地方創生に関するニュースまとめ一覧(50ページ目)

地域の発展なくして日本経済の発展はありえません。政府・自治体の取り組み、戦略、事例に関する最新記事の他、各地の企業による地域活性化の活動を取材・インタビューを含めてお届けします。

関連特集
道の駅 空き家 UIJターン
首都圏の飲食店をPRの拠点に! 秋田の地酒フェアを1・2月に開催 画像
インバウンド・地域活性

首都圏の飲食店をPRの拠点に! 秋田の地酒フェアを1・2月に開催

 秋田県雄勝(おがち)地域振興局と横手市は総合フードサービス企業のラムラとのタイアップで、東京都内にある飲食店で地酒を提供する「秋田県“ゆざわ・よこて”日本酒フェア」を開催する。

「すき焼き応援県」が伊ミラノのレストランでスペシャルメニュー 画像
インバウンド・地域活性

「すき焼き応援県」が伊ミラノのレストランでスペシャルメニュー

 イタリア・ミラノのレストラン「SUSHI B」のエグゼクティブシェフ・新森伸哉氏は、黒毛和牛A5ランクの「上州和牛」やこんにゃくなど群馬県食材を使った特別コースをイタリアの食関係者に披露した。

15年度補正予算、国交省関係は3世代同居や緊急防災など 画像
インバウンド・地域活性

15年度補正予算、国交省関係は3世代同居や緊急防災など

 国の15年度補正予算の編成に向けた取り組みが本格化している。先週末に自民党内では、政務調査会の各部会が相次いで開かれ、各府省から現段階の検討状況を聴取した。国土交通部会(秋元司部会長)も4日に関係合同会議を開き、国土交 […]

宮城県石巻市に残る昭和初期の百貨店・旧観慶丸商店、保存工事へ 画像
インバウンド・地域活性

宮城県石巻市に残る昭和初期の百貨店・旧観慶丸商店、保存工事へ

 宮城県石巻市は、同市で最初の百貨店として1930(昭和5)年に開業した「旧観慶丸商店」=写真=の保存・活用を図るため、本年度内に工事を発注する。木造建築にもかからわず店舗の外壁を全面タイル張りにしており、全国的にも貴重 […]

日本下水道事業団、自治体と初の災害支援協定…復旧に迅速対応 画像
インバウンド・地域活性

日本下水道事業団、自治体と初の災害支援協定…復旧に迅速対応

 日本下水道事業団(JS、谷戸善彦理事長)は3日、全国で初めて宮崎県川南町と「災害支援協定」を締結した。同協定に基づき、災害時に同町から要請があった場合は、建設工事の協定を締結せずに、被災施設の復旧に向けた緊急工事などを […]

観光にもアンドロイド…マツコロイドが冬の札幌PR大使に 画像
インバウンド・地域活性

観光にもアンドロイド…マツコロイドが冬の札幌PR大使に

 店頭などでロボットが活躍するケースが増えてきている中、今度はアンドロイドのPR大使が生まれた。

東北酒造5社が協同で「東北魂ビール」醸造…新たに一般向けも 画像
インバウンド・地域活性

東北酒造5社が協同で「東北魂ビール」醸造…新たに一般向けも

 クラフトビール「いわて蔵ビール」を展開する「世嬉の一酒造」(岩手県)が、東北の酒造メーカーと共同で「東北魂ビールプロジェクト」をスタートさせた。5回目となる今回は、新たに一般向けボトルビールも販売する。

サンタがなぜか富士山で修行…周辺施設協力のPRムービー 画像
インバウンド・地域活性

サンタがなぜか富士山で修行…周辺施設協力のPRムービー

 御殿場・富士山周辺の観光スポットをPRするムービーを、御殿場プレミアム・アウトレットを運営する三菱地所・サイモンが公開した。

本日の新聞から:安全か経済か? 北海道新幹線、3分差で4時間の壁越えられす 画像
インバウンド・地域活性

本日の新聞から:安全か経済か? 北海道新幹線、3分差で4時間の壁越えられす

JR北海道とJR東日本の発表によると、北海道新幹線の開業時のダイヤで東京と新函館北斗の間の所要時間は最も速い列車で4時間2分とし、4時間未満で結ぶ列車の運行は見送られる。

名古屋城天守閣の木造復元、市として初のプロポーザル方式に 画像
インバウンド・地域活性

名古屋城天守閣の木造復元、市として初のプロポーザル方式に

 名古屋市は2日、名古屋城天守閣整備事業の公募型プロポーザル(WTO対象)を公告した。市では初の技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)で、天守閣の木造復元に伴う実施方針や工程計画、概算事業費などの技術提案を求める。参 […]

