農業に関するニュースまとめ一覧

カートのタブレットで野菜の市況がわかる!/スーパーで新サービス 画像
IT業務効率

カートのタブレットで野菜の市況がわかる!/スーパーで新サービス

 スーパーの買い物客が、ショッピングカートに取り付けたタブレット端末から、農産物の市況情報を受け取れるサービス「ショピモ」が注目を集めている。三井物産子会社のマーケティング・グラビティ(東京都港区)が

10年かけて育成した鳥取のお米「プリンセスかおり」/強い香りともちもちとした食感 画像
インバウンド・地域活性

10年かけて育成した鳥取のお米「プリンセスかおり」/強い香りともちもちとした食感

 鳥取県は17日、県農業試験場が育成した新品種の香り米「プリンセスかおり」をPRしようと、東京都中央区の百貨店「銀座三越」で試食販売会を行った。開発に取り組んだ研究員が同品種の解説や相性の良いレシピを

チョコレートの新しい楽しみ方/見て味わって「ベジフルマンディアン」 画像
制度・ビジネスチャンス

チョコレートの新しい楽しみ方/見て味わって「ベジフルマンディアン」

 溶かしたチョコレートに乾燥させた野菜や果物を載せて華やかに彩り、冷やして固めた「ベジフルマンディアン」。写真映え抜群とあって、インターネット交流サイト(SNS)上に、写真を投稿する人がいるなど、人気

ジビエ利用、鹿が最多、食肉販売の8割/イノシシの利用拡大が課題 画像
インバウンド・地域活性

ジビエ利用、鹿が最多、食肉販売の8割/イノシシの利用拡大が課題

 農水省は、鹿やイノシシなど野生鳥獣の肉(ジビエ)について、利用量の調査結果を初めて公表した。2016年度の利用量は1283トン。獣種は鹿が最も多く、北海道での利用が最多だった。政府は調査結果を基に課

訪日外国人旅行者 “食の土産” 19%増額/和食ブーム浸透 17年速報値 画像
インバウンド・地域活性

訪日外国人旅行者 “食の土産” 19%増額/和食ブーム浸透 17年速報値

 訪日外国人の消費動向に関する観光庁の調査を基に、農水省が推計した。外国人旅行者の食品等の購入額は、13年の1270億円から順調に伸び続けている。 17年の食品等の購入額の内訳は、菓子類が1589億円

米商品相次ぐ値上げ、人手不足が主因? 画像
人材

米商品相次ぐ値上げ、人手不足が主因?

 業務用米の価格上昇を主な要因として、外食や食品メーカーが米飯商品の値上げに相次いで踏み切っている。だが、2017年度に価格改定をした牛丼やパックご飯などを調べると、米の値上がり以上に、人手不足による

きな粉スイーツの販売強化、高級感で若い女性中心に支持/和洋折衷が決め手 画像
制度・ビジネスチャンス

きな粉スイーツの販売強化、高級感で若い女性中心に支持/和洋折衷が決め手

 製菓メーカーや大手コンビニエンスストアが、きな粉を使ったスイーツの販売を強めている。和風菓子に洋風の要素を取り入れた商品の人気の高まりを受け、味にくせがなく、アイスクリームや生クリームといった素材と

寒さ忘れる美しさ、かき餅づくり大詰め/石川県白山市 画像
インバウンド・地域活性

寒さ忘れる美しさ、かき餅づくり大詰め/石川県白山市

 厳冬期の風物詩であるかき餅づくりが、石川県白山市で大詰めを迎えている。作業するのは、井関生産組合。冷え込む倉庫の中で、赤や緑、黄など色鮮やかなかき餅が短冊のようにつるされ、2カ月間じっくりを乾燥させ

愛妻の日 1月31日/一言添えて あやかり商品 農産物が続々 画像
制度・ビジネスチャンス

愛妻の日 1月31日/一言添えて あやかり商品 農産物が続々

 妻に感謝を伝えるきっかけにして──。1月31日の「愛妻の日」を、農産物のブランド化や地域振興につなげようと、農家や産地発の“愛妻商品”が続々生まれている。普段は照れくさくてなかなか伝えられない妻への

甘~いイチゴ「咲姫」ヒット!開発のきっかけはTOKIO/佐賀県白石町 画像
制度・ビジネスチャンス

甘~いイチゴ「咲姫」ヒット!開発のきっかけはTOKIO/佐賀県白石町

糖度16、海外でも評判 農家が育成し昨年2月に品種登録を受けたイチゴ「咲姫」が、平均糖度16という甘さを武器に、海外からも引き合いが強い有力品種に育っている。佐賀県白石町の中村和好さん(65)が作り上

