地方創生に関するニュースまとめ一覧(30ページ目)

地域の発展なくして日本経済の発展はありえません。政府・自治体の取り組み、戦略、事例に関する最新記事の他、各地の企業による地域活性化の活動を取材・インタビューを含めてお届けします。

関連特集
道の駅 空き家 UIJターン
国交省が国土形成・社会資本整備の地方ブロック計画を決定。民間投資誘発へ2500事業 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省が国土形成・社会資本整備の地方ブロック計画を決定。民間投資誘発へ2500事業

 国土交通省は29日、全8地方ブロックごとに作る国土形成計画の広域地方計画(15~25年度)と、全10地方ブロックごとに作る社会資本整備重点計画の地方計画(15~20年度)をそれぞれ決定した。社会資本整備重点計画の地域計 […]

【大震災5年-これまでとこれから・18】日本下水道事業団事業統括部長・井上茂治氏 画像
インバウンド・地域活性

【大震災5年-これまでとこれから・18】日本下水道事業団事業統括部長・井上茂治氏

 ◇非常、平常時問わず支援できる体制を、ハードとソフト組み合わせ提案  日本下水道事業団(JS)は、東日本大震災直後の初動対応も含めて、これまで培ってきたノウハウを最大限生かしながら復旧・復興を支援してきた。  復旧は被 […]

【時事エッセイ】江戸のゴミ問題 画像
インバウンド・地域活性

【時事エッセイ】江戸のゴミ問題

 時は元禄9(1696)年、弥生終わりの29日。江戸にあふれるゴミ問題で、幕府は大きな決断をしたのであった…▼江戸幕府が開かれてほぼ1世紀がたった5代将軍綱吉の時代、江戸の町は人口の急増で市中にゴミがあふれ、衛生状態も極 […]

文科省が学校施設整備指針を改定。小中一貫校、他公共施設との複合化対応 画像
制度・ビジネスチャンス

文科省が学校施設整備指針を改定。小中一貫校、他公共施設との複合化対応

 文部科学省は、地方自治体向けに運用している公立学校施設の整備指針を改定した。ここ数年で普及してきた小中一貫校の整備計画や設計の留意事項を新たに追加。人口減少の進展で需要が増す学校以外の公共施設との複合化を進める際の配置 […]

新橋駅西口地区再開発の準備組合発足、地権者ら 画像
インバウンド・地域活性

新橋駅西口地区再開発の準備組合発足、地権者ら

 ◇2年後の都市計画決定めざす  東京都港区のJR新橋駅前にある「ニュー新橋ビル」周辺一帯で再開発を計画している権利者らが、「新橋駅西口地区市街地再開発準備組合」(佐藤幸雄理事長)を発足させたことが分かった。24日に準備 […]

観光の危機管理、「4つのR」で客と産業を守る 画像
インバウンド・地域活性

観光の危機管理、「4つのR」で客と産業を守る

 観光危機管理とは災害や事故などに対し、観光客と観光産業を守るものだ。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、観光客を守る部分は東京都や国を中心に対策が進んでいる。一方で観光産業を守る面は手つかずだ。観光産業はすそ野が広い分、被害が長引け…

岩手県宮古市で中心市街地拠点施設の建設事業。DB方式、交渉権者に鹿島JV 画像
インバウンド・地域活性

岩手県宮古市で中心市街地拠点施設の建設事業。DB方式、交渉権者に鹿島JV

 岩手県宮古市は「中心市街地拠点施設建設事業」の設計・施工者選定に向け、プロポーザルを行った結果、鹿島・日本国土開発・久米設計JVを優先交渉権者に選定した。  同JVのみが提案を提出していた。最低制限価格は61億5860 […]

沖縄シークヮーサーが地域団体商標の取得へ。JAおきなわ、認知度向上めざす 画像
インバウンド・地域活性

沖縄シークヮーサーが地域団体商標の取得へ。JAおきなわ、認知度向上めざす

 JAおきなわは2016年度から、「沖縄シークヮーサー」などの地域団体商標取得に向け、JAのホームページにシークワーサー専用ページを立ち上げる。認知度をアップして早期の商標取得と消費拡大を図る。固定価

【東北の農林水産業は復活する!】 福島の林業に働き手を呼び戻す、絆の積み木と放射線防護ジャケット 画像
インバウンド・地域活性

【東北の農林水産業は復活する!】 福島の林業に働き手を呼び戻す、絆の積み木と放射線防護ジャケット

 福島の林業には他の地には無い特徴がある。それは、森林の管理と伐採・販売を行う事業者が異なること。そのうち、森林の管理を行っているのが「福島県森林組合連合会」。山の持ち主から依頼されて、森林調査や間伐などを行うのが彼らの仕事だ。

名古屋市が名駅周辺トータルデザイン検討会議を設置、リニア開業へまちづくり構想具体化 画像
制度・ビジネスチャンス

名古屋市が名駅周辺トータルデザイン検討会議を設置、リニア開業へまちづくり構想具体化

 名古屋市は、リニア中央新幹線の27年開業をにらんだ名古屋駅周辺まちづくり構想の具体化を目指し「名古屋駅周辺エリアにおけるトータルデザイン検討会議」(座長・篠原修東大名誉教授)を立ち上げ、28日に中区金山の名古屋都市セン […]

