日本農業新聞に関するニュースまとめ一覧(5ページ目)

果実&紅茶、この夏、流行の兆し? 画像
制度・ビジネスチャンス

果実&紅茶、この夏、流行の兆し?

 カットした果実を瓶などに入れ、紅茶やリンゴ酢と一緒に味わう飲み方が、この夏、注目されている。使う果実は、ブルーベリーやレモン、キウイフルーツ・・・。見た目も“涼しさ”を演出。飲料メーカーなどは新しい

猛暑で注目ビアガーデン、多彩なメニューで差別化図る  画像
インバウンド・地域活性

猛暑で注目ビアガーデン、多彩なメニューで差別化図る 

 猛暑予想のこの夏、ビアガーデンが注目されている。中でも他店との差別化を図ろうと、目を付けたのが農産物などの“脇役”だ。創業半世紀を超え、初めてビアガーデンを展開する老舗百貨店は、マルシェを意識した店

16年産の適正生産量はミカン89万トン、リンゴ81万トン 画像
制度・ビジネスチャンス

16年産の適正生産量はミカン89万トン、リンゴ81万トン

 農水省は3日、2016年産温州ミカンとリンゴの適正生産出荷見通しを発表した。生産目標となる適正生産量はミカンが89万トンとなった。今年は裏年に当たるが、収穫期の雨で生産量が落ち込んだ前年産実績より1

世界初、花粉を作らないトルコギキョウ 画像
IT業務効率

世界初、花粉を作らないトルコギキョウ

 サカタのタネ(横浜市)は7日、世界で初めて花粉を作らないトルコギキョウを開発したと発表した。花粉で花や衣服が汚れることがない。受粉が起きないため花持ち性に優れるメリットがあり、花粉を作る従来品種に比

日本の農業就業人口、200万人を割りこむ 画像
人材

日本の農業就業人口、200万人を割りこむ

 2016年の農業就業人口(2月1日現在)が192万2200人となり、200万人を初めて割り込んだことが農水省の調査で分かった。高齢者の離農が加速し、若者の就業人口も大きく減った。1990年からは6割

「鳥取砂丘らっきょう」と「江戸崎かぼちゃ」、共通点は? 画像
制度・ビジネスチャンス

「鳥取砂丘らっきょう」と「江戸崎かぼちゃ」、共通点は?

 地域固有の気候風土や伝統製法と結び付いた農産品の名称を、地理的表示(GI)として保護する制度が始まって1年。登録産品は、前年よりも高価格で取引されるなどプラス効果が早くも表れている。ただ、これまでに

「ロカボ」商品拡大中! 弁当や総菜にも! 画像
制度・ビジネスチャンス

「ロカボ」商品拡大中! 弁当や総菜にも!

 健康意識の高まりを背景に、食べ物の糖質を緩やかに減らす「ロカボ」商品の裾野が広がっている。従来のスイーツだけでなく、総菜や弁当などにも拡大。フルコースを「ロカボ」で提供するレストランも出てきた。この

アジサイが人気、“梅雨だけ”脱却! 画像
制度・ビジネスチャンス

アジサイが人気、“梅雨だけ”脱却!

 アジサイを切り花として売り込む生花店が増えている。色合いの豊富さや大きな輪が映えると、ブーケに多用。婚礼の装飾に年間通じて人気があるなど“梅雨時期の花”のイメージから抜け出てきた。周年産地も現れてい

15年産米の売価設定、弱気のまま。スーパーは販売減を警戒! 画像
制度・ビジネスチャンス

15年産米の売価設定、弱気のまま。スーパーは販売減を警戒!

 2015年産米の販売が終盤に差し掛かっても、スーパーの売価設定は弱気のままだ。14年産と比べた上げ幅は5%以内が中心で、産地が出荷価格を1、2割引き上げたのと比べ、低調にとどまる。値上げして売れ行き

「夏越(なごし)ごはん」が人気!夏の新たな季節食! 画像
制度・ビジネスチャンス

「夏越(なごし)ごはん」が人気!夏の新たな季節食!

