日本農業新聞に関するニュースまとめ一覧(26ページ目)

バター不足、国産で賄えず生産立て直し急務 画像
マネジメント

バター不足、国産で賄えず生産立て直し急務

Jミルクは23日、今年度末までの牛乳乳製品の需給見通しを公表した。不足が懸念されたバターは、国が1万トンの追加輸入を決めたことで期末在庫が適正水準まで回復、不足はないと見込んだ。ただ、国産生乳だけで国

丑の日だから牛肉も売り込め……スーパー、卸業者らがPR強化 画像
マネジメント

丑の日だから牛肉も売り込め……スーパー、卸業者らがPR強化

「土用の丑(うし)の日」に牛肉を――。小売店などが、語呂合わせで牛肉の売り込みを強化している。夏の暑さを乗り切るスタミナ食材としてPRし、牛肉の新たな物日需要を狙う。新しさを求める消費者向けに、ウナギ

カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評 画像
マネジメント

カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

スーパーの棚に並ぶ4分の1や6分の1などの大きさにカットされたスイカで、持ち手とジッパーを付けた包装に切り替える動きが広がっている。客が商品を持ちやすいように工夫した。普段、スイカを買わない消費者が物

米先物試験上場 再延長……大阪堂島商取 画像
制度・ビジネスチャンス

米先物試験上場 再延長……大阪堂島商取

来月7日に期限を迎える米先物取引の試験上場について、大阪堂島商品取引所(堂島商取)は21日、2年間の再延長を農水省に申請した。同省は期限までに試験上場の成果や与党の議論を踏まえ、認可するかどうか決める

銘柄米 「食べ比べ」に商機あり!米セット販売の売上げ好調 画像
インバウンド・地域活性

銘柄米 「食べ比べ」に商機あり!米セット販売の売上げ好調

数種類のブランド米を詰め合わせ、販売する動きが広がってきた。食べ慣れた銘柄だけでなく、他銘柄の味も知ってもらい、販売増につなげようと、小売店や米卸が仕掛けている。贈り物や土産用に買う客が多く、中元シー

業界挙げ新しい乳用種雄牛を選抜……デビューは来年2月 画像
ライフ

業界挙げ新しい乳用種雄牛を選抜……デビューは来年2月

酪農家と官民の関係機関など酪農業界が"オールジャパン"で連携し、新たな国産乳用種雄牛をデビューさせることが15日、分かった。「J―Sire(ジェイサイアー)プロジェクト」(優秀国産種雄牛作出検討委員会

【活写】全巻「完食」してね……石巻カレー全集 画像
ライフ

【活写】全巻「完食」してね……石巻カレー全集

宮城県石巻市の石ノ森萬画(まんが)館を運営する法人「街づくりまんぼう」が、レトルトカレー「石巻カレー全集」1~5巻を19日に発売する。漫画本そっくりな箱入りで、東日本大震災からの復興に役立てようと企画

泥汚れに強い洗濯機を開発!家電メーカーと農業女子コラボ 画像
IT業務効率

泥汚れに強い洗濯機を開発!家電メーカーと農業女子コラボ

家電メーカーのシャープ(株)が14日、東京都内で女性農業者の意見を取り入れた泥汚れに強い洗濯乾燥機を発表した。汚れた衣類だけを先に洗う予洗いコースが付いているのが特徴。農水省の進める農業女子プロジェク

長野県JA、エノキ産業活性化!外観よりも味重視の品種開発へ 画像
インバウンド・地域活性

長野県JA、エノキ産業活性化!外観よりも味重視の品種開発へ

長野県のJA中野市と県農村工業研究所は、エノキタケの味の指標となるグルタミン酸やグアニル酸などの成分を数値化し、味重視の品種開発に乗り出す。従来は生産性や見栄えの良さを育種目標にしていたが、“うまいエ

