日本農業新聞に関するニュースまとめ一覧

話題の「新かんきつ」フィンガーライムの経済栽培に挑戦! 1キロ数万円 画像
制度・ビジネスチャンス

話題の「新かんきつ」フィンガーライムの経済栽培に挑戦! 1キロ数万円

 鹿児島県宇検村に農業で新規参入した後藤恭子さん(41)は、インターネット上などで話題になっている新かんきつ、フィンガーライムの経済栽培に挑戦している。色や香りに魅力を感じ、最初は国内業者から苗を入手

イチゴ商戦ピークへ、独自品種で高級感/味、香り、大玉 多彩に、ギフトも好調 画像
制度・ビジネスチャンス

イチゴ商戦ピークへ、独自品種で高級感/味、香り、大玉 多彩に、ギフトも好調

 1月15日は「イチゴの日」──。2018年のイチゴ商戦が最盛期に入り、各県オリジナルの新品種をギフトなどの高級路線で売り込む動きが出てきた。粒の大きさや香り、食味の良さといった品種ごとの特色をアピー

節分に向けて「恵方巻き」商戦本格化/今年は少量タイプが充実 画像
制度・ビジネスチャンス

節分に向けて「恵方巻き」商戦本格化/今年は少量タイプが充実

 2月3日の節分に向けて「恵方巻き」商戦が本格化している。大手コンビニエンスストアやスーパーは、少人数家族の増加を意識して少量タイプの商品を充実させる。単価やボリュームを抑えることで、他の総菜や汁物商

「糸引き納豆の日」(1月10日)イベント開催、吉田沙保里選手がゲストに登場! 画像
制度・ビジネスチャンス

「糸引き納豆の日」(1月10日)イベント開催、吉田沙保里選手がゲストに登場!

 全国納豆協同組合連合会(納豆連)は10日、「糸引き納豆の日」(1月10日)に合わせたイベントを、東京都内で開いた。女子レスリング世界大会16連覇の記録を持つ吉田沙保里選手がゲストに登場。納豆を体づく

地ビール人気アップ、地場産ホップでトップ狙え! 画像
インバウンド・地域活性

地ビール人気アップ、地場産ホップでトップ狙え!

 近年のクラフトビール(地ビール)ブームを受けて、新たにホップの栽培に乗り出す動きが出てきた。ビールの香りや苦味を左右するホップだが、大半が欧州などの外国産。国内でも生産されているが、大部分は大手酒造

昆虫食って美味? ブームの予感/昆虫食が食料不足を解決する! 画像
制度・ビジネスチャンス

昆虫食って美味? ブームの予感/昆虫食が食料不足を解決する!

 蜂の子やイナゴなど古くから農村部を中心に根付いてきた昆虫食に、注目が集まっている。長野県伊那市では昆虫食を見つめ直そうと「大昆蟲(こんちゅう)食博」が開かれ、東京の若者向け居酒屋ではイナゴのつくだ煮

沖縄の離島、“おばあ”運営の「山里ゆんたく市場」が生まれ変わる 画像
インバウンド・地域活性

沖縄の離島、“おばあ”運営の「山里ゆんたく市場」が生まれ変わる

 沖縄県の離島、久米島町で60代の“おばあ”が運営する直売所「山里ゆんたく市場」が生まれ変わろうとしている。後押しするのは20代の若者。利用者を従来の地元住民だけでなく、観光客にまで広げようと、地元産

サンコーから糖質カット炊飯器が発売/「ダイエットや健康志向で注目 画像
制度・ビジネスチャンス

サンコーから糖質カット炊飯器が発売/「ダイエットや健康志向で注目

 家電製品などの企画開発を手掛けるサンコー(東京都千代田区)は、糖質を3割減らしたご飯が炊ける炊飯器を開発し、15日から予約受け付けを始める。ダイエットや健康志向で糖質を制限する消費者が、ご飯の盛り付

日本の正月の風景、門松、売れ筋は高さ1.5メートル 画像
インバウンド・地域活性

日本の正月の風景、門松、売れ筋は高さ1.5メートル

 前橋市の造園業、赤城グリーンで新年に玄関先などに飾る門松作りがピークを迎えている。 作業場には、高さ1メートルから約2メートルまで、さまざまなサイズに仕上がった門松が並んでいる。 24日までに約20

16年農業総産出額、16年ぶり9兆円超え/生産減で価格上昇 画像
制度・ビジネスチャンス

16年農業総産出額、16年ぶり9兆円超え/生産減で価格上昇

 2016年の農業総産出額が9兆2025億円で、16年ぶりに9兆円を超えたことが、農水省が26日に発表した統計調査で分かった。前年比4・6%増で、2年連続で前年を上回った。米価の回復が押し上げ要因とな

