日本農業新聞に関するニュースまとめ一覧(26ページ目)

秋田のヒーロー「超神ネイガー」、オリジナル米収穫に出動 画像
インバウンド・地域活性

秋田のヒーロー「超神ネイガー」、オリジナル米収穫に出動

秋田県由利本荘市の水田に28日、同県で活躍するご当地ヒーロー「超神(ちょうじん)ネイガー」が“出動”し、稲刈りに打ち込んだ。デビュー10周年を機に初めて春作業から携わった米を収穫した。 ネイガーは農業

「夏茶臭」抑える新技術 鹿児島県が開発 画像
インバウンド・地域活性

「夏茶臭」抑える新技術 鹿児島県が開発

 鹿児島県農業開発総合センター茶業部などは、カテキンといった機能性成分を残したまま、夏茶特有の不快な香り「夏茶臭」を抑える生葉冷却システムと製茶法を開発した。収穫した生葉をすぐに製茶せず、開発装置で冷

青年就農給付金の効果実感6割、未活用で確保厳しさも 画像
インバウンド・地域活性

青年就農給付金の効果実感6割、未活用で確保厳しさも

 青年就農給付金事業を実施した市町村の6割で、2014年度の新規就農者が増えたことが農水省の調べで分かった。就農に必要な研修から支援する同給付金などが実際の就農に役立ったと評価する市町村が多く、今後も

ジビエ「古座川の清流鹿」 和歌山県の施設が近隣からも受け入れ 画像
インバウンド・地域活性

ジビエ「古座川の清流鹿」 和歌山県の施設が近隣からも受け入れ

 和歌山県古座川町のジビエ(野生の鳥獣肉)の処理加工施設が、近隣3町の狩猟者が捕獲した鹿やイノシシの受け入れを始めた。公営の施設が行政区域外から受け入れるのは全国でも珍しい。町は「紀南地域の豊かな自然

バター不足解消なるか、農相「追加輸入せず」 画像
インバウンド・地域活性

バター不足解消なるか、農相「追加輸入せず」

 林芳正農相は25日の閣議後会見で、不足が心配されているバターについて、「追加輸入は実施しない」との考えを表明した。国内の生乳生産量の増加傾向や乳業メーカーがバターの供給量を増やす計画を踏まえると、供

鳥獣害の状況をマップ化するソフト…対策に活用 画像
インバウンド・地域活性

鳥獣害の状況をマップ化するソフト…対策に活用

 愛媛県で鳥獣害の状況をマップ化するコンピューターソフトの活用が広がってきた。県農林水産研究所が(株)環境シミュレーション研究所(埼玉県川越市)と共同開発したソフトで、被害・捕獲現場の写真データや位置

農村地域の雇用創出、自治体の狙いは企業誘致よりも地域資源活用 画像
インバウンド・地域活性

農村地域の雇用創出、自治体の狙いは企業誘致よりも地域資源活用

 農水省が初めて行った就業機会の創出に関する市町村アンケートで、農村地域の6割が地域資源を生かした産業の育成を重視していることが分かった。企業誘致を重視するとの回答は4割で、企業を誘致するよりも6次産

牧草地を夏のみの“農地キャンプ場”に…千葉・加藤牧場 画像
インバウンド・地域活性

牧草地を夏のみの“農地キャンプ場”に…千葉・加藤牧場

 千葉県市原市の加藤牧場は、所有する牧草地6ヘクタールのうち2.5ヘクタールで農地法上の「一時転用」が許可され、今夏もオートキャンプ場に変身した。牧草が夏枯れする5月から8月末までの期間限定営業で、森

電気柵の異常、スマホにお知らせ…福井県が開発へ 画像
インバウンド・地域活性

電気柵の異常、スマホにお知らせ…福井県が開発へ

 福井県は、漏電など電気柵の異常を管理者のスマートフォン(多機能携帯電話)に通知するシステムの開発に乗り出す。電圧を測定するテスターを柵に取り付けて常時モニタリングし、サーバーを介して転送する仕組み。

ゼリー状の「米ゲル」、パンや菓子などへの活用支援 画像
インバウンド・地域活性

ゼリー状の「米ゲル」、パンや菓子などへの活用支援

 農水省は2016年度、米をゼリー状にする「米ゲル」を活用したパンや菓子など新商品の開発支援に乗り出す方針だ。米の新たな需要を掘り起こすと期待される原料で、競合する小麦粉と比べて食味や日持ちを高める強

