日本農業新聞に関するニュースまとめ一覧(23ページ目)

豪州原産の鳥・エミュー、放牧で農地再生 画像
インバウンド・地域活性

豪州原産の鳥・エミュー、放牧で農地再生

 佐賀県基山町の稲作農家、吉田猛さん(62)は、エミューの飼育から加工・販売の一貫経営に乗り出した。放牧により、高齢化で急増する耕作放棄地の解消につなげる。加工では町や企業、大学と連携し、エミューキー

レモン育ち養殖ハマチ太鼓判、広島の漁協 画像
インバウンド・地域活性

レモン育ち養殖ハマチ太鼓判、広島の漁協

 広島県大竹市の阿多田島漁協は、養殖ハマチの消費拡大を目指し、県特産のレモン果汁を餌に混ぜた「あたたハマチto(と)レモン」のブランド化に乗り出した。ほんのりと香るかんきつが魚の臭みを軽減し、鮮度が長

地域の農産品マーク制度設け認定…訪日外国人需要狙い、観光庁 画像
インバウンド・地域活性

地域の農産品マーク制度設け認定…訪日外国人需要狙い、観光庁

 観光庁は、特色ある農産物や加工品を地域ごとに認定するブランドマーク制度を創設する。インバウンド(訪日外国人)の需要を取り込むのが狙い。海外からの観光客が東京など大都市圏に集中していることから、地域の

農水省、料理の自給率計算ソフト公開…国産選べば上昇実感 画像
ライフ

農水省、料理の自給率計算ソフト公開…国産選べば上昇実感

 普段の食事から食料自給率を考えてもらおうと、農水省は料理ごとの自給率が簡単に計算できるパソコン用ソフトを開発した。料理を選ぶだけで、カロリーベースと生産額ベースの自給率がひと目で分かる。国産食材にこ

茶を世界に発信、静岡で全国まつりで品評会受賞者を表彰 画像
インバウンド・地域活性

茶を世界に発信、静岡で全国まつりで品評会受賞者を表彰

 全国お茶まつり静岡大会の式典が14日、静岡市の市民文化会館で開かれ、8月に行われた全国茶品評会の受賞者を表彰した。受賞者を代表し、農水大臣賞を獲得した深蒸し煎茶の部の鈴木治さん(静岡県袋井市)に、大

成田市、ロンドンへ農産物試験輸出…市場内で輸出手続一括 画像
インバウンド・地域活性

成田市、ロンドンへ農産物試験輸出…市場内で輸出手続一括

 千葉県成田市や生産者、流通業者などでつくる成田市場輸出拠点化推進協議会は12日、同市の成田市公設地方卸売市場で輸出手続きを済ませ、成田国際空港から英国・ロンドンへ農産物を試験輸出した。同市が国家戦略

使い切りスダチ果汁パック好調、3年連続1000万円売上げ 画像
インバウンド・地域活性

使い切りスダチ果汁パック好調、3年連続1000万円売上げ

 スダチ産地であるJA徳島市が販売する、5ミリリットルの少量果汁パック「すだち100ステッィク」が好評だ。家庭用から土産用、中食用と需要が幅広く、3年連続で1000万円を売り上げる。JAではスダチの良

空き家減へ福島のJAが資金創設…解体や改築、改装など支援 画像
インバウンド・地域活性

空き家減へ福島のJAが資金創設…解体や改築、改装など支援

 福島県のJAみちのく安達は、空き家対策に特化した融資資金「古民家再生整備資金」を創設した。空き家の増加が問題化する中、老朽化した空き家の解体や改築、改装の資金などを支援する。 2014年11月に「空

「濃厚」乳製品、高級イメージで若者中心に市場拡大 画像
インバウンド・地域活性

「濃厚」乳製品、高級イメージで若者中心に市場拡大

 「濃い味」をキーワードにした乳製品などを、食品メーカーが相次ぎ投入している。乳脂肪分の高さや、こくやうま味の「濃さ」を商品名やパッケージで強調。食品にも強いインパクトを求める若い世代を中心に受けてい

早生ミカンの販売好調、価格は平年より5%高 画像
制度・ビジネスチャンス

早生ミカンの販売好調、価格は平年より5%高

 主な産地が出そろった早生ミカンの販売が好調だ。11月上旬の価格は平年(過去5年平均)より5%高い。厳選出荷で良食味を保った極早生種の販売が好調だった小売店が、早生種を積極的に売り込んでいるためだ。