【まちてん】バックパッカーならではの旅行予約サイト 画像
インバウンド・地域活性

【まちてん】バックパッカーならではの旅行予約サイト

旅行サイト「Voyagin」(ボヤジン)を立ち上げた高橋理志氏が、地方創生イベント「まちてん」の初日に行われたカンファレンス「エクスペリエンス編」に登場。Voyaginを立ち上げた経緯と、そこで学んだことなどについて語った。

静岡県焼津市の新庁舎基本構想案策定、民間資金活用も検討 画像
インバウンド・地域活性

静岡県焼津市の新庁舎基本構想案策定、民間資金活用も検討

 静岡県焼津市は、新庁舎基本構想案をまとめた。建設地は現在地エリアに決定。必要な延べ床面積は約1万5100平方メートルと試算し、全面的な建て替えと現庁舎を活用し増築する2ケースを想定した。最短で20年度の完成が可能だが、 […]

鳥取マラソンメイン会場で名物PR! 県が出店者募集 画像
インバウンド・地域活性

鳥取マラソンメイン会場で名物PR! 県が出店者募集

 鳥取県は2016年3月13日に開催される「鳥取マラソン2016」で、メイン会場に出店する事業者を募集する。出店場所は布勢総合運動公園のコカ・コーラウエストスポーツパーク内。

【まちてん】セグウェイも走る! 限界集落の棚田再生 画像
インバウンド・地域活性

【まちてん】セグウェイも走る! 限界集落の棚田再生

 地方創生まちづくりEXPO「まちてん」が開催。初日のカンファレンス「エクスペリエンス編」では、「棚田deセグウェイ」をはじめ、次世代の地域モビリティをプロデュースしたNPO法人の英田上山(あいだうえやま)棚田団の松原徹郎氏が登壇した。

【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】蔵元の若手が集まり名古屋の地酒をPR……ナゴヤクラウド 画像
インバウンド・地域活性

【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】蔵元の若手が集まり名古屋の地酒をPR……ナゴヤクラウド

名古屋市では、蔵元の若手らが立ち上がり、2014年に「ナゴヤクラウド」という組織を結成。日本酒のPRに力を入れている

創業400年迎える有田焼、3Dプリンタ活用など17の新計画 画像
インバウンド・地域活性

創業400年迎える有田焼、3Dプリンタ活用など17の新計画

 日本初の磁器として知られる佐賀県の有田焼が、2016年に創業400年を迎える。これに合わせ、佐賀県有田焼創業400年事業実行委員会が新たな有田焼のプロジェクトを始動させる。

クリスマスもお米で! 山形県で米粉クリスマスケーキ販促 画像
インバウンド・地域活性

クリスマスもお米で! 山形県で米粉クリスマスケーキ販促

 食糧自給率の向上や米需要拡大を狙って官民で普及活動が行われている米粉。パンやケーキといった、従来小麦粉が使われている食品分野での活用が進められているなか、山形県では米粉を使ったクリスマスケーキのキャンペーンが行われる。

インバウンド牽引するインフラ・鉄道を地方創生のカギに 画像
インバウンド・地域活性

インバウンド牽引するインフラ・鉄道を地方創生のカギに

 全国に広がる鉄道ネットワークが地域の街づくりに与える影響は大きい地方創生でも、公共交通インフラ鉄道を積極的に活用して地域の魅力を高めようとする動きが活発化。JR九州は都内でシンポジウムを開き、鉄道と地域の発展のあり方を議論した。

福井・恐竜博物館、8か月連続で過去最高更新…新幹線効果着実 画像
インバウンド・地域活性

福井・恐竜博物館、8か月連続で過去最高更新…新幹線効果着実

 福井県にある恐竜博物館で11月における来館者数が8万1238人を記録し、11月の最多来館者数を更新した。恐竜博物館の月別来館者数記録は、これで5月以来7か月連続で過去最高を更新している。

宮城・名取駅前地区再開発で特定業務代行者を公募、準備組合 画像
インバウンド・地域活性

宮城・名取駅前地区再開発で特定業務代行者を公募、準備組合

 名取駅前地区市街地再開発準備組合(大浦法彦理事長)は1日、特定業務代行者の募集を開始する。JR名取駅東口に隣接した地区に延べ約1・5万平方メートルの再開発ビル=完成イメージ=を建設する事業。参加申し込みを11日まで受け […]

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 30
  5. 40
  6. 45
  7. 46
  8. 47
  9. 48
  10. 49
  11. 50
  12. 51
  13. 52
  14. 53
  15. 54
  16. 55
  17. 60
  18. 70
  19. 最後
Page 50 of 73
page top