増加する醸造用ブドウの自社栽培、ブランド力強化以外にもワケが 画像
インバウンド・地域活性

増加する醸造用ブドウの自社栽培、ブランド力強化以外にもワケが

 関東農政局が全国のワイナリーに行った実態調査で、ワイナリーが近年、自社栽培の面積を拡大していることが分かった。自社農場の方が、契約先の農場よりも若い木の割合が高い。

農水省、地域産農産物ブランドの名称保護浸透に向けサミット計画 画像
インバウンド・地域活性

農水省、地域産農産物ブランドの名称保護浸透に向けサミット計画

 農水省は、2016年度に「GIサミット」(仮称)を開催する方針を固めた。産地名と一体となった特色ある農産物や食品の名称を保護する地理的表示(GI)保護制度を浸透させ、販売面で後押しする狙い。 16年

米育ち畜産物をブランドに、農水省の新事業 画像
マネジメント

米育ち畜産物をブランドに、農水省の新事業

 農水省は2016年度、豚肉や鶏卵など飼料用米をえさにして育てた畜産物のブランド化支援に乗り出す方針だ。商品に付ける全国共通のロゴマークを作り、認知度向上へPRを展開。地域ぐるみの販路開拓や販売促進と

日本産の紅茶、英国で評価…コンテスト入賞相次ぐ 画像
海外進出

日本産の紅茶、英国で評価…コンテスト入賞相次ぐ

 英国での国際的な食品コンテスト「グレイト・テイスト・アワード」で、日本産紅茶が今年も続々と入賞した。鹿児島や静岡で作った紅茶で、品種も日本で紅茶用に育成した「べにふうき」など。日本産品種の力、茶の栽

米需給引き締まり 卸に不足感じわり 画像
マネジメント

米需給引き締まり 卸に不足感じわり

 主食用米の需給が締まるとの見方が強まってきた。2015年産は近年になく生産調整がうまく進んだ一方、ここ最近の天候不順で豊作は期待できないとの見方が広がってきた。平年作であれば生産量は747万トンまで

「瀬戸内ブランド」土産、農作物販路拡大に追い風 画像
インバウンド・地域活性

「瀬戸内ブランド」土産、農作物販路拡大に追い風

 瀬戸内海に面する7県が連携し、土産物用の目玉商品を選定する「瀬戸内ブランド」の認定数が大きく伸びてきた。2013年から今年9月までに、約400商品に増えた。特にかんきつ類を使った加工食品が多い。主導

訪日客向け、農産物土産を買いやすく…メロンの検疫で実証事業  画像
インバウンド・地域活性

訪日客向け、農産物土産を買いやすく…メロンの検疫で実証事業 

 日本を訪れた外国人観光客が農産物を土産として持ち帰りやすいように、円滑に検疫を受けられるようにする実証事業が北海道で始まった。主にメロンが対象で、試験的に検疫官が集荷場に出向いたり、旅行中に検疫を済

煎茶に日本酒たらすと……鮮やかな桃色に! 画像
インバウンド・地域活性

煎茶に日本酒たらすと……鮮やかな桃色に!

  埼玉県日高市の茶農家、吉野道隆さん(40)は今月中にも、日本酒で割るとピンク色に変わる煎茶「紫貴婦人(むらさききふじん)」を発売する。お酒を飲めない人もユズなどかんきつ類の果汁を加えれば、ピンク色

傾斜45度まで 除草ロボの実証試験へ 画像
IT業務効率

傾斜45度まで 除草ロボの実証試験へ

 広島県東広島市の農事組合法人ファームおだは、畦畔(けいはん)除草ロボットの実証試験に乗り出した。農研機構・近畿中国四国農業研究センターが開発したロボットで、45度の傾斜まで使える。無線で操作できるた

機能性乳製品続々! シリアル専用ヨーグルトや花粉症対策 画像
制度・ビジネスチャンス

機能性乳製品続々! シリアル専用ヨーグルトや花粉症対策

 地方の乳業メーカーが個性的な乳製品を次々と生み出している。大手食品メーカーと組んだり、機能性を強調したりと、独自の発想で需要の創出に挑む。地方乳業が主力とする牛乳は近年、消費減が続く。各社は、新たな

  1. 先頭
  2. 10
  3. 21
  4. 22
  5. 23
  6. 24
  7. 25
  8. 26
  9. 27
  10. 28
  11. 29
  12. 30
  13. 31
  14. 最後
Page 26 of 32
page top