のデータを無償で提供し、外国政府が栽培試験する手間を省き、審査期間の短縮につなげる。中小の種苗業者や

ドローンで野生鳥獣の生息数調査、赤外線で体温感知 画像
IT業務効率

ドローンで野生鳥獣の生息数調査、赤外線で体温感知

 大日本猟友会は、ドローン(小型無人飛行機)を使ったニホンジカやイノシシなどの野生鳥獣の生息調査に乗り出す。上空から個体数を計測するシステムを開発して、より正確な生息調査を行い、現場での鳥獣捕獲対策に

青果物の“お試し購入”が好調、クーポンサイトを利用 画像
IT業務効率

青果物の“お試し購入”が好調、クーポンサイトを利用

 青果物の“お試し購入”として、共同購入クーポンサイトを利用するケースが増えている。同サイトは制限時間内に一定以上が購入すると、飲食店やホテルが提示した割引価格でのサービスを受けられるというもの。定価

おにぎりが人気! 米の中食需要、前年比5%増 画像
インバウンド・地域活性

おにぎりが人気! 米の中食需要、前年比5%増

 米の中食需要が持ち直してきた。米穀機構によると、2015年度の中食での1人当たり米消費量は前年度を5%上回る9.5キロ。調査を開始した11年度以降で初めてプラスに転じた。コンビニエンスストアやスーパ

米輸出増へ。低コスト、多収栽培で産地拡大 画像
IT業務効率

米輸出増へ。低コスト、多収栽培で産地拡大

 JA全農は米の輸出拡大に向け、産地育成を本格化させる。需要を広げるには輸出先での価格を一定引き下げることが課題で、モデル産地を増やしながら低コスト栽培を進める。多収性品種を導入し、肥培管理の検証や省

お米を一緒にお届け。“ついで買い”で需要喚起 画像
IT業務効率

お米を一緒にお届け。“ついで買い”で需要喚起

 米の新たな販売チャンネルとして、飲料水や家庭用品などの宅配ルートを活用する動きが広がってきた。「本命の商品と一緒に重たい米も届けてほしい」。そんな潜在需要が見込まれるためだ。既に複数の宅配会社が客の

日本初のハラールパン専用工場が完成! 画像
インバウンド・地域活性

日本初のハラールパン専用工場が完成!

 イスラム教の戒律にのっとったハラール認証食品に取り組むアーレムジャパン(岡山市)は21日、岡山県吉備中央町で日本初のパン専用工場を完成させた。同町産の米粉を使い、パンは冷凍して全国のホテルやレストラ

熊本産切り花の相場、不安感 画像
インバウンド・地域活性

熊本産切り花の相場、不安感

 熊本県を中心に相次ぐ地震で、同県産を主力とする切り花の相場が落ち着かない。週明けに急騰した宿根カスミソウは反落、トルコギキョウは続伸した。出回りの先行き不透明感が大きく影響しており、卸売会社は「余震

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 20
  13. 最後
Page 6 of 24
page top