農家の「手作りお節」で迎春はいかが?/JAはだの、直売所の主力商品に 画像
制度・ビジネスチャンス

農家の「手作りお節」で迎春はいかが?/JAはだの、直売所の主力商品に

 JAはだの農産物直売所「はだのじばさんず」で、農家の手掛けるお節料理が人気を集めている。28日から30日まで開く「年忘れ年末市」に合わせ、農家は地場産農産物を使った加工品の製造に励む。 同店では、9

老舗酒造「加賀の井」灯消さぬ、富山で仕込み継続、来年は地元で再起/糸魚川大火から1年 画像
インバウンド・地域活性

老舗酒造「加賀の井」灯消さぬ、富山で仕込み継続、来年は地元で再起/糸魚川大火から1年

 全半焼など147棟という被害をもたらした、新潟県の糸魚川市大規模火災から22日で1年。酒蔵が全焼した老舗酒造会社、加賀の井酒造は今も再建途上だ。現在、富山県黒部市の酒造会社の一角を借り、日本酒を製造

犬や猫の顔をかたどったフラワーアレンジメントが人気!/名古屋市の生花店 画像
インバウンド・地域活性

犬や猫の顔をかたどったフラワーアレンジメントが人気!/名古屋市の生花店

 名古屋市の生花店が作る犬や猫の顔をかたどったフラワーアレンジメントが人気だ。 作り手は、花広場mahiruの中村淑江代表(44)。県内産を中心とした約20本のカーネーションをスポンジに挿し、花を切っ

鶏ムネ肉、2割高で推移/高い健康性、スーパーの販売好調! 画像
制度・ビジネスチャンス

鶏ムネ肉、2割高で推移/高い健康性、スーパーの販売好調!

 国産鶏ムネ肉相場が前年より2割近く高い水準で推移している。異例の高値だった2015年に並んだ。蒸し鶏の「サラダチキン」向けなど、業務需要が堅調なことに加え、スーパーが家庭向け鍋物商材でモモ肉からムネ

食材と調味料とレシピを宅配、若者が注目!/ミールキットに共働き世代が支持 画像
制度・ビジネスチャンス

食材と調味料とレシピを宅配、若者が注目!/ミールキットに共働き世代が支持

 1食分の野菜などの食材と調味料、レシピが詰まった「ミールキット」の宅配サービスに、若者が注目していることがタキイ種苗の調査で分かった。20代と30代の4割が「興味がある」と回答し、今後の利用に前向き

幻のもち米「梅三郎」で正月用切り餅/雪に負けず製造最盛、新潟県長岡市 画像
インバウンド・地域活性

幻のもち米「梅三郎」で正月用切り餅/雪に負けず製造最盛、新潟県長岡市

 新潟県長岡市の農事組合法人田代農産で、幻のもち米と呼ばれる「梅三郎」を使った正月用の切り餅の製造がピークを迎えている。社員やパート16人は、今夏の豪雨による土砂崩れや例年に比べて早い降雪の影響で、主

苦境が続く書店と知名度不足に悩むブランド牛がタッグ!/「なぎビーフ」知名度向上へ 画像
インバウンド・地域活性

苦境が続く書店と知名度不足に悩むブランド牛がタッグ!/「なぎビーフ」知名度向上へ

 苦境が続く書店と知名度不足に悩むブランド牛が、タッグを組んだ。岡山、鳥取両県の対象書店で本を買うと、岡山県奈義町の特産「なぎビーフ」が当たるキャンペーンを展開。相乗効果は抜群で、開始1カ月で3万件を

Xマスケーキ需要に変化、メロンやチョコが人気 画像
制度・ビジネスチャンス

Xマスケーキ需要に変化、メロンやチョコが人気

 イチゴケーキが定番だったクリスマス商戦に、じわり変化が出てきている。メロンなど他の果実や、チョコレートで飾った商品が増え、売り上げも伸びている。好みの多様化に加え、クリスマスパーティーを複数回楽しむ

ブロッコリー育てて調理、クリスマスツリーに!/地元の農作物のファンづくり 画像
インバウンド・地域活性

ブロッコリー育てて調理、クリスマスツリーに!/地元の農作物のファンづくり

 三重県のJA一志東部は13日、松阪市立米ノ庄小学校の3年生32人と、クリスマスツリーをかたどった「ブロッコリーツリー」を作った。使ったブロッコリーは、JAの指導を受けて児童が学校の畑で栽培し、同日収

米粉のPR/三波春夫さんのバーチャル歌声を再現したCD、発売! 画像
制度・ビジネスチャンス

米粉のPR/三波春夫さんのバーチャル歌声を再現したCD、発売!

 「お米から生まれた魔法の粉~」。米粉のPR曲を収録したCDが13日、発売される。歌うのは昨年デビューを果たしたハルオロイド・ミナミで、昭和を代表する歌手の故三波春夫さんを再現したバーチャル(仮想)ア

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 最後
Page 1 of 32
page top