日本農業新聞に関するニュースまとめ一覧(4ページ目)

パックご飯が欧米で人気沸騰中! 画像
海外進出

パックご飯が欧米で人気沸騰中!

 パックご飯に冷凍米飯・・・。国産米を使った加工品輸出が酒以外にも広がっている。海外の人が、おいしいご飯を炊き上げるには、食文化の違いや水の問題があり、まだまだハードルが高い。国内では時短商品の代名詞

「機能性乳製品」が大人気! 風邪予防などヨーグルトに注目!! 画像
制度・ビジネスチャンス

「機能性乳製品」が大人気! 風邪予防などヨーグルトに注目!!

 健康を意識して、機能性をうたったヨーグルトやヨーグルト飲料を、食べたり、飲んだりした人が、この1年間で51%に上っていることが民間会社の調査で分かった。昨年スタートした機能性表示食品制度が追い風とな

非常食→日常食。パックご飯が人気! 成長市場に 画像
制度・ビジネスチャンス

非常食→日常食。パックご飯が人気! 成長市場に

 食品メーカーが米の消費減退を食い止める“妙手”としてパックご飯の製造・販売に力を入れ始めた。少人数世帯に手軽さが受け、非常食という従来のイメージではなく、日常食として定着しつつある。消費行動の変化を

野菜購入時に消費者が最も求める情報、第1位は? 画像
制度・ビジネスチャンス

野菜購入時に消費者が最も求める情報、第1位は?

 カット野菜大手のサラダクラブ(東京都調布市)がまとめた「サラダ白書 2016」で、野菜購入時に消費者が最も求める情報として「保存方法」を挙げていることが分かった。特に女性の割合が高く、男女での“節約

LL牛乳が香港に照準、アジアで有利販売が見込めるか!? 画像
海外進出

LL牛乳が香港に照準、アジアで有利販売が見込めるか!?

 牛乳・乳製品の輸出拡大に向けて、海外でのロングライフ(LL)牛乳の売り込みが活発になってきた。常温で長期間保存できる特性を生かし、特に飲用乳の需要が伸びているアジアで有利販売が見込めるためだ。香港で

ロボットトラクターで世界初の4台協調作業 画像
IT業務効率

ロボットトラクターで世界初の4台協調作業

 北海道大学大学院農学研究院の野口伸教授らの研究グループは18日、札幌市の同大学構内で、ロボットトラクター4台の協調作業を実演した。野口教授によると、4台の協調作業を公開するのは世界で初めて。オペレー

熟成国産豚の濃厚味にブームの予感、スーパーや飲食店 画像
制度・ビジネスチャンス

熟成国産豚の濃厚味にブームの予感、スーパーや飲食店

 「熟成牛」の人気にあやかろうと、国産豚肉でも、じっくり寝かして売り込む動きが出ている。牛肉同様、肉は柔らかく、うま味も凝縮。そんな特徴を武器に、スーパーでは、試食の定番ハム・ソーセージを押しのけ、集

竹が食材として脚光、コーヒー、パスタ、ソフトクリーム!? 画像
制度・ビジネスチャンス

竹が食材として脚光、コーヒー、パスタ、ソフトクリーム!?

 各地の農山村で竹がはびこっている。林野庁によると2012年の竹林面積は16万1000ヘクタールと、30年前より1割増えた。日用品の材料に使われてきた竹がプラスチックに代わり、頼みのタケノコも安価な海

人気も価格も安定の銘柄豚、スーパーのファン拡大へ 画像
制度・ビジネスチャンス

人気も価格も安定の銘柄豚、スーパーのファン拡大へ

 スーパー各社が鹿児島産「黒豚」など高値の銘柄豚の販売を強化している。通常、主力になる一般の国産豚枝肉が今年、相場が乱高下しているのに対し、価格が安定的で販売計画を立てやすいためだ。銘柄豚の産地は引き

草花の“暑い”戦い、早くも「東京五輪予選」 画像
制度・ビジネスチャンス

草花の“暑い”戦い、早くも「東京五輪予選」

 ブラジル・リオデジャネイロ五輪で、選手たちが熱い戦いを続ける中、東京・台場でも、2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え“暑い戦い”が繰り広げられている。こちらの選手は草花だ。東京都の企業などで

15年度の食料自給率、米の消費減を小麦が補う 画像
制度・ビジネスチャンス

15年度の食料自給率、米の消費減を小麦が補う

 農水省は2日、2015年度の食料自給率がカロリーベースで39%と、6年連続で横ばいだったと発表した。自給率の高い米の消費が減ったが、小麦などの国内生産が増え、前年度と同率にとどまった。政府は25年度

超大玉サクランボで高級ブランド化を目指せ! 画像
インバウンド・地域活性

超大玉サクランボで高級ブランド化を目指せ!