優良農地現状維持を……「目標面積」指定条件で転用許可、農水省 画像
インバウンド・地域活性

優良農地現状維持を……「目標面積」指定条件で転用許可、農水省

 農水省は9日、農相が持っている大規模農地の転用許可権限を新たに移譲する「指定市町村」の基準案を自民党に示した。国全体では、2025年の農用地区域内の農地面積を403万ヘクタールと現状を維持したい考え

動物検疫もっと知って! 農水省が外国語サイトで情報発信強化 画像
ライフ

動物検疫もっと知って! 農水省が外国語サイトで情報発信強化

 農水省は動物検疫所のウェブサイトに、英語、中国語、韓国語の外国語のページを公開した。訪日外国人(インバウンド)向けにパンフレットや写真付きで解説。日本への持ち込みが禁じられている肉製品や空港での検疫

低価米、消費伸びず……米穀機構調査 画像
インバウンド・地域活性

低価米、消費伸びず……米穀機構調査

 米の小売価格が下がった2013年以降、家庭の精米消費量が増えていなかったことが、米穀機構の調査で分かった。従来、価格が安くなれば消費量は伸びるとされてきたが、同機構は「近年はそうした関係性が成り立っ

福袋の目玉は「食」、力士との食事や相撲観戦も、東武百貨店 画像
インバウンド・地域活性

福袋の目玉は「食」、力士との食事や相撲観戦も、東武百貨店

 正月の福袋、目玉は「食」――。東武百貨店池袋本店(東京都豊島区)は9日、同店で2016年福袋のお披露目会を開いた。客が、野菜や肉を売り場で選べる商品が初登場。訪日外国人を狙ったものも発売する。 同店

豪雨禍の茨城県常総市を救え! ふるさと納税返礼分を義援金へ 画像
インバウンド・地域活性

豪雨禍の茨城県常総市を救え! ふるさと納税返礼分を義援金へ

 9月9日から11日にかけて発生した関東・東北豪雨により大きな被害を受けた茨城県常総市で、ふるさと納税を活用した支援が急増している。広範囲で浸水し、多くの農家などが被災したことから、市から返礼の特産品

いい夫婦の日、11月22日に鉢花贈ろう…消費拡大プロジェクト  画像
ライフ

いい夫婦の日、11月22日に鉢花贈ろう…消費拡大プロジェクト 

 「いい夫婦の日」(11月22日)に鉢物を贈って、旅行へ行こう――。全国の主要花き卸や鉢花生産者が連携し、こんな取り組みを始めた。共通の商品タグを多機能携帯電話(スマートフォン=スマホ)でかざすと、専

愛知県西三河地区のきゅうり部会キャラ、LINEスタンプに 画像
インバウンド・地域活性

愛知県西三河地区のきゅうり部会キャラ、LINEスタンプに

 愛知県のJA西三河、JAあいち中央管内のキュウリ生産者でつくる西三河冬春きゅうり部会のマスコットキャラクター「きゅりん。」が、スマートフォン(多機能型携帯電話)向け通信アプリ「LINE(ライン)」に

国産小麦パン、東京ソラマチでPRイベント 画像
インバウンド・地域活性

国産小麦パン、東京ソラマチでPRイベント

 全国米麦改良協会は4日、東京都墨田区で国産小麦と外国産小麦で作ったパンを食べ比べるイベントを開いた。国産小麦のパンの味を知ってもらい消費拡大につなげるのが狙い。人気お笑いタレントが国産の魅力を語って

「国産紅茶のルーツは新宿御苑」……都内の茶農家・木下さんが調査 画像
インバウンド・地域活性

「国産紅茶のルーツは新宿御苑」……都内の茶農家・木下さんが調査

 東京都東大和市で狭山茶を生産.製造.販売する木下修一さん(48)は、国産紅茶のルーツは東京都新宿区の新宿御苑で試製したのが始まりだったことを自ら調べた。

【活写】「りんごガチャガチャ」 画像
インバウンド・地域活性

【活写】「りんごガチャガチャ」

 青森県三沢市の温泉旅館、星野リゾート青森屋で、レバーを回すと本物のリンゴが出てくる珍しい「ガチャガチャ」が人気を集めている。宿泊客に青森の魅力を感じてもらおうと初めて設置した。 「日本初!りんごガチ

  1. 先頭
  2. 10
  3. 18
  4. 19
  5. 20
  6. 21
  7. 22
  8. 23
  9. 24
  10. 25
  11. 26
  12. 27
  13. 28
  14. 30
  15. 最後
Page 23 of 32
page top