注目集める緑色蛍光シルク……養蚕復興に新たな可能性 画像
ライフ

注目集める緑色蛍光シルク……養蚕復興に新たな可能性

緑色に光るシルクを作る遺伝子組み換え蚕が、農家で生産できるようになるまであと一歩のところに研究が進んでいる。

千切り、面取り ピーラーで 用途広がり売り上げ増 画像
ライフ

千切り、面取り ピーラーで 用途広がり売り上げ増

調理器具「ピーラー」が包丁代わりになると人気。製造メーカーが家庭向けを重視し、千切り機能などを備えた商品を開発している。

香川県三豊市のエキストラバージンオリーブオイル「あかつき」 画像
インバウンド・地域活性

香川県三豊市のエキストラバージンオリーブオイル「あかつき」

香川県三豊市仁尾町の農家でつくる仁尾オリーブ生産組合が、耕作放棄地で栽培したオリーブを原料に商品化した食用油。国際的な品評会「2015ロサンゼルス国際エキストラバージンオリーブオイル品評会」で銀賞を受

静岡クラウンメロンカレー……分量の2割が高級メロン成分 画像
インバウンド・地域活性

静岡クラウンメロンカレー……分量の2割が高級メロン成分

静岡県西部の磐田、袋井、掛川の3市と、森町の生産者で組織する、静岡県温室農協クラウンメロン支所管内で生産された「アールス」系メロンを使った中辛レトルトカレー。1人前の分量の2割に、高級メロンとして知ら

家族の食事スタイルは家庭炊飯、食べきり型へ……JC総研 画像
ライフ

家族の食事スタイルは家庭炊飯、食べきり型へ……JC総研

家庭での炊飯回数が増えていることが、JC総研が9日発表した今年の「米の消費行動に関する調査」から分かった。1週間の食事(21回)のうち、家庭で炊く回数は前年より0.56回増え11.24回で、過去5年の

ミラノ万博のジャパンデー、JAグループが日本の食・農を発信 画像
海外進出

ミラノ万博のジャパンデー、JAグループが日本の食・農を発信

イタリアで開催中のミラノ国際博覧会(ミラノ万博)で日本文化などを紹介する「ジャパンデー」が11日、現地で開かれる。東日本大震災の復興支援に対する感謝を表すパレードや食文化などのPR企画を用意。JAグル

肌寒い梅雨 農家うらめし 夏商材が苦戦 スイカ、氷・・・ 画像
ライフ

肌寒い梅雨 農家うらめし 夏商材が苦戦 スイカ、氷・・・

夏がおかしい。日照時間が平年に比べて大幅に少ない地域が相次ぎ、気温も低めに推移しているとあって、夏ならではの商材の売れ行きが鈍く、苦戦が続いている。農産物直売所やスーパーなどからは「例年に比べてアイス

果汁、バニラ/ジュース感覚で豆乳飲料、多彩な商品で若年層に訴求 画像
制度・ビジネスチャンス

果汁、バニラ/ジュース感覚で豆乳飲料、多彩な商品で若年層に訴求

ジュース感覚で飲める豆乳飲料の商品化が相次いでいる。飲まず嫌いな消費者の需要を掘り起こす。

お米小売りは値下げより「増量」――店頭でちょい足しが人気 画像
マネジメント

お米小売りは値下げより「増量」――店頭でちょい足しが人気

店頭に並ぶ米袋に「お得感」を演出しようと、米を“ちょい足し”して売るスーパーが出てきた。米の値段を下げても、なかなか消費者の手が伸びない。そこでセールスポイントを「値下げ」から「増量」に転換。米袋に増

[ヒットの兆し] アンズ新品種「ニコニコット」 生食OK 結実性抜群  画像
ライフ

[ヒットの兆し] アンズ新品種「ニコニコット」 生食OK 結実性抜群 

 アンズの新品種「ニコニコット」が流通業界から注目。糖度が高く酸味が少ないのが特徴で、生でも食べられる。

[特Aをねらえ! 良食味米新事情] 14年産14銘柄 西日本の躍進目立つ 画像
インバウンド・地域活性

[特Aをねらえ! 良食味米新事情] 14年産14銘柄 西日本の躍進目立つ

「米の食味ランキング」で、最高位「特A」を獲得する産地銘柄米が、近年増加傾向。良食味米のイメージが根強い東北・北陸に、北海道や西日本の産地が割って入り、「特A」の常連となりつつある。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 17
  4. 18
  5. 19
  6. 20
  7. 21
  8. 22
  9. 23
  10. 24
  11. 25
  12. 26
  13. 27
Page 26 of 27
page top