 外食・中食業界で、夏の新たな季節食として「夏越(なごし)ごはん」を販売する動きが広がってきた。雑穀入りのご飯に夏野菜のかき揚げを載せた丼で、米穀機構が米の消費拡大を狙い、昨年から提案を進めてきた。今

野菜、サンドイッチ、すし、肉料理……これってケーキなの!? 画像
制度・ビジネスチャンス

野菜、サンドイッチ、すし、肉料理……これってケーキなの!?

 野菜やサンドイッチ、すしなどをケーキにして、楽しむ動きが広がっている。背景にあるのは、ホームパーティーなど、大勢で集まって食事を楽しむ“パーティーピープル(パリピ)”と呼ばれる人の増加だ。写真映えす

狩猟は”成長産業”。里山移住者の仕事興し! 画像
インバウンド・地域活性

狩猟は”成長産業”。里山移住者の仕事興し!

 過疎地域で、都会からの移住者が狩猟免許を取得、捕獲したイノシシや鹿をジビエ(野生の鳥獣肉)に加工して収益につなげる「狩猟ビジネス」が芽生えてきた。大日本猟友会の会員は2015年度、37年ぶりに前年度

中国、「緑色食品」で残留農薬問題解決へ 画像
海外進出

中国、「緑色食品」で残留農薬問題解決へ

 中国政府が、農産物の品質向上に取り組んでいる。食品中に基準を超えた農薬の残留が確認されるといった不祥事が後を絶たないためで、安全で安心できる農産物の供給を実現するのが狙い。中国各地には、無農薬や減農

雨を逆手に集客、予報が「雨」なら商品を値引き!? 画像
IT業務効率

雨を逆手に集客、予報が「雨」なら商品を値引き!?

 梅雨時期の集客を狙い、降水確率で商品を割り引いたり、提供するサービスを決めたりする百貨店やホテルなどが相次いでいる。降水確率が上がれば上がるほど恩典が高く、中には通常の2割増のステーキが味わえるケー

夕張メロン、2玉300万円の効果のほどは? 画像
制度・ビジネスチャンス

夕張メロン、2玉300万円の効果のほどは?

 2玉300万円という過去最高の落札額で話題をさらった北海道夕張市の「夕張メロン」。この“300万円効果”が波及している。ふるさと納税の申込件数は倍増し、百貨店では中元シーズン序盤にして注文は前年を上

卸売会社と海外バイヤー、輸出増へ直接取引。農水省が規制緩和 画像
制度・ビジネスチャンス

卸売会社と海外バイヤー、輸出増へ直接取引。農水省が規制緩和

 農水省は、卸売市場の集荷力を輸出拡大に生かす一環で、仲卸と買参人しか取引できない規制を緩和し、卸売会社と海外バイヤーの直接取引を認める。バイヤーの農産物の安定調達や仕入れの簡略化につなげ、輸出に弾み

熊出没に警戒!6月異例の注意喚起 画像
制度・ビジネスチャンス

熊出没に警戒!6月異例の注意喚起

 熊出没に警戒を――。全国規模で出没が相次ぎ、死傷者も増える中、農水省が農家向けの注意喚起に乗り出した。熊の出没を防ぐ方法や、農作業中に遭遇した時の対応をまとめ、同省ホームページ(HP)に掲載。都道府

長友「アモーレ」効果で、アクセス50倍! 画像
制度・ビジネスチャンス

長友「アモーレ」効果で、アクセス50倍!

 「僕のアモーレですね」。サッカー日本代表・長友佑都選手(イタリア、インテルミラノ)の熱愛報道での発言を発端に、インターネット上で「アモーレ」という言葉に急激に注目が集まっている。JAグループが運営す

8割が野菜不足、食生活に自信がある人でも…… 画像
制度・ビジネスチャンス

8割が野菜不足、食生活に自信がある人でも……

 10人に8人は、野菜不足の“自覚なし”――。青果物を食べて健康増進を呼び掛けるファイブ・ア・デイ協会の調査で、こんなことが分かった。「普段から野菜を十分に食べている」と、食生活に自信を持つ人が4割に

NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!? 画像
海外進出

NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

 輸出すればするほど輸入物が増える――?。国産リンゴの輸出が好調な半面、こんな懸念が流通業界を中心に広がっている。この時期は国産リンゴの出回りが少ない上、輸出増で国内需給が逼迫(ひっぱく)、相場が高騰

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 最後
Page 5 of 25
page top