 青森県と山形県が超大玉サクランボのブランド化に力を入れ始めた。青森県が大玉系オウトウ新品種「ジュノハート」を育成、一足早く消費地にPRを始めた。4L(31ミリ以上)の果実で、高級ブランド化を狙う。一

肉の劣化を防ぐジビエ処理車、普及の一助に 画像
イベント

肉の劣化を防ぐジビエ処理車、普及の一助に

 野生鳥獣肉(ジビエ)の対象になる鹿やイノシシなどを衛生的に処理できる移動式解体処理車が8日、東京都内のショールームで披露された。捕獲場所近くまで乗り入れられる機動性に加え、車内に処理や冷蔵施設も備え

ミニトマト糖度の次のトレンド、赤色色素量を数秒で測定 画像
IT業務効率

ミニトマト糖度の次のトレンド、赤色色素量を数秒で測定

 明治大学は3日、神奈川県川崎市で、ミニトマトでリコペンと糖度を、非破壊で同時に測定するシステムを披露した。クボタ(大阪市)との共同開発で、1果を数秒で測定する。リコペンは、体の老化を予防する効果が期

無洗米&水をセットで輸出へ!現地ニーズにマッチさせる商法 画像
海外進出

無洗米&水をセットで輸出へ!現地ニーズにマッチさせる商法

 ホクレンは、シンガポールへ北海道米とミネラルウオーターを組み合わせた輸出を始めた。水は、米の輸出に合わせて用意した新商品。現地スーパーでは両方を並べて販売し、北海道の水で米を炊くよう提案する。水の販

ジェネリック農薬の可否、論争収まらず!? 画像
制度・ビジネスチャンス

ジェネリック農薬の可否、論争収まらず!?

 安価なジェネリック(特許切れ)農薬の普及へ、国の農薬登録制度の在り方で議論が起きている。JA全農など販売業者は、ジェネリックの元となる剤(先行剤)の試験データの保護が厳しく、ジェネリックの登録時に改

暑い!水分豊富なフルーツを食べて熱中症予防! 画像
制度・ビジネスチャンス

暑い!水分豊富なフルーツを食べて熱中症予防!

 西日本を中心に連日猛暑が続く中、飲むだけでなくフルーツを食べて熱中症を予防しようという動きが出てきた。今夏は熱中症にかかって病院に搬送される人が昨年よりも多く、畑で倒れて亡くなる農家も出ている。それ

果実&紅茶、この夏、流行の兆し? 画像
制度・ビジネスチャンス

果実&紅茶、この夏、流行の兆し?

 カットした果実を瓶などに入れ、紅茶やリンゴ酢と一緒に味わう飲み方が、この夏、注目されている。使う果実は、ブルーベリーやレモン、キウイフルーツ・・・。見た目も“涼しさ”を演出。飲料メーカーなどは新しい

猛暑で注目ビアガーデン、多彩なメニューで差別化図る  画像
インバウンド・地域活性

猛暑で注目ビアガーデン、多彩なメニューで差別化図る 

 猛暑予想のこの夏、ビアガーデンが注目されている。中でも他店との差別化を図ろうと、目を付けたのが農産物などの“脇役”だ。創業半世紀を超え、初めてビアガーデンを展開する老舗百貨店は、マルシェを意識した店

16年産の適正生産量はミカン89万トン、リンゴ81万トン 画像
制度・ビジネスチャンス

16年産の適正生産量はミカン89万トン、リンゴ81万トン

 農水省は3日、2016年産温州ミカンとリンゴの適正生産出荷見通しを発表した。生産目標となる適正生産量はミカンが89万トンとなった。今年は裏年に当たるが、収穫期の雨で生産量が落ち込んだ前年産実績より1

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 最後
Page 4 of 25
page top