JR東海が16年度設備投資計画。総額4230億円、リニア新幹線に1130億円 画像
インバウンド・地域活性

JR東海が16年度設備投資計画。総額4230億円、リニア新幹線に1130億円

 JR東海は16年度の設備投資計画をまとめた。投資額は4230億円(連結ベース)で過去最大の規模。リニア中央新幹線の建設事業関連に1130億円、超電導リニア技術の研究開発関連に30億円を計上。リニア関連を除いた単体の設備 […]

岐阜県らがリニア新幹線・岐阜駅周辺整備で概略設計作成、17年度の事業認可めざす 画像
インバウンド・地域活性

岐阜県らがリニア新幹線・岐阜駅周辺整備で概略設計作成、17年度の事業認可めざす

 岐阜県は22日、リニア中央新幹線活用戦略研究会の第10回基盤整備部会(部会長・竹内伝史岐阜大名誉教授)を開き、中津川市内で計画しているリニア岐阜県駅周辺整備の概略設計をまとめた。駅前広場は南北に設け公共と一般の交通を分 […]

サミットをチャンスに! 三重県・アンテナショップの挑戦 画像
インバウンド・地域活性

サミットをチャンスに! 三重県・アンテナショップの挑戦

 2015年6月5日、安部首相が伊勢志摩サミットの開催を発表。その第一報に沸き立つ三重県県庁で、三重県雇用経済部に所属する安保雅司氏は急ぎの電話をかけていた。

文科省有識者会議が国立大整備5カ年計画の最終報告、キャンパス475万平米を改修 画像
制度・ビジネスチャンス

文科省有識者会議が国立大整備5カ年計画の最終報告、キャンパス475万平米を改修

 ◇付属病院70万平米を再開  文部科学省の有識者会議は23日、国立大学法人施設の次期5カ年整備計画(16~20年度)の策定に向けた最終報告をまとめた。  老朽化が進むキャンパスや付属病院などの施設と基幹設備の改築・改修 […]

脇雅史参院議員「不当な利益」上げたのか……参院国交委で東北の舗装談合めぐり疑義 画像
インバウンド・地域活性

脇雅史参院議員「不当な利益」上げたのか……参院国交委で東北の舗装談合めぐり疑義

 脇雅史参院議員は23日の参院国土交通委員会(金子洋一委員長)で質問に立ち、公共工事での談合をめぐって持論を展開した。東日本大震災の被災地の舗装工事で談合があったとして独占禁止法違反に関与したとされる各社が起訴されたこと […]

東京メトロが駅周辺開発の提案公募、駅接続を事前協議。初弾は茅場町駅と赤坂駅 画像
制度・ビジネスチャンス

東京メトロが駅周辺開発の提案公募、駅接続を事前協議。初弾は茅場町駅と赤坂駅

 東京メトロは、地下鉄駅の出入り口の整備に当たり、駅周辺で建物の建て替えや再開発を検討している民間事業者と連携する新たな取り組みを始める。民間事業者から駅との接続を前提とした開発計画を公募する「駅周辺開発における公募型連 […]

国交省政策懇が不動産投資市場の成長戦略策定。観光や物流に照準、リート市場機能強化 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省政策懇が不動産投資市場の成長戦略策定。観光や物流に照準、リート市場機能強化

 国土交通省の不動産投資市場政策懇談会(座長・田村幸太朗牛島総合法律事務所弁護士)は22日の会合で、2020年ごろにJリート(不動産投資信託)など不動産投資市場の資産規模を約30兆円に倍増させることを目標にした成長戦略を […]

【大震災5年-これまでとこれから・16】水産庁漁港漁場整備部長・高吉晋吾氏 画像
インバウンド・地域活性

【大震災5年-これまでとこれから・16】水産庁漁港漁場整備部長・高吉晋吾氏

 ◇高度衛生管理など機能強化推進、地方創生モデルで産業再生も  5年前、巨大津波が東北地方を中心に太平洋沿岸を襲った。地域の水産業は壊滅的な打撃を受け、漁港や養殖施設、背後の加工施設、人々が暮らす漁村全体に被害が及んだ。 […]

山形駅西口の拠点施設建設、16年度早々に入札公告 画像
インバウンド・地域活性

山形駅西口の拠点施設建設、16年度早々に入札公告

 山形県は「山形駅西口拠点施設」=完成予想=の整備に向け、16年度早々にも建設工事の入札を公告する。落札者決定後、9月の県議会での承認を経て正式に契約し、工事に着手する見通し。JR山形駅西口駅前に、文化施設や県産品を取り […]

米での返礼が1万3100トンで東北が最多、15年ふるさと納税で農水省が初の調査 画像
インバウンド・地域活性

米での返礼が1万3100トンで東北が最多、15年ふるさと納税で農水省が初の調査

 自治体向けの寄付金税制「ふるさと納税」の返礼品で提供された米が、2015年で1万3100トンに上ったことが、農水省の調査で明らかになった。全国の半数近くの市町村が取り組むなど、返礼品としての、米の流

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 25
  5. 26
  6. 27
  7. 28
  8. 29
  9. 30
  10. 31
  11. 32
  12. 33
  13. 34
  14. 35
  15. 40
  16. 50
  17. 最後
Page 30 of 74
page top