農業に関するニュースまとめ一覧

昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高! 画像
海外進出

昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

 輸出額100億円を超える国産農畜産物のうち、牛肉と緑茶が2016年に過去最高を更新したことが、財務省の貿易統計で分かった。和牛の認知度向上や世界的な和食ブームが追い風となり、消費を伸ばした。一方、リ

【社歌コン 応募社の横顔:18】農業の未来を歌で問う-千葉の農業法人 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:18】農業の未来を歌で問う-千葉の農業法人

「小松菜にメタルを聴かせたら、もしかすると鉄分が増えるのでは?」という思い付き。そこに日本の農業を憂う想いを込めたのが、農業生産法人ベジフルファームの社歌です。この取り組みはやがて会社に人を集め、PR戦略の中心としての役割を担っていきます。

【社歌コン 応募社の横顔:11】地域交流に社歌ダンスを!-新潟のJA 画像
人材

【社歌コン 応募社の横顔:11】地域交流に社歌ダンスを!-新潟のJA

社歌にダンスを組み合わせることで、地域の人々とのコミュニケーションが生まれたのが、新潟県三条市で事業を展開する「JAにいがた南蒲」です。この取り組みを通じて組織内にも交流が生まれ、部署の垣根を超えた協力体制が生まれつつあります。

日本茶のブランド統一、動き加速。覚えて⇒帰って⇒買って 画像
インバウンド・地域活性

日本茶のブランド統一、動き加速。覚えて⇒帰って⇒買って

 消費低迷が続く緑茶で、地域やJA単位で細分化されていた銘柄を一つに統一する動きが活発になっている。増加するインバウンド(訪日外国人)需要を取り込むため、インパクトのあるブランド&Primeで訴求

九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用! 画像
インバウンド・地域活性

九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

 国産ブドウを100%使った日本ワインブームが追い風となり、九州管内で造られたワインの人気が高まっている。後発産地だったが、ワイナリーが醸造技術を高め、需要を取り込んだ。原料のブドウは中山間地の遊休農

人材育成は駅ナカで。農村の駅に研究室、神戸大学が新設 画像
インバウンド・地域活性

人材育成は駅ナカで。農村の駅に研究室、神戸大学が新設

 神戸大学は、大学と地域が共に地域課題の解決を目指す研究室「神戸大学・篠山市農村イノベーションラボ」を兵庫県篠山市のJR篠山口駅に新設した。住民と共に新しい農村ビジネスの開発や人材育成を進める拠点とす

青森産リンゴ「ふじ」が過去最高値、東京・大阪市場 画像
制度・ビジネスチャンス

青森産リンゴ「ふじ」が過去最高値、東京・大阪市場

 東京都中央卸売市場大田市場に15日、系統の青森産リンゴ「ふじ」が初入荷し、1ケース(10キロ・特選28玉級・高値)が50万円(税別)と過去最高値で取引された。これまでの同市場での最高値は2015年の

【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産! 画像
IT業務効率

【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

 農業はIT化が遅れているといわれているが、その分だけ身近なところにICTを導入するだけでも効果は高い。新潟県の米農家「そうえん農場」では、タブレットを使って日々の作業、肥料や農薬の量、気温・湿度などをクラウドに記録。

新銘柄は高級路線、16年産米の商戦本格化 画像
インバウンド・地域活性

新銘柄は高級路線、16年産米の商戦本格化

 2016年産米の商戦が本格化し、「青天の霹靂(へきれき)」や「新之助」といった新顔銘柄がスーパーや百貨店でお披露目となった。良食味を売りに、1キロ当たり500円以上の高級路線を打ち出す。米の販売競争

【新価値創造展16】会津大学、アイガモロボットで稲作支援! 画像
IT業務効率

【新価値創造展16】会津大学、アイガモロボットで稲作支援!

「アイガモ農法」というのをご存じだろうか。水田にアイガモを放し、そのアイガモが雑草や害虫を食べると同時に中耕して稲の生育を助けるという農法だ。会津大学はそれをロボットにやらそうと考えたのだ。

【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電 画像
IT業務効率

【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

 耕作地に支柱を立てて太陽光発電システムを設置し、農業と発電事業を同時に行う「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」。

【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培 画像
IT業務効率

【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

 就農人口の減少と担い手の高齢化が、農業における大きな問題となっている。農業従事者の負担を減らし、新規就農を促進するためには、生産性や収益の向上が不可欠。そのために注目されているのがITの導入だ。

野菜高騰で異常事態発生!「産地に納税」が急増!! 画像
制度・ビジネスチャンス

野菜高騰で異常事態発生!「産地に納税」が急増!!

 天候不順に伴う野菜価格の高騰が意外なところにも影響を与えている。キャベツなどの野菜をふるさと納税の返礼品としている自治体では寄付が急増、前年同時期と比べて倍増したケースもある。ホームセンターでは野菜

リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に 画像
海外進出

リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

 2016年のリンゴと緑茶、牛肉の各輸出額が、過去最高を更新する勢いだ。財務省がまとめた貿易統計によると、今年1~9月までの輸出額は軒並み前年同期を上回った。円高の進行による急ブレーキも懸念されていた

納豆パワー大全開! その秘密に迫る!! 画像
IT業務効率

納豆パワー大全開! その秘密に迫る!!

 納豆をはじめ大豆製品が体にいいことが大学などの研究機関で、次々と明らかになってきた。抗がんや抗菌作用、妊婦のうつ症状にも効果があることが分かった。パワーの秘密に迫った。 納豆に含まれる成分に抗がんや

「食と農の景勝地」の第1弾5地域、農村に訪日客を誘致 画像
インバウンド・地域活性

「食と農の景勝地」の第1弾5地域、農村に訪日客を誘致

 農水省は4日、食と農業、景観など地域の魅力を一体的に発信する取り組みを認定する「食と農の景勝地」の第1弾で、5地域を発表する。豊かな自然や食文化を核に、観光需要の掘り起こしが期待できるとして選んだ。

耕地面積、前年割れ55年連続。山間部中心に荒廃増 画像
インバウンド・地域活性

耕地面積、前年割れ55年連続。山間部中心に荒廃増

 2016年の耕地面積(田畑計、7月15日現在)は447万1000ヘクタールと、前年より2万5000ヘクタール(0.6%)減ったことが農水省の調べで分かった。前年割れは55年連続。山間部などの条件不利

渋谷・銀座のビルの屋上で農業!? 野菜や米収穫、商品化も 画像
インバウンド・地域活性

渋谷・銀座のビルの屋上で農業!? 野菜や米収穫、商品化も

 東京の渋谷や銀座といった大都会のど真ん中のビルの屋上で“農業”に挑む試みが広がってきた。屋上で、少量でもサツマイモや米を栽培・収穫することで、企業や人の縁が芽生えたりお金が回ったりする効果が出ている

Made in USAの「山田錦」。米国産清酒はホンモノか? 画像
海外進出

Made in USAの「山田錦」。米国産清酒はホンモノか?

 米の生産量が全米の半分を占めるアーカンソー州で、一風変わった米が収穫された。酒造好適米の「山田錦」や「五百万石」「雄町」だ。試験栽培は5年ほど前から始まり、作付けは今年、45ヘクタールに広がった。収

若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%? 画像
制度・ビジネスチャンス

若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

 日本農業新聞が、東京都内の20歳代100人に米の消費に関する街頭調査を行ったところ、1カ月間に米を「食べない」割合が16%に上った。米を食べる頻度が「週1回未満」も9%と合計で25%を占め、若者の米

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 最後
Page 1 of 22
page top