地方創生に関するニュースまとめ一覧(3ページ目)

地域の発展なくして日本経済の発展はありえません。政府・自治体の取り組み、戦略、事例に関する最新記事の他、各地の企業による地域活性化の活動を取材・インタビューを含めてお届けします。

関連特集
道の駅 空き家 UIJターン
川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画 画像
インバウンド・地域活性

川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

 JR東日本は川崎市幸区のJR川崎駅西口大宮町地区の社有地に、総延べ14万平方メートルのオフィスとホテルの2棟を建設する。設計はJR東日本建築設計事務所が担当。施工者は未定。環境影響評価手続きを経て18年2月の着工、22 […]

那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ 画像
インバウンド・地域活性

那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

 那覇空港ビルディング(那覇市)が那覇市鏡水の同空港内で計画している「際内連結ターミナル施設建設工事」の安全祈願祭が11日、現地で開かれた。既存の国内線旅客ターミナルビルと国際線旅客ターミナルビルを結ぶ新たなビルを建設す […]

【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:2】小山薫堂氏の注目作品は? 画像
イベント

【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:2】小山薫堂氏の注目作品は?

 地域性を重視したモノづくりの文化に、世代交代の中で新たな取り組みが芽吹きつつある。そんな挑戦を行う若者たちを“匠”と呼び、そのプロダクトを支援するのが「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」だ。

1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増 画像
インバウンド・地域活性

1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

 豪雪地帯の新潟県長岡市山古志や川口地区の棚田で育てたニシキゴイが、「NISHIKIGOI」として海外から注目を浴びている。富裕層からの引き合いが強く輸出額は年々伸び、養鯉(ようり)業を継ぐ若者も出て

岩手・宮城の復興祈念公園、3月に着工へ。震災から6年の節目に合わせ 画像
インバウンド・地域活性

岩手・宮城の復興祈念公園、3月に着工へ。震災から6年の節目に合わせ

 東北地方整備局らが岩手県陸前高田市と宮城県石巻市に計画する復興祈念公園の基盤整備工事が、3月に始まることが分かった。同局の川瀧弘之局長が11日に会見し明らかにした。東日本大震災発生から3月で丸6年の節目を迎えるのに合わ […]

【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技 画像
イベント

【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

 日本各地で古くから受け継がれたモノ作りが、日用品から伝統工芸という呼び方をされるに至り、その市場は縮小を続けている。

虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画 画像
インバウンド・地域活性

虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

 ◇総延べ82万平米、18年度着工へ  東京都港区の「虎ノ門・麻布台地区市街地再開発準備組合」が総延べ床面積約82万平方メートルの大規模再開発を計画していることが分かった。約8・1ヘクタールの対象区域内に高さ約330メー […]

阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備 画像
インバウンド・地域活性

阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

 ◇アプローチ部の高架化も実施  1級河川淀川の下流部を渡る阪神なんば線淀川橋梁(橋長758メートル)の架け替えに向け、近畿地方整備局は、大阪府、大阪市、阪神電鉄と「阪神なんば線淀川橋梁改築に係る事業調整協議会」を設立し […]

東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設 画像
インバウンド・地域活性

東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

 東京都中央区の「豊海地区再開発準備組合」(衣川洋理事長)は、東京臨海部に最高高さ189メートルのタワーマンション2棟を建設する第1種市街地再開発事業の環境影響評価書案を都に提出した。20年度の着工、25年度の竣工を目指 […]

東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m! 画像
インバウンド・地域活性

東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

 関東地方整備局東京港湾事務所は16年12月28日、東京港臨港道路南北線の本体となる国内最長の沈埋函の初出渠を報道陣に公開した。三菱重工業横浜製作所(横浜市中区)の製作ドックで完成した長さ134メートルの沈埋函(鋼殻)を […]

糸魚川火災の教訓、自治体に大規模火災の危険性確認 画像
インバウンド・地域活性

糸魚川火災の教訓、自治体に大規模火災の危険性確認

 石井啓一国土交通相は6日の閣議後の記者会見で、昨年12月に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災を受け、地方自治体に対し、大規模火災が発生する危険性の高い市街地がないかどうかを確認し、必要な対策を講じるよう求める方針を示し […]

茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定 画像
インバウンド・地域活性

茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

 JR西日本茨木駅西口=写真=の再開発事業が動きだす見通しになっていることが分かった。茨木駅前ビル(大阪府茨木市西駅前町4)再整備検討委員会は市街地再開発事業でビルを再生する方針を決定。ビル管理組合は再開発推進決議案を今 […]

静岡県・富士駅北口再開発、2月にプラン検討会が始動 画像
インバウンド・地域活性

静岡県・富士駅北口再開発、2月にプラン検討会が始動

 静岡県富士市のJR富士駅北口の再開発計画が動きだした。地権者36人でつくる富士駅北口第一地区市街地再開発準備組合(大石眞行理事長)が昨年12月に発足。本年度事業計画として再開発プランなどをテーマとした検討会を2月ごろに […]

森トラストが沖縄県恩納村のリゾートホテル取得、敷地内で開発検討 画像
インバウンド・地域活性

森トラストが沖縄県恩納村のリゾートホテル取得、敷地内で開発検討

 森トラストは4日、沖縄県恩納村のリゾートホテル「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」=写真=を取得したと発表した。敷地内には既存施設に加えて広大な未利用地が残されているため、新たな開発計画の検討に着手した。  ホテルの […]

死傷事件の津久井やまゆり園、全面建替で再生のシンボルに 画像
インバウンド・地域活性

死傷事件の津久井やまゆり園、全面建替で再生のシンボルに

 神奈川県は6日、障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区千木良476)の再生基本計画策定に向けた基本的な考え方を公表した。現在地で全面的に建て替え、再生のシンボルとなる新たな施設を建設する。16年度中に基本構想をま […]

九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用! 画像
インバウンド・地域活性

九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

 国産ブドウを100%使った日本ワインブームが追い風となり、九州管内で造られたワインの人気が高まっている。後発産地だったが、ワイナリーが醸造技術を高め、需要を取り込んだ。原料のブドウは中山間地の遊休農

LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う 画像
イベント

LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

 地方創生の潮流の中で、その地に根ざした技術や特色を生かしたモノづくりに注目が集まっている。価格や性能だけでなく、商品の背景にあるストーリー性が重視される現在において、何か新たなブランディングを行うにも“地域性”が欠かせない要素であるのは間違いない。

ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目! 画像
インバウンド・地域活性

ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目!

ノーベル賞の晩さん会のメイン料理に登場したウズラ肉――。欧州では一般的な食材だが、日本では採卵経営が中心のため、国産はほぼ流通していない。そこに商機を見いだし、食肉専業経営に転換した農家がいる。愛知

飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上! 画像
インバウンド・地域活性

飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

 JR東日本は、総武線飯田橋駅(東京都千代田区)で進めているホームなどの駅改良事業の本体工事の施工者を鉄建・前田建設JVに決めた。同事業では駅のホームを現在の急曲線区間から移設してほぼ直線化することで、旅客の安全性の向上 […]

今年こそ都会の仕事を農村で! ICT活用、移住者・移住企業続々 画像
IT業務効率

今年こそ都会の仕事を農村で! ICT活用、移住者・移住企業続々

 情報通信技術(ICT)の活用で、時間や場所にとらわれない働き方が広がってきた。政府の「働き方改革」の一環で企業の研究部門やデザイン、ICT産業など勤務地に縛られない業種で、拠点を農村に移す企業が相次

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 10
  10. 20
  11. 30
  12. 40
  13. 50
  14. 最後
Page 3 of 65
page top