映画『星めぐりの町』小林稔侍演じる豆腐職人と被災少年/食や地域をテーマに 画像
インバウンド・地域活性

映画『星めぐりの町』小林稔侍演じる豆腐職人と被災少年/食や地域をテーマに

地元米を贈呈 舞台のJAあいち豊田 食や農業、農村を舞台にした映画が増えている。27日からは、愛知県豊田市を舞台にベテラン俳優の小林稔侍さんが豆腐職人を演じた初主演映画「星めぐりの町」が全国公開となる

雪や風に負けない、木造構造のビニールハウス/広島県廿日市市 画像
制度・ビジネスチャンス

雪や風に負けない、木造構造のビニールハウス/広島県廿日市市

 広島県廿日市市に木造構造のビニールハウスが登場した。市内産材を活用して大雪、台風などの影響を受けずに農業生産ができるかを実証しようと、市の事業で3月に設置。地元のJA佐伯中央が実証試験に協力し、効果

話題の「新かんきつ」フィンガーライムの経済栽培に挑戦! 1キロ数万円 画像
制度・ビジネスチャンス

話題の「新かんきつ」フィンガーライムの経済栽培に挑戦! 1キロ数万円

 鹿児島県宇検村に農業で新規参入した後藤恭子さん(41)は、インターネット上などで話題になっている新かんきつ、フィンガーライムの経済栽培に挑戦している。色や香りに魅力を感じ、最初は国内業者から苗を入手

イチゴ商戦ピークへ、独自品種で高級感/味、香り、大玉 多彩に、ギフトも好調 画像
制度・ビジネスチャンス

イチゴ商戦ピークへ、独自品種で高級感/味、香り、大玉 多彩に、ギフトも好調

 1月15日は「イチゴの日」──。2018年のイチゴ商戦が最盛期に入り、各県オリジナルの新品種をギフトなどの高級路線で売り込む動きが出てきた。粒の大きさや香り、食味の良さといった品種ごとの特色をアピー

節分に向けて「恵方巻き」商戦本格化/今年は少量タイプが充実 画像
制度・ビジネスチャンス

節分に向けて「恵方巻き」商戦本格化/今年は少量タイプが充実

 2月3日の節分に向けて「恵方巻き」商戦が本格化している。大手コンビニエンスストアやスーパーは、少人数家族の増加を意識して少量タイプの商品を充実させる。単価やボリュームを抑えることで、他の総菜や汁物商

「糸引き納豆の日」(1月10日)イベント開催、吉田沙保里選手がゲストに登場! 画像
制度・ビジネスチャンス

「糸引き納豆の日」(1月10日)イベント開催、吉田沙保里選手がゲストに登場!

 全国納豆協同組合連合会(納豆連)は10日、「糸引き納豆の日」(1月10日)に合わせたイベントを、東京都内で開いた。女子レスリング世界大会16連覇の記録を持つ吉田沙保里選手がゲストに登場。納豆を体づく

地ビール人気アップ、地場産ホップでトップ狙え! 画像
インバウンド・地域活性

地ビール人気アップ、地場産ホップでトップ狙え!

 近年のクラフトビール(地ビール)ブームを受けて、新たにホップの栽培に乗り出す動きが出てきた。ビールの香りや苦味を左右するホップだが、大半が欧州などの外国産。国内でも生産されているが、大部分は大手酒造

昆虫食って美味? ブームの予感/昆虫食が食料不足を解決する! 画像
制度・ビジネスチャンス

昆虫食って美味? ブームの予感/昆虫食が食料不足を解決する!

 蜂の子やイナゴなど古くから農村部を中心に根付いてきた昆虫食に、注目が集まっている。長野県伊那市では昆虫食を見つめ直そうと「大昆蟲(こんちゅう)食博」が開かれ、東京の若者向け居酒屋ではイナゴのつくだ煮

沖縄の離島、“おばあ”運営の「山里ゆんたく市場」が生まれ変わる 画像
インバウンド・地域活性

沖縄の離島、“おばあ”運営の「山里ゆんたく市場」が生まれ変わる

 沖縄県の離島、久米島町で60代の“おばあ”が運営する直売所「山里ゆんたく市場」が生まれ変わろうとしている。後押しするのは20代の若者。利用者を従来の地元住民だけでなく、観光客にまで広げようと、地元産

戸田建設が園芸実証ハウスでイチゴ収穫/IoTで設備や機器を制御 画像
IT業務効率

戸田建設が園芸実証ハウスでイチゴ収穫/IoTで設備や機器を制御

 戸田建設が茨城県常総市に3月に設置した施設園芸事業の実証ハウス「TODA農房」で初の農作物となるイチゴの収穫が始まった。品種は「紅ほっぺ」。大ぶりで色づきの良い実を結び、糖度や重量も標準以上という。18年5月までに約2 […]

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 最後
Page 1 of 30
page top